07-11 Wed , 2007
どうもありがとう~!
昨日は、マイミクさんとお会いしてきた。小学校が同じだったんだよね。でも、1年~6年までずっと違うクラスでした(苦笑)
っていうか、うちのクラスでmixiやってんのって、そんなにいないじゃん~って感じなんですけど。。うちのクラスの人って「mixiやろうよー」って言ってもやんない人ばっかりなんですけど~。ま、いいんだけどね。

んで、そのマイミクさんにはわたしの誕生日プレゼントとして「マドレーヌ」を焼いてもらう約束をしてたんだけど、ずーっと延び延びになってて、、んで、昨日、ようやくお会いすることができたのだ。ホントは、マイミクさんじゃない学校関係(ここら辺が難しいところ(苦笑))、の方ともお会いする予定だったんだけど、その方は、お子さんが病気にかかったと言うことで、直前にキャンセル。どうも住んでるのが超近所っぽいんですが。。でも会ったことない人だから、すれ違っても分からないのよ~(爆)

向こうは小学校の子供が2人いて、話を聞いてて正直羨ましい感じもしたけど、大変そうだった。。子供を育てるのって本当に大変そう。でも、楽しそうなんだけどね。んで、向こうはサッカー好きで、こっちは野球好きだったんで、なんだかそんな話ばっかしてたな~。あ、そうそう、どうやらわたしと1、2年一緒のクラスだった人が、日産自動車に勤めてて(今はどうか知らない)、新人の頃、チアやってたらしい!!うわ~。こりゃ、長年の夢だった「突撃のマーチ」~「コール慶應」~「ダッシュ慶應」のチアの振り付けを教えてもらえるかも!!!!(感動)わたし、あの振り付け、覚えてみたいんだよな。基本的に日産自動車の「突撃~ダッシュ」って、慶應義塾大学の振り付けと同じなので、大学野球を観に行こうかと思ってたくらいなんだけど(爆)でも、今はなんだか東京六大学も、別のところで盛り上がってるからね~。。

まー、同級生だから、クラスが違っててもそれなりに話が通じたわ。っていうか、でもうちの学校ってつくづく横の繋がりもなかったんだよなーって思うんだけど。。他のクラスで何をやってたか、なんて全然知らなかったもんね。だけど、算数の授業潰して畑仕事させられてたとは知らなかったわ。っていうか、多分、うちはそんなことしてなかったよーな??

で、いただいたマドレーヌは、昨日の夕食後に彼女と一緒に食べました。とってもおいしかった!バターたっぷりで~。彼女も「こんなにもらっていいの?」って言ってたし。どうもありがとうね~。

帰ってきてから、週刊新潮(7月12日号)と読売ウィークリーを読んだ。両方とも尾辻さんの記事が書いてあるって知ったので。しかし、週刊新潮、中にいないはずの「民主くん」の中の人が見えるんですけど。。(爆)あと、記事の方はまあまあ。だけど、同じ号の「さくらパパ」が頻繁に二丁目に出没するって記事はめちゃくちゃ。尾辻さんのことは「自他共に認める同性愛者」って書いてあるって、これってどーいうこと!?同性愛者であることは他人にも認められなきゃいけないわけ??認められる存在ってどういうことよ?じゃあ、逆に認められない異性愛者っているわけ??

そりゃ、自分が同性愛者だって認められない人たちもたくさんいると思う。認めたくなかった人だってたくさんいると思う。だけど、わたしだって好きで同性愛者に生まれてきたわけじゃなく、異性愛者の人だって、好きで異性愛者に生まれてきたわけじゃないでしょう?生まれてきたら、そうなってたってだけじゃん!なのに、なんで片一方は「普通(何も考えなくてもいいとも言える)」で片一方は「認められなきゃいけない存在」なわけ?ホント、そういう書き方をされるととても腹が立つ。しかも「『パパ』はそっちの『傾向』があるのかしらん。」とか書かれていて、、なんだよ、「傾向」って!!ホンマ、こういう書き方してあると腹が立つ。なに?んで二丁目に行っただけでも同性愛者だということになるわけ?そうじゃない人もたくさんいるよ?あー、むかつく。

多分、同じ雑誌にこのくらい違いが見られるってことは、「さくらパパ」の原稿を書いた人と尾辻さんの原稿を書いた人が違う、ってことが大きな違いだと思う。で、尾辻さんの原稿がなぜひどくない書き方だったかというと、それはあの「Try&Win!」での尾辻さんの話が、それだけ記者の方の共感を得たんだと思う。少なくとも、尾辻さんの話にはそれだけの「説得力」がある。「さくらパパ」の記事を書いた人の方は「一般人が持っているイメージ」としての「同性愛者」という感じでしか書いていない。本当に説得力のある同性愛者の言葉なんか聞いたことがないのだ。誤解と偏見を起こすような記事はもうたくさんだ。

そういえば、ここでも「どんだけ~」って書いてあったらしい。わたしは詳しく読んでないけど、どうも誰かのコラムの中に書いてあったと彼女が言ってた。わたしは民放を全く見ないので、何がどうなっているのか分からないけど、そしてわたしは「リンカーン」には出てないので何ともいえないけど。。どうも「どんだけ~」という言葉だけが一人歩きしているように思えてならない。

んで「読売ウィークリー」の方。記事は「何百万の大票田」って書かれていたけど、、わたしとしてはこれに対しては懐疑的だ。だいたい「性的少数者は政治意識も連帯意識も高い」って書いてあるけど、わたしはそうは思わない。当事者の方が政治意識は薄いように感じられる。これは、前にも書いたけど「性的少数者は最初から悪いカードを持たされて、それが普通と思っている」と思わされていることによると思う。だから、全く安心感とかなんとか感じている余裕なんかないはずだ。性的少数者は、決して一枚岩ではない。そりゃ、性的少数者でも様々な意見があるからね。そうでない人が、いろいろな意見を持っているのと同じように。だから、性的少数者の皆が皆、尾辻さんを支持しなくてもいいと思っているし、そんなことは不可能だと思う。ま、これは記事についての文句じゃなくて、この党の党民の方が述べていることに対しての反論ですけど。

記事の方はねー。「同性愛は嗜好なので共感は得にくい」って書いてあるんだけど、これは、完全に誤植。しかもご丁寧にふりがなまでつけてある。「嗜好」は多分「指向」の間違いだと思います。上にも書いたけど、好きで同性愛者やってるわけじゃないもん。異性愛者の方が、この世の中断然生きやすいと思う。最初から「認められている」んだからね。それが「嗜好」だったら、人それぞれが選択して好きこのんでやってる、ってことになるでしょう?性的指向は、シュミや嗜好では全くない。そりゃ、SMなんかはシュミや嗜好だと思いますよ。自分が好きこのんでやってるんだから。だけど、それと同性愛を一緒にするのは間違っている。この記事を読んで「やっぱり同性愛って嗜好なんだー」って思われたら、すごくイヤだ。。
12:01 | 性的少数者に関すること | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<日々新しく | ホーム | 当たりました>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/163-69583d4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX