07-16 Mon , 2007
彼女が「薔薇族」を読みながら、揉んでくれました
ええ。昨日は一日、休んでました。最近動きすぎたんで。

で、題名のとおりです。彼女が「薔薇族」を読みながら「昨日トロンボーンを吹きすぎて筋肉痛になった腕を」揉んでくれました。

っていうか、なんで「薔薇族」かというと、

薔薇族は生きている032●七夕の夜、20名との新たな出会いがありました。

ですね。ここでは「印刷中」になってますが、実はもうできあがってます(笑)
これ、買ったんです。あー、もちろん、うちの彼女がです。1部900円です。
わたしは普通、コレ系にはとても弱いのですが(実際、BAdiは読めません。。orz)、この薔薇族は読めました。とても興味深く。日本の同性愛の歴史が分かる、と言っても過言ではないでしょう。かなり勉強になります。でも薔薇族が創刊されたのって'71年(昭和46年)、ってことは、カープの前田が生まれた年(←だからなんで、こういう考えになるんだよ(^^;)なんだよね。なんというか、、ずっと古くからあるものだと思ってました。うちにあるのは2号だけなんだけど、これ読むと1号も読みたくなってきました(笑)

ってこんなもの(←失礼!)買って、読むレズビアンカップルっているのかなあ~?と少々疑問はないこともないけど。でも、ホント、面白いです。

ただ、ちょっと気になった表現がいくつかあったのは確かです。「国営放送」って書いてあったけど、あれは「公共放送」の間違えだろ、とか(NHKはよく「国営放送」と呼ばれますが、半官半民なので「公共放送」なのです)。でも、もしかしたら外国の「国営放送」を差している可能性もなきにしもあらずだけど。あと、陸軍士官学校(と書いてあるんだけど、陸上自衛隊だよねえ?)、って制服カッコイイか?とか(わたしは海上自衛隊の方が絶対に制服はカッコイイと思ってる)。まーしかし、藤田竜って人がいろいろ活躍してたみたいなんだけど、彼の文章読むと、どーも橋本治の書く文章によく似てるなあーって思いました。もしかしたら「藤田竜=橋本治?」って思ったけど、あの当時は、多分、治ちゃんは21歳なので、かかわってないだろうし、藤田竜の描く絵も治ちゃんのイラストとは全く違うし、これは別人物でしょう。治ちゃん、まさか薔薇族読んでたってことないよね。影響受けたってことないよね(苦笑)

ホント、この本、オススメです。

しかし、腕が筋肉痛(というか、ものすごく凝っている)ので、しばらくトロンボーンの練習ができないよー(泣)
17:03 | (性的少数者)本のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<第16回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭に行ってきました | ホーム | Brass MIX!、東京プライドパレード出演決定!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/158-850f0c0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX