07-27 Fri , 2007
期日前投票と座骨神経痛
昨日は役所に行って、期日前投票をしてきた。比例区はまぁ、もうとっくの昔に誰を入れるか決めていたので、その人の名前を書いたが、選挙区は、、正直言って直前まで迷った(苦笑)。っていうか、考えてなかったし(爆)

ちなみに、選挙区の場合は係の人から「個人名で投票してください」と言われたが、比例区は「政党名及び個人名で投票してください」と言われた。が、注意しておきたいのは、絶対に当選をさせたい人がいる場合は、個人名で書かなければ、その投票した当人の意志は通じない、ということだ。なぜなら、今、参議院比例区では「非拘束選挙方式」という方式をとっており、以前のような党が決めた順位がない。個人名で書かれた人が多い人から順に入っていくシステムに変わっている。

そういえば、役所ではまた「本人さんですか?」って聞かれた。。orz
っていうかさ、性別が明らかに違うと思われるようなヤツがわざわざ投票に行くか??(怒)シツレーだよ、アンタ。というか、投票用紙を渡されるときに男か女かのボタンを押して、投票用紙を渡されるが、今回、選挙区では整理券を確認して女のボタンを押されて投票用紙を渡されたが、どうも比例区は男のボタンを押して投票用紙を渡されたような気がする。。一瞬、唖然として「今、男のボタンを押さなかったですか?@@;」と聞きたかったが、まぁ、出しちゃったものは返せないだろうなーと思って何も言わなかった。っていうか、間違ってるよ、アンタ!!これで確実に期日前投票の比例区の男女数が違ったな。整理票と付き合わせたら分かると思うけど、この場合、どうやって訂正するんだろうな。謎だ。っていうか、わたしのせいじゃないぞー。それに、男女で分けてどーするんだろう?男と女って2つしかないのはなぜなんだろう?もう最近はそんなことばかり思ってしまう。

あ、その前に最近、特にひどくなってきた「座骨神経痛」の治療をしに、中国式整体に行ってきた。

わたしが「座骨神経痛」になったのは、本社に転勤して、一日中座りっぱなしの仕事をしていたのと、あとは「社会人野球」の見過ぎ。これまでも何回か、座骨神経痛のためにいろいろなところに行っていたが、結局完治せず、放っておいたのだが、最近、そんなに座っていることが多いわけではないのに悪化して、どうしようもなくなっていたのだ。

そんなとき彼女が以前から通っていたところが「いいよ」と言うので、最近、外に出歩く気が全くしなかったのだが、仕方なく行ってきた。彼女からは事前に中国人の人2人がやってるらしい、あまり日本語がうまくないらしいけど、腕はうまいと聞いていた。

そこはマンションの一角にあるのだが、入ってまず、問診票を書かされた。紹介者の欄をどうしようか、、住所同じだし、一緒に住んでるのが分かると思った挙げ句、書かずに出した(最近、ヘタレ)。そうしたら「紹介者は誰ですか」と聞かれ、仕方なく「○○さんです」と彼女の名前を。そうしたらその人、紹介欄に本当に「○○さん」って書いた!@@;ええと、、名前は聞かなくてもいいんでしょうか。。それからいろいろとどこら辺が痛いのかだのなんだの聞かれ、答えたんだけど。。答えた相手とわたしを治療してくれる人が違っているし、その人に対して、何も言ってなかったんだけど。。何のためにどこが痛いんでしょうって聞いたんだろう、と思いつつ、うつぶせに寝ころんでいた。

そうしたら、その人は背中から足を何回かすっすっすっと撫でて「ここ、痛いね」とわたしの痛かったところを的確に診断してびっくり~!!なんで分かるんだろう??@@;

それからは全身マッサージと言うことで、肩から首から揉まれたが、わたし、肩は凝ってるんだけど、いくら力を入れられても全く痛くない。逆に気持ちがいい。何回か「痛い?」って聞かれたが「いいえ、気持ちがいいです」と答える。なんか、、向こうの日本語がたどたどしいので、つい、明確な日本語で答えてしまう。途中、いきなり中国語で一言ポソリ、と言ったので、え、なんだ?誰に向かって話しかけたんだ??と混乱した。結局「首と肩はそんなに凝ってない。ただ、左より右側が凝ってるね」と言われ「まー、右利きだし」と思ったくらいかな。

「うちは筋肉とスジとツボの3つでやるよ」と言われ、まぁわたしは彼女から「ここ、ツボ。痛いね」と言われると聞いてたから「ふむふむ」と思って聞いていた。途中で「ツボ、弱いね」と言われて「ツボが弱いってどういうことだろう??」と思っていたが、たどたどしい日本語の人に聞いていいものやら悪いものやらよく分からなくてそのままにしていた。

わたしが行ったときは既に前にお客さんがいて、もう一方の人がやってたんだけど、その人たちの会話がビミョーで。。「麻雀しますか?」「ああ、軍隊時代に中国でやってたな。今は点数の数え方が分からないからやらないけどな」ええーっ!!?@@;軍隊で中国に行ってたって、そんなこと中国人に向かって、ええと、そんな。。と思っていたら「お酒、飲みますか?」「昔は一合なんかすぐに開けちゃったけどな。特に軍隊時代は飯ごうで酒飲んでたんだ。そうでもないとやってられなかったしな」って話してて、正直、わたしの方がうろたえてしまった。じーさん、そんな話、してもいいのかよ。。って。ただ、向こうは淡々と話を聞いていた。うーん、最近、やたらと敏感だからなあ、わたし。

で、わたしの方はだんだん腰から下になってきて、隣の会話どころではなくなった。わたしは腰痛持ちではない。なのに、腰を揉まれるとものすごく痛い。え、なんだこりゃあ、と思ってたら「下半身の方が悪いね」と。で、座骨神経痛を持っている左の尻の辺りを力任せ(?)にぐりぐりと。。うぎゃあーーーーーー。痛いーーーー。思わず「うぐぐー」って言ってると「ここ、ツボね」と言われる。で「頑張ってね」と。頑張ってって、何をどう、頑張ればいいのだーーー!!と突っ込みを入れたかったが、言葉にならない。挙げ句「身体に力、入ってるよ」と言われ「あ、そうですね」といって力を抜こうとするが、、「まぁ、誰でも力はいるね」と言われ「そ、そうですよね。。」と。

しかし、こういう、うつぶせの格好で、こんなに痛いことをされると、昔、合気道をやっていた頃の記憶が蘇り、反射的に手が地面をパンパンと叩く。これ、柔道でも絞め技が入ったときなんかに使われるが「降参しました」の合図ね。合気道でも関節技が入ったときや、それこそツボに入って痛かったときは「パンパン」と合図をするのだ。いくら「これやっても仕方ないだろう」と思ってても、ついつい手が合図したくなる。しかも、反射的に足のつま先を立てたくなる。うつぶせからすぐに立ち上がれるように、合気道の場合、足はつま先を常に立ててからうつぶせになるのだ。大学時代にやっただけの合気道だが、こういうところで反射的に反応が出てくるとは思いもしなかった。。

で、今度は痛くない方の右側の尻をぐりぐりと。。い、痛い。。「ここ、誰でも痛いね。うちにくる患者さんで涙出る人いるよ」って。。いや、痛さではわたしは涙は出ないんですけど。それにしても痛い。「だけど、左に比べたら右はそんなに力入れてないよ」って言われて、まぁ、それは分かる。だけど痛い。「ツボだからね。頑張ってね」とまた言われる。しかも腰から下をやられると、今、下剤を飲んでいるわたしとしては、どうしてもお腹が緩いのでおならが。。ええと、音が出るおならもヤダし、だからといって、すかしっ屁は臭いって言うしな。。といろいろ考える。で、そういうことを思っている自分につい、笑いたくなる。で、笑おうとすると咳になる。もー、はっきりいって、自分で訳分からなくなってた(苦笑)

ただツボはツボでも痛い場所と全く痛くない場所があるので「ツボは痛いと悪いんですか?」と聞くと「複雑ね」と答えられた(^^;で、そのあといろいろと話してくれたんだけど、に、日本語がよー分からん。。要するに「痛くても全身からみてそこが悪いかどうかを判断する」ってことだとわたしは理解した。まー、わたしみたいな素人に的確な日本語で難しいことを言われても、多分、わたしも理解できないだろうし。。

突然「鍼はやったことありますか?」と聞かれたので「あります」と答えた。「それは日本人?中国人?」と言われたので「えーと、日本人です」というと「鍼は中国人の方がいいよ」って言われた。「いや、わたしはもともと注射が嫌いだから、鍼は嫌なんですー」といいつつ「じゃあ、中国の整体と鍼はどっちがいいですか?」と少し意地悪な質問をした(爆)そうしたら考え込んじゃった(爆)ただ「中国でも鍼のいい先生はみんな歳を取ってるね。中国でもすごい先生はなかなかいないよ」と言われ、んじゃ、日本では鍼のすごい先生はいないのか、と思った。まー、いいけど。鍼には行かないから、わたしは(苦笑)。

最後に仰向けになって顔と頭を。そのときに「やっぱ中式、いや、中国式整体が一番よ」と言われ「うわぁ、自分の仕事に誇りを感じてるんだなあ」と思ったら、、泣けてきた。どんなに痛くされても涙は出ないが、今はこういう言葉がわたしは泣ける。そうなんだよなあ。自分に自信を持って生きて行かなきゃいけないんだよな。

ってわけで、身体を治しに行ったはずが、なんだか心まで励まされて帰ってきた。

その後、買い物をしていた彼女と待ち合わせて役所に。投票も目的だったが、実は税金の申告書が来ていて、、最初に申告しに行ったら、逆にかかってた税金が返ってくると言う。ただし、2,262円だけど。そのためには税務署に行かないといけないそうだ。えーと。税務署ってもっと遠いんですけど?みたいな。どうしよう。。行って帰っても、多分、2,262円よりはかからないから、戻ってくる分には嬉しいけど、しかしそれまでの手間を掛けてまで手続きをすることがあるんだろうか。このクソ忙しい時期に。。

あ、帰ってきたあとは、やたらと尻がすーすーする。これって、今までそれだけ血液が流れてなかった証拠なのか??と思ってびっくり。今も腰から尻にかけて、揉み返しが来ているのと同時にすーすーする。。シドニーに行く前に治しておこう。。でないと飛行機にも乗れないしね。
11:23 | シドニー留学前のこと(2007.6~8) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<なんで言っちゃうんだろう | ホーム | サッカー>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/147-4c1c14ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX