03-17 Sat , 2012
女同士のセックス
だいたい毎日のようにタイトルのような「女同士のセックス」だの「女どうし セックス」「女同士 SEX」「女同士 セックス やり方」だのっていう言葉で検索にひっかかってるんだけど、こういう検索用語で来る人って、当事者なのか、それともレズビアンのセックスに興味があるノンケ(異性愛)男性(もしかしたら女性)なのか、そこのところまではわたしにはよく分からない。でも多分後者の方が多いんだろうなって気がする。

後者だと仮定するとすれば、なんでそんなものに興味があるのかって思う。まぁいわゆるAVの中でも「レズもの」という分野はあるので、そういうのが好きな人がいるんだってことは分かってるけどね。

言っておくけど、確かにこのブログの中にはSEXについての記述はたくさんしてる。HIV/AIDSのことだっていろいろ書いているし。けど、悪いけど「わたしと彼女」に関するSEXの記述はない。まあ中にはレズビアンのブログを書いてる人の中にはどうやってSEXしてるかを書いてるのもあるかも知れない。それはそれで個人の自由だから別に構わないと思う。けど、わたしはそういうのは公表するつもりはない。

だいたい、そういうものは二人の関係であって、二人が話し合ってやればいいこと。それに尽きる。別に自分がどこを感じるかなんて、SEXをする相手に把握してもらえばいいことでしょ。これ読んでる人には関係ないことじゃん。そしてこれはノンケのSEXにも当てはまると思うけど、百人いたら百人、みな、感じるところが違うってことだ。これは別に女だけじゃなくて男も当てはまんじゃないの?わたし、男じゃないからよく分からんけど。だから、レズビアンのSEXもノンケのSEXも基本的にはそんなに違わないと思ってる。だけどノンケカップルでSEXのやり方について二人で話し合って決めるってのはあんまり聞いたことがない。むしろAV見て勘違いしたノンケ男が女性に対して顔射してSEXは終わると思ってる、みたいな話を聞く。AVはあくまでもAVであって、あれは女は演技してるんだからね(男の方も多分演技してると思うけど)。多分最初からヒーヒー声を挙げたりはしないと思うよ、身体のつくりから言って。

それと同じくAVのいわゆる「レズもの」でされてる行為がそのままレズビアンのSEXかというと、これまた全然違うとわたしは思ってる。わたしもいくつかの日本の「レズもの」AVを見たけど、どれもあんまり好きじゃなかった。やたら長たらしいキスシーンとかさ。唾液交換とかさ。悪いけど見てて「気持ちわり~」ってわたしなんか思っちゃうね。AVは「見せ物」と思ってるんだけど、あんなに延々とキスシーン見せられて面白いのかね?わたしはキスシーンはつまんないんで飛ばしてる(爆)あとやってる人の爪がやたらと長いのが気になる。爪長くしたままやってるなんて、やられてる人のことをなんも考えてない証拠。

「レズもの」AVで決定的なのは「それじゃ全然気持ちよくないよね」と感じられることだ。演技してるのが丸わかり。だから正直楽しめない。もしかしたらこれはノンケもののAVでも同じなのかも知れないが、ノンケものを見る趣味はわたしにはないので、何とも言えない。あとディルド使ったAVは「男根主義」そのものだと思う。だいたいディルド擦ったり吸われたりしても気持ちいいわけないじゃん(笑)ディルド擦って「イク姿」なんて、ホント「見せ物」だなって思う。そういうのが男の幻想なんだろうか?ディルドなんてただの道具に過ぎないのに。ああいうところで「男根主義」を見せられると逆にこっちは萎える。ので、道具を使いたくないレズビアンは少なからずいるんだろうね。レズビアンのSEXには「男」を感じさせる部分は不要なんだからさ、というかあったらイヤだし(笑)

ってわけで「レズものAV」でやってる行為と実際のレズビアンSEXって多分全然違うと思う。それに実際やってるのを見たとしても、それはつまんないと思うよ(笑)だって「人に見せるためのSEX」じゃないからさ。AVは「人に見せるためのSEX」でしょ。それはノンケのAVと実際ノンケのやってるSEXが違うのと同じだよね、多分(両方とも見たことないけど)。

とにかくわたしはとにかくSEXは相手と話し合ってやるものだと思ってるので、感じないときは感じないと言う(しかしノンケのSEXで女が「感じない」というと男は傷つくそうだが、なんじゃそりゃって感じ)。本来はノンケ女の方も恥ずかしがらずに感じないときは感じない、そしてどこをどういう風にされたら自分は気持ちが良いのかというのをSEXをやる相手に伝える必要があると思う。そこを言わずに男性主導だから、女性の方はあんまりSEXが楽しくないとかできればやりたくないとか義務感でやってるって思っちゃうと思うんだよね。あともしかしたら「自分は何をされたら気持ちが良いのか分かんない」って思ってるノンケ女はもしかしたら予想する以上にたくさんいるかも知れない。もうね、それを知るためには自分の身体をよく知りなさい、としか言いようがないです(笑)日本の性教育は「卵子と精子が、、」って話ばっかで、肝心のSEXのこととか、自分の身体についてとかのことについては教えてくれない。でも本当に重要なのはそこだと思うんだよね、わたし。だってノンケのSEXだって目的は「子供を作るため」が全部じゃないでしょ。お互い「抱き合いたいな」って思うからSEXするんでしょ?だったら「もっと自分の身体についてよく知ること」をなんで教育しないんだって思う。自分の身体がどこをどうされると気持ちがよくなるのか、ということを知る、ということは、自分の身体が大切に思うってことと同じことなんだよ。それが頭の硬い教育委員会とかそこら辺の人たちは「SEXは恥ずかしいことだから教えるな」ってことになって、結局、日本人は自分の身体のどこをどうされると気持ちがよくなるのかも分からず、AVばっか見て結果的には男も女も自分の身体を大切にしないことになる。これって間違ってるんじゃないのって思う。

「自分の身体を知ること」って要するに自慰行為のことだけどね。これはとても重要なことだとわたしは思ってる。それをすることによって自分はどうされると気持ちが良いのかってことが分かるから。

あ、でもね。一つ別なことで大切なことがある。それは「自分の身体をどこをどうやっても気持ちいいと感じない」とか「自分でやると気持ちいいって感じるけど、人には触って欲しくない」って人も中にはいること。それを知ることも大切なことだ。自分の身体を知るという意味においてもね。そういう人は必ずいるし、それは特別異常なことじゃない。だからもし自分の身体を触ってみて「あんまりいい気持ちはしないなあ」と思ったら、それはそういう人間なんだって、それを認めること。決して「感じないから」って悩む必要はないからね。それに「感じるように努力する必要」もない。そういう身体なんだって、自分で自分を認めてあげてください。そういう人でも決してSEXができないんじゃなく、それを理解してくれる人がいればいい。それはそれで難しいことかも知れない。けど、きっと見つかると思うし、それ以前に「自分は人とSEXしたくない」って思うなら、それはそれでいい。SEXにはいろんなやり方がある。穴に棒を突っ込むだけがSEXじゃない。「どうやったら気持ちが良くなれるか」がSEXだから。それは身体で感じなくても心が気持ちよければそれでいいとわたしは思っている。

以上はノンケ男性(女性)に向かって書いたものだけれど、当事者にも当てはまることだと思ってる。まずは自分がどうされると気持ちが良いのか、それを知ること。そしてそれをSEXをする相手にちゃんと伝えること。それが一番大事なことだと思う。あと、SEXの話をするときは、必ずセーファーセックスのことも考えないといけないんだけど、ノンケのSEXもゲイのSEXもレズビアンのSEXもこれに分類できない人たちのSEXについても、セーファーセックスはちゃんとすること。まぁセーファーセックスと一口に言っても、やり方はいろいろあって、ここでは長くなるから説明しないけどね。でも特にノンケやゲイのSEXに関しては「コンドーム」を使うことは重要だ。ここでも「コンドーム付けて」と言ったら嫌われるとか、気持ちよくないからって言って断わられるとか、いろいろあるけれども、自分の身体を守るのは自分だからね。

もし生でやりたいのならば、まずお互い3ヶ月は誰ともSEXしないこと。HIVの抗体ができるのは最後のSEXをして3ヶ月、と言われている。この間にHIV/AIDS検査をしても抗体ができてないからはっきりとした結果は出て来ない。だから、3ヶ月間は待って、それからHIV/AIDS検査をする。そしてお互いに陰性だったら、生でして下さい。でもそれには条件がある。「特定の(検査をした)相手としかSEXしない」ことをお互いに約束すること。そうしなければ、感染の危険性が出てきてしまうからだ。ただこれはお互いが本当にお互いを信用できるか、という問題点も孕んでいる。「浮気はしてない」「遊んでない」と言っていても本当にそれが信用できるか。それはあなたとその相手の問題なので、そこのところはよく考えて下さい。

あと当事者の中では道具を使うかどうか、考えてる人たちもいるかも知れない。ノンケ男性(女性)はレズビアンのSEXに道具を使うかどうか、興味津々って人たちもいるかも知れない。答えは「使いたかったら使えばいい」。これもノンケのSEXと変わらない。ノンケだってレズビアンだって道具を使いたい人もいれば、使いたくないって人もいる。それはSEXをする相手と話し合って興味があれば使ってみればいいし、なければ使わなくてもいい。ただ、レズビアンの中には道具を使うことに対して、非常に毛嫌いしてる人たちがいるのも知ってる。それは上にも書いたけど、やっぱAVでは必ずと言っていいほど道具が出てくるからね。。あれを見て「レズビアンのSEXは道具を使うって思われてるからヤだ」って思う人もやっぱいると思う。あと、特に電マを使ってるのを見てると「ホントに気持ちいいって感じてるんだろうか」って思っちゃうのも確か。どちらかというとすごく痛々しく思えてしまうから。だけど、上にも書いたようにSEXは人に見せるものじゃない。相手と一緒にやるもの。だから興味があれば使ってみればいいし、それに道具は電マだけじゃないしね。ディルド(いわゆる「ペニスバンド」とか「ペニバン」って一般には言われてるヤツ)もあるしね。バイブとかローターもあるしね。ただ、またセーファーセックスの話になるけど、できれば道具に関しては共有して使わない方がいい。共有して使うのなら、コンドームをちゃんと付けること。

「そんなのどこで手に入るの?」って思ってる当事者、別にノンケ男性でも女性でも構わないけど、わたしは「ラブピースクラブ」をお勧めする。ここは女性なら誰でもお店に行けるし、男性は確か女性同伴じゃないとダメだったと思うけど、取り敢えずは行ける。ノンケカップルでもさ、レズビアンカップルでもさ、二人が「これ、ちょっと使ってみたいなー」「こっちはどうかなー」とか話し合いながら、道具を選んでる姿ってなんか素敵じゃない?残念ながら地方に住んでて「行けない」って人は通販使うしかないけど。ここの商品は女の人たちが、女の人のことを考えて売られてるものだから、女の人はすごく安心できると思う。それに本当に多種多様なものを売ってるしね。

ってわけで、果たして「女同士のセックス」で検索掛けて来た人がここまで読むかどうかは知らんが(爆)、取り敢えずはわたしが思っていることを書いてみた。
22:12 | 性的少数者に関すること | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<猫血尿顛末記 | ホーム | 心の声、かぁ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/1583-f0b5c22c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX