----- -- , --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑
08-15 Sat , 2009
すべてのために、祈ろう
今日は8月15日。日本では一般的に「終戦記念日」と言われている。
日本政府が主催する「全国戦没者追悼式」が行なわれ、正午には1分間の黙祷が捧げられる。
黙祷される人たち、というのは、国のために戦って亡くなった人を始め、空襲で亡くなった人、原爆で亡くなった人、この戦争で亡くなったすべての「日本人」のために行なわれる黙祷だということを現時点のわたしは理解している。

しかし「国のために戦って亡くなった人」の中は、今は日本人として含まれていないけれど、当時「日本人」とされていた人も入っているだろう。そういう人たちだって過去は「日本のため」といって亡くなった人もいるのだ。また、あの時代「戦争反対」を叫んで同じ日本人から殺された人たちも入っているはずだ。だってあの戦争がなければ、その人たちも殺されずに済んだのだから。ある意味彼らだって「戦争の犠牲者」だろう。それを、わたしたちは忘れてはならないと思う。

そして。被害を受けたのは、何も日本人だけじゃない。
「お国のために」と言って戦った日本人は、他の国の人たちを大勢殺した。「戦争だったから仕方がない」で済まされるのであれば、日本で空襲や原爆を受けて亡くなった一般市民だって「戦争だったから仕方がない」で済ましても何ら問題はないはずだ。

戦争は国と国との闘いだが、結局は人と人との殺し合いだ。
そして一方は勝ち、一方は負け、負けた方は勝った国のいいなりにならねばならなかった。
だからこそ近年では「日本はいつまで反省し続けなければならないのか」「日本はあの戦争でひどいことばかりをしていたわけではない。むしろいいことをしたのだ」という論調が出て来ている。負けたことをいつまでも反省し続けるのは、日本人としての誇りを持てない、と言うのだ。

しかし果たしてそうだろうか?
やったことを「やった」といい、いつまでも反省し続けること。そして二度と戦争を起こさないこと、そのことをわたしたちは、あの戦争で亡くなったすべての人に黙祷を捧げながら誓うことが、あの戦争で亡くなった人への本当の意味での「追悼」なのではないか、と思う。あの戦争で戦って亡くなった人の中には「戦いたくない」「生きていたい」と思う人はたくさんいたはずだ。そういう人のために、わたしたちは「もうあなたたちのような思いをさせるようなことはしません」と誓わなくてはならないのではないか。そして「永遠に反省し続けること」こそ、われわれの誇りにできることなのではないか。「われわれは二度と戦争をしません」と堂々と胸を張って言えることは、全世界の人に対して「日本人の誇り」になり得ないか。

最近、毎日新聞で「子どもは見ていた:戦争と動物」が連載された。

1回目:愛犬供出、「心が死んだ」
2回目:軍用兎飼育「少国民の務め」
3回目:伝書鳩は戦友だった
4回目:馬の出征、泣いた母
5回目:ゾウ列車は夢を乗せて

これを読むと、戦争で犠牲になったのは人間だけではない、ということがよく分かる。そして、亡くなっていった動物たちには語り伝える手段がない。こうやって覚えている人間が「そういうことがあった」ということで初めて明らかにされるのだ。この場合、人間はどういう場合でも「加害者」なのだ。「あの当時はお国のためで仕方がなかった」と言っても、加害者であったことは免れようがない。

でも実は、人だってたとえ、あの戦争で亡くなった人だって、加害者は加害者なのだ。「お国のために戦って亡くなっていった人を誹謗中傷する気か」と言われるかも知れない。しかしたとえ国のために戦ったとしても、加害者は加害者なのだ。確かにあの戦争で亡くなった人(日本人)の上に今の日本は成り立っている。それは事実だと思う。しかし、それが事実であるならば、やはり人や動物を殺した人もまた「加害者である」ということは事実なのだ。一方のことを「事実」とし、もう一方のことを「あれは仕方がなかった」で水に流すのは、おかしいと思う。もちろん加害者だけを責めるわけではない。そういう「加害者」の上に今の日本が成り立っているのもまた事実なのだ。そのことを、わたしは忘れてはならないと思う。

日本政府の主催の「全国戦没者追悼式」の対象となる人は「日本人であの戦争で亡くなった人」に違いないが、しかしわたしは、あの戦争で亡くなった、すべての人たち、いや、人だけではない、亡くなっていったすべての生命のために、祈ろうと思う。

「安らかに眠って下さい 過ちは繰返しませぬから」
11:20 | 被爆二世・戦争などのこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<花火大会 | ホーム | 治子ちゃん、あなたのお名前なんてーの?(経過報告)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/1241-2e37a2c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。