10-12 Fri , 2012
消えたい
自分の中の「ブラック」な部分なのであまり表には見せたくないという気持ちもあるが、吐き出したいという気持ちが勝るので一応書いておく。ただ、うつ傾向にある人はそれに引きずられてしまう恐れがあるので、この先は読まないでください。

今日、最近毎日見てる朝ドラ「純と愛」の中で愛が自分の顔を鏡で見たときに鏡の中から「なんでお前が生き残っているのだ」と言われるシーンがあったけど、それを見たとき「今の自分と似てる」と思って思わず泣きそうになってしまった。

もちろんわたしは鏡に自分の顔を写したときにそういうのが見えるってわけじゃない。けど最近はいつもいつも絶えず絶えず「お前は生きていても仕方がない」「死んだ方が周囲に迷惑を掛けなくて済む」「お前はなんのために生きているのだ」「生きているのは社会の迷惑だ」とどこかから言い続けられているような気がする。もちろん声は聞こえないけどね。

そのたびにわたしは自分の心が痛み、自分から血を流し、そして「もうたくさんだ」と思う。

これはすべて病気がさせていることはよく分かっている。けど、そこから逃れようがなく。思うのは「この世からいなくなって楽になりたい」ってことだけだ。

それに加えてちょうどタイミングの悪いときに親があれこれ言ってきて、親からも逃れたいわたしは二重の苦しみを味わっている。親とは春先に手紙を出して以来、向こうから返事が来ないのでそのままにしている。それなのに向こうからは条件付きでわたしに対して「手紙をよこせ」と彼女を通して言ってくる(今、わたしは親のメアドを受信拒否にしてあり、メールの場合は彼女を通してでしかわたしに伝わらないようになっている)。

そっちは手紙を自分から止めておいてなんなんだよ!まずは手紙の返事を書けよ!

前の手紙にそっと見守るって書いたのはウソだったのかよ!!

人の弱みにつけ込んで人を支配しようとするのは止めてくれ!!

わたしは今、ようやくぼちぼちとカウンセリングで親のことを話し始めて、それで少し安定していた。自分なりに整理をするつもりだったし、その先には親と会うことも考えていた。

けどもう連絡取りたくない。もちろん会いたくもない。
わたしの気持ちを書いた、あの手紙は一体何だったのか。結局いつもわたしの気持ちは全く通じていないじゃないか。わたしがどんな思いをしてあの手紙を書いたと思っているのか。

ただでさえ消えたい気持ちなのに、もう絶望的な気分だ。
18:27 | (自分)肉親とのこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「最強のふたり」を観てきた | ホーム | 民法1、2通目のレポート>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/1666-c67dbef7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX