07-28 Wed , 2010
死刑執行
今日はちょっと重いテーマで書いてみる。

今朝、東京拘置所において、2人の死刑囚が死刑執行された。

わたしは最初聞いたとき「これは政治的判断だ」って即座に思った。だって、現法相が先の参議院選挙で落選したこと、前々から「死刑執行しないのは、法相としての責任を果たしていない」という国民の声があったということがあったからだ。まぁそれに加えて現法相は選択制夫婦別姓制度と外国人参政権に賛成であると言うことが非難の大元にあると思うんだけどね。そして、この3つをいっぺんにして考えるべきじゃないとわたしは思っている。「坊主にくけりゃ袈裟まで憎い」じゃないんだから。だけど、それを一緒くたに並べて考えている日本国民の多いのにはウンザリさせられる。

わたしはどちらかというと死刑制度に賛成だ。ただ、永久的に死刑存続せよ、と言うつもりはなく、将来的(近いとは思ってない。おそらくわたしが死んで以降の話になるんじゃないかと)には死刑は廃止した方がいいんじゃないかなと思っている。ただ、死刑制度存続に賛成、と言っているからには、それなりの覚悟をしておかなくてはならないと思っているし、ではその覚悟とは何かというと、例えば自分が冤罪で死刑になる可能性があること、死刑執行を刑務官に押しつけていることなどだ。そして今日死刑が執行されたということは、その重みを十分噛み締めてこれから生きなきゃならないこと、死刑存続に賛成をしているのならば、当然これらのことをすべて受け入れているということだ。

って、死刑のことを話題にするとき、どうしてこういう風に自分自身の考えを表明しなければ、議論できないのかなと思うのだけれどね。話が逸れるけど。

で、今日のタイミングは本当にまずかったと思う。これでは国民を黙らすために、または国民を納得させるために2人が死刑にされた、と考えられてもちっともおかしくないと思う。言うなれば、罪に対する死刑執行ではなく、国民に見せつけるための死刑執行だったのではないかと思うのだ。

また、現法相について、選挙で落選したものの、民間人起用としての大臣、になるのだからとそれはそれで構わないではないかと首相は言っているようだが、今日の死刑執行のために大臣の判子を押したのは、参議院議員の任期が切れる前の日だったから問題ない、とも民主党の幹事長が述べているようだ。しかし果たして参議院議員だったときと民間人になったときの法相は立場が違うというのか?民間人の法相なら、死刑執行に対する判子は押せないとでも言うのだろうか。なんだかこの解釈は解せない。法相という身分は、参議院議員であろうが民間人であろうが同じだろう。

この他に就任してから今まで死刑執行しなかった理由については、法相がいろいろ述べてはいるが、どれも説得力に欠ける。

しかし、わたしは法相が死刑の現場に立ち会ったことについては評価したい。これはなかなかできることではない。

また、これから報道陣に刑場の取材を解禁したり、死刑制度に対する勉強会を立ち上げることについては賛成だ。死刑制度を残された遺族がかわいそうだから、という安易な理由で賛成するのではなく(だったら、残された遺族がいなかったら誰もかわいそうではないから死刑はしなくていいのかということになるだろう)なぜ死刑制度が必要なのか、本当に死刑制度は必要なのかをもっともっと広く議論しなければならないと思う。多くの国で死刑制度が廃止されている。もちろん、だから日本も追随すべきだ、とわたしは思わない。しかし、世界の多くの国がなぜ、死刑制度を廃止しているか、という理由も一緒して検討すべきだと思う。国が人一人の命を奪うと言うことは、ひいては国民が、人一人の命を奪うことと同じなのだから。

わたしは死刑制度に賛成しているし、死刑制度がある以上、法相が個人的にどういう思想信条を持とうが、法相がすべき仕事はすべきだと思っている。だから、今回のことについては賛成する。だが、なんと言ってもタイミングが悪かったと思う。

もし、もっと以前に死刑を行なっていたら。そして、もっと早く死刑制度についての是非を国民に投げかけていたら。退任すると分かっている法相が、去り際にいくら投げかけていてももう遅いのではないか、と危惧する。

そういう意味では今回、このタイミングで死刑執行したことについては、非常に残念と言うしかない。
22:10 | その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<< | ホーム | 打ち合わせ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/1448-8a17925f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX