03-03 Thu , 2011
何もしてない
憲法のレポートを出してから、今までずっと休んでた。
朝は相変わらず起きることができなくて、昼ごろに起き、ご飯を食べてまた寝ると夕方になっていて、夕ご飯を食べて、それから少しすると寝る時間になる。そんな生活を半月ばかり送ってきた。

何もしない方が早く病気がよくなるって思ったから。早く治してからまたいろいろなことをやろうって思ったから。

でも、半月経ってもまだ激しく落ち込む日が来る。昨日、今日は本当に何もしたくなくて、着替える気にもならず、風呂も入れず、最低だった。できることは何もない。いや、眠れはする。夜は睡眠剤を飲んでいるが、昼間は何も飲んでないのに眠れる。それになんかしんどくて横になりたいのだ、たとえ眠れなくとも(結局は眠れるのだが)。

やっぱり病気なのかな、と思う。

この病気はどこも痛くなくて(強いて言えば、心が折れるくらいに痛いが)、身体は健康体そのものだから、やる気になればなんでもできる、と思えてしまう。だから、あまり病気だとは思えない。病気だと思えるのは、疲れてもないのにこんなによく眠れるときとか、人に「あなたは病気だ」と言ってもらわないと自覚できない。しかしもしそれを言ってもらったとしても、そのときは「ああ、やっぱり」と少し安堵したりするのだが、それが持続しない。

実際病気なのに、病気じゃない、と思えてしまうのは、本人にとってはものすごくつらい。病気じゃなくてただ怠けているんじゃないのかと思えることがつらい。本当につらい。

でも、普通は風呂入ったり着替えたりすることに「やる気」を出したりしないんじゃないかなあ。普通は何も思わずに出来てしまうことじゃなかったっけなあ。

そう思うと、やっぱり病気なのかな、と思う。

今のわたしはその繰り返し。
23:38 | 3度目のうつのこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<10周年 | ホーム | 立ってするか>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/1508-9744e493
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX