09-13 Wed , 2017
栄冠手にするその日は近いぞ
カープ首位マジック4


今季はカープについてほとんど書いてないけど、もちろん試合がある日は毎日テレビ観戦している。

「逆転のカープ」とか「今年は強い」と言われてるけど、わたしにしてみれば、逆転するってことは、先発投手陣に安定感がなく、まず相手チームに点を取られてるってことだし、確かに打者はよく打つときは打つけど、なんかどーも安定感がないというか、、、いや、「打線はみずもの」なんだから、そんなみんながみんなスランプ無しでシーズンを乗り切れるとはこれっぽっちも思ってないけど、でもなーんか不安なんだよね~。

それに今年は、珍しく初回の内に点を取って、9点差付けてても野手のエラーとピッチャー陣総崩れで逆転負けしたりね。なので初回から大量点を取ると逆に「また追い付かれて負けるんじゃないか」ってヒヤヒヤするしね。

まぁこれが(長年痛めつけられてすっかり悲観的になった)ファンの心理なのかな。

ただ、昨日、マジックが4になり、やっと「それゆけカープ」の4番の歌詞を実感を持って歌えるようになったと思って嬉しい。だいたい、カープファンになったのは1975年の初優勝のときだから、70年代後半~80年代にかけてのカープが強かった時期も覚えてるけど、わたしが真の野球ファンになったのは、'92年の日本シリーズ、西武対ヤクルトを見てからなのだ。そう、つまりその前年、'91年にカープはリーグ優勝したけど、そのときは「あ、カープまた優勝したのね」くらいにしか思ってなく、それ以降去年までずっとずっと「それゆけカープ」の4番の歌詞は「夢のまた夢」で「いつになったらこの4番の歌詞が堂々と実感を持って歌えるのだろう?」って思ってたのだ。

去年はマジックがあれよあれよという間に減っていったので、あんまりこの歌詞は実感できなかった(それでもやっぱり実感したけどね)。今年は去年より早くマジックが点灯したにもかかわらず、何回も消えては付いて、それに2位の阪神がなかなか負けないものだから、一気に減ることもなく、やっとここまで来た!という感じだ。

まぁ確かにマジック一桁になったら4番の歌詞が実感できるかなと思ったこともあったが、実際はマジック一桁になってもまだ「本当に優勝できるのかな?」という気持ちが強く、あまり実感できなかった。だけどさすがにマジック5を切ったら、優勝する可能性がぐっと増したような気がするので、昨日から堂々と(笑)、この4番の歌詞を実感している。

ただ昨日は横浜に情けない負け方をして、ホンマにCSとか大丈夫なんかいな~、、と思いつつだけどね(気が休まらないファン)。

「それゆけカープ」4番の歌詞
晴れのあかつき 旨酒をくみかわそう
栄冠手にする その日は近いぞ
優勝をかけて 優勝をかけて
たくましく 強く 躍れ


がんばれカープ、あと一息で優勝だ!!
12:25 | 社会人野球・カープのこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
09-14 Thu , 2017
第2回スクーリングが終わりました
9月1日から9月3日までの3日間、2回目のスクーリングだった。

1日(金)は相談援助実習指導で、2日(土)3日(日)は相談援助演習。相談援助実習指導は、実習計画書(案)の作成が主な指導内容だった気がする(←よく覚えていない)。ああ、あとは事前訪問の意義とか実習記録の書き方などもやったんだった。実習記録は消えないボールペンなどで書き、文字を間違えたら修正テープ使っちゃダメで、訂正印を押すのがめんどくさいと思った。だいたい、もう長いこと筆記用具で文章を書いてないので、思い付いた文章そのまま書くのが結構怖い。わたしは約25年ほど前、大学の卒論を書くときには直接PCで文章なんか書けないと思ってて、そのときは自分の手であらかじめ文章を書き、PCは清書するためだけに使った。それがいつしかPCでしか文章が作れなくなってた。手書きの日記なんか付けてないし、手紙も手で書くことはまずなく、ほぼ100%メール。そんな中でまた急に手書きの実習記録なんて書けるのか。しかもボールペンで。

実習記録は毎日実習先に提出するらしい。なので毎日帰宅後に実習記録を付けて寝ることになりそうだ。まさか、あらかじめ文章はPCで打って、それを実習記録に清書、なんてことを毎晩はできないだろうからなあ。実習、すごいハードスケジュールになりそう。。大丈夫なのか、すごい不安なんですけど。

2日目3日目の相談援助演習は、インテーク面接とアセスメントについてだったかな。そこでロールプレイというものを初めて体験した。わたし、ロールプレイって筋書きがあるわけじゃなく、登場人物はどう動けばいいんだろう、だいたい当事者でもないのにこんなことして何か得られるものはあるのかって思ってたんだけど、そうじゃないんだね。まぁアドリブなところはたくさんあって、こういうの創作が好きな人だったら楽しいだろうなとは思ったけど、それだけじゃなく、たとえ演じているクライエント、相談員であっても、言葉を交わす内に本当に自分が言われたような気になってくるのね。なるほどって感じ。

ただ、特にクライエント役になる人は、これまでの自分の人生観とか、境遇が強く反映される気がする。授業ではいくつかのロールプレイをやったんだけど、親子関係が問題になるものがあり、わたしだったら親に関わるのは嫌だという意識しかないのだが、他の人は案外、そういう人はいないみたいで(まぁそっちの方が正常な親子関係だからね)、逆にわたしの方が「なぜこの人たちはこんなに親に対して好意的なんだ??」って不思議に思ってしまった。

っていうか、これも「自己覚知」に繋がることなんだよね。ロールプレイを通して他の人と自分の違いを発見する。そして「なるほど、自分はこういう人間か」と自覚する。そう考えると「自己覚知」ってありとあらゆる行動から考えられるような気がする。

2回目のスクーリングでは、ますます相談業務の中身に切り込んできて、相談受けるってことは難しいんだなあって改めて分かったというか、なんかもう頭の中めちゃくちゃ。まぁこのわからなさ加減が自覚することが、2回目のスクーリングの収穫だったのかも知れないけど。なんか、相談業務がどういうものかっていうのが朧気ながら見えてきたからか、徐々に将来に対する不安が大きくなってきてる。自分にそんなことができるのかとか。まぁそんなの今考えても無駄なことなんだけど。

2年間の修習期間の中で、出席しなければならないスクーリングは4回。今回で半分が終わったことになる。そして今回のスクーリング、クラスメイトのうち2名来なかった。でも逆に言うと勉強続けてる率はほぼ9割だからね。社事大の高い修習率ってのはその通りかもね。

3日目にスクーリングが終わったあと、先生を含めたクラスメイトで飲み会。いろんな人と話せて楽しかった。

次のスクーリングは来年の2月。わたしもだけど、実習が終わった人も多そうだ。他の人の実習がどんなのだったか、話が聞けるのはすごく楽しみなんだけど、それ以前にわたしは実習を乗り切れるのか((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
18:58 | 通信教育課程の大学生活 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
09-15 Fri , 2017
パウンドケーキ焼くのにハマってる
20170914 153148  20170914 171956


料理をするのは大嫌いだがお菓子を作るのは好きなわたし。

何がどう違うのかと言えば、まーわたしはお菓子屋さんじゃないから毎日お菓子を作らなくてもいいところ、なんだろうか?ちょっと違う気もするが。料理に対してはトラウマがあって、うつ病になる原因の一つとも言えるので、嫌いというような「軽い」ものではないんだけど、これは自分自身もうどーにもしようがないので、、困ってる。

よく「料理は化学だ」と言われるが、わたしはお菓子作りの方がよっぽど「化学」だと思うよ。バターをよく練って砂糖加えただけであんなに白くなるとかさ。卵白を泡立てたらあんなにふわふわなものに変化するとかさ。ベーキングパウダーなんて一切使ってないのに、よくよく材料を混ぜたら膨らむとかさ。だから「今回はうまく膨らむかな?」ってレンジの中に入れてるときが一番ワクワクするし、逆に言うと不安でもある。まー別に無理矢理料理とお菓子を比べることはないのだけども。

小さい頃、親が手作りのお菓子をよく作ってて、小学校の頃からそれをちょっとずつ手伝ったりしてたので、ケーキを焼いたりすることに抵抗感がないし、火加減以外あまり失敗をしたことがない(ベーキングパウダーを使わないシフォンケーキは未だに成功した試しがないが)。昔のうちはガスの天火を使用してたが、今は電子レンジなので、なんかちょっと勝手が違っているので、何回か失敗した。規定通りの時間で焼いてもまだ中が生焼けだったりして。なのでうちの電子レンジは今でも使いづらい。

手作りのケーキは素朴な感じが好きで、これはお店じゃ絶対に出せない味なので、しばしば食べたくなるんだよね~。なんだけど、小さい頃に親しんだレシピが思い出せなくてずっと「あれはなんて本に載ってたんだろう?」と朧気な記憶をたどっていたところ、やっとつい最近その本が分かって手に入り。「作りたい、作りたい」って思ってるうちにまた時間は経ったのだが、こないだちょっとしたきっかけがあり、作ってみようと思って重い腰を上げた。

実はパウンドケーキ自体は作るのは初めてだった。ベーキングパウダーを使わない、シュガーバッター法で作るパウンドケーキ。初回はレシピ通り、そしてバターは有塩バター、砂糖は白砂糖を使って焼いてみた。んー、まぁまぁ。失敗ではない。結構膨れて中央に亀裂も入ったし。味も「そう、これこれ」と思うような素朴な味。

2回目は無塩バターとてんさい糖を使って焼いてみた。なんかさ、ケーキは無塩バターを使うことってネットとかでもいろいろ書いてあるし、わたしはこれまで一度も無塩バターを使ってケーキを焼いたことがなかったので、無塩バターを使うとどんな感じになるんだろう?って思ってね。あと白砂糖じゃなくててんさい糖を使ったのは、これで作ったのを友だちにあげたかったからだ。友だちがあまり白砂糖を食べたくないという人なので。これも割と成功したので、友だちに半分あげた。で、あげてからわたしも食べたんだけど、無塩バターのケーキってなんかのっぺり甘いだけでわたしは少し塩が効いてたほうが好きな味だった。ただてんさい糖は白砂糖の時と同じ分量通りにしたら、結構甘さが抑えられてた。

で、3回目。上の画像は3回目に焼いたパウンドケーキ。無塩バターの残りはあったのだが、それに塩を加えた。ネットで調べたら有塩バターの塩分は1.5%だというので、分量に合わせて計算して。で、砂糖はてんさい糖を2回目より5g多く。あ、砂糖の量は70gなんだけど、それを75gにした。で、それまでは卵白泡立てるのだけハンドミキサーを使ったんだけど、今回はバターを混ぜるのにもハンドミキサーを使った。

焼く時間は40分なんだけど、それまでは割とすぐに膨らんでくる感じだったのに、3回目のは20分過ぎても膨らんでこない感じだったので「失敗したのか??でも前回と作り方変えてないのになんで??」って思った。でも出来上がったら前と同じような感じで膨らんでた。なぜ今回ふくらみ方が遅かったのかはよく分からない。

すべてハンドミキサーを使ったせいか、キメが細かくなってた。でも昔は手でかき混ぜててもこんな感じだったよなあ~。ってことは、今はやはりかき混ぜ方が足りないのかな?食べてみるとこれが一番美味しい。前回のヤツ半分あげた友人よごめん。こっちの方が美味しかった(汗)

高校の頃、一度マドレーヌを焼いたことがあるのだが、入手した本の中に「マドレーヌ」の項目がなく。でもこれ以外のお菓子の本でお菓子を作ったことがないので、このうちのどれかを参考にしたものと思われるが、カップケーキなのかなあ?カップケーキはこのパウンドケーキとほとんど同じだが、ちょっとだけベーキングパウダーが入ってるのよね。今度はこちらの方を作ってみようかな。

お菓子を作ってると女の子の気分。なんてことはなく、ただわたしが食べたいから作ってるだけでした。お菓子を作るときはできあがりを半分以上わたしが食べられないと、わたしは怒ります(笑)
19:13 | その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
09-20 Wed , 2017
リーグ2連覇おめでとう
2017カープ優勝ロゴ


さてさて。
少し遅くなったけど、18日にカープがセ・リーグ2連覇を果たした。

優勝おめでとうございます!!


昨日はYou Tubeでアップされた地元テレビ局の優勝特番をいろいろ見たんだけど、カープの選手たちが仲がいいのはもちろん、OBとの関係(例えばNHKの特番は大野、広テレの特番はノムケンが出てた)が垣間見えて、とても興味深かった。特にノムケンが松山をいじり倒してたのには驚いた。松山は選手の間でもいじられキャラだとは思ってたけど、そうか、もともとはこんなところから来てたのか~。

わたしは普段、カープの記事が載っている雑誌とかテレビ番組はほとんど興味がないので読んだり見たりはしない。以前は(といっても'90年代)、こういった情報が欲しくて欲しくて仕方がなかった時期もあったんだけど(なので週刊ベースボールとか月刊アスリートマガジンは毎号買っていた)、次第に「それを知ったとしてもどうなんだ」と思って、今ではすっかり興味を失っている。これが「歳を取る」ってことなのかも知れないけどね。なので、今の選手が生でしゃべってるところなんて試合終了後のヒーローインタビュー(ヒロイン)くらいなんだけど、そこだけだと読み取れないことも多々あるんだなあと思った。

特に思ったのが野村祐輔の去年からの変わりようで、ヒロインの様子だけ見てると、去年とあまり変わらず「よかったです」と「頑張ります」しか言わないし、性格もおとなしそうなので、黒田の代わりに投手陣のリーダーになれてるんかな?と疑問だった。ところが優勝特番の発言や中国新聞の手記(これもネットで転がってるのを読んだ)を読むと、今年は目に見える成績はイマイチだったけど、精神的に成長したんだなということがよく分かった。そんなこと考えて投げてたのか、ずいぶんしっかりした顔つきになったなと。もちろん野村祐輔だけじゃなく、丸なんかの発言は聞いてるとみんなをまとめていくような発言してるし、ああ、今年1年本当に選手は成長したんだな、強いチームってこういうことなんだなって思ったりする。

ま、だから「カープ球団いい球団!このチームのファンでよかった」とは特別に思わないけどね。だってわたしがカープファンになったのは単に偶然なんだから。

わたしがカープファンです、というと、特に東京の人に「カープみたいな選手を自前で育てるチームはすばらしいから好きになったんでしょ(それに引き換え選手を育てずに金で持ってくるあの球団は)」みたいなことをこれまで幾人かの人たちから言われたことがあるんだけど、わたしがカープファンになったのは、ただの親の影響で、12球団のうち、一番カープがすばらしいからファンになったわけじゃない。

言い替えると、親が讀賣ファンだったら、わたしは同じように親の影響で讀賣ファンになったと思う。そこはわたしは選んではないのだ。たまたま好きにならされた(?)球団が、お金持ってなくて選手を一から育てざるを得ない球団だっただけなのだ。なので「カープっていい球団だよね(そこを評価してファンになったんでしょ)」みたいに言われても「すいません、カープファンになったのはただの親からの刷り込みです」としか言いようがない。

そりゃ、ファンになったのは偶然といいながら、生え抜きの選手が活躍して強くなる様を見るのは楽しい。選手が切磋琢磨して、去年まで打てなかった打者が打てるようになったり、ストライクが入らなかったピッチャーが今年はきちっと抑えられたりする「成長」が見えるのは嬉しい。しかし、お金が無くてせっかく成長した選手を引き留められず、主力の選手がFAで出ていく悲しさ。カープファンはそういう悲しさもこれまで何回か味わっている。なので、今、若手が活躍しててもいずれ来るFAがとても怖い。そういう意味ではFAでどころか、シーズン中でも選手を放出してしまう日ハムのファンなんて、カープファン以上にかわいそうだなあと思う。だけど一度好きになってしまった球団は、もうなんか、変えられないんだよね。

つらくても、悲しくても、勝てなくて腹が立っても「カープは応援するもの」。ひな鳥が最初に見たものを親だと思い込むように、わたしも同じようにカープしか応援できない。

ただ、カープの場合は新しい球場ができて観客も増えて、グッズの売り上げも莫大で、球団自体もお金持ちになっているという。あの、'90年代の「清貧球団」と言われた時代のように、主力選手がどんどんカープ球団からFAしていなくなるようなことがもう起こらないといいなあと思っている。

で、マエケンはいつか黒田のようにカープに帰って来てくれるんかねえ?「カープで優勝したい」言うて。
18:37 | 社会人野球・カープのこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
09-29 Fri , 2017
カープ二軍、優勝おめでとう!
今季、カープ二軍が優勝を争ってるとは直前まで知らなかった。

二軍の試合自体、対ソフトバンクか対阪神(たまに?)のときじゃないと映像が見れないし、普段はほとんど二軍の成績は気にしてないから。まぁそれでも次々と二軍から活きのいい若手が上がってくるので、二軍のコーチ陣はいい指導をしてるんだな、くらいの感覚ではあった。特に今までと違うのは投手がよくなって戻ってくることが多い。打者の育て方には定評があるカープなので、そんなに驚くことはないんだけど、投手、それも高卒投手を育てるのが下手なのと、大学、社会人出の投手をルーキーイヤーに使い倒して新人王は取れるけど、その後はケガして復活できず、、というピッチャーを何人も見てきてるので、今年の大瀬良などを見ると「今までのカープとはちょっと違うのかな?」とは思ってたが。

まさか二軍でも優勝を争ってるとは思いもしなかった(二度目)。

というわけで、

カープ二軍、リーグ優勝おめでとうございます!


20170929 104714


そんでもって、この人ですよ。現カープ二軍監督、水本さん。の約20年前の姿。てか、いつ知ったか覚えてないけど(多分、去年くらいか)、まさか水本さんが二軍監督やってるとは思いもしなかった。わたしの水本さんのイメージは、上のようにブルペンキャッチャーだったので(上の写真は'98年の日南キャンプ)、知ったときは本当に驚いた。が、もともとカープは現役時代何の実績もない上田利治を3年の現役生活後すぐにコーチにしたりするチームなので。多分、見る人が見てて、野球選手としての実績がなくても指導力があると見込まれた人がその地位に就けるような雰囲気があるとは思うのよね。だから驚いたは驚いたけど、そこまで「へええ!?」という感じではなく。ちなみにこの写真に付けてた一言コメントには「この一週間(※日南キャンプにわたしがいた期間)で水本さんにほれた」と書いてあるのだが、どこにほれたのか、20年後のわたしはまったく覚えていないorz

ところで、水本さんってわたしと同い年なんだよね。同い年といえば、現一軍監督の緒方もわたしと同い年。ってことは、緒方と水本さんは同い年なのよね。カープの選手だった人で、わたしと同い年の人は実は少なくてね。思い浮かぶのは、金本、緒方、望月秀通、くらいしかいなく、あとはわたしの全く記憶にない大卒の人が一人、そして水本さんはテスト入団。多分、このくらい。そのうち金本も緒方も水本さんも監督やってんだから、すごい。

で、二軍の方は一足早く10月7日にイースタンリーグ覇者の讀賣と日本選手権があるらしい。

絶対勝ってね!
18:45 | 社会人野球・カープのこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
09-30 Sat , 2017
第1学期の成績表が来た
201701000 164329


先日、第1学期に提出したレポートの成績結果のお知らせが家に届いた。第1学期の締め切り日が7月31日だったので、ほぼ2ヶ月後に成績って分かるのね。いつ結果が出るのかちっとも知らなかったので、一体いつなんだろうと思ってたけど。

このお知らせ、自分のレポートの点数だけじゃなく、ご丁寧に各科目のレポートの平均点が出てるのだが、1つの科目に付き2つ課題があってどちらかを選択する科目(こういうのがほとんどだったが)は、2つの課題を一緒くたにした平均点なので、正直、この数字と比較して何か分かることがあるんだろうか、と思ったり。

で、第1学期のレポート全体(要するに提出した全員)の平均点は80点だった。なので割と点数は甘めなのかなという感じ。ちなみに60点以下だと不合格で、レポート再提出になる。ただしこれは何らかのレポートが提出されたときの場合で、最初から提出してなかったら再提出はできず、来年またお金払ってレポートを提出しなければならない。わたしは一応全科目60点以上だったので、レポートの再提出はなかった。

いよいよ来月半ばから実習が始まる。その前になるべく第2学期のレポートは提出しておきたいと思っているが、今、5つ目のレポートに取りかかったばかりで、あと半月の間に残りの3つを提出する自信はない。まだ教科書読んでない科目もあるし。でも少なくとも2つくらいは出しておきたいよなあ。。がんばろ。
20:05 | 通信教育課程の大学生活 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム |
AX