12-31 Sat , 2011
今年もいっぱい、あったかな?
ついに2011年も最後の日。

今年のことを振り返ろうと思ったんだけど、こないだ日記に書いたとおり、

今年のことはほとんど覚えてな~い!!

ただ、1月2日から猫を飼ったこと、新年早々うつ病で精神科にかかったこと、そして10月終わりから12月の頭まで入院したこと、まとめてみるとこんな感じだったかも。

猫のことはね、最初はとても途惑い気味だったけど、途中からすっかり親バカになりました(笑)今はもう、かわいくて仕方がない。これは来年以降もずーっとそうだと思う(笑)

うつについては、既に悪かったことはすっかり忘れちゃった。1月に激うつ状態で病院行ったことも、9月頃一旦よくなったけど、頭痛がひどくて薬全部飲むの止めちゃって、その後、めちゃくちゃになったことも、そういう「事実」はあったらしい、という輪郭だけで、実際そのとき自分がどう思ったかとか、どんなに落ち込んだとか、そういう感覚はすっかり自分の中から抜けてしまった。

あと、入院したときは既に医者から「うつじゃない」って言われたけれど、電気けいれん療法を受ける中で、うつについても確実に変わった部分、というのがあると感じてる。気分的にすごく楽になったというか。これって過去を忘れちゃったことによる部分が大きいと思うけど。でも彼女によれば、5回目を過ぎた辺りから様子が変わってきたような気がする、という。

ただね、それに加えてただ単なる入院したことによるものもあると思うんだよね。

というのは、精神科の主治医が3月で一回、変わっちゃったのね。その変わったあとの主治医がどうも頼りなげに思えて信頼できなかったんだよねー。それが、入院することによって主治医と話す機会も増え、あと外来以外に主治医がどんなに激務かとか、そういうのも垣間見えて、なんかすごく打ち解けられるようになった。そして入院中ね、これはその病院の精神科に入院したらデフォルトなのかもしれないけど、臨床心理士さん(なのかな?)による心理テストを受けたことも大きかった。文章書いたり絵を描いたりするテストだったんだけど(詳細についてはほとんど覚えておらず)その結果をね、主治医から渡されて読んだとき、ものすごく心当たりのあることが書かれてたんだよね。そのことについて主治医に「いや、実はこうなんです」と説明したら、主治医がそれを手帳に書き付けたんだよね。そのことで「あー、もしかしてこのことって重要なことなのかな?」って思ったことが大きかったし、その後主治医から「臨床心理士さんの心理カウンセリングを受けますか?」と聞かれたのも大きかった。

実はね、このことについてはわたしはずっと悩んでて、でも悩んでも自分の中では答えが見つからなくて、今まで何度かカウンセリングに行ったことがある。けど、話しても理解してくれるどころかこちらが傷つけられたり、「あなたの悩みはこちらでは対応できません」と断わられたりして、解決どころじゃなかった。それにわたし、このことは今回のうつ病とは関係ないと思ってて(1回目のうつ病の原因ではあるけれども)、今の主治医にはそういうこと全然話してなかったんだよね。

だけど、主治医が手帳に書き留めてくれるほど重要なことだったんだって再認識させられて、それでわたしはカウンセリングを受けることにした。

こないだね、退院して初めての外来の受診日のときに主治医が、カウンセリングを受けられるいろんなところのパンフレットを見せてくれて、この中から選べって言われて、数カ所の案内のコピーをもらって、そんで家でいろいろ考えて決めた。結局選んだのは、入院中、心理テストをしてくれたところ。一刻でも早くカウンセリングを受けたいと思って、決めてすぐにそこに電話したんだけど、なんと最短で1月の中旬だと言われた。年内に少しでも楽になりたいと思ったんだけど、このことは来年へ持ち越し。ただ少しでも悩みに対する答えが見つかればいい、もしかしたら見つかるきっかけになるんじゃないかと思って、少し来年が楽しみ。

で、肝心の「電気けいれん療法を受けて、肝心の歯の状態はどうなったの?」と言うことなんだけど、これに関しては正直、よくなることもなかったし、症状が軽減されることもなかった。歯科の方の主治医からは治療を受ける前に「これを受けてよくなった人の方が少ないです」とはっきり聞いていた。けど、そのとき歯が気持ち悪くて気が狂いそうだったわたしは、その少ない方の確率に掛けようと思った。7回目の電気けいれん療法のあと、少し歯の状態がよくなったように思えた。けどそれは、一晩寝たら元に戻ってた。それ以後はよくなったと思うことはなかった。当初10回受ける予定だったんだけど、途中で「12回まで受けられるけどどうしますか?」と聞かれた。けど、わたし、入院してることが苦痛で苦痛で、あと2回増やすとなると1週間退院が延びることになる。それが耐えられなかったんだよね。だから「10回でいいです」って答えた。あと2回増やしたら、歯はどうなったか分からない。分からないけど、わたしはこれでいいって思ってる。それは、歯の状態は変わらなかったけど、気持ちがすごく楽になって、この状態でもある程度耐えられるようになったから。ただ、歯科への通院は一体いつまでなのかな~とは思ってる。治らないまま「もういいです」って言うかも知れない。

ま、うつと歯についてはこんなところかな。歯は治らなかったかも知れないけど、入院してすごくよかったと思っている。

それから一つ気がかりなこと。twitterで割と絡みのあった人が6月頃から全然つぶやかなくなっちゃって心配してる。その人とはtwitterだけじゃなく、個人メールなども知ってる人なので、そっち経由で連絡取ってみたりしたんだけど、返事は来ず。すっごく気になってます。。すっごく好きな人だっただけに。多分これ、読んでないだろうけど、いつかはまた復帰して欲しいと願っています。

昨日、ここ半年間くらい自分宛に来てた郵便物を仕分けして整理することがやっとというか、ようやくできた。請求書の類なんかは別にいいとして、大学からの郵便物(月に1回、副教材として「白門」という雑誌が届く)はもう見るのもイヤでね。今年の成績通知なんか特に見たくなかった。結局今年は夏期スクーリングも行くことができなかったし、単位、一つも取れなかったから。だけど、机の上に全部放り投げてそのままにして山積みになってたそれらをえいやっで片付けて、成績通知も見てみたら、確かに単位は一つも取れなかったんだけど、思った以上にレポートは書いて合格してた。もうそんなこと、完全に忘れてた。それを見て「以外に頑張ってたんじゃん」って思えた。そして、もう今まで何勉強してたか、完全に忘れて、一体どこから手を付けていいのかよく分からないんだけど、年が改まったら少しは勉強初めてみようかな、という気になっている。

カウンセリングへの期待、というのが一番にあるのだけれど、勉強も再び始めたいと思えるようになったことで、今までに感じたことのなかった「年が改まる」と言うことに関して、今は少しわくわくした気持ちでいる。

終わりよければすべてよし、だったのかな、今年は。
14:05 | 自分のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<猫・1年 | ホーム | 年末ですね>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/1545-bf89b8e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX