01-19 Wed , 2011
脱出
長い闇からひとまず脱出したように思える。
おそらく今飲んでいる薬が段々効いてきているのだろう。
今は徐々に気力も出て、やりたいことも見えてきた。

けどわたしはここで「明けない夜はない」と言う気はない。

毎日、何かしたいけれど何もしたいことがない。何もしたくないけど、何かして時間を潰さなければならない。幸いにして今回は新聞を読むことができたけれど、それも読んでしまえばあとは何をしていいのか途方に暮れる。薬のせいか絶望感はなかったが、毎日毎日焦燥感にさいなまれた。何をしていいのか分からない。何もしたくない。だからといって、何もしないと罪悪感に駆られる。つらかった。毎日が本当につらかった。彼女には「大丈夫だよ、いつかはできる日が来るから」といわれ続けたが、それを信じることはできなかった。もちろん今でもその言葉は信じられない。いつやる気になるかなんて、考えるのも怖かった。もうこのままずっと一生、やる気が出なかったらどうしよう、そればかり感じられた。浮上するきっかけなんかない。いつ浮上するかなんかも分かるわけがない。だから、今も怖い。今、少し浮上しているのがなぜだかさっぱり分からないからだ。また落ちそうな気がする。

毎日そんな中で救いも何もなかった。ただ耐えて生きるだけ。それだけだった。つらかった。本当につらかった。

多分、同じような状態になることがまた来ると思う。そのときのために言いたい。救いなんか何もないと。ただ耐えるしかないと。耐えたところで明ける夜が来るとは限らないと。

ただ、罪悪感にさいなまれようが、どんなにつらかろうが、身体だけは休めておくこと。もちろん、何もやる気なんか起こるわけがないので、疲れることはないだろうが、つらかったら寝ろと。寝てもどうにもならない、つらいのは同じだということは百も承知だが、とにかく寝ること。そして食べること。何のために食べてるのか分からない状態だろうけどただ食べろと。あとはもうひたすら耐えるのみ。ただただ罪悪感と焦燥感に駆られながら生きるしかない。夜は明けないかも知れない。でもそれでも生きていくしかないのだ。
17:08 | 3度目のうつのこと | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<愛しい命 | ホーム | 精神科2回目>>
コメント
うん。
そうですね。
生きていくしかないです。
薄くなりながら、そうやって私も生きてます。
Posted by: 45 at 2011/01/20 22:30 URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/1498-85f9832e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX