----- -- , --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑
10-26 Mon , 2009
関西レインボーパレード2009
P1030822.jpg


昨日、大阪から帰ってきた。

大阪に到着した日、ジュンク堂書店梅田ヒルトンプラザ店で「関西レインボーパレード2009 ブックフェア」をやっているというので見に行く。最初、エレベータで上がっていって、5階の入口すぐの「フェア」のところを見るが、なんか違ってるようだったのでお店の人に「セクシャルマイノリティーのブックフェアはどこですか?」って聞いてみたんだけど、聞いたお店の人はどうも分からなかったみたいで、他の店員さんに聞きまくっててちょっと恥ずかしかった(汗)フェアの名前を全く覚えてなかったんでね、、ま、別にそんなに気にしないけど。

で、最終的に知ってた店員さんがいたので「6階のエレベータ前でやってます」ってことで、そこから階段を上がって6階に行く。6階のエレベータ前にあった。わー、これ、結構目立つなあ。5階から本屋に行くと分からないけど、直で6階に行くためにエレベータを使うと、目の前に「バン」ってあって、そういう意味では人目につきやすいところ。

事実、見終わって(ゴメン、本買わなかった!)下に行くエレベータを待ってたら、同じエレベータを待ってた人がチラチラと後ろを振り向いてた(笑)確かにあそこでゲイやレズビアンや同性愛や女装、と言った本が並んでたら「なんだろ?」って思うだろうなーと。その「なんだろ」だけで実は十分なんじゃないか、って思ったほど。

ただ、、店内に「今、ブックフェアやってます」という張り紙1枚は欲しかったかな。5階からだと「どこでやってるんだろ?」って思うし、わたしなんかは普通にお店の人に聞いちゃったけど、やっぱ聞けない人もいるだろうと思うし、、

その後、彼女と大阪デート♪お好み焼き屋さん(関西風)とゲーセンに行って太鼓を叩き、クイズやってホテルに帰る。

その日の夜は緊張してたのか、全く眠れなかった。

当日。朝9時集合だったんだけど、15分くらい遅れた(汗)
で、練習。今回は新曲2つあったんだけど、わたしは自慢じゃないがぜーんぜん練習していかなくて、今回は暗譜できなかったので、譜面を縮小コピーして譜ばさみにはさみ、吹いてるときに譜面が見れるようにしておいた。ちなみに今回吹いた曲は「Dancing Queen」「キセキ」「宝島~ブラジル」「森のくまさん、スーザに出会った。」の4曲。新曲は「キセキ」と「森のくまさん」。

関西レインボーパレード(関パレ)に出るのは、今回3回目なんだけど、今回はいつもに比べてパレードするまでの時間がすごく短かった気がする。いや、本当は例年とタイムスケジュールは変わっていないはずだけど、おそらくわたしがあんまり余裕がなかったからだろうなと思う。

で、パレード開始。これもいつも出発するまでにすごーく時間がかかる気がするのだが、今回はスムースに道路に出れた。ここから長い道のり。

トロンボーンでの参加者は7人だったっけ。直前、例の新型インフルエンザにかかっちゃった人がいて、1人、減ったのよね。わたしは先頭の、歩道から2列目だった。今回は歩道側から1st、2nd、3rdってな感じだった。わたしは2nd主、と言っても、Dancing Queen、ブラジルは1st、キセキと宝島が2ndで、森のくまさんは、トロンボーンはみんな一緒だったので、あんまり「2ndが主」って感じではなかったんだけど。

しかし、譜ばさみを使って吹くのは、実はわたしがパレードに初めて参加した、2006年の「東京レズビアン&ゲイパレード」(今の東京プライドパレード)以来で、吹き始めてすぐに後悔した。今までそれが当たり前になっててすっかり忘れてたんだけど、譜面を見ながら吹くと、当然、周りが見えない。しかも、目の前に譜面があるもんだから、スライドの先端が見えなくて、わたしの前で指揮してるトヴィくんとの間隔が全然つかめない。なので、最初の方だけど一回、トヴィくんの背中をボンコちゃん(仮名)のスライドでどついてしまった(汗)

んー、先頭車両からもうちょっと間隔に余裕が欲しいと思ったけど、警察が「早く進め」「早く行け」って言うから仕方なかったのかな~。わたしらは確かにスライドがのばせるくらいの間隔の余裕は欲しいが、一番かわいそうなのはガード(旗)の人たちかなって思った。あんなに間隔が狭かったら、大きく振れなかったんじゃないか、とかね。

今までは周りを見ながら吹いてたので、いつも見てる「グリコの看板」とか、アメ村の入口とか、全然分からない間に過ぎて行ってしまった。。譜面を見るのは新曲の「キセキ」と「森のくまさん」だけだったんだけど(最終的にはね)、ちょうど「グリコの看板」とかアメ村入口のところはそういう譜面を見てたときに通過したんだろうな。しかし、それ以外の曲では割と歩道とか見てたんだけど、今年は繁華街を歩く人が少なく思えたんだよねー。歩道では何人か、一緒にパレードしてくれる(?)人たちがいるんだけど、それ以外の例えば信号待ちの人とかね。去年はもうちょっとたくさんいたような気がする。

ただ、うちらが信号待ちで止まって吹いてるときに、観光客の外国人の人がビデオカメラで写しながら、ガード(旗)の人に「Tシャツに書いてある『I (ハートマーク) BM!』の『BM』ってなんだ?」って聞いてた(笑)だから、実行委員の人が持ってたプラカード「隊列1 Brass MIX!」ってのを実行委員の人がその外国人の人に見せてたけど、果たして意味が通じたかどうか。。(笑)

わたしは吹きながら先頭車両で、今年のトップスターが言う言葉を聞いてたんだけど「わたしたちはセクシャルマイノリティーです。同性愛者です。異性愛者です。両性愛者です、、」という言葉を聞きながら「異性愛者を入れたら、セクシャルマイノリティーじゃないんじゃないかなあ」とか、そんな変なことを思ったりしてた(笑)まーでも、パレードしてるのは、性的少数者だけじゃないからねえ、とも思った。

終わりに近づいてくると、ボンコちゃん(仮名)持ってる両腕が痛くなってきた。腕だけじゃなくて肩と背中がガチガチになってる。しかも、わたしは1stを吹いているはずなのに、それより高い音を吹いてる人がいて「あれ?後ろのホルン?」とも思ったが、直に隣の村長(トロンボーン村ですんで)が吹いてるのが判明。あとで聞くと、村長の後ろの1st村民も吹いてたとのこと。しかもわたしの隣の3rd村民はなぜか最初からブラジルのメロディーを吹いてる!みんな、今回は好きなように吹いてるのね、、と思いつつ、多分、わたしとその後ろの2nd村民はちゃんと真面目に吹いてましたよ、譜面通り。ただ、わたしはDancing Queen、1st吹くの、そのうち疲れちゃって、1st、2ndって交互に吹いてました、ここだけの話。

結局2時間かけてゴール地点に。その後、後ろを歩いてる人たちを公園に迎え入れるためにちょっと待って、そしてほとんどみんな揃ったところで最後の演奏。「Dancing Queen」と「キセキ」の2曲。

その後、今回のパレード参加人数の発表や、風船飛ばしてパレードは終了。

なんだか、あっという間に終わったって感じではあった。パレード自体は。

しかし、例年ならここで終わるはずのパレード。今年は違ったんだよね。
パレードする前に、いろいろな知り合いと会うんだけど、パレード前ってのは、Brass MIX!に拘束されててね、なかなか話す時間がない。しかし今回は「アフター行く?」というとみんな「行く」という。だもんで、Brass MIX!の打ち上げが終わったあとは、関パレのアフターに初めて行った。

実はBrass MIX!の打ち上げに出るのもすごく久々で。いつ以来だろう?って思うほど。別に出たくなくて出なかったんじゃなくて、その後、用事があったり、などで出てなかったんだよね。

少々遅れて打ち上げ場所に行ったら、もう既に食事が運ばれてた。トロンボーン村の村民が集まってるテ-ブルがあって、そこが2つ席がまだ空いてたので、彼女と一緒に座ったんだけど。食べ物が来るたび、村民のみなさんは拍手で迎え。食べ物はそれこそピラニアがたかるようにあっという間に空にして。「次はまだ~?」って待ってて、それで食べ物が来て拍手で迎え、、ってまだまだ全然食い足りないって思ってるうちにゴマ団子が出て来て。「え?これで終わり?」って思ってたら、今度はパイナップルが出て来て「あ、これで終わりなのね。。」ってそれもあっという間に食い尽くし。他のテーブルにまだ食べ物が残ってるのを「ウソみたい」って思ってみてたり(笑)

ま、そのうちみんな移動してぐちゃぐちゃになって。わたしも普段は席は移動しない方なんだけど、今回はいろいろ用事もあったりして(謎)、比較的動き回りました(笑)

久々に出た打ち上げだったんだけど、なんていうのかなー、知らない人が増えててびっくり、みたいな感じ?他のパートの人とはなかなか知り合えなくて、でも、わたしは初対面の人がすごく苦手なんで、やっぱりここでも知り合いを探して話してた(苦笑)けど、なんか以前と雰囲気が違うなーとも思った。彼女は「大人が増えたんだよ」って言ってたけど、一方では「これからがあるから自制してた」との情報もあり(爆)、瞬く間に2時間過ぎたのでした。。

で、その後はちょっとホテルに戻って、それから関パレアフターに。実は関パレのアフター会場と結構近いホテルに泊まってたのよね。

アフターの会場に入ると、トークショーみたいなのやってて、レズビアンってカミングアウトしたグラビアアイドルの一ノ瀬なんとかさん(すいません、覚えてなくて(汗))が司会者二人に囲まれて何かしゃべってた。一ノ瀬なんとかさん、結構興味あったんで、見るとステージの目の前のかぶりつきのところにスペースが。「カメラも回ってるし、さえぎっちゃうかも。。」と最初は躊躇してたんだけど、前の方にいた知り合いが「そこそこ!」って呼ぶんで(苦笑)、目の前のかぶりつきに座りましたよ(笑)

しかし、トークはほとんど終わっちゃったみたいで、司会者の人が「もっと芸能界ズレしてるのかと思った」ってのを聞いて「あー、どんな話したのか聞きたかったー」と思った。わたしが聞いてたのは、新しいDVDが出ましたよ、ってのの説明で、なんかcocolo cafeでなんかのイベントやる、とか、九州男で女の子60人集めてイベントやるんだ、とか、そんな話ばっかで、しかもそこで司会者やってる人が「東京に住んでる人は是非行ってきて下さい」ってこっち見ながら言うんだもの。。しかも、ちょっと離れたところに座ってるわたしの知り合いも「Ronちゃんよろしく~」とか言ってるし!!つか、司会者の人も実は知り合いだったりするんだけど、いつの間にわたしがそこにいるのが分かったんだろう?全然こっちの方見てなかったのに。。

トークイベントが終わり、クラブイベントになって、ステージ上に男の人たちが踊ってる時間になると、それまで結構女性が多かったのが、ほとんど男性客ばかりになっちゃって。で、うちらは入口で見かけた知り合いとグタグタしゃべったり。

そう、結局、パレードに来てる友だちとはそこで話したんだよねー。普段はみんな離れて暮らしてるから、こういうイベントでもないと会えなくてね。

でも、普段だったらパレード終わったらお終いで、話したい人とはパレード前の忙しいときに二言三言話すだけだったんだけど、今回はこういうイベントがあったせいか、いつもはじっくり話せない人と話せたりして、それがとっても楽しかった。

そう、わたしはいつの間にか知り合いが増えてたんだよね。。
出会いはいろんなところだったりする。それこそ「レズビアン&ゲイ映画祭」で知り合いになったり、mixiのやりとりでマイミクさんになった人とか、それはホント、さまざまなんだけど、でもこういうところで会って話せる。知らないうちに、友だちが増えたんだなー、って思ったし、そうか、こういう場がないと、そういう人たちと会うことは出来ないんだ、って改めて思って、そのときに初めて「ああ、実行委員の人たちに感謝しなくちゃ」って思ったんだ。

わたしは今までパレードや何かのイベントには「楽器で参加」することが多く(楽器で参加しないものは名古屋のNLGRだけだと思う)、「楽器が吹ける」ってことで、他の人とは違うんだって思ってた。だけど、それは違うのね。「そういう場」があって初めて楽器を吹くことが出来る。そして、「その場」を作ってくれるのは、やっぱりそのパレードの実行委員さんなんだよね。だから、わたしは自分が楽器が吹けることに感謝するんじゃなくて、楽器を吹けるところを提供してくれた人たちにまず感謝しなくちゃ、って思ったんだ。

そして今回は、それと共に「知り合いと話せる場所」を提供してくれたことにも感謝しようって思った。今まで、東京や札幌、大阪って何回もパレードに参加してきながら、楽器を吹いてパレードするだけで終わってた。しかし、知らない間に知り合いが増えて、こういう機会でもないと話せない友だちがいっぱいいて、そういう人たちが集まれる場所を作ってくれた、というのはとても有り難かった。「アフター行く?じゃ、わたしもブラミの打ち上げが終わったらアフター行くから」って、今までにはない経験だった。

まぁ、そういう意味では時間を気にせずに遊べるってことで、東京だったら同じような場があっても無理かも知れない。東京は季節が真夏なのもあって、パレードする距離は短くても、その後の「お帰りなさい演奏」などで最後の最後まで楽器吹きっぱなしだし、終わったあとはそれこそ「抜け殻」みたいになってしまって、一刻も早くうちに帰りたい、っていう風になってしまう。アフターがあっても、終電を気にしなくてはならないので、制約がある。だから、東京は東京で仕方がないのかも知れない。。

結局わたしは、アフター会場の店の前で、12時過ぎまで話し、その後、知り合いとビアンバーに行った。ビアンバーでは2時過ぎまで話してたんだけど、わたしはその前の日が全く眠れなかったということと、パレード疲れでその時間にはもう眠くて眠くて、って感じで、話はちゃんと聞いてられたんだけど、すっかり無口になってしまって(汗)頭が全然働いてなかったー!

でもねえ。いつもは会えないからネット経由で文字ばっかで会話してるけど、こうやっていろいろ知り合いと話してみるとね、あー、カップルさんごとに事情は違うなあ、とか、でもいろいろ文句言ってたりするけど、この人はパートナーさんのこういうところが好きなんだろうなー、とか、なんかね、まぁ、わたしの知り合いはカップルさんが多いのか、それがよく分かる夜だったなあ~。

あのね、わたしホントは関パレ行くの、どうしようかと思ってたんだ。全然練習してなかったし、最近のわたしは本当に精神的に疲れちゃってて、外に出るのがすごく億劫だったの。けど、いつも会えない人と幸せな会話が出来て、そーか、みんないろいろあるけど、それなりに(決して頑張って、とは言わない(笑))生きてるんだなーって思って、なんかね、とてもパワーをもらった気がする。

また、みんなで会える場がある、と思うと、それまでやっぱりそれなりに生きてかなきゃ(笑)って思う。

今回のパレードでは、本当に今まで気が付かなかった「人との繋がり」が大切に思えて、本当によかった。

結局、その日はホテルに帰って寝たのは3時過ぎだった。前日とは違い、ベッドに入ったあとの記憶がなくて(笑)、気が付いたらチェックアウト30分前で彼女に「もう起きてー」って起こされるまでぐっすりだった。

それからアメ村でたこ焼きを食べてから、新幹線に乗って東京まで帰ってきた。

長いようで短かった2泊3日。
一緒に楽器が吹けたブラミの人たちに感謝。友だちに感謝。そして、その「場」を提供してくれた、関パレ実行委員の人たちに感謝。彼女に感謝。

あ。練習しなかったけど、ちゃんと鳴ってくれたボンコちゃん(仮名)にも感謝(笑)
けど、ボンコちゃん(仮名)は重かった。。
翌日から両肩から両腕が筋肉痛。今もまだ筋肉痛。

【画像】帰りに東京駅で買った東京タワーの模型

テーマ:性的少数者(LGBTIQ) - ジャンル:日記

20:09 | (性的少数者)イベントなど | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<病院の日 | ホーム | 行ってきまーす>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/1279-343ba97c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。