01-14 Thu , 2010
モリのアサガオ
前に「死刑のある国ニッポン」という本を読んで、それからこの中で対談した藤井誠二と森達也の本を系統立てて読んでいる、って書いたわけだけど。その中で藤井誠二と森達也、両方と対談している(もちろん、別々にだけど)漫画家がいる。それが題名である「モリのアサガオ」を書いた郷田マモラという人だ。

死刑囚に接する刑務官が主人公というこの漫画、読んでみたかったのね。で、この漫画を読んでからもう一度、藤井誠二の方と対談した本を読んでみたかった。なぜかというと、どんな対談したか、内容を忘れてしまったからだ(苦笑)なので、マンガ喫茶に行ったあと、図書館に寄ってその本を読んでから帰るつもりでいた。

しかし、、わたしが会員になっているマンガ喫茶(っていうかネットカフェ)は、なんとこの漫画を置いてなかったのだ。。事前にこの漫画のことは、全7巻あるとか、双葉社ってところから出てるとか、そういうことは調べておいた。そのときに、この漫画が映画化されるってことも知った。映画化されるくらいなら、どこでも置いてあるだろう、と思って行ったのだが、そこのネットカフェの漫画の蔵書検索したら「ありません」と出て来た。

仕方がないので、PCを使う気はさらさらなかったんだけど、PCを立ち上げて、どこのマンガ喫茶なら置いてあるんだろう、と思ってぐぐってみたんだけど、どうやらこの近くにあるもう一件のマンガ喫茶もこのマンガを置いていないようで(行く前に蔵書検索できるシステムっていいよね)、仕方がないので、近場のマンガ喫茶はないか、と、んー、これで1時間近く費やしちゃったかな~。

で、探し当てたのが八王子にあるマンガ喫茶(っていうかネットカフェ)。もー、わざわざ行きましたよ、そこへ。せっかく漫画読もうと思って家を出て来たのに、このまま帰るってのもねーと思ってさ。

途中、腹が減ったのでラーメン屋に行く。一番安い390円だったかのラーメンを頼む。出て来たラーメンを見て「あ、ここって八王子だったんだ」と気が付く(笑)そう、玉ねぎのみじん切りが載せてある「八王子ラーメン」が出て来たのね。初めて本場の八王子ラーメン食べた。今まではコンビニの八王子ラーメンを食ってて、なかなかおいしいなと思ってたんだよね(笑)なんかコンビニの八王子ラーメンとはちょっとスープが違うような感じはしたけど、そーだねー、、豚の背脂を除いた尾道ラーメン、って感じ?なんか魚介類のスープが入ってるのかなあ??という感じがした。

それを食い終わって、目的地のマンガ喫茶へ。当然初めてなので会員証を作る。それから中に入って荷物を置いたあと、マンガを探し始めたのだが。。「双葉社」のところになく、ボーゼン。あると思って来たのにぃ!と思って店員さんに「あの。。どこか検索システムがあります?」と聞いたら「PCを立ち上げていただきますと、検索システムがありますので、それでどこに置いてあるかが分かります」と言われたので、またPC立ち上げるつもりじゃなかったのにーと思いつつ、PCを立ち上げ(これがまた、時間かかるんだ)、検索する。「なんで??」と思うところに本が置いてあった(笑)これでだいたいまた1時間弱の時間を費やしてしまい。

「まー、7冊だったら1時間半くらいかな」と思ったわたしが甘かった(苦笑)結局トータルで4時間45分もいた(笑)途中、何回か泣きました(苦笑)まー、マンガだからねーと思うようなストーリー展開だったけど、でも、なんていうんだろう、対談でこの著者も連載開始時は死刑存置か死刑廃止かよく分からないまま書き始めた、と知っていたので、読みながら「あー、この作りって森達也の『死刑』に似てるな」って思ったのね。あ、当然のことながら話が似てるわけでもなんでもなく、書く人がいろいろ試行錯誤をして自分なりの「死刑制度」について考えていく、という姿勢がね、「死刑」と同じじゃないかなと思ったんだよね。

前にわたしは「自分の死刑制度に対する考え方はまだまとまってない」って書いたんだけど、そして二人の本を読んで、もう一回最初の「死刑のある国ニッポン」を読み直して、それから考えてみよう、なんて思ってたんだけど。。実はこの「死刑」をね、読んだら知らないうちに自分の答えが出てた。多分、それまでいろんな本を読んでて、頭の中でもう飽和状態になってたのかな。読み終わってしばらくして出て来た。

そういうわけで、別に今さらまた何か読む、なんてことはしなくてもいいとは思ったんだけど、、でも存置派と廃止派の2人から対談を申し込まれてる人の作品ってどんなんだろう?って、多分、そこのところに一番興味があったのかな。「死刑」もそうだったんだけど、読み終えてから「著者(主人公)は悩みながらこの結論に達した。では読んでるあなたはどうなのか?」ということを突きつけられるんだよね。そういう意味では「死刑」と「モリのアサガオ」はお勧めだ。

で、全然関係ないけど、このマンガ喫茶、12日~26日まで女性には100円無料になる券がもれなくもらえる、ってあちこちにベタベタ張ってあってさ。当然このわたしにももらえると思ったわけ。だって、会員になったとき名前見るじゃん。わたしの名前はとても分かりやすい女の人の名前だからさ。どう考えても読み間違えするような難しい名前でもないしさ。だけど、会員手続きのときはなーんもなかった。だから、帰りのときにくれるのかなーって期待してたんだけど。

何ももらえなかった(号泣)

家に帰ってきてから彼女に「なんでそのことを店員さんに言わないのよ!」って言われたけど、んなのわざわざ請求してまでもらいたくないもん。。

そーいえば社会人時代に名刺交換して「この名前、なんて読むんですか」って聞かれたことあるんだよなね~。まさか受付の店員さんも同じこと思ってたわけじゃないよな。だいたい、下に「子」が付く名前で「なんて読むんですか」もクソもあるもんか!!(泣)
22:06 | (一般)本のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<初病院 | ホーム | ボクの髪が~>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/1327-5ae20fe2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX