----- -- , --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑
05-18 Tue , 2010
帰国
今日は朝5時に起きて、8時過ぎの飛行機に乗り、10時半頃羽田に着いた。
振り返ればあっという間の4泊5日(中3日)だった。

日本に着いたとき、今まで行った外国から帰ってきたときと違って、自分でも思ってもみなかった反応が出て来てちょっと面白かった(?)。

まずは看板。
駅の案内の看板(行き先とか乗り換えとか)。
当たり前なんだけど「字が全部読める」(笑)
韓国ではハングルはお手上げなので、必死で英語表記してあるものとか漢字表記してあるものを探すんだけど、当然のことながら字がすごく小さいのね。この小さい文字を探すという苦労をこの3日してたんだなあと実感。

次に言葉。
当たり前のことなんだけど「意味が全部分かる」(笑)
韓国語はね~、語尾の「ニダ」しか聴き取れなかったんだよね(苦笑)
だけど、逆にアナウンスにそれがないとちょっと寂しいと感じるほどになってしまった。ここ3日間で。
日本語全然分からない人にとって、日本語のアナウンスはどう聞こえるんだろうね~?と思ったりする。

そして混乱。
なんか韓国行っても日本に帰ってきても混乱ばかりしとりますが(笑)
これだけ近い(2時間弱のフライト)と頭の切り替えがうまくいかなくて、
文字や言葉が理解できる環境がすごーく不思議に感じる。
これ、ヨーロッパとかオーストラリアから帰ったときはそんなこと思ったこともなくて。
多分、フライトの間に頭の切り替えをしてるのではないかと思えたり、
日本とは全然違う雰囲気だから切り替えがうまくできるのかなと思ったり。

中3日韓国で過ごして。
辛いものが今までより断然食べられるようになった(と思う)。
んー、今まで唐辛子だとばっかり思っていた辛さが実はニンニクの辛さなんじゃないかと気が付いて。
あとに引くような辛さはまだ全然ダメなんだけど、
瞬間的にピリッと来る辛さは大丈夫なのね、わたし。
で、韓国ではどんなに辛いもの苦手ですと言っても、
赤い色をしてないものまで辛い。
そういう意味で、辛くないものを食べないことはほとんど不可能に近い、
ということで、最後の方はむしろ積極的に赤いものでも口に入れてました(笑)
結構食べられるものだな、と実感。
ただし、韓国の唐辛子は辛くない、とも聞くので、
日本では積極的に口に入れようとは思ってません(笑)

それから焼き肉三昧する予定が結局3日間のうち、1日目の夜しか焼き肉食わんかった。
韓国の食材自体、そんなに日本で食べるものと掛け離れたものじゃないのに、
なんかすっごくくどい印象がして、それでわたしは外国に行って初めて、日本のあっさりした食事が恋しくなったのだった。
遠く離れた西洋の国なら分かるが、まさかこんな近くの韓国で日本食が恋しく思うことになろうとは、まったく考えてもいなかったので、びっくりしてる。

人。
韓国の人は親切だった、と思う。
電車の中でわたし一人が座ってて、わたしの隣の隣の席が空くと、スッと隣の席を空けてくれて彼女と並んで座らせてくれる。そういうのが当たり前の国だった。日本ではそういうことはほとんどないに等しい。

「また韓国に行きたいか」と言われると、今はよく分からない。
でも、今よりももうちょっと韓国のことを勉強したら多分、また行きたくなるんじゃないかと思う。
17:05 | 二人で行った旅行のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<風邪引いた | ホーム | 楽しんでいる、のかなぁ?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/1405-c1fa7603
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。