----- -- , --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑
01-30 Fri , 2009
今まで黙ってたけど、、、
いや、知ってる人もいると思う(笑)
けど、知らない人が大部分だと思うけど。

えーと、前々からね、「最近、どこ行っても会うメンツが同じなんだよ~」とか「なんか最近、性的少数者としか会ってないじゃん」とか、そういう部分がとてもイヤになってたのね、わたし。もちろん、同じメンツと会ったとしても、それはそれで別にそのときは面白かった、と思って帰ってくるんだから、別にいいんだけど。

でも「あー、新しい人と、今まで出会ったことのない人と出会いたい~!!!」って思ってて、だけど、もう性的少数者の集まりで自分のことについて語るのは飽きた(笑)「新しい人と出会いたい~!」と思っても、毎回毎回自分のことについて語るのは疲れた(笑)

んで、もう一つ気になってることがあったんで、それと組み合わせて、イベントというほど大きなものじゃないけど「会」をしようと思ったのね。

その名も「セクシャリティーフリーで聞き合う会」って言うんだけど、なんていうのかね、性的少数者が主に集まるところの異性愛者って、本人が「支援者」(今の言葉で言うとアライさん)って思ってる場合もあるけど、なんていうか知らない間に「支援者」にされちゃってるところがあると思うのね、本人はそんなこと思ってなくても。おまけに異性愛者の人は、性的少数者の使っている言葉の意味も分からないから「これ、どういう意味ですか」と聞くのもなんとなく聞きづらい。「これ、聞いたら傷つけてしまうんじゃないだろうか」って思ってなんとなく聞けない。「理解があるなら支援するのは当たり前だ」ってのは、性的少数者のワガママだと思うし(それか単に思い込み?)、性的少数者にしか分からない言葉を使っているのも、性的少数者が多数のところだと当たり前だから「これ、どういう意味ですか」とは聞きにくい(まぁちょっと調べれば分かるんだけどね)、「こんな質問をしたら傷つくだろうか」とかね、そんなこと思われるのヤなのね。でね、これってもうね、全部、「ネット上での付き合いの限界」だと思うのね。

異性愛者は性的少数者と出会いたいと思ってもなかなかリアルで出会えない。

これは、実はわたしが「在日のオフ会」に出たときに感じたことだった。わたしらは普通に異性愛者の人とは出会える。性的少数者だから、性的少数者とも出会える。在日の人とは、知り合いになりたいとは思ってはなかったんだけど(爆)、全然別の理由でコミュに入ったら、「ああ、知り合いになりたい」と思うようになった。で、オフ会に出た。こうやってどんどん知り合えるのよ。

けど、異性愛者と性的少数者が出会える場って、そんなにないことに気がついた。多分、知り合いになりたい人もいるだろうなと思ったけど、募集は全部性的少数者向け。もちろんセクシャリティーフリーの場もあるけれど、そこは別に知り合う場所ではない。だから、セクシャリティーフリーで、なんでも話し合って、あと、聞き合う会ってのをやることにしたの。

参加資格に制限はなし。性的少数者でもいいし、そうでなくてもいい、自分が何かよく分からなくてもいい。そこでね、自分の話したいことを話すの。セクシャリティー関係の話をしてももちろんいいし、その他にしたい話があったらそれをすればいい。何を話してもいいの。で、他の人は聞くの。もしその人がなんか悩みがあってみんなの意見を聞きたいってときは、それはみんなで答えるの。ただし人の意見を「それは間違っている」とか「こうするべきだ」というのはナシね、という話し合いの会。あ、そうそう、そしてこれは決して「性的少数者のことを分かってもらう会」ではない、ってことね。要するに、性的少数者とそうでない人の間にある「見えない壁」をとっぱらうための会なのだ。

これをね、2月1日にやります。

参加者10人。最高でも10人まで、と思って募集かけたら、結構何日もしないうちにわたしを含めて10人になった。今まで自分の日記で何も言わなかったのは、わたしが全く知らない人と出会いたかったから(笑)どういう人が集まるのかは、わたしも今の時点で全く知らない。集めるとき「別に自分のセクシャリティーを書かなくていいです」って言ったから、知らない人も多い。誰とも顔見知りじゃない。

ってわけで、結構楽しみだったりする(笑)し、好評だったら、継続してやりたいと思っている。

あ、だけどね。

本当はこういう会、やりたい人がやるべきだと思うの。「こういう会があるから参加したい」じゃなくて、自分が主催でやってみればいい。そうすれば、出会える機会も増えるでしょ。だからね、別に会の趣旨を全部マネされてもなんでもしていいから、やりたいなって思った人が人数集めてやればいい、と思ってる。やり方はそんなに難しいわけじゃない。人を集めて、どこでやるかを決めるだけ。それだけでできるんだから。

そういう場がたくさんあれば、素敵だと思う。

テーマ:性的少数者(LGBTIQ) - ジャンル:日記

21:42 | (性的少数者)イベントなど | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<在日コミュ新年会 | ホーム | なんか最近>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/1077-2e05bbd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。