----- -- , --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑
06-09 Mon , 2014
北海道、青森旅行2日目(アイヌ民俗博物館)
2日目。

この日は白老町にあるアイヌ民俗博物館に行った。

わたし、北海道には何回も行ったことがあるけれど、それまでアイヌの人たちを意識したのはこのときの1回くらいしかなく。それ以降も何をどう知ったらいいのか分からなくて、気にはなってたんだけど、そのまま放置していた。

ところがね。つい最近「なぜ、いまヘイトスピーチなのか」って本を読んだら、その中の1章がまるまるアイヌについて書かれたものだったのね。アイヌの人たちの権利を明治政府がどのようにして奪っていったのか、政策を中心にして書かれた章だった。それを読んでさ、わたし「うわ、こんな歴史わたし全然知らんじゃん」って。アイヌの人たちに対して差別や偏見があるというのは知っていたけれど、こういう風にして一民族が滅ぼされていった、ということについては全く勉強不足だった(旧土人法くらいは知ってたけど)。んーでもね、そういうものがどういう本に書いてあるのか、どういう本を探せば自分の知りたいことが書いてあるのかがよく分からなかったんだよね。

実はこの本を読む前から「今回はアイヌ民俗博物館に行こう」って思ってた。友人と話してて「北海道に行くんだよね~。んで、1日丸まま空いてる日があるんだけど、どこに行こうかなって思ってるんだ」って言ったら「こういうのがありますよ」って教えてくれたの。そのときに行こうと決めてたんだけど、本当にタイミングがよくこの本を読んだ。この本を読んで「絶対に行かなければ」って思ったから。

んで、事前に白老までどうやっていくのか時間などを調べたんだけど、札幌から速い電車で行こうとすると午後になっちゃうんだよね。わたしは事前にアイヌ民俗博物館のウェブサイトを調べて、そこでお昼ご飯を食べたいと思ったので、苫小牧まで速い電車で、そこから30分待ち合わせして普通電車で行くルートを考えた。それだと午前10時台に白老駅に着くことが出来る。行きの電車は前日、札幌駅に着いたときに買って、そのとき車いすであることも同時に告げたんだけど(ただ、買うのにめっちゃ時間がかかった。1時間以上窓口で待たされた)、帰りの電車の切符を買うのをすっかり忘れてて、行きの苫小牧で待ってた30分の間に買った。

特急に乗ってるときは気が付かなかったんだけど、苫小牧からの普通電車に乗ってたら「そういや無人駅ではどうやって車いすで乗り降りするんだろう?」って気が付いた。旧国鉄の駅って、その当時から確か半分くらいが無人駅じゃなかったっけ?わたしは普段「駅には人がいるもの」って思って、それが当たり前の感覚なんだけど、実はそうじゃない駅が多数あるわけなんだよね。そのことに初めて気が付いた。

201406081343545ab.jpg   20140608134356cfb.jpg


白老駅では駅員さんがスロープを持って待っててくれた。その駅員さんに「帰りの電車は○時○分ので帰りますので、よろしくお願いします」って告げたら「その時間、白老駅は1人しかいないので介助できません」と言われた。そのとき「あ、そうなのか」って思った。自分でやるしかないんだなって。今の彼女は自力歩行は杖を伴ってはあるが、一応可能だ。だから電車には彼女は自分で杖を付いて歩いてもらって乗り、わたしは車いすを抱えて入ればいい。だけどそれが可能じゃない人は電車に乗せるのはかなり大変だよなあって。かなり大変どころか、車いすごと持ち上げて乗せるには数人いないと無理だ。まぁ田舎に住んでいる車いす生活の人って自分で車移動してて、電車なんかにはほとんど乗らないんだろうけどね。でも、車いすの人には「電車に乗る」という選択肢が一つ消えるのは確かだよね。そのような選択肢を消してしまっていいのだろうか、、と思った。ただ選択肢を消さないためには人員確保が必要で、そのためには費用がもちろんかかる。都会なら「頑強な男数人でなんとかしてやれよ」って思うけど、田舎の電車に乗っている人は人数も少ないからほとんどそれは期待できない(だろうと思う)。うーん、難しい。だからといってわたしは車いすの人の選択肢が狭められて当然とはまったく思わないんだけどなあ。ただこの旅行では、車いすで外に出ることはとても不便、ってことが本当に身に染みた。これはまだ始まり。

白老駅に着いた途端。「さむっ!」って思った。6月2日は札幌では最高気温が30度を超えると言われてて、実際、朝ホテルを出たときも全く寒くなかったんだよね。なので上着を持ってきてはいたんだけど「ま、いらないね」と言ってホテルに置いてきてしまったのだ。天気アプリで白老町の最高気温を見てみたら、15度くらいだった。「札幌の半分!」ってびっくりした。だって札幌より南にあるし、札幌から電車で1時間くらいのところだし、札幌とそんなに大差ないと思い込んでた。上着を持って来なかったことに対して、その日1日中後悔しました。。車いす押してるときは汗をかくほどだったんだけど、押さないと寒くてね。ただ、天気はすごくよかった。画像を見れば分かると思うけど、雲一つない晴天でした。空気が(寒かったけど)気持ちよくて、「ああ、北海道!」って感じがした。

白老駅からアイヌ民俗博物館まで、1kmほどあるっていうので、最初はタクシーで行こうかって話してたんだけど、白老駅で待っているタクシーなど1台もなく。まぁ別に歩いて行けばいいよねってことで、車いす押しながら向かった。少し寒かったけど、でも道は広かったし(少しボコボコしてて押しづらかったけど)景色は綺麗だし、とっても気持ちがよかった!近くには自然保養林などがあるらしく、車いすでなければちょっと行ってみたかったなって思った(また来ればいいんだけど)。

しかしそこで車いすを押していると、今まで思ったことがなかったようなことがふと、頭の中に思い浮かんだ。

クララの車いすを押して歩くハイジの姿とわたしが重なったのだ。

最初は「え?なんで突然、アルプスの少女ハイジが??」って思ったけど、どうやら北海道の自然とアルプスの自然が自分の中で結びついちゃったようで。思わず

なんて発想が貧困なんだ。。。

と苦笑した。しかもそのあとで、わたしの頭に思い浮かんだのは「北の国から」のさだまさしのあの音楽!ここでも

なんて発想が貧困なんだ。。。

って思いましたよ。ホント、ベタすぎるものしか思い浮かばないのね、わたし、、でも、正直、北海道に来てこの音楽が思い浮かんだのは、そう何回もないんじゃないかな。テレビで「北の国から」の連続ドラマをやったのは多分、わたしが中学1、2年の頃で「北海道の田舎」に対するわたしのイメージってのは、あそこでできあがったんだと思う。いやもう、ほとんどあれしかないと言っても過言ではないだろう。だから発想が貧困なんだよな~。典型的な都会人だよね。まぁほとんど都会でしか暮らしたことがないのは事実なんだけど。

1kmもあると思ってたのに、景色を見ながら彼女とあれこれ話してたらすぐに着いた。車いすってさ、前にも書いたんだけど、押す人と乗ってる人の距離感がいいの。押しながら話せる。今回はいつもより彼女と多く会話したような気がするし、並んで歩くのとはまたちょっと違って、もっと近い感じの距離感を楽しめた。それはよかったと思う。

20140608134400d12.jpg


着いてチケットを買ってたら、係の人に「もうすぐ茅葺きの家(チセ)でコタンの解説とアイヌ古式舞踊をやる」って言われて、それで走ってその場所に行った。

201406081345147a7.jpg  20140608134358cb6.jpg


左がチセと呼ばれる茅葺きの家。このように5件ほど並んで建てられている。右がチセの中に吊ってあった鮭。去年の秋に近くの海で獲ってきたものだそう。それを冬の間は外に干して腐らないようにして、それから家の中に持ってきて天井から吊って、家の中のいろり(っていうのかな?)で自然に燻製にするそうだ。いろりの火は絶対に絶やさないって聞いた。この燻製は公演が終わったあと、チセを出たところで売ってたが、わたしらは酒を飲まないんで燻製はあんまり食べないんだよね。ってわけで、見ただけで買ってきませんでした。

公演は最初、男の人(って決めつけるのは嫌なんだけど、まぁ多分男性自認の人だと思う)が出てきてアイヌについてのいろんな説明があった。北海道の地名の8,9割がアイヌの言葉由来なこと、チセについて、アイヌの女の人たちは唇の周りに刺青をしていたこと、そんな話だったかな。とても落ち着いた声の人だった。だけど、わたしはいくつかの話でちくちく自分の心に突き刺さるものを感じた。

チセについて。実際のチセはこんなに大きくない。このおよそ1/3~1/4程度。このような建築物は今は建てられない。これは文化財として許可を受けたもので、今はアイヌはこのような家には住むことができない。

なのでアイヌは今は「あなたたちと同じ」ような家に住んでいる。

アイヌの女の人は12,3歳頃から少しずつ口の周りに刺青を入れることをしていて、これを完成させることが大人の女として認められることだった。しかし、この刺青は明治政府に禁止された。それでも刺青を入れる人も中にはいたが、今現在、生きているアイヌの女の人で刺青を入れている人はいない。

この人は「アイヌは和人から差別された」なんて一言も言ってない。同化政策をとられたとも一言も言ってない。だけど、この人はどんな気持ちで説明してるんだろう。1日に4度も5度も。それを考えるとたまらなくなってきた。このときはまだ、他の施設を回っていなかったので、どういうものがどういう風に展示されているのか分からなかったけど、回ってるうちに「ああ、ここは単なる『民俗博物館』なのだ」ということが分かってきた。確かにアイヌの民族や文化を紹介する施設なのだが、ではどうしてこれらのものが今に伝わってこなかったのか、なぜ「民俗博物館」として展示されるような対象になってしまったのか、それについてはほとんど何も書いていないに等しかったのだ。これを除いては。

2014060813440142b.jpg


その人はまた、チセに積んである漆器の箱(容器?正式な名称は忘れた)について「これは和人が作ったもので、鮭100匹分や熊(何頭か忘れた)と交換したものです。この箱が多くある家ほど『狩りに優れた家』としてアイヌの人たちから賞賛されました」と説明した。わたしはそれを聞いてふと「和人が来る前のアイヌの生活ってどのようなものだったんだろう?」って思った。んだけど、それに関するものは一切なし。

確かにね。「民俗学」として調査の対象にならねばこういったものは残されなかったんだと思う。アイヌは自分自身の文字を持っていなくて、自分たちの歴史を紙に書いては残してこなかった。しかし、いろんなことを口伝えで伝えていっているのだ。それは今でもユーカラは残ってるよね。残ってるけどおそらくそれが全部ではないんじゃないか。それ以外にも口伝えで伝えられていたものはあったんじゃないだろうか。アイヌ民俗博物館にあったアイヌの文化や生活は「和人と交易」があって以降のものしかなかった。「それ以前」、アイヌの人たちはどこでどのように生きていたのか、どういう暮らしをしていたのか。そういうことには一切、触れられてなかった。

実はその疑問を博物館を出たところにある、ミュージアムショップのレジにいた人にちょっと聞いてみたのだ。アイヌの人が着ていた刺繍の入った服も布の生地は和人との交易で手に入れたものなんだとか。「それ以前はどういうものを着てたんですか?」と聞いたら「植物の繊維を編んだものだったと思います」と言われた。「そういえば、和人との交易以前のアイヌの人の暮らしって全然この展示じゃ分かんないですね」って言うと「それは分からないんです。今、調査中です」って言ってた。本当に調査中なのかは分かんない。もうどんどん同化が進んじゃってるなかで、今から突然何か新しい事実が分かるというのだろうか。調査中って、遺跡とかそういうものがあるんだろうか。

あと、博物館を見て回りながら思ったのは、この展示では「アイヌの人たちがどこでどうやってどのようにして暮らしていたのか」が全く分からないということだった。確かに文化や習慣などは分かる。なんだけど、一体、アイヌの人たちは和人が来る前は北海道のどこの地域に住んでいたのか。海の近くなのか、山の中なのか、平野なのか、それが全く分からない。かつてどういう地域にどうやって暮らしていたのかさっぱり見えないため、なんか分かったような分からないような、とても変な感じなのだ。文化だけ見せられて「ここでこういう人たちが暮らしていましたよ」と言われても。。例えば遺跡なんかで出土物だけじゃなく柱の穴とかあると「ああ、ここでかつて人が暮らしてたんだなあ」って想像ができる。だけど「北海道で」と言われても具体的なイメージがつかめない。まさかどこでどうやって暮らしているかすら分からなかったってことではないよね??

それが博物館の展示物を見ながら思ったことだった。

あと「アイヌの人たちと神」の関係が面白くてね。アイヌの人たちは自分の身の回りにある木や動物などは全部神の国から来たもの、と考えていたらしい。だから神の国から来たものはとても大切にしていたし、熊送りの儀式(イヨマンテ)などは動物を神の国に戻してやると考えていたらしい。ところが面白いのは、アイヌの人たちは死んだら神の国に行くとは思ってなかったようだ。少なくともアイヌの人たちの葬式の説明文にはそのような説明はしてなかった。なんだったっけな、この世と同じような生活をすると考えられてて、そのような生活ができるために日用品などを一緒に埋めてたらしいんだけど、そこは「神の国」だとは書いていなかった。ということは、アイヌの人以外は神の国にいて、アイヌの人たちは神とは繋がってないことになる。これってとても面白い考え方だなーって。自分たちが神にならないのはいいよなって(笑)

民俗博物館は結構人が来ていた。近くにとても大きい駐車場があるのだが、観光バスが何台も止まっていたし、1時間に1回ある公演も毎回人がそれなりに集まっていたようだった。博物館内のすべての説明文は、日本語、英語、中国語、韓国語がついていた。それだからか外国人も結構来ていたようだ。

博物館を出たあとは、ちょうどお昼だったので、博物館の前にあるミュージアムカフェでご飯を食べた。

20140608134506ca0.jpg  20140608134511639.jpg


「オハウセット」ってやつと

20140608134510563.jpg  201406081345120d1.jpg


「ペネイモ」ってやつ。

オハウセットは塩味のつゆの中に人参、大根、じゃがいもなんかの野菜がたくさん入ってて、それに鮭が一きれ入ってる汁だった。ご飯は粟みたいなのが混ぜてあったかな。なかなか美味しかった。ペネイモはなんか素朴な味でほんのり甘かった。でもあんまり「じゃがいも」って感じがしなかったな。なんかちょっとしたデザートみたいな感じで食べた。

そのあとは、湖畔を見て歩いた。ここの場所って「ポロト湖」って湖の近くにあるんだよね。それが天気がいいのもあって、ものすごく綺麗でね。

20140608134631699.jpg  20140608134632fab.jpg


ただ、ここも元からアイヌの人たちが住んでた場所じゃなく、1965年に白老市街地にあったアイヌ集落をポロト湖畔に移設・復元したものらしい。うーん、どういう意図があって移設したんだろう。なんかそういうことがとても気になる、、

ここは手工芸の実演とか体験学習なんかもあるらしいんだけど、手工芸をやってるチセに行ったら「実演中なので中に入らないで下さい」って書いてあって見られなかったし、体験学習は事前予約なのね。。ってわけで、結局14時くらいで博物館を出て、それからまぁのんびり海を見たりしながら駅の方に行きましょうってことになった。ここ、本当に海の近くなのだ。って海のすぐのところを道が走ってるので、そこを目指して車いすを押して行ったのだが。

2014060813463426c.jpg


室蘭街道、だったかな?ここに出るまでとても大変で、しかも車いすでは到底行けなかった(途中、舗装してない砂利道があったので)。だから、わたしだけ様子を見に行ったんだけどさ。道幅がものすごく広くて、そして横断歩道がないorz なので、車は恐ろしいほど飛ばしている。もう怖くて怖くて(^^;画像だけ撮ってそそくさと戻りました。

しかし、これだけ道幅が広くてさ、車も結構走ってたのに、道を歩いてる人がほとんどいなかった。。そこを車いすを押して歩くのは楽しかった。駅まですごい回り道して、しかも駅を通り越して商店街みたいなところまで行って、本当にこの日はものすごくよく歩いた。けど、疲れをほとんど感じなかった。しかし、そこで身体が疲れていないはずはなく、翌日は朝から足の裏が痛くなり、そしてわたしは不機嫌になっていくのだった。。

3日目に続く。
21:41 | 二人で行った旅行のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<北海道、青森旅行3日目(札幌ドームでカープ観戦) | ホーム | 北海道、青森旅行1日目>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/1756-ade95771
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。