10-23 Mon , 2017
尾辻さん、当選おめでとうございます
尾辻さんが昨日の衆議院選挙で当選した。
選挙全体の結果に対しては暗澹たる思いだけど、尾辻さんが当選できたことは本当によかった。

あれから10年経ったんだよね。(→ 民主党躍進。。だが、わたしはあなたの1議席が欲しかったのだ

10年前、新宿二丁目の尾辻事務所で選挙のお手伝いをした。初めての経験だった。
開票速報はいてもたってもいられず、事務所でみんなと徹夜でテレビの画面を見てた。
事前では当選の可能性は高いと言われていたが、思ったように票は伸びなかった。

あれから10年。
”LGBT”業界も今ではすっかり様変わりした。10年前には想像できないほどだ。
もしかしたら「尾辻さん」は当事者の議員だってことを知らない人たちも多いんじゃないだろうか?と思ったりする。

10年前の選挙に落選したものの、尾辻さんはその後繰り上げ当選で少しだけ参議院議員を務めた。
確かその間約1ヶ月半くらいしかなかったと記憶してるが(もしかしたら間違ってるかも)、その間でも質問書を出したりいろんなことをしたって風の噂で聞いた。

そして尾辻さんはこの10年の間で介護福祉士の資格と社会福祉士の資格を取って、働きながら政治活動をしていたようだ。尾辻さんの地元は大阪なので、その間ほとんど会うことはなかったし、当然今回尾辻さんに投票することもできなかったんだけど。尾辻さんにこの、社会福祉士の資格を取るのを勧めたのはわたしの友人で、その友人からわたしも社会福祉士を薦められて、わたしも今、ようやく社会福祉士の資格を取る勉強を始めることができている。

あー、あれから10年が経ったんだね。

戦後72年で今、最も危機的な状況を迎えているときに尾辻さんが国会議員になった。
本当に大変だろうけど「立憲主義」を守るためにしっかりやって欲しいと思う。
いえ、枝野さん(正確に言えば、福山さんだけど)が言ってましたね。有権者は投票してそれで終わりではない、やっていることをしっかりと「監視」して、おかしいことがあれば「批判」してくれと。それが健全な民主主義だと。

お互いにしっかりやっていきましょう。
10:42 | 性的少数者に関すること | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
10-29 Sun , 2017
高尾にゃん、7歳のお誕生日おめでとう
10月22日は高尾にゃんのお誕生日。
だけど今年の10月22日は台風の影響で暴風雨が予想されたため、ケーキが取りに行けないと判断して、1日ずらして23日に高尾にゃんのお誕生日会をやった。

20171023 200250


相変わらず、嫌そうな顔(笑)

20171023 195406


今回もケーキ屋さんが猫ちゃんの絵を描いてくれました!そして今回は肉球も。とってもかわいい(*^^*)

高尾にゃんも7歳になりました。猫で7歳と言えば、シニアの仲間入りかな~。なんかもう、そんな時期が来たんだね、高尾にゃん。

9月に血液検査して腎不全がどうなってるか調べてきたんだけど、Creは1.7で微妙な感じ(正常範囲が1.6まで)、BUNは正常範囲内、腎不全の新しい指標と言われているCDMAは前回3月に測ったときの倍になった(5→10)んだけど、正常範囲が14までなので、まだ範囲内。これが上がってるのか誤差の範囲なのかはまだよく分からない。

高尾にゃんが今年の2月に初期の腎不全か?って言われて以降、ずっと今まで腎臓の療法食を食べさせてたんだけど、最近療法食から少しグレードを落として「腎臓に配慮したご飯」を食べさせている。これがどういう影響を起こすかよく分からないんだけど、なんか腎臓食は飽きがちになってきたかな、という感じなので、しばらくこれにしてまた戻したりしようかなと思っている。1日1回の薬は止められるかと思ったんだけど、血液検査の結果を見ると止めるより続けた方がいいだろうとのことで。

それ以外は体調面では今までとそんなに変わりがないかな~。

20170423 102819


「ごめん寝」をする高尾にゃん。高尾にゃんはもともと、ベッドの縁でごめん寝をする猫だったのだが、最近は平らなところでもごめん寝をするようになってきた。

高尾にゃんはこの頃ますます賢くなってきて、こないだは引き戸を手で開けてるのを見てしまった。猫の力ではとても重くて引けない引き戸なんだけど、ちょっとすき間が空いてたらしく、そのすき間に手を入れて自分の頭で押せるくらい開けたあと、そこに自分の頭を入れてぐっと押してこじ開けてた。扉が重いのでしっかり閉まってたらこんなことはできないけど、少しでも開いてたら行けちゃうので今後はしっかり閉めるように気をつけないとまずいね。

そして相変わらず、毎晩わたしがお風呂に入るときに一緒になって入ってきてお風呂場でなでてもらうことをすごく楽しみにしてて、お風呂場でけなげにずーっと座って待ってたり、なかなか入らないと「早くお風呂入ろうよ!」ってわたしのところまで誘いに来たりする。こちらも用がありなかなか行けないと、終いには怒りだしてせっかくずっと待ってたのに、いざわたしが風呂に入る段になっても怒って来ないこともある。

あと、出かける際に高尾にゃんに「高尾にゃん、行ってくるね。夕方までには戻ってくるからね」って挨拶していかないと、帰ったときに高尾にゃんの機嫌が悪い。機嫌がいいときはわたしが玄関のドアを開けると既に玄関先で高尾にゃんが来てて出迎えてくれるんだけど、機嫌が悪いときは無視される。なので機嫌が悪いときはこちらから高尾にゃんのご機嫌伺いに行かなければ無視されたままになる。で、そのうち高尾にゃんの元気がなくなってくる。。本当は高尾にゃんに取って、ままから構われないのはとっても悲しいことなんだよね。だけど素直に”寂しかった”とか”構って”って言えない性格なんだよね、高尾にゃんは。

すごい屈折した性格といえば性格なんだけど、わたしもそういう性格なので、実は高尾にゃんの行動は非常に分かりやすい(笑)まぁ機嫌がいいときもわたしは高尾にゃんみたいに素直に人に甘えたりはしないけどね(笑)高尾にゃんは機嫌がいいときはすごーく甘えん坊になるので、そこがちょっとわたしとは違うかな。甘えるときは本当にめんどくさいくらい甘えてくるのよね。

最近もしかしたら、高尾にゃんはわたしのことを「まま」と思ってるんじゃなくて、高尾にゃんがわたしの「まま」だって思ってるんじゃないかと感じることがある。わたしが風呂から出たあと、せっかく髪の毛を洗って乾かしたのに、高尾にゃんはその後、わたしのところに来て丹念に髪の毛を毛繕いをしてくれるのだ。この毛繕い、彼女にもばこにもしたことがない。わたしだけにする、特別な行為だ。

今は社会福祉士の実習の真っ最中で、朝早くから夜まで家にいないことが多い。

わたしは高尾にゃんがうちに来てすぐに3回目のうつ病になって、ほとんど家で療養生活を送っていたので、高尾にゃんにとっては「ろん(まま)はおうちにずっといる人」っていう認識があると思う。だからわたしがしょっちゅううちを空けるとすごく機嫌が悪くなって無視されたり体調が悪くなって吐いたりするんだけど、これって「ろん(まま)は高尾にゃんが守ってあげないとダメなのに、でかけてばかりだから心配でたまらない」って思って具合が悪くなるのかしら。。でもこればっかりは仕方がないし、わたしは高尾にゃんの子どもじゃないし。高尾にゃんには分かってもらうしかないよね。「もうろん(まま)は、高尾にゃんから心配されなくても大丈夫になったんだよ」って。

猫は中年時代が長い動物だと言われている。
高尾にゃんもいよいよ中年の仲間入りしたけど、ずっとずっと中年でいようね、高尾にゃん。

20170712 192036
10:52 | 二人と猫のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
AX