01-11 Fri , 2013
やってみる
こないだtwitterでリンクされてたブログを読んだら、なかなか面白かったので、過去に遡って記事を読んでたんだけど、その中にこんな風な言葉があった。

「共感するということは、心で感じるということ。心で感じるのにはエネルギーがいる。だから心で感じ続けるといつかはエネルギーが枯渇する。ここに書いてあることに共感する人はどうぞ『他人事』と思って下さい。そして自分にエネルギーを蓄えたら、自分ができることだけをやっていって下さい。エネルギーを枯渇させないように」

まぁこんな感じだったかな。本当の文章とは全然違うと思うけれど。

でもね、わたしこの文章読んで「ああ、そうなんだー」って思った。確かに共感するとすごく疲れる。今までそれは「共感しても自分は何もできない」っていう絶望感や罪悪感で自分を責めてしまって疲れるのかなと思ってたけど、心で感じること自体が既にエネルギーを使ってることなんだなって。

そこには「他人事だから」って書いてあったけど、わたしはどうしてもそうは思えなくて。もちろん、そのブログは性的少数者とは全く違うことがテーマになってるブログだったし、他人事と言われたらそりゃもう思いっきり他人事なんだが。。しかしだからといって「他人事」と突き放して見ることができない自分がいて。

一方、性的少数者関係の活動は、実は今までもほとんど全然かかわってないのだが、疲れちゃってる自分がいる。ジェンダーとかなんとか今までいろいろ考えてきて、頭がすっかり疲れてしまった。それに比べて世の中は進むどころか退行している感じがするし。もうどーでもいいじゃん!って思う自分がいる。けど、無意識のうちに考えちゃってることもまた事実であり、それはやっぱり「他人事」ではなく「自分のこと」だからなんだよね。でもほんの数日でいいから何も考えない期間が欲しかったりもする。

他人事のことであれ、自分のことであれ、どちらにせよ、心のエネルギーを使っているわたし。

心にエネルギーを蓄えるって一体どうすればいいんだろうね。何も考えないことがエネルギーを蓄えることなんだろうか。何も感じないことがエネルギーを蓄えることなんだろうか。

わたしは今、わたしのできる範囲内のことをしようと思っている。多分、わたしの心のエネルギーは枯渇気味でしかも蓄える方向には行ってないと思うのだが、でも、やっぱり今、やりたいことだから。今まではやりたくても体調の面とかいろいろ考えてしまって躊躇してたけど、そういうのも考えることは止めた。わたし、少し行動してみようと思う。自分に何ができるのか、もしかしたら全くできないかも知れないけど、それでも取り敢えずはやってみる方向に進んでいきたい。
22:35 | 自分のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<どうなんだろう? | ホーム | 自炊始めました>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/1693-c32eeaa7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX