----- -- , --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑
08-17 Fri , 2007
ホームステイ先が決まった
ついにホームステイ先が決まった。

わたしはエージェントさんにただ一つだけリクエストをしていた。それは「ゲイフレンドリーな家庭である」こと。これから1年ちょっと、自分を隠して生きていくのはつらいから。だって彼女のことを「彼」とは言いたくないでしょ。

そして数日前に「学校が太鼓判を押せるような家庭があるが、到着当日、午後3時以降でないといない。どうするか?」とエージェントさんから問い合わせが来た。そりゃ、太鼓判押せるような人を当日の時間が遅いというだけで逃す手はないでしょ。即「いえ、当日はどこかで時間を潰します」という返事を出して、学校と連絡を再び取ってもらった。

で、昨日、紹介してもらったんだけど。。。

女友達と同居する女性がわたしのホームステイ先らしい。同居人の関係のところには「friend」って書いてあるし。。でも猫を飼ってるらしい。怪しいよね~(笑)わたしのレズビアンのカップルは、ほとんどと言っていいほど動物飼ってるんだよね(笑)あと、こないだBAdiも読んだけど、大塚さんが、Gayの二人の関係を維持するにはペットを飼ってみたら?なんてアドバイスもされてるし(笑)ま、だけど向こうが「friend」って言うんだったらそうなんだろう。

で、職業見てびっくり。。英語の先生(爆)。しかも、どうやら英語の他にスペイン語とドイツ語もできるらしい。いやあ。。わたし、大学時代の第二外国語は残念なことにロシア語だったんだよねえ。スペイン語もドイツ語もアルファベットすら知らないもんねえ~(苦笑)

しかも同居人の名前の前に「Dr.」(博士)がついてるし、職業が弁護士だし!!@@;きょえー。高学歴カップル、いや、同居人か(笑)でびっくり。

わたし、以前、イギリスに1ヶ月だけ短期ホームステイをしたことがある。そのときは向こうに着くまで、どういう受け入れ家庭か知らなかったし、実際行ってみたらブルーカラー、いわゆる労働者階級の家庭で「ふ~ん、こんなもんなんだ」って思った記憶がある。でもそこでも特に問題はなかったんだけどね。だからホームステイ先ってだいたいそんなもんなんだろうって思ってた。だからこそ、余計にびっくりした。。

しかも「こちらはオーストラリアの文化を教えるから、日本の文化を教えて欲しい」って書いてある~!ちょ、ちょっと!日本の文化よ!!どうしよう~。わたし、一般的に「日本の文化」って呼ばれるものには超うとい。知ってるものはマイナー(社会人野球の応援は、わたしにとっては「文化」なので(^^;)なもので。。これは説明のしようがないよねえ。。

だいたい、日本の社会人野球だって、マイナーだよなあ。。いくら、オーストラリア出身の選手がいるって言っても知らない人は知らないだろうなあ。。あ、オーストラリア出身の社会人野球選手で真っ先に思い浮かんだのは、元本田技研鈴鹿の投手「エイドリアン・マー」だった。わたし、彼を都市対抗で1度だけ観たことがあるからさ。でも、相手の長崎市(三菱重工長崎)にボコボコにやられた(笑)同じチームにそのとき「モイル・マイケル」って野手がいたんだけど、彼は都市対抗では出てこなかった。で、あとは「マーク・ランドル」?今、ホンダに所属してる投手。このくらいしか思い浮かばないな。つーか、それを向こうに言ったところで、通じる可能性はほとんどないと思うんだけど。。(^^;;;

あとは'60年代~'80年代のマイナーな歌手(と言っても近田春夫は超有名人だ!)しか知らんしな。。

というわけで、非常に困ってますよ、わたしは(笑)

シドニー出発まであと5日かあ~。なかなか用意が進まないんですけど(苦笑)
09:49 | シドニー留学前のこと(2007.6~8) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<最後の通院 | ホーム | 風邪、、引いたかも、、(泣)(ウチワネタ(爆))>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/126-e63fbad4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。