07-07 Sat , 2012
猫の餌
P1020622.jpg

以前、猫の血尿のことについて書いた日記の中でやってる餌について「ドライフードはNow!、ウェットフードはイノーバ、おやつにカリフォルニアナチュラルのチキン&ライスをやってる」って書いたんだけど、あれから少しして、Now!がリニューアルを控えているのかなんなのか分からないけど、手に入らなくなってしまった。ので、おやつにやってたカリフォルニアナチュラルのチキン&ライスを代わりにやることにした。うちの猫、これが大好きみたいだったからね。正直、Now!より好きみたいだった。Now!をやってた頃はあんまり「ご飯早くくれ」って催促がなかったし、餌をやっても残すことが多かった。それがカリフォルニアナチュラルにしたら、毎回毎回「早く~!」って催促と、実際に餌をやったらいつもこれだけはペロリなんだよね。まだ餌の皿の中にはウェットフードが残ってるのに、先にドライフードだけペロッと食べちゃうの。そのくらい、うちの猫はカリフォルニアナチュラルのチキン&ライスが好きみたい。

ただ一つ引っかかったのが、ドライのカリフォルニアナチュラルもドライのイノーバも両方「ナチュラ社」ってところのフードなんだよね。別にこれはこれでいいのだろうけれど、なんとなく「何かがあったときのために」別々の会社のフードにした方がいいような気がしてね。あと猫が高齢になるまで、いろいろな餌を食べさせていろいろな味に慣れておいた方が、病気したときの餌の好き嫌いが出にくくなる、というのも聞いたりして、じゃあウェットフードを変えてみようかなって思ったの。

いろいろな猫の餌のサイトを見たんだけど、ウェットフード、いろいろな種類のがある割に「100gで300円以上するの?うげっ、これ、すごい高いじゃん」というのがたくさんあって、必然的に選択の幅が狭くなってしまったんだけどね。結局ジウィピークのウェットフードにすることにした。これにした理由は、レバーが入ってることなんだよね。前の日記にも書いたけど、膀胱の壁を強くするためにはビタミンAを与えるのがいいらしいんだけど、猫ってカロチンをビタミンAに分解する酵素がないらしいんだよね。だからビタミンAを含む動物性食材から直接摂らなければならないらしく、それが多量に含まれてるのはレバーなんだって。だから餌の中にレバーが入ってる、ってところを評価してこの餌にしてみることにしたんだけどね。で、ジウィピークのウェットフードってベニソン(鹿肉)、ベニソン&フィッシュ、ラムの3種類あって、これはお試しに一缶ずつ買ってみて食べさせてみてどれが一番気に入るかで決めなくっちゃって思って、昨日からその中の「ラム」を与えているのだけれど。

うちの猫は基本、嫌いで「これは絶対に食べない」ってのはない。ただ傾向としてはチキンが好きで、ターキーはあまり好きじゃないらしい。そして本来なら餌の新旧交代をするためには少しずつ古い餌に新しい餌を混ぜて逆転させる必要があるらしいんだけど、うちの猫はいっぺんに新しい餌にしても全然躊躇しないで食べちゃうんだよね。ってことで、昨日の晩は少しイノーバも入ってたけど、大部分はジウィピークになったのをやってみたら。

というか、このジウィピークのウェットフード、缶を空けるとなんか色が悪くてね。イノーバのウェットはあけると肌色で丸でツナ缶みたいな感じ。匂いもすごくいい。だけどジウィピークのウェットは色が黒々として匂いはなんというか、、うんこ臭い(彼女は「これ、ラムの匂いだよ」って言ってたけど)。そしていつも水分摂取させるためにお湯でウェットフードを溶かして与えてるのだが、イノーバの方はきめが細かく、割とサラサラした感じになるのに、ジウィピークのウェットはなんだかきめが粗く、ゴロゴロしてる。溶こうと思っても溶けない。しかもお湯はなんだか黒々した色になってて、見た目はすごくまずそうなのだ。

「こんなに気持ちが悪そうなの、ちゃんと食べるかなあ」と思ってやってみたら、なんの。すっごい食いつきがいい。イノーバより食いつきがよくて、いつもならウェットフードは少し残すのが一気に全部ペロリ。昨日の晩は「夜だからかな」(夜はいつもだいたい全部ペロッと食べるので)と思っていたが、今日の昼間に同じようにやったけれど、やっぱり昼間もペロリと食べたので、もしかしたらうちの猫はこっちの方が好きかも知れない。まぁ気に入ってくれればそれに越したことはないのだけれどね。

ってわけで、今後はドライフードはカリフォルニアナチュラルのチキン&ライス、ウェットフードはジウィピークになりそうだ。

尿のpHは、毎月測るつもりが、いつもコロッと忘れてしまって、ほとんど測ってない。体重も気が向いたときだけ。こんなんじゃいかんと思ってはいるのだが。。つい、めんどくさくなってしまって。。
16:58 | 二人と猫のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<戦争と罪責 | ホーム | 敢えて何もしない>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/1620-1d0a7556
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX