07-19 Thu , 2007
独り寝
昨日はあれから「行きたくなーい」「用意できなーい」「○○さん(彼女の名)、助けてー」とぶつぶつ言いながら、行く用意をした。あ、ちなみに彼女は「助けてあげない」という、つれないお言葉でしたが(^^;

途中の駅まで見送られた。んー、一緒に住み始めてから、今まで何回も実家に戻っているのに、今回はなぜか遠距離時代のことを思い出してしまった。そして約1ヶ月後に来るであろう、離ればなれになる日のことを。電車が出発し、どんどん彼女と離れていく。恋しかった。

電車に乗っている間は本を読もうと思っていたのだが、なかなか読むことができず、仕方なく目をつぶっていた。いろいろなことが頭を駆けめぐった。実は実家に行くこと自体、父としか連絡を取っておらず、母は何も連絡をしてこなかった。それがわたしの気を重くした一因でもある。母にはまだ、わたしが同性愛者だと言うことが受け入れられていない。連絡もほとんどせず、ずっと過ごしてきてしまった。たまに母に電話するときは、相当気を遣った。彼女のことはなるべく話さないようにした。

ところが、家に行ってみると、いつもの通り。
そんなものなのかも知れない。ただ、彼女のことは極力、具体的な名前は出さなかった。日本語はそういう意味では、とても便利な言葉である。

しかし、理解されていると思った父親がどうも気にくわない発言をした。その直後に、ちょうどニュースで柏崎原子力発電所が柏崎市によって稼働停止命令を受けたということをやっていて、その中で父が「原子力発電擁護発言」をしたので、ぶち切れて、反論してやった。

父曰く「原子力発電は効率的だ」と言う。だから「原子力発電そのものに対しては、効率的かも知れないが、すべての原子力施設、例えば、ウラン濃縮には電気量がかかる。原子力施設には莫大な維持費用がかかる。核廃棄物を処理する施設にも莫大な費用がかかる。これはすべて石油燃料を消費したもので、原子力施設を存続させるよりも、その分、すべて石油燃料で電気量をまかなった方がよほど効率的だ」と。それでも「原子力発電はそれ自体でまかなえる」というので「原子力発電に国がどれだけ補助金を出しているか、補助金を出さないと電力会社はやっていけないのだ。元が取れるなら、補助金はいらないはずだ」と反論すると、黙ってしまった。「だから結局は、原子力など必要なく、本当は電気をこまめに消すなどして、電気消費量そのものを減らさねばならないのだ」と言ったら、仕方なく納得していた。原子力発電が本当に必要だと思うのなら、もっと理論武装しろ、と言いたかった。わたしの知識なんか、たいていがそれくらいのものだ。それに反論できないなんて、バカとしか言いようがない。

ってことで、初日から感情にまかせて、父をたたきのめしてしまった。。orz

夜、歯磨きしていたら、母と話が盛り上がり、風呂から出てきてもずいぶんと話していた。自分の寝る部屋に戻ったら、彼女から「もう寝る」とのメールが。がーん。。結局、昨日は話せなかった。仕方なく、一人で寝る。しかし、独り寝は寂しい。ずいぶんと長く彼女とは一緒のベッドで寝ている。そしてもうそれが当たり前の生活になってしまって、逆に一人で寝ると非常に寝にくい。なので、今日は早々に起きてしまった。4時間ほどしか寝てない。まぁ、すぐに慣れると思うけど。

あ、ちなみに父のPCをネットにつなぐのは、今日になった。というか、聞いてみるとかなりややこしそうなんですけどー。ちょっと気が重い。
17:09 | (自分)肉親とのこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ホームシック | ホーム | 8時ちょうどのあずさ2号で~♪>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/155-f300fd66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX