----- -- , --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑
09-21 Mon , 2009
友よ
夜明け前の 闇の中で~♪

という歌は、小学生の頃、習った覚えがあるが、この歌がどういうときに歌われた歌かだとか、そういうことは全く知らなかった。調べてみたら、昭和43年、1968年、まさにわたしが生まれた年に作られた曲らしい。

もちろん、小学生だから、何が「夜明けは近い」んだか、そんなことはさっぱり分からなかった。この歌が「反戦ソング」だと知ったのは、大人になってからである。

今日、この歌が自分の頭の中でぐるぐる鳴っているのは、多分、友だちの有難みを今、実感してるからだろうと思う。

わたしは弱くてくだらない人間で、果たして生きている価値があるのか、わたしの命を支えるために、莫大な量のものが消費されているのに、それに全く報えていないと、まぁ前にも同じようなことを書いたことがあるけれども、こんな価値のない人間でも、暖かい言葉をかけてくれる人たちがいる、ってことにわたしは一体、何に感謝をすればいいのだろうか、と思う。

心の中はまだ、全然整理が出来てない状況で、特に寝るのが怖い。強迫観念で起きるんじゃないかと思ってしまって。でも、そういう気持ちを彼女は察してくれて「大丈夫だよ」と言ってくれる。ま、言ってくれても「一体、何が大丈夫なわけ?大丈夫って言う根拠が何かあるって言うわけ?」とつい、問い詰めてしまうわたしだが。でも彼女だってそういう風にしか言えないことは当然、分かっている。本当はそういってくれる彼女に感謝をしなければならないのは、これまた分かっているのだが、わたしはそういうところは素直ではないので、彼女の言う言葉にいちいち反論してしまう。。彼女は多分、言いたくても言えないことがあるんだと思った。それはわたしを傷つけてしまうから。でも彼女はその一端を昨日は言葉に出してきた。わたしはもちろん自分ではとっくに承知していることなんだけれども、そういうところもちゃんと彼女は見て感じてるんだなあと思った。

今のところ、次に何をするのかはまだ考えていない。

でも、今日、ちょっとニュースを見ていたら、24日に国連安保理が核廃絶に対する決議をする予定って言ってて、その文章(英語)がちらっと映ったのね。それを見て「あー、読みたい」って素直に思って。あれ、わたしはこの分野に興味があるんじゃないの?って思ったら、涙が出て来た。だってさ、今は「何も考えたくない」はずで、特に「英語なんか読みたくない」はずなんだ。けど、、わたしの頭の中のどこかでは「英語の勉強をするために読む」んじゃなくて、単純に「そのことが知りたいから読みたい」って思ってるわけなんだよね。

そういう矛盾を今、頭の中に抱えてて、そのことを考えると涙が出てくる。なんでこんなことで泣けるのか自分でもよく分からないんだけど。一体、自分の中で何が悲しいのか。それすらよく分からない。

もう少し時間が経てば分かるようになるのだろうか。

「夜明け」は本当に「近い」んだろうか。
01:15 | 自分の将来について | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<治ちゃんの花が咲いた(経過報告) | ホーム | 院試、落ちました>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/1264-a7d81607
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。