----- -- , --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑
12-31 Wed , 2008
一年を振り返ることができる人ってのは
去年、つくづく思った。「一年を振り返ることができるって人というのは、ある程度幸せでないとできないことなんだ」と。

というのは、一昨年までは結構呑気に「この一年あったことのまとめ」の日記をこの12月31日に書いていたんだけれど、去年の今ごろは、病気がなんであるかさっぱり分からないにもかかわらず、どんどん悪くなっていく時期で、正直言って、そんなことをする余裕がなかったことと、あとは、過去を振り返ると、どうしても将来のことを考えざるを得ず、このままどんどん病気が悪くなっていく自分を考えるのが非常に怖くて、それができなかった、ということがある。

結局、年明けすぐ、今まで以上に状態が悪くなって、わたしは今年の4月頃までずっとPCを開けることはおろか、ほとんど寝たきりの状態だったり、寝たきりでも何日も眠れない日が続いたりして「本当にわたしはどうなってしまうのだろうか」と恐怖の中でいっぱいだった。

夏頃から徐々に動いたりしているが、本当はまだ口の中の不快さが残っているために、まだまだ本調子だとは思えない。主治医は「まぁ1年、病院に通うこともないだろう」とは言っているけれども、それでもあと6ヶ月後にどう自分がなっているかなんて、想像も付かない状態だ。

こんな中で、一年を振り返るなんてことは不可能だと思う。

今は、一日一日をそれなりに生きていくしかないなあという感じだ。

そして、来年の目標はただ一つ。いや、目標があるだけ、いや、ここで書く気になるだけでも随分とマシになったなあと思うが、それは大学院受験。これに向けて、コツコツと勉強していかねばならないと思っている。

あーあとはメシのタネ~。っていうか、ちょっとは働かないと、大学院に受かっても授業料払えん、なんてことになると困るので、こっちの方もコツコツ貯めなきゃ。その前に、4月に国民年金1年分、一括前払いで十何万引かれるんだよなー。誰かと結婚していれば、第三号被保険者として、払わなくてもいいはずの金。これも同性カップルに対する法的保障がないからなんだよなあーと思うと、本当に腹が立つ。

という、いろいろなものへの不満を自分にぶつけて、そして自分でなんとかしていかないといけないのだ、というところで。

今年もなんとか終えられた、と思えることすら、本当はありがたいことなんだと。

それを去年から今年1年にかけて、本当に身に染みて思わされたことだった。

希望なんて何もないけれど、取り敢えず、今年より来年の方が自分にとっていい年になるようにしたい。そして何度も書くけど、こう思えること自体が既にありがたいことなんだと。

今、まさになんの病気か分からないで苦しんでいる人がたくさんいるだろう。治りにくい病気で苦しんでいる人もいるだろう。痛くて痛くて死んだ方がマシ、と思っている人もいるだろう。そういう人たちにも明日は正月が来るのだ。決して「頑張って生きろ」とは言わない。できる範囲で、いや、何もできなくてもいいから、ただ、時間が通り過ぎるのを待つだけでいいから、希望なんかもなくてもいいから、ただ、早く苦しくない状態が来ますよう。それは自分に合う医者が見つかったり、自分に合う薬が見つかったり、そういうことかも知れないけれど、去年の自分を思い返して、誰に向けて祈ればいいのか分からないけど、祈ろう。

さようなら。2008年。平成20年。

わたしはもう過去を振り返らない。
18:41 | 自分のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<神社に行った | ホーム | 自分が差別しちゃいそうな人たちって?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/1049-b4424093
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。