03-07 Sun , 2010
言葉を獲得するということ
昨日の日記にも書いたけど、この休日はブログのカテゴリ分けと、あといろいろ気になったところを直したりして過ごしていた(もう終わってるから過去形)。

その中で改めて読み返して気が付いたのは、わたし、去年の5月頃から「疲れた」「疲れた」って言ってるのね。そーか、既にあの頃からわたしは疲れていたんだ、って改めて気が付いた。けど、去年はBrass MIX!絡みのイベントは年末のコンサート除いて全部参加してるし、あと、映画祭行ったり、イベントにもあれこれ参加してるんだよね。

あ~。昨日は「思い切った方がいいのかも知れない」なんて書いたけど、具体的に今年はパレードには出ないとか、イベントには出ないって決めようかって思うと、それはなかなか踏ん切りがつかないんだよな、、それがなかなか難しいところではある。わたしにとって性的少数者の集まる場所、と言うのは「安心できる場所」でもあるからだ。そういうところに参加をしなかったら、わたしはわたしと彼女と数人のリアルな友だちだけで暮らしていくことになるからね。

まー、それは追々考えるとして。

今、法学の教科書を読んでるってずーーっと言ってるけど、それもあと100ページ弱になってきた。あと数時間で読み終えることになると思う。でね、本を読んだ日には彼女に「今日はこういうの読んだんだ」って話してるんだけど、そこで面白い現象が起きるのを発見した。

それは、概念を頭では理解しているけれども、それを説明しようとすると言葉になって出てこないこと。

そう、教科書に出てくる「用語」が出てこないわけ。「用語」の概念は本を読みながら「ふん、ふん、そうか」と思って頭には入ってくるんだけど、肝心なそれを意味するところの用語が出てこない。

概念ってものは、今まで約40年生きてきて「こういうものがある」と言われると、それと同じことではなくても「あー、確かにそうだなあ」って共感できる部分が結構あるもんで、だからこそ概念は頭の中に入って来やすいのだと思う。けど、そのことをまとめてなんて言うかは、記憶力の問題になっちゃうのね。で、記憶力がないわたしは、その用語は覚えられないわけ。あとは口に出して言うこともないので、出にくいというのもある。頭の中で知ってる言葉はたくさんあるけど、それがすべて自分で使える言葉かというとそうでないのと同じことだと思う。

「言葉に出ない」というのは、今のところなかなか楽しい現象で(笑)、頭の中に「これこれこういうもの」というなんかモヤモヤしたものがある、しかしその「モヤモヤしたもの」を言葉で説明しようと思っても適確にそれを表わす言葉が見つからない。モヤモヤと言葉が結びつかないのだ。だからわたしは彼女に説明しようとするときは、今のところほとんど「うーんと、えーっと」と言いながら、言葉を選びつつ、無理矢理その概念を説明している感じ。

そういう自分を見てて感じるんだけど、例えばわたしは過去に大学に行って水産の勉強をしてきたわけだけど、あのとき、どうやって言葉を獲得していったっけ?って考えたりする。今のわたしの生活にはほとんど関係ないけれども、やっぱり水産の専門用語はある程度頭の中に入ってるし、それを使うときに「うーんと、えーっと」とは思わない。だけど大学生当時は概念だけ頭に入って言葉にならない、といった経験はしてこなかったと思う。

ってことは、これがまさに通学生と通信教育生の違いってことなんだろうか?って思ったりする。通学生が取り敢えず「習うより慣れよ」で、多分、最初の方はわけ分かんなくても無理矢理使って言葉を自分のものにするのに対して、通信教育で勉強するとその言葉を日常で使うことはない。だからその言葉に対して「慣れるため」にレポートってものがあるんじゃないかなと。

うーん、こじつけかな?

それより「年齢」の影響の方があるのかな?ただ、わたしは昔から記憶力がなくて、昔も今も物事を記憶する速度はそんなに変わってないような気がするのよね。むしろ概念を記憶する速さは昔より今の方があるんじゃないかとさえ思っていたりする。だから概念と「用語」の記憶力の差が出てくる。

どっちなんだろうね。
というより、その両方が絡んでくる、といった感じなのかな。

とにかく今の自分は「新たな概念や言葉を獲得していってるんだなあ」って感じがとても好きだ。「用語」が覚えられないのにはときどき「キーッ」ってなることもあるんだけど(笑)
15:57 | 自分のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<慣れるもんだな | ホーム | 久々の休みの日だー>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/1358-ffcce7fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX