01-24 Tue , 2017
九九が言えなくなっている
つい最近と言えるような最近ではないけど、多分、今年に入ってからのことだったような気がする。

新聞読んでたら「1から120まで順番に数える時間が30秒以内なら脳年齢が20代、35秒以内だったら30代、40秒以内だったら40代、45秒以内だったら50代」みたいなことが書かれてた。うーん、あんまりはっきり覚えてないので「以内」だったか「前後」だったか「台」だったかは忘れた。とにかく数字を数えるだけで脳年齢が分かると言うことだった。まぁその脳年齢とは何かってのはよく分からなかったけど。一種の老化現象のことなんだろうか?

やってみた。

でも、実際数えてみて、わたしは普通物を高速で数えるときは「十」を言ってないことに気が付いた。例えば31、32、33ならば「さんいち、さんに、さんさん」みたいに、いちいち「さんじゅういち、さんじゅうに、さんじゅうさん」って言ってないのね。数えてみながら「これって『じゅう』という言葉は抜かしていいのかな?もしかしてダメなのかな?」って言いながら考えてたら気が散って、120まで数え終わったときは40秒過ぎてしまってた。しかしそのほとんどを「十」飛ばしで言ったので、もしすべて「十」込みで言ったとしたら、軽く1分は超えてしまうような気がする。

しかし、いくら若くても「十」を入れて言ったとしたら、1から120まで30秒以内で言えなくない??脳年齢というのが何を指しているのか分からないけど、十を入れて言うとしたら、頭の回転と言うよりは早口言葉ができるかできないか、になってしまわないか?もちろん、舌を動かしているのも脳の一部なので、舌がうまく動かせることが頭の回転のよさに繋がり、それがすなわち脳年齢なのですと言われると、そうなのかなあという感じもしないが。

ちなみに2回目は十を飛ばして言おうと思って、いつもわたしが数字を高速で数えるように言ったら、30秒だった。どっちなんだろう?

そう考えているうちに「そういえばわたしは九九をどのくらいの速さで言えるんだろう?」とふと思った。九九は小学2年生で習った覚えがあるので、今から40年以上前?習った時分は「ににんがし」から「くくはちじゅういち」まで一気に高速で言う練習をしたもんだ。

と思って言おうとしたら、、見事に言えなくなっている!!口が回らない!!というか、考えながら言ってる!!

なにしろ「かけられる数」のイメージがすんなりいかなくて、「ににんがし、にさんがろく、にしがはち、にごじゅう、に、、えーと、五だったから次は六?」とか考えてしまって、そうすると頭の中に「2×6=12」というのがビジュアル的に浮かび、そこから「えーと、にろくじゅうに、か」って逆算する感じになってしまう。口から出任せに言うと絶対に「にくさんじゅうろく」になってしまう。いやいや!それは「しくさんじゅうろく」だから!

正直なところ、1から120まで数える、ということよりも九九が言えなくなっていることの方がショックだった。

というわけで、最近は九九をぶつぶつ呟いてたりする(笑)

そしてやっぱり言い慣れると早く言えるような気がする。
19:06 | 自分のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
01-25 Wed , 2017
転院するかも
「3度目のうつの通院はこれで終了なるか」ってところだったんだけど、どうも最近寝つきが異様に悪くて、12月の終わり頃か1月の始め頃かはっきりしないんだけど、寝る前に薬のお世話になっている。薬と言っても睡眠剤ではなく向精神薬のアルプラゾラム0.4mgをさらに半分に割ったものだけど。本当はリーゼがよかったんだけど、手持ちのリーゼがもう9錠しかなく、次の通院までにそれじゃ足りなかったので、手持ちのアルプラゾラムにしてたんだけどね。

こないだの通院で「終わりにするか」って話しになるところだったんだけど、そういうわけなので薬を処方してもらった。リーゼ5mgを30日分。

いや、わたしもアルプラゾラム半錠でそれが「効いてる」かどうか、リーゼを飲んだら寝つきがよくなってるかどうかは分かんないの。だけど、睡眠って精神的なものとかなりくっついてて、例えば「寝る前に薬を飲む」という行為自体が精神的な安心に繋がって眠れると思い込む、という作用が結構あると思っている。それはもはや薬ではなく、小麦粉をカプセルに詰めたヤツを「これ、よく眠れる薬だから」といって渡されても同じだと思う。プラセボ効果ってやつだ。それが睡眠にとってはかなり大きいと思う。

まぁそういうこともあるので、取り敢えずは手持ちに何か薬を持っておけばちょっとは安心でしょうって感じのリーゼの処方。睡眠に自信が付けば、飲まなくてもいい。そんな処方。ただわたしとしては、あんまり寝つきに自信がないのでもうちょっと薬に頼りたいところ。これで別に依存にはならない。過去、このようにして何回も睡眠剤を飲んだり切ったりしてきたので大丈夫。眠りに自信が付くとは、薬飲んで寝たとしても「あ、効く前に自力で眠れてるな」って分かるの。そう感じ始めたら、少しずつ薬の量を減らしていく。1錠飲んでるところを半錠にしてみる、とかね。一気に1錠は減らせない。わたしの場合、大抵半錠までは効くけど、1/4錠になるともう薬効はなくただ「飲んでる行為」だけになる。これで眠れれば、薬は飲まなくても眠れる。そんなやり方でいつも睡眠剤を切ってきた。

前回の通院の中でわたしは「転院したい」と申し出た。今通ってるのは大学病院だが、大学病院って本当に小回りが効かないからすごく不便なのだ。主治医は週に1日しかいないし、予約外で行くと数時間待たされる。それから大学病院は主治医がコロコロ変わる。今の主治医は3人目。2011年1月から通ってて3人目だ。わたしの場合、訳あって最初から大学病院の精神科だったが、歯科への通院も終了した今は、ここの病院である必要性は実はあまりなかったりする。

それに、一旦治療を終了して、次にうつ病再発したときに新たに近くの病院に行くとしたら、3回目で経験してきたうつ病の記録は伝わらないことになる。わたしの場合、通常の人より薬がよく効くのでそこのところは注意して処方してもらわないといけないのだが、具合悪いときに患者のわたしが医者に向かってそんなこと言ったとしても多分通用しないだろう。ってわけで、今のうちに紹介状書いてもらって近くの病院に転院したいと言った。それならある程度治療の経過も転院先の医師に伝わるわけだしね。

次の病院のときまでに紹介状を書いておくと今の主治医は言ったけど「わたしたまにやらかすことがあるので忘れるかも」と言われてしまった。まぁそうなったらそうなったで仕方がないけど。

ってわけで、次は今の病院最後になるかな~。うまくいけばいいけどね。

【現在の処方】 リーゼ5mg(寝る前)
18:06 | 3度目のうつのこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
01-26 Thu , 2017
あと5日
2016年度行政書士試験の合否発表日まであと5日。

なんか2週間前くらいから急にドキドキし始めててやな気分。

マークミスさえしてなければ合格確実ってのは分かってて、それは例えば「記述式○○点以上じゃないと合格できない」っていう人に比べたら、格段に安心できる状況なんだってことはもちろんよく分かってるし、今のわたしの状況でドキドキするって言ったら「とても贅沢な悩みだ」と言われるかも知れないのもよく分かってる。

でも、「もし一つずつずらしてマークしてたら」と思うと本当に死にそうな気分になる。

わたし自身の悩みって、人から理解されにくい悩みが多い。「それでもわたしが悩んでる今の気持ちは確実にあるんだけどなあ」っていつも思う。ギリギリのところまで頑張ってるのも事実だし、頑張りすぎて身体を壊したこともあるのも事実なのに、いつも軽く飛び越えているように思われてて困惑する。

少し前になるにわって団体がやってる「生きづらさからの当事者研究会(通称づら研)」が出してる冊子を読んだ。そこに「名前のない生きづらさ」について誰かが書いてた。その人も「こんなつまらないことで悩んでるなんて人には理解されないだろうから言いにくい」って書いてた。わたしは「わたしと同じことを感じてる人がいる」って思った。

別にわたしは誰かから自分の悩みについて「それはつらかったね」とか「分かるよ」って言ってもらいたいわけじゃない。ただ「あ、そういう悩みもあるんだね」くらいに受け止めて欲しいとは思う。
16:36 | 自分の将来について | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
01-27 Fri , 2017
簿記の試験を目指す
行政書士試験が終わったあと、試験発表までどうやって過ごそうかなと考えていたところ、わたしは今のところ特に司法書士を目指すわけじゃなく(行政書士受かったら司法書士受けるって人結構いるみたい)、できればこの資格でなんとかやっていきたいと思ってるので、そうなったらお金の管理をするために簿記でも分かるようになっておいた方がいいかな~と思い、簿記の試験を受けることにした。

「どうせなら一気に簿記2級を目指しちゃえ!」と思って、それ用の講座を取ったのだが、教材が届いて「さてやるか」ってやり始めたところで大風邪引いてしまい、そもそもぎっちりなスケジュールのはずだったのに1ヶ月、まるまま勉強できなくなってしまったので、仕方がなく3級を目指している。あ、試験日は2月26日。

簿記の資格を取ろうとしたことが、行政書士試験を目指すずっと前に2度ほどあったが、すべて失敗している。どちらも独学で取ろうと思って勉強したりしたんだけど、簡単なんだかよく分からないんだかがよく分からず、結局途中で挫折してしまった。わたしはどうも独学は向いてないようだ。なので今回も予備校の通信講座を取っている。

1月も中旬くらいからやり始めたんだけど、イマイチ乗り切れなくてゴニョゴニョしてたらあっという間にあと1ヶ月後に試験が迫ってきた。というわけで、つい数日前から本気で勉強している。でもまだ半分くらいしか講座は聴けてないんだけど。できれば2級の分もできるだけやっておいて、次の試験(6月)には2級を受けたいなあと思ってるけど、それはやってみないとよく分からない。4月から他の勉強もしなくてはいけないし(これはあくまでも予定)、それ以外のこともやらなければならないので、簿記の勉強の時間が取れるかどうかよく分からないので。

3級の勉強も半分くらい進んできたんだけど、簿記って全然手応えがないのね。法律と違って面白いとかそういうのも全然なく。わたしは多分、こういう分野は向いてない。

ただ1年間、試験勉強を続けていたら、結構「勉強グセ」が付いているなあと感じる。1ヶ月丸まま休んでても特に勉強を始めるに当たって抵抗感はなかったし、勉強のリズムをつかめばそれこそ1日中だって勉強できるようだ。今は午前中に講義を聞いて、午後から復習をやる感じ。それで1日1つずつ講座を進めている。

うつになると、やる気が出ないのが当たり前になって、「やる気ってどうやったら出るんだろう?」ってずっとずっと考えてたけど、今は「やる気って別に出すものでもないんだなあ」って思う。何か行動を起こすまでに決断力も要しないし、どっかから飛び降りるような気持ちで行動するようなこともない。結局そんなことを思っているうちはまだ病気が治ってないので無理するなってことじゃないだろうか。

ただ「何もしていない自分は怠けている」と思ってしまうクセはまだ抜け切れていなくて、12月丸まま1ヶ月なにもできなかったことに対して「本当になにもできなくてよかったのか」と思い始めている自分がいる。風邪のつらさとか、頭が痛かったのでずっと眠りこけてたとか、吐いて吐いて苦しかったことが自分の中からすべて忘れ去られているらしい。なのでしょっちゅう彼女に「わたしは本当に12月は何も勉強できなかった状態だったよね?」と聞いて確認を取っている。まだまだ「何かできる状態だったのに何もしなかったのではないか」と自分を責める病気のクセは抜けきっていないようだ。
18:21 | 自分の将来について | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
AX