02-21 Thu , 2019
第31回社会福祉士国家試験受けました
なんかものすごくお久しぶりな気が。
年が明けて初めての投稿でもあるし。

2月3日に無事、社会福祉士の国家試験を受けてきた。
ブログを更新しなかったのは、受験勉強のせいとも言えるし、受験勉強のせいとも言えない。
なんてったって受験勉強したくなくて仕方がなかったし、それ以前にもう身体がボロボロで常時背中は痛く、座ると腰と股関節のところが痛く、そのうち歩くこともつらくなってきて。なので勉強どころではなく、わたしは一体何と闘ってるんだろう?ってずっと思ってた。

201902031.jpg


そんな中で受けてきた試験。正直、受験勉強が足りてなかったことより、身体の方が心配だった。ずっと机に向かってると背中が痛くて問題文を読むのすら苦痛になって試験どころじゃなくなるから。これは模試を受けたときにそうだったので、ずっと心配だった。背中の痛みは勉強しながら治そうと思ってたんだけど、結局は背中に加え腰や足まで来てしまったので、試験当日は背中と腰にシップを貼っていった。これがあると気のせいだと思うけど、なんとなく痛さが緩和される気がしたので。

今年の試験は去年より少し難化したと言われてるけどどうなんだろ。去年受けてないのでよく分かんない。そしてヘイトスピーチ解消法と性的少数者に関する問題が出てびっくりした。2年前に受けた行政書士試験でもこれらの問題が出てきたし(質問内容は全然違うが)。まぁでも基本は過去問だとわたしは思う。「過去問やっても意味ない」って意見を割とあちこちで見たような気がするが、わたしは問題解いてて「あ、これ過去問にあった」って問題が結構あった。もちろん、まったく同じ問題ではないけど。過去問は過去問以上に解説を覚えるくらいまで読むのが効果的だと思う。

行政書士試験の時は、とにかくマークミスが最後の最後まで怖かったので、今回は問題を解き終わってから2回ほど丁寧に見直した。なのでマークミスはしてないと思う。

社会福祉士の試験って行政書士試験と比べると、試験終了後の解答速報の答えがバラバラなのね。これには少し驚いた。そしてこれは試験センターが正式な回答を発表するまで分からないらしい。なので、今の時点では自分は何点取ったのかは分からない。分からないけど、8割弱は取れてたようなのでまず大丈夫かな。とある自動採点をしてくれるサイトの結果だと

20190221.jpg


こんな感じ。模試の時、共通科目が散々だったので、共通科目に力を入れて勉強したんだけど、それが結果に表れたみたい。逆に専門科目は時間が足らなくて、思うようにできなかった科目もあり、その科目はやはり点数低かったので、受験勉強しただけ点が取れるというのは本当のことだと思う。勉強の具体的なやり方は、次に更新することがあれば書いてみるつもり。合格発表は3月15日だそうだ。

試験が終わって少し休めると思いきや、試験終わって1週間も経たないときに今度は彼女が緊急入院することになり。しかも生命に危険がある病気だったので、わたしは病院通いとその他もろもろの手続に奔走。その間、自分の身体のメンテナンスもしつつで、この2週間ほどは本当に大変だった。彼女の方は当初考えてたほどひどくなく、1ヶ月入院と言われたのが2週間程度になり、もうすぐ退院してくる。

当初より試験終わって3週間仕事を休ませてもらう予定にしており、3週間休んだはいいけど、その3週間は見事にそんなこんなで潰れ、来週から復帰。
11:05 | 通信教育課程の大学生活 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |