01-15 Sun , 2012
膀胱炎
わたしじゃなくてうちの猫の話だ。

うちの猫、生後5ヶ月のときにたまたま「無料健康診断」を動物病院でやってることを知って受けさせたのね。ホンの軽い気持ちで。そしたら血尿と結晶(ストラバイト)が出てて、そこから今現在まで毎月尿検査で病院通いしてる。

まずは結晶を溶かさないとってことで、療法食って餌を食べさせたんだけど、これがやたらと塩辛くて、その塩辛さで無理矢理猫に水を飲ませて尿のpHを下げ(酸性にする)結晶を溶かすという原理の食べ物なのね。結晶って水飲まない猫に多く発生するらしい。うちの猫も療法食食べさせてる間はよく水を飲むんだけど、元の餌に戻すとほとんど水を飲まないことが分かって、そうするとすぐにまた結晶が出てしまう。

そういう猫はまず獣医さんから「一生療法食を食べさせて下さい」って言われるんだけど、あんなに塩辛いものをずっと食べさせていたら、ただでさえ猫は歳取ってきたら腎不全になりやすいのに、その確率が上がるんじゃないか、と心配に思って「療法食は食べさせたくありません」って言ってきた。これは去年の話だけど。

餌は、結晶の元になるマグネシウムを多く含んでなくて、餌自体のpHが低いものを一生懸命調べて探した。

そして水をどうしたらたくさん飲んでくれるか、ってことで、餌に水(今は寒いからお湯)を混ぜて強制的に飲ませることにした。朝はドライフードに水30cc、昼と夜はドライフードとウエットフードに水40ccを混ぜて。それから午後6時にカッテージチーズのおやつをやるんだけど、それに20ccの水を混ぜて、これだけで餌の水分を含んで1日約160ccの水を飲ませている。

幸いうちの猫はとても食いしん坊で出された餌はペロリと平らげてしまう。好き嫌いが全くない。ときには人間の食べ物を口にしようとしてゴミ袋に顔を突っ込んだり、台所に上がってフライパン(もちろん洗ったあとの)を舐めたりもする困った猫でもあるんだけど。まぁそれでも好き嫌いがある猫に比べると断然扱いやすいわけで。

で、先月は「これだけ飲ませりゃ結晶も出てないだろう」と思って検査を受けさせたら、確かに結晶は出なかったものの、血尿はまだ続いていて、獣医さんから「これは突発性膀胱炎ですね」と言われた。

猫の「突発性膀胱炎」で調べると原因はよく分からないけど多分ストレス、そして治療方法はこれまたよく分からないけどストレスをなくすことって書いてある。でもストレスって言っても、何が猫にとってストレスなんだか、こっちには全然分かんないし、フライパンを舐めたりすることに対して怒ったりするのがいけないのかな、と思ったり、それ以外はあまり思い付かず、途方に暮れたんだけど、取り敢えず猫のトイレをもっと大きいヤツにしてみようってことになった。それまで使ってたのは小さくて深めのトイレだったのね。うちの猫、トイレしたあと砂を掘り掘りするのが好きだと思ってたから。

それが少し浅めの大きいトイレに変えたら、それまで1日3回くらいしかトイレ(おしっこ)に行かなかったのに、突然4、5回に増えた。彼女とは「もしかしてトイレが狭くて今まであんまり行きたくなかったのかな?」って話はしてるけど、本当のところはよく分からないし、それがストレスだったのかもよく分からない。

おそらく今週中、また尿検査をしてくる予定。血尿が治まってくれてるといいんだけど。。
20:36 | 二人と猫のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<病院の日 | ホーム | 「"私"を生きる」を観てきた>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/1548-1817a66c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX