01-07 Thu , 2010
回る寿司
今日は彼女が「仕事が忙しくて夕食作る時間がないの。で、お寿司が食べたいんだけど、近くの回転寿司に行かない?」と言われたので「うん、いいよ」って返事をした。

彼女がメシ作れないんだったら、お前が作れ!と言われそうなんだけど、わたし「これ食べたい」って思うものがないと作らないんだよね(笑)

あ、でもね。今年になってから既に3回、夕ご飯作ってます。と言っても2回ナベで1回カレーだけど(苦笑)

「んな。そんなの料理じゃないじゃん」って言われそうだけど、正直、わたしが自分で「食べたい」と思う料理をなんで自分で作るかというと「自分で作った方が美味しい」からなんだよ(笑)

で、今日はわたしも取り立てて食べたいものもなかったし(ということは作る気も起こらない(笑))、近所の回転寿司屋って彼女は行ったことあるけど、わたしは初めてのところだったんだよね~。んだもんで、19時過ぎに二人してチャリンコに乗って回転寿司屋に行った。

「いつもめちゃくちゃ混んでるんだよ」と彼女は言っていたが、果たしてドアを開けるとそこは病院の待合室のようだった。椅子がずらっと並び、確かにいつもは混んでるんだろうなーと思わせるような雰囲気。席はカウンターとテーブル席があって「テーブル席がいい」と言ったら待たされた(笑)あ、でも時間にして3分くらい?

実は回転寿司でテーブル席って、わたし、初めてだった。なんか、すげーでかいの!ラインが3つくらいあって、それぞれ右左にテーブルが5、6席あって。で、寿司をオーダーするときは、インターホンみたいなので中の人(?)に注文するの。テーブルごとに「この席は○色です」って書いてあって「なんのこっちゃ」と思ってたら、注文してしばらくするとラインに「○色の席のご注文です」っていうオケみたいなのが流れてきて、その中に注文した品が入ってる、と言うわけ。って「んなの常識じゃん!」って思う人もいるかも知れないけど、わたしはこんなの初めてだったので、びっくりした。もし見落として通り過ぎちゃったらどうすんだろう?とか。だって、ラインは延々と1本だし、各ラインに同じ色の席があるわけで。んー。ちょっと取り損ねて実験してみればよかったかな?←オイ

着いた頃はお腹空いてて、何もかもが美味しそうに見えて、皿をガンガン取ってたのだが、そんなに食べないうちに腹が一杯になって来た。んー。回転寿司に行くたびにそうなんだけど、なんであれしか食べなくて腹一杯になるかなあ~?これだったら、昨日食ったカレーの方がよっぽど量が多かったじゃん、と思うんだけど。。

そして、お腹いっぱいになると回ってくる寿司を見ても「もうおなかいっぱい。。」状態で、一刻も早くその場を立ち去りたくなるのよね(笑)だから回転寿司って寿司が回る(ちょっとおかしいこの日本語)だけじゃなく、客の回転もいいんじゃないかなと思ったり。

それにしても、寿司食ってるときにケーキだとかデザートだとか見ると変な気分。。一瞬「食後に食べるかな?」と思うんだけど、回転寿司屋にコーヒーはあるわけがなく。「帰ってコーヒー飲もう」ってことになったんだけど、よく考えたら、今の今までコーヒー湧かすの忘れた(笑)ってわけで、コーヒー飲んでません。

「寿司屋でコーヒー」、これで「あっ!」って思った人もいるかもね(笑)

そう、所ジョージの「寿司屋」。「寿司屋に行って寿司でも食おうかと その日本語に ふと驚いた」ってヤツです。You Tubeで探したけどなかった。残念。

でもあの当時「寿司屋でコーヒーが飲めるわけもなく」という歌詞を聞いて「そりゃそうだ」って思ったんだけど、こういう寿司屋だとコーヒーがあっても違和感ないかな、なんて。時代は変わりましたね。。(何を今さら)
22:17 | 二人のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<イベント終了 | ホーム | はまった>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/1324-66be7a84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX