01-23 Sat , 2010
なりたい自分
こないだ、ユニクロに行ったんだけど。

そこで「ネオレザー」っていう、所謂合成皮革ね、それのジャンパー(って言うのかしら)みたいなのが売ってて、それは女性ものだったんだけど着てみたのね。最初はLを着たんだけど、窮屈だったのでその上(XL)を。

そのデザインから言って、ぴっちりする洋服みたいで、それが結構「カッコイイ」と思ったんだけど、姿見で全身を見たら上半身と下半身がまるでマッチしてなくて(そのときはEDWINじゃなくてLEVI'Sの505を穿いてました)がっかり、、もう少しスリムなズボンじゃないとダメなのね、って思ったのと、足が結構太いわたしはおそらくこういう格好は無理なんだな、って思った。

で、男性もののジャンパーもあったので着てみると、サイズとしては女物より合ってたんだけど、姿見を見るとどう見ても「男」にしか見えず。。「これはヤダ」って思った。

わたしさぁ~、今まであんまり自分の格好について考えたことなかったんだけど「男にしか見えない」姿ってのはヤなのね。だって、わたしは男じゃないし。それに彼女が「ろんたこ、それカッコイイよ!」って言うんだけどさ(女物のときにも)、わたしって中身は全くカッコイイ人間じゃないから、それもイヤなんだよねえ~。

そう、要するにわたしって、外見と中身が「違ってる」と思われるような服装はイヤなんだなあ、ってそのとき初めて思ったの。

で、多分、今のわたしのしてる格好、ってのは、自分では多分、自分の性格も表わしてると自分勝手に思ってるんだと思う。いや、違うな。この格好が「見せたい自分」なんだと思う、結局ね。

でもそれはあくまでも「見せたい」であって「なりたい」んじゃないんだよね。。

「なりたい自分」って、想像すると「かわいい」と「カッコイイ」がまざった「かわカッコイイ」になりたいんだよね。でもそのために一番ネックになるのはこの身長。。この身長(170ちょい超え)がね、せめて日本人女性の平均身長である158くらいだったら、どんなに男っぽいといわれる格好をしても男には間違えられないだろうなあ~と思うと、すげー悔しい。

「何言ってんだ、身長は低いより高い方がいいに決まってる!」って言われそうだよね。ええ、言われるよ、そういうと。でもさぁ、身長低い人が「高くなりたいなあ」っていうと「そうだねー」って言われるけど、なんで身長の高い人が「低くなりたいなー」というと「もったいない」って言われなきゃならないわけ?「なりたい」というスカラー量は同じでただベクトルの向きが違うというだけじゃん。ある一定のベクトルは「そうだね」と言われ、その逆向きは「なんてこと言う」なんて言われるなんて、絶対におかしいーーー!!!(ぷんすか)

確かに身長の低いデメリットって聞いたことあるし、高い人に囲まれるとすごく劣等感を感じる、みたいなことを言われる。で、わたしはその部分は経験したことないわけね、当然。だって、日本人男性の平均身長よりも少し高いわたしは、この日本に住む男性の半数より高いのだ。だから、電車に乗ってても周りは人の壁だらけ、という状況にはなったことはない。

けどね。背が高いと不便なこともある。例えば台所。日本人女性の平均身長に合わせて作られているからか、自分にとってはものすごく低い位置ですぐに腰が痛くなる。掃除機とか電化製品もそうね。吸い込み口までの長さとか、一番長くしても使いづらい。

あと将来寝たきりになって、介護されたときのことを思うと、こんな身長のババア(って自分のことですから)はすごーく扱いづらいだろうなあと。

「そんなことまで?」って思うかも知れないけど、実はうちの父の身長は180あって、この人が倒れたら家族はすごく苦労するだろうなあって前々から思ってるし、それはわたしにも当てはまるなあって思ってるのだ。寝たきりにはもちろんなりたくないけど、将来のことなんかそのときになってみないと絶対に分からないわけで。だから「寝たきりになること」ももちろん想定してるわけだ。

一方、うちの母は身長158cmで、わたしから見るとすごく小回りの効く、例えて言うととても燃費のいい日本車、みたいな感じ。まー、そういう母でも「いい靴があって『これがいい』と思っても、一番よく売れるサイズなのでいつも売り切れてるのよ」って言う。でもそれをいわれるとこっちなんか最初から「サイズがありません」だもんね!

身長が158くらいで、体重が48くらいだったら多分、どういう格好をしても女に見えるだろうな~。っていうかカッコイイ「女」に見えるだろうな~と思うと、すんごく悔しい。この時点で、自分の内面も「カッコイイ」かどうか、ってのは思いっきり無視してるけど(爆)

わたしは自分が男に間違われたときは「女のわたしがどういうことをやろうが、それは女のすることなんだよ!」って強気な一方、「男に間違われる」ことについて、実はすごく傷ついている。。「だったら女らしくすればいいじゃん」って言われると「だから、女であるわたしが更に女らしくしろってどういうこと!?」って反論したくなるのだけれどね(【注】これ読んで、すごく傷つくトランスジェンダーの人がいると思うけど、敢えて書いてます)。

わたしは多分一般の人が持っている「女である」という印象を、例えばそれが半径50cmの円だとしたら、それを75cmくらいに広げたいんだと思う。んで75cmに広げることが、今、自分が生きててやらなきゃいけないことなのかなとも思う(なんか大げさだし、わたしは別にこのためだけに生きてるわけじゃないけど)。

でも、それは今のわたしがそうしたいのであって、わたしが多分、身長158cmだったら、何も考えずにカッコいい格好をして女たぶらかして楽しんでるのかな~と思うと(←コラ)、世の中そんなにうまくいくもんじゃないなあ、って思ったりする。

まぁそれって結局「隣の芝生は青く見える」ということかも知れないけどね。

ただ、わたしはもっと前はもっと男っぽい格好をしても、そんなに男っぽくは見えなかったのに、とは思ってる。トイレで注意されるのも昔の方が回数少なかったよね。。なんか、注意される回数が年々増えてる印象があるんだけど(汗)男性もののジャケットとか着ても「これは男に見えるなあ」とは思ったことなかったしね。どうしてだろうね、不思議だ。。
21:55 | 自分のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ついに | ホーム | こだわりのジーンズ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/1335-7b010b4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX