12-26 Fri , 2008
衝撃告白 「わたしは同性愛者です 同性を愛する自分に何の疑問もありません」
あ、日記の題名は、あるレズエロDVDのパクリです(笑)
てーか、こんな類の題名のレズエロDVDがあるのねー、、ってちょっとびっくり。

事の発端。最近、Amazonで、レズエロDVDを買ったんだけど、それが超はずれでさぁ。。だから昨日、「なんかわたしが見て納得できるエロDVDないわけぇ~?」って思って、あれこれ検索して見まくってたのだ。

レズものDVDってすんごいあるのね~。びっくりした。で、ああいうのって「内容はだいたいこんなのですよ~」ってことが分かるように、パッケージだのそれから、中身から数枚の画像が貼られてるんだけど、うー、、例えばこの日記の題名にすんごくよく似た作品、あれ、絶対に本物のレズビアンじゃないだろー!と本物のレズビアンが言っておりました(てか、自分だろ、それ)。

つか、衝撃告白かはともかくとして、この題名自体には全く異論はないんですけどねー。っていうか、これを世間一般の異性愛に当てはめると「衝撃告白『わたしは異性愛者です 異性を愛する自分に何の疑問もありません』」ってことになって、これ、衝撃告白どころかただの「戯れ言」で、あまりに普通すぎてなんも面白くないでしょ(笑)要するに、わたしにとってもこの題名は、なんも面白くないの、自分にとって当たり前すぎるから。でもね、この題名って、割とシンポテキではあるのよ。本物のレズビアンはおそらくほとんどの人がそう思ってるだろうし。だからね、この題名に「衝撃告白」という、なんつーかな、「みなさーん、世の中にはこう思ってる人もいるんですよー」みたいな表現?、これがなけりゃ、わたしホントに「いやあ、なんてシンポテキな題名なんだろう」と感動して、もしかしたらこのDVD買っちゃったかも知れないですってのは、全くのウソで(爆)

てのは、ここに出てくる「自称レズビアン」(かも知れない)の人は、わたしは上にも書いたとおり、本物のレズビアンとは思えないのよねー。まーだから「衝撃告白」って付いてた方がウソっぽくていいのかも知れない、と思っちゃった(笑)

それはですねー、やっぱ「レズビアンのSEX」=「貝合わせ」って思ってるだろ、とか「うなぎ連結」してるシーンがあったんですねー(笑)しかも、エロDVD売ってるところと提携しているオモチャ屋にある「レズビアン用エログッズ」も同時に見たんだけど、もしかして、世間の人たちに「レズビアン=双頭ディルド」って思われてる??正直、あれを見てですね、わたし自身は「あれ、なんでうなぎが売ってるの?」と思いましたよ(笑)そう、あれ、レズビアンが使うというよりむしろゲイが使うんでないの??と。ゲイのエロDVDの紹介にもあのシーン、よく載ってるんですけど(笑)当然、あれは2人だけじゃ使えんわなー。すんごい難しいと思うもん、2人だけで使おうと思うと。それに、あれ、使ってもあんまり気持ちよくなるとは思えないのよね。。あ、これ、本物のレズビアンのうちの一人の単なる感想ですけど(爆)えーと、ゲイもののうなぎ連結シーンはね、必ず複数人いることになってて、そっちの方が現実としては当たってると思う。レズエロDVDの画像では、2人しかいなかったので。。だからとてもうそっぽい。とまぁそういうわけで(笑)

ただ、他のヤツもちょっと見たんだけど、なんかねー、見てるうちに「これ、出てくる女がすべて男だったら、即これはゲイエロDVDになるだろ」って画像が多くて。。だいたい、電マとか使われてるし、複数の人が絡んでるし、まるでわたしはBadi(ゲイ雑誌です)のゲイエロDVDの紹介ページを見ているのかと錯覚してしまったほどだ。それほど、すんごい構図とかが似てる!

ってことはね、所詮、エロDVDってほとんどの作品の監督が男性だと思われるのね。ま、女性の監督がいるのももちろん知ってるけど。でもそれはものすごく数が少ないよね。ほとんど「例外」って言えるほどだよね。でさぁ、男が作るエロDVDって、別にノンケものであろうが、ゲイものであろうが、あんまり変わらないんじゃないかと。そう、これは想像なんだけどね、結局「男のセックスファンタジーって、ヘテロもゲイも変わらないんじゃないだろうか」ってーのが、わたしの昨日、レズエロDVDのコーナーを目を皿のようにして(?)見回った結果なのだ。で、わたしが探している(あ、内容は具体的には言わないけど(笑))内容ってのは、ないね、パッと見では。うーん、物語としてはとても単純なものなんだけど、なんでないのかなあ~?これって男のセックスファンタジーとわたしのセックスファンタジーが違うってことなのかなあ?って少し思ったわけで。

まー、まだまだたくさんレズものエロDVDがあるから、探してみようとは思ってるけどさ。←懲りないわたし

しかし、昨日見て笑ったのは「Lの世界」っつー題のレズものDVDね。これって絶対に「the L word」(邦題は「Lの世界」)のパクリだよね(爆)しかもこの「Lの新世界」はパート3まで出てるらしい!「the L word」なんか、まだシーズン5(ただしアメリカでね。日本ではまだシーズン4)までしかいってないのに!(って比較すんなって(^^;)いやー、なんかすごく商魂たくましいというかなんというか。まー、勘違いして借りる人はいないと思うけどね。

テーマ:同性愛 - ジャンル:日記

22:59 | (性的少数者)映画のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<原宿デート | ホーム | 今年最後の病院の日>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/1044-e823faa9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX