----- -- , --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑
12-24 Wed , 2014
クリスマスイブの日に
クリスマスイブの日にスーパーに行くと泣く。ここ数年特に。今年はスーパーに行かずとも既に泣いている。

そこには大量の鶏肉が売っている。もちろん「クリスマス用」として。その大量の鶏肉を見ると泣けてくる。

でも待って。別に「鶏がかわいそう」と思って泣くんじゃない。人間に食べられるために取られた命に対して泣くんじゃない。だったらわたしはとっくにベジタリアンかヴィーガンになってる。わたしは鶏肉含め、肉を食べることは好きで止めるつもりはないから、たとえほんの少し「わたしに食べられるために殺されるのか」と思っても、それは泣く理由にはならない。だってそれは仕方ないもの。人間は基本、食物連鎖の頂点にいるし、雑食性だから肉も野菜も穀物も食べる。そのように生まれついてきてるのだから、これは考えたって仕方がないし、わたしの中ではどうしても根本的に「動物がかわいそうだから肉は食べないって言っても、じゃあ穀物は食べられてかわいそうじゃないのか?」って思ってしまう。もちろん、ベジタリアンとかヴィーガンの人たちだって「穀物だからかわいそうじゃないから大丈夫」と思って食べてないだろうなと思う。人間は何かを食べないと生きていけない。しかもそれは穀物含め、他の命を食べないとダメなのだ。だったら最低限の食べ物を食べていこうと思って肉を食べるのを止め、仕方なく穀物と野菜を選んでいるに違いない。それはすごくよく分かるんだけれど、やっぱりわたしはそこに「命の選別」を見てしまう。だってその逆は成り立たないからだ。穀物や野菜の命を奪ってしまうことがかわいそうだから食べるのを拒絶して肉だけ食べる、なんて人はいないでしょう。もちろんそんなことすると人間自身の健康にはとても良くないとも思うが、でも、命の選別がなければ、肉ばかり食べるのを断つ、という人と、穀物や野菜を食べるのを断つって人が一定数いてもいるはずだよね。これってやっぱり「より人間に近いものが尊い」って考えられてるからじゃないかと。

なんていうのは、まぁわたしが「肉が好きで肉食いたいからゆえの言い訳」ってみてくれてもいいですが(笑)

じゃあなんで泣けるのか。その明確な理由はよく分からない。ただ、その売り場を見るといろんな人が見えるのだ。この日に合わせてどのくらいの鶏を飼育すればいいのかを考え、その日に向けて鶏を育て、そして出荷し、と畜し、いろいろな部位に切り分けてパックし、売り場に並べる人たちの姿を。一年の中で、今の時期が一番かき入れ時なんだろう。この日にどのくらい売れるかが今後、自分たちの生活に掛かってくる。たくさん売れるといいなあという期待。こうやって慌ただしく年の瀬が過ぎていって、正月を迎える。飼われている鶏は何も知らないで生まれてきて、何も知らないで殺される。スーパーの肉売り場で大量に鶏肉が売っているのを見ると、そのような人の思いとか、社会生活が動いている姿とか、ああ、世界ってこうやって動いているんだと思うとなぜかすごく無常を感じて、それで泣きたくなるのかも知れない。

そもそも、この日に鶏肉(七面鳥の地域もあるけど)を食べるような風習を作ったのは人間だ。そもそも「クリスマス」なんて概念を作ったのも人間だ(わたしは宗教は人が作ったものと思ってるからね。それはこことかここら辺に書いてある)。人間がこの日を「偉大な人が生まれた日にしよう」と決めて、「その日をみんなで祝おう」ということを決めて「その日には七面鳥を始めとするごちそうを食べよう」と決めて、そして大量の七面鳥や鶏がこの日に向けて飼育され殺されて食べられる。別に誰が悪いわけじゃない。動物の命を奪う人が罪深いわけでもない。それはすべて人間の営みの中から生まれてきたものだ。知らないうちに「そのようになっていた」のだ。しかしそのことを考えるとわたしは泣ける。これが世の中ってもので、これが生きているってことなんだなと。

そういえば、先月だったか「ある精肉店のはなし」ってドキュメンタリー映画を観てきた。これは牛を自分で育て、育てた牛を自分でと畜し、解体し、そしてその肉を自分の店で売る人たちの話だ(その中で部落解放問題についても触れられている)。最初の場面と最後の方で牛がハンマーで殴られて殺されていくシーンがある。わたしはそのシーンを見ながら不思議と「かわいそう」とは思わなかった。まぁそれは、わたし自身に背景があるからなんだけど、わたしは大学は水産で、大学1年での実習でその日は確か天候が悪かったので野外の実習が出来ず、屋内でえんえんとマグロの延縄の実習のビデオ(確か大学4年か専攻科の人がインド洋沖で漁業実習をやったときの様子)を見させられたんだけど、マグロの延縄は揚がってきたマグロを間髪入れずに心臓をえぐり取って、尾っぽを切って、えぐり抜いた心臓のところからホースで水をがーーーっと流し、血抜きをしなければならないのね。それをしないと肉の中に血が固まって、商品としての質が悪くなる(=高く売れなくなる)から。で、それが終わったら冷凍庫で急速冷凍をする。

わたしは個人的に血がものすごく苦手だ。採血なんて怖くて大嫌いで自分が血を抜かれているところは見たことがない。っていうか、怖すぎて見られない。他人の血ももちろんそうだ。点滴で繋がれてる人を見ると力が抜けて歩けなくなる。あそこの管は血管と繋がっている。点滴が逆流したら管の中には身体から血が出てきた血がたまる。想像するだけでも気持ちが悪い。よく点滴持ったままトイレに行けたり、点滴したまま眠れたりするもんだと思う。わたしうつで入院してたとき、寝る前に眠くなる薬を毎晩点滴してた。けど、絶対に終わるまで寝なかった。意識が朦朧としながら終わるまで絶対に起きてて、終わった瞬間にナースコールで看護師さんを呼んで、自分の身体から点滴の管を抜いてもらうまでは絶対に寝なかった。点滴を付けたまま寝たら、もしかして起きたときにベッド一面が血の海になってるんじゃないかと思うと本当に怖いから。まぁそれほど血に関しては弱い。

なのに。そのマグロの延縄の実習ビデオをえんえんと見させられていたら、自分の中で「人は人、マグロはマグロ」という認識ができてしまったようで、マグロの血抜きシーンを見てもなんとも思わなくなってしまった。だから魚だけは別に血を見ても全然平気だし、殺すシーンを見てもあんまりなんとも思わなくなった(ただ、躍り食いとかは好んではしたくないけどね)。

だから映画の中で牛を殺すシーンを見ても「マグロと似てるなあ」としか思わなかった。もちろんわたしはこれを映画で観てるだけで、その牛を育てたわけでもないし、それ以前の親しみが全くないからだと思う。だけど、当初思ってたほど「わー、かわいそうで見ていられないよー」ってほどじゃなかったので、それはちょっと意外だったな。

でね、その映画の中で主人公の弟さんだったかな、が言うの。「牛を殺すのは残酷って言われるけど、自分にとってはその殺された牛をにこにこしながらうまいって食べる方がよっぽど怖い」って。わたしさ、この映画を観て一番印象に残った言葉がこれだったの。「そうそう、全くその通りだよね!」って。あ、だけどこの人は映画の途中の方で「やっぱり自分が丹念に育てた牛をおいしいって言って食べてくれるのは嬉しい」とも言ってるけどさ。(ちなみにこの「ある精肉店のはなし」はとても良かったです。特に主人公のお兄さんの人柄にものすごく惹かれました。あの映画観て直接あのお兄さんがやってるお肉屋さんに訪ねて行っちゃう人の気持ちがよく分かる)

わたし、そのとき思ったんだ。結局「いただきます」って言葉は奪われた命に対して感謝して食べますって意味だろうけど、そんなん殺された生き物は言われたって全然嬉しくないよね。って。よく「おいしい、おいしいって食べたらその生き物も浮かばれる」みたいに言われるけど、おいしいって言われて感謝して食べられたとしても、「ああ、おいしいと思ってくれたから自分は死んだ甲斐があった」って納得する動物なんておらんだろうと。やっぱり自分が殺されるのはイヤだから、どっちを選べと言われたら、動物は感謝されずとも生きたいって思うだろうよ、って。結局「食べ物の命に感謝して食べましょう」っていうのも「おいしいって食べたら死んだ動物も浮かばれる」ってのも両方、人間が、いかにして自分の心を傷つけずに済むかの話でしかないんだなって。結局人間はそうやって何かうまく「誤魔化しながら」自分のやってることを正当化しているだけ。それは動物のためなんじゃじゃなく、自分たちの弱い心を守っているだけ。だって、そう考えてないと自分たちの心が痛んでやってけないから。

わたしはそれが「誤魔化し」であることを認識した上で受け止めたい。「そうやって自分の気持ちは誤魔化されて、守られているのだ」ということを認識して生きていきたい。

クリスマスイブの日に。そこで生活を営んでいる人たちを思い、殺された鶏を思い。誤魔化されない現実を感じながら、わたしは泣く。

【追記2014.12.27】
ちょっと追記。もしかしたら上の文章読んでわたしが「生き物殺して食べることに対して感謝しなくてもいい/感謝しても無駄なことだ」って受け取られたらイヤだなって思ったから。

奪ってしまった命に対して、と、自分が美味しく肉を食べられる状態にしてくれた人たちにはもちろん感謝をしなくてはならないと思っている。そのおかげでわたしは自分が食べたい肉が食べられるのだから。だから「いただきます」「ごちそうさま」の挨拶はちゃんとしようと思う。しかし、わたしが言いたかったのは「美味しく残さず食べたらその動物も浮かばれるに違いない/または満足している」っていうような、そのような考えが嫌いだと。だって、それは動物のためではなく、人間が自分の気持ちを納得させる言葉に過ぎないんだもの。そう考えることによって人間は生き物を殺した罪悪感から逃れてしまっている。

そうじゃなく、やっぱり人間は他のものの命を奪って生きていかざるを得ない存在だということを深く心に刻み込んで生きていった方がいい。そのようにして生かされている存在だと。あ、だからといってそれが人間の宿命とか運命とか言うつもりはなく、ただそれが現実なのだってことだよね。そういう風に世界ができてるんだという。
12:44 | 自分のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<息苦しさを自分で治そうと思う~息苦しい! | ホーム | バイブ、捨てた~♪>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/1788-b2decb63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。