01-01 Thu , 2009
神社に行った
今日、近くの神社に行ってきた。
近くと言っても、ま、電車には乗ったんだけど。
とはいえ、そこは結構近隣住民の間では有名な神社みたいで「電車混んでるなあ~」と思ったら、ほとんど全員がそこの駅で降りてやんの!げげっ、みんな行くの?みたいな(笑)

あー、わざわざ題名を「神社に行った」にしたのは、それは初詣でじゃない、という意味で付けた。神も仏もないわたしは、ただ、出店を見て歩いて、食ったり飲んだりしただけだった(苦笑)境内に向けて、長蛇の列が遠くからあったんだけど、全部無視無視(爆)取り敢えず、列から離れて「なんか面白そうな店ないかなあ~」と見て歩き、最初に綿あめを買って(綿あめ、好きなの。この歳になっても(^^;)それを食べ食べ、今度はなんだったかな~。中国の「お焼き」みたいなの。なんとかピン(餅)って書いてあったような気がしたけど、、それを食べた。結構うまかったよー。なんかね、具が餃子の具みたいなんだけど、それを皮の中に入れて、それをギュウギュウ潰して焼いたものみたい。ごま油の風味とニンニクも入ってたのかしら?

で、ずんずん歩いていくうちに神社の境内の中に入ったんだけど、そこで反対側に回って、そしてまた反対側のお店を見ながら今度は戻っていって、そんでおしまい。その間、境内の中で売ってた白酒を買って飲んだんだけど、ゲロまずだったー。それから、七味唐辛子の実演販売があって、辛いもん食べられないから、普段はそういうものには無縁なんだけど、その口上が面白くてついつい、見とれてしまった。一袋1,000円もしたんだけど、それを7袋だの2袋だの買ってく人がばんばんいて、びっくりしたっていうか、自分ももし七味唐辛子が食べられるんだったら、わたしもつい、買って帰ったかも知れない。。(笑)

しかし、出店も同じもの売ってる店がいっぱいあったんだけど、例えば、たこやきとかお好み焼きとか。なんで閑散としている店もあれば、行列のできてる店もあるんだろうね。たまたま偶然通りかかったときに、そこの店に人が集まってただけだろうか。

んなわけで、参拝とか一切してないんで、初詣でとは言えないと思うんだけど(笑)、ま、なんか他の人の姿とか(ちゃんと着物来てたり、あとは破魔矢を持ってる人がやっぱ多かった)人手を見てたら、なんとなく「あー、正月」って気分になってきた。それにしても人が多かったー。ここの神社にこの季節に行くことは今年初めてなので、例年はどうなんだか知らないけど、こんなに人がいるとは正直思わなかった。

わたしたちが行ったのは、比較的日が差している暖かい時間から日が暮れかけたときだったんだけど、それでもまだまだ人はひっきりなしに神社に来てたから、すごいなーって思った。これが明日、明後日と続くのかな。

普段は神や仏なんか、おそらく日常の中に入り込んでない信心の薄い日本人が、こういう時期だけこういう場所に集まるのって、それはやっぱ信心からじゃなくて、ただの「習慣」なんだと思う。なんていうのかな、年中行事の内の一つ、みたいな感じ?確かに賽銭箱の前では鐘鳴らして柏手打って「家内安全」(今だったら「不景気脱出」(?))とかなんとか祈ってて、そのあとは破魔矢交換したり、おみくじ引いたりするんだろうけどさ、これって「信心」からじゃなくて、単なる「習慣」なんだと思う。こういうことやって「あー、なんか正月が来た感じ?」がするんだろう。

ある意味わたしも毎年、12月31日には「紅白」を見て、それから「行く年来る年」を見るってのは、自分の身体に「新しい年が来ましたよ」と実感させるためであり、今日、初詣で、というか単なる神社に行っただけだけど、そういうことを「したい」ってのも、自分の身体に「新年が明けましたよ」ということを無理矢理認知させる行為だと思う。わたしにとっては、それ以上のものでもそれ以下のものでもない。で、人によっては「やっぱ賽銭投げて、柏手打って、おみくじ引かなきゃね」って人もいるだろうし、それは多分、人によって違うのだと思う。わたしはそこまでの必要はないのでやらないだけだ。

多くの日本人が初詣でに行くのは「年の初めの一仕事」なんだと思ったりする。でなければ、誰が好きこのんであんな人混みの中にわざわざ出向くものか。
20:44 | 二人のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<初夢 | ホーム | 一年を振り返ることができる人ってのは>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/1050-c56cbffc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX