----- -- , --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑
05-30 Sat , 2009
多分とても疲れているんだ、わたし
最近は、あっちこっちでいろいろ人が話すことについて聞いているので、これはいつ、どこで聞いたのか忘れてしまったが、確か「多様な性」について述べられていたときだったと思う。そこでどういったことが具体的に話されていたのか、全く思い出せないのだが、そこで言われている「多様な性」について聞いていたら、なんとも嫌な気分になってきた。何が嫌だったかというと、ふと「多様な性を形作っているものは、一体何なんだろう?」と考え、そしてその「多様な性」というのは、異性愛者ではなく、同性愛者やいわゆる、性的少数者と言われる人たち、要するに自分たちのことではないかと思うと、やりきれない思いがして嫌だったのだ。

この世の中、異性愛者ばかりだと考えられている。だからそれだけではない、「多様な性」という言葉が出て来たのだろうし、その言葉自体は昔書いた「どこまでが多様な性なのか」とは思いつつも、それでも一応は納得している言葉ではあった。

しかし、、「では、その多様な性を形作っているのは何なのか」と考えたとき、それが自分たち性的少数者である、と思うと、なんだかやりきれない思いがするのである。そこには「多様な性を形作っているのは、性的少数者なんだから、自分のことは自分でやれ」と言われている気がして、、ただ、その考えは間違っているとは頭では分かっているのだが、なんだか「多様な性」が自分に押しつけられているような、そんな息苦しさを最近、感じているのだ。わたしは別に、好きで性的少数者になったわけではない。だから「多様な性」を支える気もない(もちろん、わたし一人で支えているわけでは全くないのだけれども)。でも、その重さがその数千分の一、いや、数千万分の一、だとしても、わたしはそれさえもう「支えるのは嫌だ」と思ってしまうのだ。もうどこかに逃げてしまいたいのだ。

このような些細なことに対してさえ、重圧感を感じて逃げたいなんて。。

多分、わたしはとても疲れているんだと思う。今月はIDAHOがあって、プライドフェスティバルがあって。。フェスティバルが終わって1週間、今週は結構休めた方なんだけど、ふと自分を襲う無力感、将来に対する不安、いろんな感情がないまぜになって、頭から離れない。

正直、この一週間は、出かけない限りは家で本を読んでいたりしたんだけど、そう、昔々、わたしが中学校くらいの時期に読んでいた本。これがまた、青臭くて青臭くてたまんない本なんだけど、それでも今読み返しても、あれからちょっとは大人になったとは言え「ああ、こういうものにわたしは影響されてきたんだな」ということが分かって、なんとなく複雑だった。「愛」や「運命」「良心」「正しさ」なんて言葉はわたしは反吐が出るほど大嫌いだが、でもわたしって、こういうものに多分弱い。弱いからそれが「大切なもの」なんて認めたくないんだと思う。だけど、わたしはやはりそのようなものに影響されて生きてきたのだ。「自分が自分であるためにはどう生きるべきか」「自分の中の正しさとは一体なんなのか」「自分に対してはウソをついて生きたくない」、これはすべて、中学生の頃に読んだ、それらの本に影響されているんだと、読み返してみてつくづくそう思う。認めたくないけど、認めざるを得ない。

ただ、その「今後の自分の人生」に関わることが、逆算していくともうそろそろ「初めの一歩」を踏み出さなければならない時期に来ていて、それもわたしを疲れさせている一因だろうと思う。「初めの一歩」を崩されたら、わたしには後がない。そう思うと足がすくんでそこから動けなくなる。

多分、今のわたしの状況ってそんなとこ。
疲れを癒すことが出来たなら、わたしは「初めの一歩」を踏み出すことが出来るのだろうか。
ただ、疲れを癒すことはとても苦手で、わたしの頭の中には「これがやりたくてもできない」ことばかりが頭の中を駆け巡っている。疲れていてもやるべきか、それとも疲れている間はやらない方がいいのか。それすら悩む。

今のわたしは「性的少数者である自分」を忘れたい。本を読んで考えるのも止めたい。ただ、くだらない話をして笑いまくりたい。。
17:48 | 自分の将来について | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<次郎物語 第5部 | ホーム | 教授さんと社長さんが加わりました(けえかほおこく)>>
コメント
こんばんは。v-14
すごいIDAHOもプライドフェスも参加されたのですね!
わたしはまだそういったイベントには1回しか参加したこと無いのですが、
豪のマルティグラ(?だっけ?)等、外国のパレードみたいに
明るく気軽に参加できるようになりたいなーと思いますv-81
Posted by: u- at 2009/05/30 21:15 URL [ 編集] | page top↑
>u-さん
コメントありがとうございます~。
そうです。IDAHOは一応、スタッフとして計画段階から関わり、
プライドフェスティバルは楽器で参加しました。
今回はパレードしなかったので、パレードほどは疲れはしませんでしたが、IDAHOと1週間も違わなかったので、それで疲れたみたいです。

あー、日本のパレードも結構明るいですし、楽しいですよ。
何よりとても自由な感じがします。
特に普段別に縮こまって暮らしているわけではないですけど、パレードやこういうフェスティバルでは、とてものびのびとした感じがして、普段、感じてないけどやっぱり窮屈に暮らしてるのかなって思ってしまいます。

敷居もそんなに高くはないので、一度、気軽に参加してみたらいかがでしょう?

これからの季節は、映画祭とかいろいろありますし、
わたしも観に行こうと思ってます。
Posted by: ron at 2009/05/30 23:26 URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/1179-d0bb468e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。