10-19 Tue , 2010
ジェンダー押しつけと白い靴下
昨日、洗濯物を彼女と一緒にたたんでたときのこと。

洗濯物の中にわたしの白い靴下が大量にあって、わたしはそれを組み合わせるのに苦労していた。だいたい靴下は一気に○足組、△足組で買ってるんだけど、そうすると色はともかく長さがビミョーに違ってて、うまく組み合わせないと長さが違う靴下が残ったりして、結構めんどくさくてたいへんなのだ。

「めんどくさいなー」とブツブツ言いながら組み合わせてたんだけど、彼女が「そういえばろんたこはなんで白い靴下しか履かないの?」とわたしに聞いた。「え、それは中学の頃、学校には白い靴下しか履いて行っちゃいけなくてさ。それ以来、白い靴下しか履いちゃいけないような気がするんだよ。学校教育の弊害だね」と答えた。そう、わたしは中学の校則で「白い靴下に限る」と決められて以来、靴下はずーっと白いのしか履いたことがないのだ。白い靴下以外はなんか履いちゃいけない気がするんだよね。だから、当然買うときも、白い靴下しか買わない。このことに対してわたしは自分の中で特に疑問も持たず、疑問を持たないから中学卒業して25年以上になるけど、白い靴下を買い続けてきた。

そしたら彼女が「それって、社会におけるジェンダーの刷り込みと同じなんじゃないかなあ?」って言った。あっ、と思った。

物の本によると、ジェンダーとは「社会的な性」のことで、人間が社会生活を送る際に徐々に「女らしさ」とか「男らしさ」について教育されて刷り込まれていくらしい。でもわたし、このことを何遍読んでも自分ではさっぱり理解できないのだ。それは自分自身「教育された」記憶がないから。しかもわたしは「女らしさ」「男らしさ」から全然離れたところにいて、その概念すらよく分からない。昨日も書いたけど、わたしは本当にジェンダーってどういうことなのか、なんでそれが自然に獲得されるのかがさっぱり分からなかったんだよね。

でも、わたしにとって、ジェンダーの刷り込みってのは、白い靴下の刷り込みと同じ現象だったのだ!と同時にうわっ、こわっと思った。

わたしが白い靴下が当たり前で、それを履くことに何の疑問を持っていなかった、ということは、この世の中にはジェンダーの刷り込みをされて、それが当たり前で、そのように振る舞うことに何も疑問を持っていない人がこの世にたくさん存在する、ってことなんだよね。そして何も考えずにそれをまた人に押しつけるんだよね(わたしは白い靴下を人には押しつけないけれど(笑))。これが怖くなかったら何が怖いというのだろうか。

「なんだよ、くだらない。たかが靴下の話じゃないか」と笑う人は、知らないうちに自分に刷り込まれた「男らしら」や「女らしさ」についてよく考えてみるといい。「なぜわたしはこのような行動をするのか」よく考えてみるといい。案外根拠のないことだったりするかも知れない。わたしは昨日「したい人はしたいようにすればいい」って書いた。しかしもしかしたらそのことは「したいこと」ではないかも知れない。何も考えずにただなんとなくしていることかも知れない。それって本当はとても怖いことなんじゃないだろうか。
19:13 | (性的少数者)自分のこと | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<twitterにおけるゲイなどの用語の使われ方について | ホーム | ジェンダー違和>>
コメント
白い靴下を履くように指定されるのは
学生時代は当たり前でも

社会人になれば
違う常識があったりして・・・・

私は、今 いろいろ
現状が変わったり バイトを始めてはやめての繰り返しで

すごく 自分のポジションに混乱してしまっています

でも ろんさんのように こわっと思ってしまう時もあります
女性の制服は 仕事着でもスカート着用が義務付けられたり

そういった ことが積み重なって混乱しているのですが
今のところ 解決策など見出すことができずに

悶々としています。
Posted by: 中井文菜 at 2010/10/29 20:46 URL [ 編集] | page top↑
>中井文菜さん
社会には違う常識があるのなら、学生時代はその「プレ期間」として、
なぜ「違う常識がある」と教えてくれなかったのかな~?なんて思ってます。
少なくとも、わたしは白い靴下を強制されることになんの疑問も感じてこなかった、
何も感じなかった怖さを今、感じているところです。

自分のポジションに混乱、ですか。
仕事に関しては事前に制服有り無しって分からないですか?
わたしも無理矢理制服、なんてもう考えられないので、
仕事の条件としてもう「制服有り」のところは最初から却下してますね。
Posted by: ron at 2010/10/30 18:58 URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/1485-919ec911
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX