----- -- , --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑
06-25 Mon , 2007
オカマってバカ?という感じが正直否めないのと、いらない情報
昨日は「 私は本当に尾辻かな子候補に一票を投じるのか?‐‐激論・尾辻候補 vs 小姑大姑オカマ連合!」のイベントに行ってきたんだけど。
正直言って「ちょっとねー」って感じだった。

「激論」って名が付いてるくらいだから、もっと激論になると思っていた。が、ほとんど議論にならず。「出来レース」って感じが正直、否めなかった。というか、実際にあの中で、来ていた人の中に終わったあとで「なんか、ほとんど『尾辻支持者』が来ていて、その中で話が進められてしまっているという感じ」と言うのをちらっと耳にしたが、やはりそんな感じ。

伏見(憲明)さん(注:呼びかけ人)が「オカマって本人を目の前にすると、その前はあれこれ言ってても、コロッと態度が変わるのよね」って言ってたけど、まさに伏見さん自身もその通りというか、最初から「尾辻候補VS小姑大姑オカマ連合」って言うのなら、一貫して対決姿勢を貫けばいいのに、と思った。それに質疑応答は先輩を立ててか、自分の知っている人にまず質問させて、その他大勢は後回しって感じだったし。

まぁ「高齢者(だいたい、いくつから高齢者というのかはよく分からないが)のオカマは最初から自分が悪いカードを持たされていることに気がついていない」と言っていた人がいたが、それはその通りだと思ったね。だから彼らには突然「将来に夢がある」と言われても、具体的にそれがなんなのか分からないそうだ。昔は「クローゼット」であることが当たり前のことだったから、自分の表の顔と裏の顔があり、それで彼らは彼らなりに自分の中で折り合いを付けてきた。だから「そのままである自分」というのが、想像も付かないのだろう。んでそういう人は大抵既婚者だったりするから「今さらパートナーシップ法ができてもねえ。。」って感じなんだろうと思ったりした。

わたし自身はパートナーがいるので、パートナーシップ制導入はして欲しい。それは当たり前のことで、実は、パートナーがいない人はどうなの?って感じがした。そりゃ、将来的にパートナーができて、という想像力のある人はそういう制度が必要だと思うと思う。けど、今はそんなことはどうでもよくて、取り敢えず遊びたいとか、相手がいないから相手探しばかりに必死で、そこまで頭がよく回らないといった人がたくさんいると思う。だからね、わたしはあそこで「パートナーがいない人に対しては、この話は伝わるのだろうか、そうでないのだろうか」とずっと思っていた。

HIV関係者も中にいたので、HIVについての話が多かったんだけど、尾辻さんはそのことについては、既にいろんなところで言っている(わたしは多分、名古屋で聞いたと思う)。あと、akaboshiさんのサイトを毎日チェックしていれば、その他のところでいろいろ話している様子も分かる。結局「そんな程度」の人たちしか集まっていないのだな、という感じもしたのよね。だいたい「オカマなんか行政と国会と内閣の区別も付いてない人が多いのよ」って伏見さんが言ってたから、わたしなんか「そんな低レベルな話なのか」ってびっくりしたもん。だいたい、行政と国会と内閣の違いなんて中学レベルの話じゃん!「オカマって、、もしかしてバカなの???」って思ってしまった(バカじゃないオカマの方、ごめんなさい)。

わたしは、正直言って尾辻さんが言葉に詰まる場面が見たかったのは確か(わたしゃ「S」か(爆))。
だけどね、結局誰も尾辻さんには適わないんだよね。
唯一、今までと全く違う話が聞けたのは「北朝鮮問題とイラク特措法について」に対する意見か。「北朝鮮問題」に対しては「あれは、国(朝鮮民主主義人民共和国、本当は「北朝鮮」という名称の国はない)との問題であって、個人の在日朝鮮人(ホントはこの言い方は外務省では差別用語で、法務省では差別用語ではない)の問題ではないこと(多分、尾辻さん自身は「在日コリアン」という言い方をされてたと思う。ここではわたしが「在日朝鮮人」と「在日韓国人」を区別する意味で敢えて使わせていただいた)。だから、日本で朝鮮学校に通っている人たちや在日コリアンの人を個人攻撃すべきではないし、国と国との対話で話し合って解決すべきだと思う」って感じで説明していたし、イラク特措法については「イラク戦争自体が間違っているので、イラク特措法はそれ以前の問題である」と言ったことくらいかな。

それから「今まで自民党にずっと入れてきましたけど」っていう人の質問に対して(詳しい質問内容は忘れた)尾辻さんが「社会的弱者に対する『セーフティーネット』が必要である」と答えたときに、その人が「でも、それは自民党も同じことを言ってるじゃないですか」と言ったときに「いや、今の安倍総理大臣は『美しい形』としては、自分たちのような形を認めていない。実際に母子家庭への補助がどんどん削減されていっている。自分たちが『美しい形』と思っている人以外の人たちはそれ以外としてどんどんこぼされていっている」と答えていたのも印象的だったかな。

あとは個人的に「あ、尾辻さんって頭がいい」と思ったのは「もし、個人信条と党の方針が異なっていた場合は議員を辞職するのか」というすんげーくだんない質問が出たときのこと。尾辻さんはきっぱり「どういうことが今後の党の方針となるか、今のところ全く分からないし、そうすると『if、if』が二つ重なることになるので、今のところは答えられない」とすぐさま答えたところね。この人はそういう点で非常に「政治家」であると思う。

それからやはり4年間府議としてやってきたという実績も大きいと感じた。
「政治手腕」もある人だと思う。

ただ、、「(HIV対策について)国からもっと金をもらってこい」と言われたときはちょっととまどってたかな。「わたしは今まで『市民派』で、金のことについては無縁だったので、、」なんて言ってたけど、わたしは彼女には「政治手腕」があるから、それは問題ないと思う。彼女は体育会系で、物事につっぱしるような感じも見えるが、実は非常にしたたかな人であるのだな。それが本能的なものなのか、それとも府議4年やったことから学んで身につけたものなのかはよく分からないけど。

わたしはとにかく「困っている尾辻さんの姿」を見たかったので(わたしの方がよっぽど大姑なのである(爆))、おそらく、あの中で誰もが全く予想もしていなかった質問をしようともくろんでいたのだけど、躊躇しているうちに終わってしまったというか「これで最後の質問にしようと思います」って言って、既に質問した人に対してまた当てるのはどうかと思った。だって、あの中でまだ2、3人、質問したい人がいて手を挙げてたからね。そういう意味でも「ちょっとなあ、、」って思ったのは確か。わたし、個人的に尾辻さんに質問したかったわけじゃないもん。あくまでわたしが質問したときに、おそらく「常識的」な答えが返ってくると思うので「それは違う」と反論したときに、彼女がどういう反応をしたかが見たかったのだ。ただ、はっきり言ってこれを質問したところで、どうこう、という問題では全然なかったんだけどね。

わたしが尾辻さんを応援している理由は、もう前にも書いたけれども、結局は「当事者として当事者の言葉を国会に伝えてくれる」からだ。今回の選挙では「性的少数者が票になるかどうか」を民主党だけでなく、他の党も注目しているはずで、票になると分かれば、別の政党でも性的少数者が候補者を立ててくるだろう。要するに今回は「0か1か」であることが非常に重要なのである。

ただ、、やはり応援の仕方が難しいというのはある。個人的には「尾辻さんを応援している人」はたくさんいるだろうが、それを相手に伝えることが難しい、ってことね。当事者でカミングアウトしていない人は「わたしは尾辻さんを応援しているんだ」とは他の人の前では言いにくいだろう。まぁ、そういう話も昨日出てきたわけで。そういう点では当事者に理解がある当事者でない人の方が人に伝えやすいよなあ。。あとは上に言った「(最初に与えられたカードが悪いカードだったとしても、それが当たり前のことになりすぎて)自分は現状に満足していて、他になにも思い浮かばない」っていう人たちね。そういう人たちにどういう伝える手段と納得させる言葉がある、かな。

多分、わたしはもう、こういうイベントには行かないだろう。
それとも「尾辻?誰それ?」って人をたくさん集めて、こっちがイベントやるって手もあるけどね。そしてそのときにはいじめまくってやるのだ(爆)←こればっかり

あ~あ、わたしって「S」の素質あるのかしらん。。

【いらない情報】
上に書いたakaboshiさんのサイトにこないだ、わたしのとんでもない映像がアップされました。。(IDAHOのときのヤツ)

やっぱ愛でしょう!やっぱ愛ダホー(IDAHO)!10●彼女のことが、非常に、好きです。

これ、なんだけどさ。わたし、IDAHO関係で何回か、akaboshiさんとこに映像がアップされてるけど、実は怖くて自分じゃ見てない(爆)。だけど、この題。なんなんだ、これ。わたし、こんなこと口走ったのか?????
ってわけで、わたしと彼女の間では「非常に」というのがプチ・ブーム。
16:27 | (性的少数者)イベントなど | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<キスをしたくなるのは | ホーム | ばば抜きの結果>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/179-1cafae31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。