08-20 Wed , 2014
決断
まぁ決断っていっても、そんなに大層なことじゃないんだけど。

そろそろ病気の方も安定し始めて1年半ほどになるし、まぁその中で「休もう」と思って本格的に休み始めたのは去年の6月くらいで、本当に休んで何もしなかったのは今年の3月くらいまでなんだけどね。これから来年に掛けて、ある資格を取るために勉強しようと思っている。

4月から韓国語講座に通ってて、それがわたしの頭を少しずつ刺激していった。この韓国語講座、1つの単元が終わるたびに単語テストがある。その頻度は1週間に1度、もしくは2週間に1度、覚える単語は1回につき約70~100個。これが結構きつくてね。毎回、毎回、本当にヒーヒー言いながら覚えてる。

けど、これはわたしの記憶する能力を知らない間に復活させてくれててね。

実は去年だったか、やっぱり同じ資格の勉強を始めたんだよね。でも、勉強するんだけど全く記憶できる自信がなくて、というより、覚えようとすることがするすると頭の中を滑っていく感覚があって、全く覚えられなかったの。そうしたらすべて恐怖に思えてね。勉強ができなくなった。重い負担としか思えなくなった。そのときに「ああ、今はまだできないんだ」って悟って止めたのね。止めて休んだ。もちろん、いつか、よくなったらまた始めようと思ってたけど、具体的にいつ始められるかは全く見通しが立ってなかったの。

韓国語講座は別にそのきっかけにしようと思って始めたわけじゃない。なんとなく「やりたい」と思ったから始めただけ。始めたときは、単語テストが毎回あるなんて知らなかったし。でも、あとから振り返って考えると、これが結構よかったなあって思った。

単語を覚え始めた頃は、やっぱり頭の中で単語がするする滑る感じがして、とても不安だった。頭の中に記憶される、ということは、頭の中のどこかに引っかかっている、というイメージがあるのね、わたし。だから、その手がかりがない状態っていうのは、記憶されてないように感じられてしまうのだ。それが毎週毎週強制的に覚えさせられていると、引っかかりが少し感じられるようになって来た。「覚えている」という実感が湧き始めた。

それで「あ、来年の試験、受けてみよう」って思ったのね。本当はもっと遅く始める予定だったんだけど、いろいろあって今からできるということで、少し余裕を持って始めてみようってことになった。

もちろん、語学とは全く違う分野なので、勉強を始めたからと言って、覚えられるかどうかはやってみなければ分からない。もしかしたら前と同じく、頭の中をするする滑ってしまうかも知れない。けど、わたし、今の時点では結構楽観的なんだよね。それは病気が少しよくなってきたからかも知れないし、ここ数ヶ月、週1、週2おきに単語が覚えられたという自信かも知れない。とにかく最初は覚えられないかも知れないけど、やってるうちに大丈夫だって思えるだろうという根拠のない自信が今はある。

試験までまだあと1年以上あるんで、じっくりやっていきたいと思っている。
17:13 | 自分の将来について | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<生きています | ホーム | 8月9日午前11時2分 ー長崎にて>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/1771-939e5ed9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX