08-06 Tue , 2013
8月6日午前8時15分
今年もこの日が来た。あの日から68年経った。

今日の広島市長の平和宣言で「結婚して優しかった義母が自分が被爆者だと分かると急に冷たくなって離婚させられた」というところがあったのだけれど、それを聞いて「うちの両親と少し似ている」と思った。

うちは父が被爆者なのだけれど、結婚するまで自分が被爆者手帳を持っていることを言わなかった。結婚して初めて母親に「自分は被爆者手帳を持っている」と言ったらしい。それを聞いてうちの母は「騙された」と思ったそうだ。ただ離婚するまではならなかったみたいだが。

確かに「被爆者差別」の一例、とも言えるだろう。そして「こういう差別はよくない」って言えばいいだろう。

けど。これまた今日の広島市長の平和宣言の中で「言われなき風評被害」と言ってたのだけど、これって本当にそうなのかな、、「放射能は移る」とか、そういうのは全くのでたらめだけれど、現実に被爆者は被害を受けてるじゃん。子どもにだって影響するかも知れないじゃん。わたし二世だから言うけどやっぱり不安です。「あー、近い将来、やっぱガンになるのかな。自分は人よりなりやすいんかな」って思う。それだってやっぱり「被害」じゃん。それを「風評被害」って言われたら「あなたの思っていることは全部ウソです。それは被害妄想です」って言われているような気がして、悲しくなる。

じゃあ被爆者や、その二世や三世が結婚差別を受けていいんか、と聞かれると、正直、わたしにはよく分からない、というのが今のところの答えで。。それはわたしが二世という当事者だからであって。。難しいです。

でも、今の日本は原発事故にせよ、なんでも「風評被害」にしたがって、放射能汚染をないものにしようとしているようにしか見えない。ないものにして、また「原子力は安全ですよ」って言って再稼働させようとしか思えない。でもさ、核のゴミ処理はどうなってるのか、その問題をうやむやにしたままで危険なゴミだけ増やしてもいいのか、そういうのはどうなるの?わたしは原子力技術に反対しているわけじゃない。けど、現実問題として、こんなに頻繁に地震の起こる国は原子力発電は向いていないと思う。地球上には今まで全く地震が起こったことのないところもたくさんある。そういうところは原子力発電でもいいと思う。ただ、先に書いたゴミ処理の問題。これをどうするか方法を決めた後での話だ。

話が逸れた。ただ、今、原子力のことを考えるならばやはり原発事故のことは避けて通れないと思う。原爆と原発は違う、という方向に話を持って行かれそうなのだが、どこが違うんですか?放射能に違いはあるんですか?原発の放射能はいくら漏れても人体に被害を及ぼさないんですか?

わたしの母は、わたしが二十歳になったときにわたしをガン保険に入れた。やはり母も自分の子どもが他の人に比べるとガンになりやすいんじゃないかと考えていたからだろう。

もうこんな人間を出さないで下さい。悲しい思いをするのはわたしらで終わりにして下さい。放射能爆弾は他の爆弾と違ってその人のみを殺すだけではないのです。その子孫にまで影響を及ぼすのです。

「平和を祈っているだけで平和が実現すると思っている」とか「護憲を叫べば平和が来ると思っている」などとよく言われているけれど、平和を祈って何が悪い。平和を訴えて何が悪い。平和憲法を守ってどこが悪い。平和は希求しなければ平和にならない。今の平和は過去の自分たちが勝ち取ったものである。勝ち取ったものは誰にも渡さない。

それだけだ。
17:56 | 被爆二世・戦争などのこと | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<8月9日午前11時2分 | ホーム | 陣馬にゃん来たる>>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted by: at 2013/08/06 23:35 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/1709-6911d4bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX