02-09 Tue , 2010
教科書
「法学」の教科書。

あれから少しずつ読んで、今、100ページを超えた。
この教科書、450ページくらいだから、だいたい1/4は読み終えたというところ。

「難しくって全然分からなかったらどうしよう」

って思ってたけど、予想外に結構楽しく読んでいる。
なんか教科書に対して「楽しい」ってのは変なんだけど。

でも読みながら「なんだかなあ?」って思う部分もある。
「平均的人間」とか「全体社会」とか、、
そことからどうしてもわたしは「普通の」とか「多数の」と言うことを連想してしまう。
法律を学ぶものは「普通の人間になれ」とか「多数の人が考えるような考えを持て」とか、
そういうことを言われているような気になってしまう。

じゃ、普通じゃない人間とか少数者の意見を持つことは悪いのか?とつい、思ってしまう。

いや、根本的に法律とか法律家はそういうものや人間じゃないといけなくて、
そういう風に努力しろって言ってるのかも知れないとは思うし、
確かにそれはある意味そうでないといけないとも思うんだけど、
だからといって「自分は普通の人間だ」と思い込むことこそ危ないのでは、という気もしてて。

うむ。まだ教科書の読み込みが足りないのかな。
分からなかったら「質問票」で質問できるのだが。
これは質問事項にならないような??(笑)

まー、取り敢えずは今の目標は一通り読むこと。
これからも「?」な部分は出てくると思うけど、取り敢えずは一通り読むこと。
20:16 | 通信教育課程の大学生活 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<春を待つ | ホーム | 「A2」/森達也監督>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/1344-846fea7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX