07-13 Tue , 2010
遠くとも一度は詣れ善光寺
昨日の題名といい、今日の題名といい、善光寺を盛んにPRしてるみたいですわね(笑)

えーと、無事、帰京いたしました。

今日の長野はずっと雨で。気温も低く、超寒かった(;_;)

ホテルのチェックアウトが10時だったので、10時にはもう外にほっぽり出され。およそ2km離れた善光寺まで、時にはザーザー降りの中を歩いて行った。って、昨日の晩、ほとんど寝付けなかったわたしは具合が悪く、途中彼女に「どこか寄って休んでいこう」って言われ、コーヒー飲めるお店へ。そこの店、なんだかソファが置いてあって、くつろげたので、1時間ほど寝る。なんだかとても気持ちがよかった。

そこからまた、歩いて善光寺へ。前日とは違って、お店も開いてて、仲見世をブラブラ買い物しながら歩く。ジャムだのそばだのいろんなものを買った、自宅用に(爆)

善光寺に着いて、楽しみにしていた「お戒壇巡り」をする。昨日も書いたけど、わたしは今まで3度善光寺に来てて、今まで3度、お戒壇巡りしている。だからこれで4回目。お戒壇巡りって何かというと、本堂の下に真っ暗な廊下があるんだけど、そこをそろそろ歩いて行くと、ご本尊の下に「鍵」があって、その鍵を触ると極楽に行けるという、まー、わたしは別に地獄とか極楽とか信じてないんで(←オイ)別にどっちでもいいんだけど(死んだあとのことは誰にも分からん)、わたしが気に入っているのはあの「暗さ」。なんていうのかな、本当に真っ暗、なのだ。一寸先は闇、って言うけど、一寸どころじゃない。目の前から真っ暗で、近くにいる人も何もまーったく分からん。そういうところって、ここしか経験したことない。だから、善光寺=お戒壇巡り、なんだよねー、わたし。何回歩いても飽きないというか。

で、今回は初めて彼女を連れて行ったんだけど、入口に「鍵を携帯電話の光で照らさないで下さい」って書いてあった。あ、そうか。20年前に来たときは、携帯電話なんかまだなかったから、鍵の形を見る手段なんかなかったけど、今はそういうことできるんだね。。って、でもそんなことやって何が楽しいんだろう、あれは手で触るしか実感できなくて、だから楽しいんじゃないかって思うんだけどね。

他の客がいなかったら、あーんなことや、こーんなことをしよう、と企んでいたが(←オイ)前にも後ろにも客がいて、結局素直に歩くしかなく。だって、止まってても後ろの人はわたしらが止まってるのは見えないんだからさ。みんな等速運動してなければ、ぶつかってしまう。というわけで、チェッ、チェッ、チェッ。ちょっと残念(←って何をしようとしてたのだ?)。でも、終わってから彼女が「楽しかった」って言ったので満足。

それから以前持ってた善光寺のお守りで気に入ったヤツがあったので、それが買えればと思って、お守りをずっと見てたりしたんだけど、なかった!お守りも時代によって変わってくるのね~。さっき携帯電話の話したけど、最近のお守りって携帯に付けられるストラップのお守りがあってびっくりした。そーねー、半分くらいはそういった感じのお守りだったかな。わたしは自分の口腔異常感症が治るように「おびんずるさまのお守り」を買ってきた。まー、この病気に関しては、もうなんでもいいからすがれるものにはすがりたいくらいなんだわ。本堂にあるびんずる尊者の口元も触ってきたし。

あと、気に入ったのはこの本。
P1010183.jpg

善光寺に関していろんな本が売ってたんだけど、なんかここでなきゃ買えない本みたいだったし、中身が面白そうなので買ってしまった。1,000円也。まだ最初の1/5くらいしか読んでない。帰りのバスの中で読もうとしたら、それより眠くて寝てしまったので。。

ってわけで、2日目は雨に降られてちょっと残念だったけど、まー、その前日、善光寺自体は十分堪能してきたんで、今日は今日でよかったかな。なんかね、雨だと古い木の匂いが強く匂ってくるような気がした。でね、善光寺の近くにはお香のお店とかあるわけで、その近くを通りすぎるとなんかすごく落ちつくような気がした。わたしも年なのかな~(笑)別に昔から線香くさいのが嫌いではなかったが、落ちつくとまでは考えなかった。うちには仏壇もなかったし、そう線香の匂いを身近に感じながら育ったわけじゃないけど、なんかどっか何かが身体に刻まれてるとか、そんな感じがするのはわたしが日本で育ったからなのか?

さて、明日からは日常生活に戻る。遊ぶだけ遊んで、ようやくまたやる気が戻ってきた。
まずは日本法制史のレポートからかな。早いところ書き始めなければ。けどまだ本(レポートのため図書館から借りてきた本)を全部読んでないんだよな~。。

頑張ろっ。
23:16 | 二人で行った旅行のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<病院の日とすもも祭 | ホーム | 牛に引かれて善光寺参り>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/1440-e8d68b6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX