03-13 Fri , 2015
朝鮮語辞典買っちゃった!
20150313204017863.jpg


少し前に「わたしが朝鮮語にハマったわけ」って題名でブログ書いてそこの最後に「。。。辞書、買いに行くか。」って書いたけど、今日、ついについに朝鮮語辞典を買いました!

1年前、朝鮮語始めるときは「辞書が必要」なんてこと、思いもせず始めてしまって、しかもそこで先生が「しばらく辞書は必要ないです」って言ったので「そっか」と思い、単語は教科書の最後にまとめて載ってるものを辞書代わりに使ってた。当然のことながらそこには教科書で出てくる単語しか載ってないものだけど。

途中で「辞書欲しいなあ」って段々思うようになってきたのね。それは授業以外に朝鮮語に触れることが多くなって、例えばinstagramで韓国の人が書いてる文章が「読みたい」って思ったり、あとは去年の10月頃からちょこちょこと韓国ドラマを見始めて、今年の正月にやった「직장의 신(日本題:オフィスの女王)」(これは2007年に日本でやった「ハケンの品格」を韓国でリメイクしたドラマらしい) がものすごくよくて、そこで流れてたエンディングとか挿入歌とかが気に入って、CD出てないかなあ~と思って探したら出てたんだよね。で、そこに入ってる歌の歌詞をネットで探して、それを読みながら一緒に歌ってたりしたのだが、当然のことながら、単語知ってるのと知らないのがある。で、ネットの翻訳サイトに入れてどういう意味なのか調べたりしたんだが、ネットの翻訳サイトってあんまり頼りにならないんだよね~。辞書なら原形にして調べるけど、ネットの翻訳サイトだと原形にして訳せないのだ。

でね、「직장의 신」の最初の頃のエンディング(だったっけ?)に頻繁に流れてた歌が「아마도」って歌だったんだけど、これってわたしの耳には「amado」、要するに「雨戸」ってどうしても聞こえてしまうんで、本当はこれはどういう意味なんだろうって気になって、ネットの翻訳サイトで調べたんだよね。そしたら「おそらく」って出てきたの。その後、授業で「아마」って出てきて「多分、おそらく」って教科書の辞書に載ってたので「아마」と「아마도」の違いってなんじゃ?「도」があるなしの違いってなに?と思って、ネットの翻訳サイトで調べたら「아마」は「多分」、「아마도」は「おそらく」って出てきたの(笑)本当にこういう違いがあるんだろうか。。でもこれは辞書じゃないと多分違いとか載ってないよねと思って、ああ、辞書があったらなあ~って思ったんだよね。授業以外のことではしばしば翻訳サイトは当てにならなかったから、辞書が欲しかったの。授業以外に初級の本とか読みたかったし。

そういや全く関係ないけど、高校の時、Beatlesの「Please Please Me」を聞いてて、その中で「Come on come on」って歌詞があるのだけれど、それがどうしてもわたしには「家紋、家紋」と聞こえてしまって、「雨戸」を聞いたときにふとそのことを思い出した。まぁ「家紋」って思い浮かんだのは、いろいろと事情があるのだけどね(^^;

でも辞書は授業では先生がまだ必要ないって言ってるし、確かに勉強では教科書に出てくる単語さえ分かれば授業は問題ないので、いくら「欲しいなあ」と思っても頑なに買わなかった。ただ、教科書に出てくる単語でも「辞書にはどう説明してあるんだろうなあ。もっと詳しく知りたいなあ」って思ってたんだけどね。でも、買わなかった。なんか買ってしまうとその途端、朝鮮語に興味が薄れてしまうのではないかと怖かったんだよね。「欲しい」と思ってたうちが華なんじゃないかと思って。

そのうちネットでiPhoneの無料アプリ、Neverっていう辞典がいいって読んだんだけど、日本語バージョンがなくなってしまったらしく、でもそれなりに朝鮮語が分かる人ならそれでも全然構わないみたいだったんだけど、やっぱりそれだと初心者には使いづらくてね。なんせ、書いてある言葉が全部朝鮮語なのでそこからして読めやしない。単語は意味しか書いてないし。なので初心者はやっぱり紙の辞書なのかな~と思ってた。

「朝鮮語を勉強するなら、辞書はどれでもいいけど、でもその中に1冊は絶対に『朝鮮語辞典』があった方がいいです」って、いつだかの授業中に先生に言われて「そっか、じゃあ買うならこれだ」って思ってたんだよね。

で、ついに今日、新宿の紀伊國屋書店に行って買ってきた!本店8階の語学コーナーで。前からここにあるのは知ってたし、買うならここで買おうと決めてた。まぁそれは単にわたしが紀伊國屋書店が好きだからなんだけど(笑)なんで好きかというと、やっぱ高校の頃から通い慣れてるからかなあ~。本屋と言えばここだった。それは今でもそう。南口に本店よりでかい紀伊國屋書店ができたけど、駅から遠いし、なんかあそこでは「紀伊國屋書店で買った」って気がしない。本のカバーもここのが好き。他では「ブックカバーはいらない」っていうんだけど、ここのは欲しいときは被せてもらいます。

買うときはドキドキした。「ついに」と思って。だって、とてもとても欲しかったんだもの。買った直後に彼女に「ついに買った!」ってメールしたほど(笑)

というわけで、やっと手に入った朝鮮語辞典。

「これからもちゃんと勉強続けていけるよね?」って不安はまだある。だって、基本的にわたしは語学嫌いなはずなんだから。何度「英語ってホント嫌い!!」って思ったことか。今はまだ、朝鮮語は英語のように自分で辞書引いたりできないけれど、今後辞書を使えば「英語と同じ感覚だ」ってなって、嫌いになっちゃうじゃないかって不安がとても大きい。

ああ、そんなことになりませんように。
22:00 | 朝鮮語のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<一人旅してきた その1(高尾~穂高) | ホーム | 今日で付き合って14年。明日から15年目>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/1807-7c89ceec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX