----- -- , --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑
04-27 Mon , 2009
ハートをつなごう ハートをつなごう4年目です 1日目
いやいや、見たよ、これ。
つか、見たけどとても感想を書きにくいのは、今日の「主役」だった笹森さんと会ったことないけど、ネット上での知り合いだから、ってのが多分にある(笑)

しかし、内容についてはほとんど知らないから、あれこれ書けるとは思うけどね。しかし「ハートをつなごう4年目です」ってのは、ベタな題名だよなあ~。これだけじゃ、内容がどんなんだかさっぱり分からないでないの。なんかね、「ハートをつなごう」って番組は今まで発達障害やら、性同一性障害やらゲイ/レズビアンやらLGBTやら依存症やらって、いろいろなシリーズがあるんだけど、そこに出ている出演者を集めて話しをさせたら、「共通の話題」で話せるんじゃないか、ってことでね、やったらしいんだけど。

今日は、奥さんと子どもが発達障害である笹森さん一家が主役で、右側に座っていて(テレビの画面から見てね)、左側は発達障害専門の精神科医、引きこもりでアルコール依存症の人、上川あや(これだけ名前で言うのは変だけど、性同一性障害当事者)、ゲイの精神科医、だったかな。

あ、4年目を迎えたってことで、スタジオが一新されて、毒々しいラフレシアの花がなくなってたわ(笑)あれ、なんであるのかな~って気になってたんだよね~。世界一大きな花らしいけど、わたしは毒々しいイメージしか持ってなくて。それが、なんだか海辺の雰囲気になってた。

共通点は「自分が分かるまでの生きづらさ」と「分かってからの生きづらさ」かなあ?それプラス、当事者のそばにいる人の受容の難しさ、かな。

ただね、細かい目で見ると「ゲイ/レズビアン」「アルコール依存症」と「発達障害」「性同一性障害」の悩みって違うんだよ。

ゲイ/レズビアンは「自分が何者であるのか?」っていう悩みはほとんどないと思う。もう既にゲイとかレズビアンって言葉は誰もが知ってることだからね。アルコール依存症とか、比較的有名な(?)依存症の人もどちらかと言えば、同性愛者に近いものだと思う。「もしかしたら、、かも知れないけど、違って欲しい」みたいな感じ?なかなか自分を受け入れることができない、ってのね。

逆に発達障害とか性同一性障害ってのは、新しい概念で、それまで「周囲の人と違うわたしは何?」「努力してもついていけないわたしは何?」って「自分が何者であるのか」が分からない人がポンと「あなたはこうですよ」と言われると、逆にすごくすっきりするんじゃないかな。そこが「ゲイ/レズビアン」や「アルコール依存症」とは違うところだと思う。

スタジオではそこら辺の話しはぐっちゃぐちゃだったけどね(笑)

ただ、これから発達障害も性同一性障害もだんだん一般的な言葉になっていってるから、当事者が「なに、これは」と生きづらさを感じつつ、自分が何者か分からないってことはだんだんなくなってくるんじゃないかなあとは思うのね。

で、同じ「受け入れる」でも、ゲイ/レズビアン、アルコール依存症の人と発達障害、性同一性障害の人とはやっぱり「受け入れ方」は違うと思うのよね~。って、わたしは発達障害と性同一性障害の人の気持ちはさっぱり分からないので、そこに「内なるフォビア」があるのかないのかは分からない。わたしの予想では、ゲイ/レズビアンやアルコール依存症の人よりはないんじゃないかと。上川さんも笹森さんの奥さんも自分が何者か分かって「ホッとした」と言ってるけど、もしこれから、最初から「発達障害」とか「性同一性障害」って言葉を知っている人にとっては、それがもし自分に当てはまるとしても、フォビアによる葛藤はないんじゃないかと。。

そういう意味では「ゲイ/レズビアン」や「アルコール依存症」なんかは「自分はそうでありたくない」って思う人は昔も今もあと、将来的にもあまり変わらないんじゃないかと思う。

ただ、「自分はこうである」と認識したあとも大変だ、と上川さんは言ってたけど、それはゲイやレズビアン、アルコール依存症、発達障害、性同一性障害、どれも共通する悩みだろうなとは思った。自分がそういう人間であることが分かった。さて、これからどう生きていくか。あー、アルコール依存症はある程度道はできているんだろうか。AAミーティングなど、自助団体がたくさんあるから、そこでみんなで助け合って、みたいなことはあるのかも知れない。それも大変なことだと思うけどね。でも、そういう道すらない(まぁ、人の人生なんて誰も筋書きなんかないけど)「同性愛者として、この世の中をどう生きていっていいのか」ってのは、誰も教えてはくれないよね。んで、人の人生に筋書きはないけど、ヘテロの人間はある程度、次はこうして、、みたいなのはあるよね。異性と出会って、ある程度付き合ったら結婚して、結婚したら子供が産まれて、、みたいなの。

そういうのがゲイ/レズビアンにはないし、性同一性障害の人は、これから自分が納得する姿はどこか、とかそういうものを決めたりしなくてはいけないので、これまた大変な話しだ。発達障害は、、よく分かんないけどね。

ただ、番組に出てた笹森さんの奥さんを見ると「自分が発達障害」って分かってから、自分自身はね、あ、そうか、そうなんだって納得して、それから自分を作り直すのにそんなに苦労はなかったんじゃないの?って感じがしたのね。多分、それまでの人生がものすごくつらかったからなんじゃないかなあ~。あのノートに走り書きで「死にたい」とか「生きている価値がない人間は殺して下さい」とかね、あー、これはわたし、うつ病やったことがあるから、ものすごくよく分かるのね、気持ちが。ま、わたしは血を見るのが嫌いだから、リストカットはできなかったんだけど。でもここまで追いつめられてて、その当時は生きるのが本当につらかっただろうな、と。だから、逆に「これは障碍のせいで、自分の努力の範疇を越えている」と分かってからは、自分を責めなくていいんだ、と分かって、それで相当すっきりしたんじゃないんだろうかって思う。ま、これはわたしの想像だけれど。子どもが発達障害と診断されてもすんなりと受け入れられたようだし、その子どもの人生も勝手に頭の中でどんどん線路を作ってしまっていってたみたいだし。却って「発達障害」って分かってからの方が、ものすごいパワフルな感じがした。これもまぁ、人によるのかも知れないけどね。

どっちかというと、ダンナの方がそれに付いていけなくて、頭が混乱がしているという感じだったけど、これが「当事者と非当事者」の違いなのかな、と思う。

笹森さんのダンナが「自分の子どもの発達障害を認めたくなかった」ってのは、分かる。「いつかは普通になる」と思ってた、なんて今の笹森さんのダンナさんを見ると(ってネット上のつき合いだけだけどね)「へー、今じゃ考えられない」って思うんだけれども。ただ、子どもに対しての奥さんとダンナの認識の違い、は分かったんだけど、それ以外もいろいろあって今の状態になるまでにいろんな葛藤があった、というところまではね、番組の中で言われてもちょっとわたしピンと来なかったんだよね。特に非当事者であるダンナの「困り感」ってのがわたしには分からなかった、具体的に。奥さんの発達障害が分かったあとに、夫婦間でも相当亀裂が入ったような感じなことをしゃべってたけど、ちょっとよく分からなかった、番組を見ただけでは。

そしてあの場では「非当事者」って番組の司会者たちはともかく、笹森さんのダンナと発達障害が専門の精神科医の人以外は全員なんかの「当事者」でしょ。だから「当事者」の声の方がどうしても大きくて、非当事者の「当事者と向き合う困り感」がね、あんまりよく分からなかったんだよね。ただ、なんてのか、当事者でもさっき「これとこれは別」って書いたけど、非当事者ってのは、当事者とどのような関係にあるか、でだいぶ違ってくると思うし、これはあんまり共通点はないのでは、という感じがする。

確かにね、親とか兄弟、配偶者がその当事者を「受け入れられない」ことがある、というのは分かる。けど、その「受け入れ方」はそれぞれで共通性はない、と思うんだよね。LGBTなんかには「親の会」とかあるけれど、そして例えば「発達障害の人を配偶者に持つ人の集まり」なんていうのもあるかも知れないけど、LGBTの受け入れられ方と、発達障害の受け入れられ方って全然違うと思う。

そこら辺がね-、、今日、見てて「当事者間の困り感はある程度共通性はあるかも知れないけど、非当事者は共通性がないんじゃないかな」と思ったの。で、やっぱりこれって当事者向けの番組なのかな~とか、なんのために集まって話したのかな~とか、ちょっと思っちゃった。当事者間はある程度共通の認識があるから、手を結んでいけますね、ってことなのだろうか。それこそ「ハートはつなげますよ」みたいな?でも、非当事者は?そこら辺はよく分からん。

明日はどんな話だろ?

あ、今日のミニバラとワイルドストロベリー。

P1030125.jpg


なんかホントに芽が出てくるのか、心配になってきた。.もしかして、注目しない方が種も毎日観察されてると思って緊張してるのがなくなって、芽が出てくるかな?なんて思ったりして。.

そうそう、彼女からのプレゼント。

P1030127.jpg


今日、買い物に行ってきたと思ったら「ろんたこへおみやげ」と言って渡された。「あー、かわいい、これなんの花?」って聞いたら「いや、『寄せ植え』としか書いてなかったから、、」という彼女。そういう彼女もかわいいと思う(でへ)
22:38 | (性的少数者)テレビのこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ハートをつなごう ハートをつなごう4年目です 2日目 | ホーム | 余計なお世話なのかな。。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/1145-6f2de754
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。