12-17 Tue , 2013
見えないものの名前
ここのところ、わたしは「神」のことについて考えている。

といっても、神を信じたいわけじゃなく、神が存在するとも思っていない(キリスト教的な意味合いにおいて)。
というと「無神論者だ」とか「不可知論者だ」って思われるかも知れないが、そんなことはない。
(過去はわたしは「無神論者」だと思っていたが)

「神」という言葉がある以上、神という概念は存在すると思っている。
「心」というものが、本当は存在しないが(人間が感じたりするのは脳の中であって「心」ではない。ましてや「心臓」などという臓器では決してない)あたかも存在しているかのごとく「ある」のと同じことだと思う。

そう、心という言葉と同じく、神は人間が作り出したものだ。
おそらく「そういうのは神とは呼ばない」って思う人がたくさんいると思う。
まぁそりゃそうだとわたしも思う。
例えば人間が存在する前から石とか岩とか存在してたと思うけど、
人間が名付けたから急に存在が確認されたわけじゃなく、
もともとそこにあったものだからだ。それを単に人間が「石」とか「岩」とか名付けただけだ。

だけど「神」は目に見えないものなんだよね。
そこが「石」や「岩」と違うんだと思う。
目に見えない概念をなぜ人間は名付けたのか、って考えると、
そこに何か「ある」としか考えられなかったのだろう。

わたしがそんな風に考え始めたきっかけは、猫だった。

わたしの愛する高尾にゃん。
もうかわいくてかわいくて、涙が出るほどに大好きなんだけど、
この猫との出会いを思うと「何か見えないものの力が働いていた」としか考えられないんだよね。
仏教ではすべてのことは「縁起」(原因があるから結果がある)というのらしいのだけれど、
確かにありとあらゆる要因が重なって、そして高尾にゃんと出会った、のかも知れないけど、
わたしはここにそういうのを超えた「何か」があるような気がしてならない。
「誰か」がわたしを高尾にゃんと出会わせてくれた、とね。

いや、わたしも高尾にゃんとは偶然に会ったんだと思うよ。
たまたまあの日、ペットショップに行く気になって、
たまたま検索したら飼いたいなと思ってたアメショがその店にいるってのが分かって、
まぁ近くだからちょっと行ってみようって話になって、
その店はアメショのオスとメスがいたんだけど、
わたしはどっちにするか決められなかったので彼女に「どっちがいい?」って聞いて、
彼女が考えた挙げ句「じゃ、メスの方」って言って。
そしてそれが高尾にゃんだった。
うん、単なる偶然。
仏教で言うなら「細かい縁起が積み重なって高尾にゃんと出会った」ことになるのだろう。
そしてそれは事実なのだ。

なのにわたしはそうは思えないのだ。
「なぜ偶然(とか縁起)と思えないのだろう?」って何度も何度も自分に問いかけて、
いろいろ考えたのだけれど、よく分からない。
分かったのは「高尾にゃんは自分にとって特別な存在なのだ」ということだけ。
偶然に出会ったことを納得できず、「誰かに出会わせられた」と感じるってことは、
わたしは「偶然に出会った」ということを自分の中で「下位」に位置づけてるのかな、と思ったりしたが、
うーん、意識の上ではあんまりそうは思わないが、もしかしたらそう思っているのかも、、くらいにしか思えない。

では「誰かに出会わせられた」ってことで高尾にゃんの評価が上がるかというと、
別にそういう意識もなく。

じゃあなんで「誰か」が必要かというと、それはわたしが「誰か」に感謝したいから。
「高尾にゃんと出会わせてくれてありがとう」って気持ちがわたしの中にはあって、
それを「誰か」にぶつけたいから。

そういう気持ちを誰かにぶつけたい。
だから人間は「神」という言葉を作りたくなったんじゃないかって。
(もちろん宗教は「(神や仏への)感謝」より「(自分たちの)救済」を求める気持ちの方が大きいのではないかと思うけど)

わたしは前は「神も仏もいない」って思ってたけど、
最近は「神という存在を求めている人間が神という言葉を作ったのだ」と思っている。
無神論の「神」ってのは、キリスト教的な意味においての神がいないってことなんだろうか、と思うが、
そういう意味では信じてないのでわたしには神はいない。
(神が存在するのと神を信じるのでは概念は違うと思うのだけれど)
だけど「人間の目に見えない力がどこかで働いているのではないか」と思える以上、
そこに「何か」があるんじゃないか、いやあると思いたい。
それを「神」と名付けていいのかどうかはよく分からないが、
でもそれが「神」であるって考える方がなんだかわたしにとってはしっくりくるような気がする。
そういう点ではわたしは無神論じゃないし、不可知論でもなくなってしまったような気がする。

わたしの目には見えない誰か、
それは神であるかも知れないし、ないかも知れない。

でもわたしはあなたに感謝します。
高尾にゃんと出会わせてくれて、本当に有難う。

【追記】
陣馬にゃんとはそう思わないのか?と思ってる人もいるでしょうね。
残念ながら、陣馬にゃんはまだそうは思えないのです。。
彼女とは?
彼女ともそうは思えません。「縁起」の方が合ってると思います。
あ、「縁起」って言っても、仏教を信じてるわけじゃなく、
「原因があって結果がある」ということは、仏教の教えと言うよりは物事の普遍的な道理なので、まぁそうだよね、と。
要するに彼女とは「誰かに引き合わされた」とは思えないという。
13:03 | 自分のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<覚え書き(猫の名前変遷) | ホーム | 45歳>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/1717-ff165bfd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX