----- -- , --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑
12-07 Wed , 2011
退院しました
本日、病院を退院しました。

途中、治療は12回まで増やせますよ、と言われたけれど、当初の予定通り10回で終わらせることにした。治療自体は特に抵抗感はなかったのだが、あともう一週間入院している、っていうのがいやだったものでね。。前の日記に書いたとおり、治療日以外は家に帰っていたので、一週間のうち半分くらいは家にいたのだが、それでも半分は病院にいなければならない。病院にいると昼間に風呂は入らされるし、就寝時間は21時だし、テレビを見るのもカード式で金がかかる。そういうのがたまらなくイヤでね~。なので当初の予定通り10回で終了、ということにした。

半分終了した時点では、よく眠れるようになった以外はほとんど変わりがなかったんだけど、7回目が終わったときに歯に影響が見られた。ちょっとした感覚の違いというのかな。ただそれは一晩寝て起きたら元通りになってしまったんだけれどね。それ以降、治療が終了した後は何らかの形で歯に変化がみられるようになった。ただ目に見えて「よくなっているか」と言われると難しいところなのだが。。「よくなる」というより「変化がみられる」と言った方が正しいような気もする。ただし悪い方には変化はしていない。

もちろん治療はこれでお終いではなく、まだまだ病院通いは続いていく。その中でまた新たに処方される薬などがあるだろう。そういった薬が今度はどういう効き方をしていくのか。それについても少し興味のあるところだ。

しかし、あれだけいやだった入院生活。いざ退院してみると、心にポッカリと穴が空いたような状況になっている。

確かにいろいろと生活は不自由だった。けど医者や看護師さんなどがとても丁寧に関わってくれたんだよね、というか、そういう仕組みの病院だったんだよね。だから丁寧に接してくれた思い、なんかが自分の中に残っていて、それがとても名残惜しい感じがしているのだ。あの場所、あの病棟には既にわたしのいる場所はない。それがちょっと寂しい感じがしている。そういう意味では精神科というのは少し特殊な病棟なのかも知れない。集団療法などで患者同士の繋がりを持たせようとするし(わたしは関係なかったのでそういうものには一切出なかったものの)、患者同士が関わることを重視する方針の下での入院生活、というものは、何とも言えぬ良い雰囲気を醸し出していたように思う。

病院にはまた行くことがあり、主治医には会う予定でも、病棟でお世話になった看護師さんたちにはもう関わり合うことはない。そのことがわたしをどことなく寂しくさせる。多分しばらくは少し寂しいままなのだろうと思う。ま、でもそれはしょうがない。そこからまたわたしはわたし自身の生活を組み立てなおすのだ。
18:44 | 病名が分かった後のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<記憶がない | ホーム | 半分終了>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/1541-300db019
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。