07-18 Wed , 2012
調子が悪いみたいです
なんて、なんか人ごとのようだけど。今日、病院の日だったんだけど、主治医にこの2週間のことを報告したら「今は調子が落ちてる時期みたいですね。○○さんは今までの様子を見ると調子が落ちてくると薬飲むの止めちゃってます」と言われた。た、確かに。それは指摘されないと気が付かなかったけど確かにそうだわ。ついでにちょっと神経過敏になってるみたいで、だから戦争の加害とか被害の本を読むとそれに対して過敏に反応してしまうみたいです。これも指摘されるまで分からなかった。

「なんだ、自分のことじゃないか。それくらいも分からないのか」って思われると思うんだけど、確かにちょっと落ちてるなあとは思ったけど、そこまでだとは思わなかったんだよね。前にも(退院直後だったかな)神経がすごく過敏な時期があって、そのときは長い間ネットを見なかったり外界と接触を断ったりしたことがあったんだけど、あのときは自分から「今はできない」と思って止めてたんだよね。でも今回は「できない」と思えなかったの。「なんかおかしいなあ、なんでこんなになるのかなあ」くらいしか思えなかった。

ってことは、調子の底自体がかなり上がってきてるってことなんだよね。今回は調子が悪くて病院に彼女も付いてきてもらったんだけど、彼女にもそう言われて「なるほど、そっか」と。

だから焦らないことにしました、と言いたいところなんだけど、夏のスクーリングは間近で、しかも最近あまり勉強できてない。。ということで、やっぱり焦っちゃうんだよね、これが。だからって焦ってもできないことはできないのだけれど。。まぁ多分、もうじき底は終わるとは思うけどね。ただ、神経が過敏になっているのはもう少ししなければ治まらないかも。

だけどわたしが普段読む本ってどちらかというと硬くて真面目な本で、なんかどこか「考えること」がないと物足りないって思う方なんだよね。だから純粋にエンターテイメント系の本は普段は読まないし元々持ってない。普段はそれでいいんだけど、こういうときになると「一体肩の凝らない本ってどういう本がいいんだろ?」って思っちゃう。今回もそう思ってたんだけど偶然今日買った「BIG ISSUE」で紹介されてた本が肩凝らなそうで、しかも自分に興味があることでそんなに神経を刺激しないような本だったので、病院帰りに早速買ってきた。電車の中で早速読んでみたけど、「なんでこれで泣けるの」って思う些細なところ(しかも絶対に普通の状態で読むと泣きそうにないとこ)でじーんとしてきて涙が出そうになる。読みながら「もしかしたら自分が考えるより重症だったのかなあ」って思った。まぁ3冊買ってきたので読んでるうちに神経過敏なのも治まってくれるといいけど。

ってわけで、薬の処方なんだけど、今までずっと飲んでた「抑肝散」が「抑肝散加陳皮半夏」ってのになった。これが1日食前3回。抑肝散はどうしても食欲不振が気になったので、今回飲むの止めちゃったんだよね。まぁ止めちゃったと言ってもここ2日くらいのことだけど。それに止めたからと言って調子が悪くなったとも思えないんだけどね。だいたい抑肝散、効いてるかどうかよく分かんなかったし。それから朝だけ飲んでた「ワイパックス」は飲むと異様に眠くなるからこれも止めてたんだけど(こちらは1週間程度か)、それが「リーゼ」になり、1日朝晩1錠ずつ。「アモキサン」が朝、「ジプレキサ」が夕飯後、というのは変わらず(こちらは止めずにずっと飲んでた)。

まぁ処方された薬を途中で自己判断で止めちゃうのはいかんと思うんだけど、でも止めたら「止めました」ってちゃんと申告してるわたしはずっと言わないまま処方だけされてる人に比べたらちょっとはマシなのかなって思ったりもしてる(笑)ってこれは言い訳。
19:02 | 3度目のうつのこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<なぜか | ホーム | 多分、読めない>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/1626-6847ad42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX