----- -- , --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑
06-04 Sat , 2016
6月4日
6月4日は虫歯の日、でもあるらしいが、天安門事件の日、である方が重要だと思っている。

この日は今から7,8年前から意識するようになった。が、この日にその関係の日記を今まで書いたことがないのは、だからといって何を書いていいのかすら分からなかったからだ。今も正直なところ、よく分かってない。大雑把に「中国の民主化運動」ってことくらいは知っている。この事件が起きたのは1989年で、わたしは当時大学2年生だったから、リアルタイムで覚えているのは確かなことだが、なんでそうなったのかはちっとも分からない。なので6月4日が来るたびに「今日は天安門事件の日だ」とは思うけど、それ以上に語ることはない。

今も正直全く同じ状況なんだけど、実はこの間「太陽がほしい」というドキュメンタリー映画を観た。この映画は班さんという中国人が制作した中国人の元日本軍「慰安婦」の人たちのことを取り上げた映画だ。中国人の元日本軍「慰安婦」の人たちは朝鮮人元日本軍「慰安婦」の人たちとは状況がちょっと違う。それは朝鮮が日本の植民地だったのに対して、中国は「敵国」だったので、捉えて監禁、その間に元日本軍兵士に強姦された人も多くいる。それ以外に朝鮮人元日本軍「慰安婦」のように慰安所を作られて、その中に入れられた人ももちろんいた。こういった人たちがどのように暮らしているかを丹念に追った映画だった。

中国人元日本軍「慰安婦」のことを取り上げた映画だと言うと、ある一定の人たちはすぐに「反日映画」とレッテルを貼るだろう。しかし、この映画は中国では上映できないそうだ。ある一定の人たちが言うように(というか、最近では中国に対する好感度が地に落ちてしまった日本人からすると、そう思う人たちが圧倒的多数なのかも知れないが)中国が「反日国」であって、中国人元日本軍「慰安婦」の人たちが被害を日本に訴えている「反日」の人たち、であるならば、この映画は中国という国から賞賛されて中国で上映されまくってるはずではないか?しかし、現実にはそういうことにはなっておらず、日本では細々とではあるが上映はできるが、中国では上映できないという。それはなぜか。

それは、中国政府と日本政府の思惑によって、中国政府から元日本軍「慰安婦」当事者の思いが抑えつけられているからだ。

この映画の中に元日本軍「慰安婦」だった人が「自分はこういう目に遭った」と中国で記者会見をしているシーンがある。その場面で軍なのか警察なのかはよく分からなかったけど、とにかく「政府側」の人たちがいきなり部屋の中に入ってきて「何をしてるんだ」と記者会見を止めるシーンがある。

もう一つ。元日本軍「慰安婦」だった人がカメラの前で「被害を訴えることが反逆罪になっても構わない。もうこんなに歳を取ってしまって先は長くないのだから」のようなことを言うシーンがある。

中国は「反日」国家だとしか思ってない人たちには「中国で日本から受けた被害をおおっぴらに言えないなんて信じられない」と思うだろう。かといって、わたしがこういうことを書いているのは、中国の肩を持って「中国は『反日』ではない」と言いたいわけではない。「反日」とかそうじゃないとか、○か×のようなそんな単純なことが言いたいわけではない。そこには個人の被害の訴えとは違う、国の思惑、というのがあって、そういうのがあるから現実はとても複雑になっているのだと言うこと。元日本軍「慰安婦」の人たちは中国人民からも貶められていて、とても肩身の狭い思いをして生きてきたということ(その国の一般の人たちに貶められているのは中国だけじゃなく韓国でも同じ。そして日本ではそれがあるから怖くてほんのごく一部の人しか「自分は『慰安婦』だった」とは言えなかった)。そして、政府同士や人民が誰も彼女たちのことを考えていないのだったら、「これをなんとかしなきゃ」と思った日中の市民同士が連帯しなければならないということ。

映画の中で何人もの中国人元日本軍「慰安婦」の人たちが出てきたが、今は誰一人生きてはいない。中に一人、'90年代から被害を訴えている人がいて(といえども、その人は自分の「直接の被害」を訴えてはいない。もちろん、この人も元日本軍兵士から監禁されて強姦された当事者だ。しかし、その人はそのことを問題にしていたんじゃなくて、実は別の殺された子供に対して繰り返し繰り返し「かわいそうだったから謝れ」と言ってるんだよね。なぜこの人は自分のことは問題にしないのかというと、おそらくこれを認めると、このおばあさんは自分の人生やりきれなかったから、真正面から受け止めたら壊れてしまうからじゃないかとわたしには思えた。そこには複雑な人間の心理状態、というのが現れていると思った)、その人は最初、本当に「日本(日本人)」というものが許せない、というものすごい厳しい表情や口調だった。

しかし、約20年に及ぶ撮影で、この人は死ぬ間際のインタビューがあるんだけど、そのときに言うんだよね。「日本の友だちのためにまだまだ自分は負けていられない」って。亡くなる直前の映像で本当に弱った状態だったし、こんな状態で自分を作ってはいられないだろうと思うので、この発言はこの人の本音だったと思う。結局、日本で裁判を起こしても訴えは通らなかった。中国で被害を訴えようとしても上から抑えつけられる。中国人民からは差別される。この人は生前、何一つ報われなかった。だから、本当は「よかった」って思っちゃいけないんだと思う。けど、わたしは亡くなる間際の「日本の友だちのために」という言葉を聞いて、ちょっとだけ「よかった」って思ったんだよね。

まぁそんなわけで、現実って言うのは○か×か、という単純に二分割できるほど簡単なものではないのだ、ということがよく分かる映画だった。

で、なんで6月4日にこの映画の紹介をしたかというと、まぁもう分かると思うけど、この映画の中で「なぜ天安門事件が起こったか」ということも少し触れているからだ。そしてこの映画が中国では上映できない、ということを聞いて、まだまだ「天安門事件」は続いているのだ、ということが分かったからだ。

いい映画だったので、機会があったら観て欲しいと思う。
スポンサーサイト
23:44 | 被爆二世・戦争などのこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
06-21 Tue , 2016
あとは睡眠障害のみ
病院に行ったのはもうだいぶ前のことだけど。

とにかく前回から今回の間は、夜遅くまで勉強すると脳が興奮するのか寝つきが悪くなってしまって眠れない、というのが問題だった。しかも眠れない時用にアルプラゾラム0.4mgを頓服としてもらってた(というか、1月だったかに1ヶ月分28錠出されたときの余り)けど、残りの錠数が1週間当たり1錠ほどしかなく、寝つきが悪くてもおいそれと飲めない感じだったんだよね。なので、眠れない日が何日か続き「もう今日は眠らなきゃやってられない」ってときだけ飲むような感じだった。

その結果、寝不足で頭が痛くなりそうな日が多くて頭痛の予兆がするときと、普段通り1日~2日長引く頭痛の時もあったりで、前回から今回の間にロキソニンは20錠近く消費してしまっててもう手持ちがなくなってしまった。

なので今回の診察時には、まず「アルプラゾラムを週2錠のペースで出してくれ」ということと、「ロキソニンがすっかりなくなってしまったので、これも20錠ほど出してもらえないか」と主治医に頼んでみた。

アルプラゾラムの方は「いいですよ」ってことで、次の診察までの週×2錠、の錠数を出してくれた(確か20錠くらいだったような)。が、ロキソニンは10錠しか出せないそうだ。ロキソニンって風邪引いたときには1日3錠×一週間分、すぐ出してくれるけど、こういう場合は結構出せないようになってるもんなんだね。なので「まぁロキソニンはいいです。足らなくなったら薬局で売ってるのを買うし」と言ったら「いや~、それもあんまりよくないんですよね」って言われた。まぁそうよね。10錠しか出せないというのは、それだけ薬剤管理されていると言うことで、薬局でバンバン買って飲んじゃったら、それは薬剤管理がきちんとされないってことになるだろうから。

結局のところ「次の診察日までにロキソニンが足らなくなったら、その前に予約入れて受診してください」と言われた。まぁ、それが正しい方法よね。。めんどくさいけど。

てなわけで、今のところはうつ症状はまったくなく、でも息苦しくて背中が痛くてたまんない、おそらく自律神経失調症みたいなのはあり、そして睡眠障害。自律神経失調症の方はもう見放されたので(笑)、取り敢えず睡眠障害が改善されたらと。

しかし、その診察から今に至って、もう数週間経つけど、最近疲れてるんで夜の寝つきはよく、結局アルプラゾラムは3錠くらいしか飲んでないかなあ。そしてよく眠れるからか、頭痛はあれから予兆さえなく、1錠もロキソニンは飲んでないかも。ただ、次の診察までまだ1ヶ月以上あるんで、この先はどうなるか分からないけどね。

前回は「今後、どうするか(これからも病院通いするか、それとも一旦止めるか)について次に話しましょう」とか言ってたけど、今回はやっぱり睡眠障害がまだ残ってるからと、そういう話は一切しなかった。うつ病の悪化は睡眠障害から始まることがあるので、やっぱりこれをきちんと治してから病院はサヨナラしたい。

【現在の処方】
なし(ただし、眠れないときに頓服として「アルプラゾラム」0.4mg×1)
18:49 | 3度目のうつのこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
06-22 Wed , 2016
半年ぶりの歯科(口腔異常感症)
昨日は精神科の話で今日は歯科の話。
まぁ行ったのは同一日です。どうせ同じ敷地内にある病院だし(笑)

歯科はおよそ半年ぶり。前回は去年の10月だったか11月だったか。

まーなんていえばいいのか、口の方は相変わらずです。相変わらずどころか悪化してるかも。もうどこがどう、ということは表現しづらいから書けないんだけど、今でも相当気になるし、正直なところ、寝るときは気になって気になって仕方がない。だからうつぶせでいつも寝てます。うつぶせになるとちょっと気になるのが薄くなるような気がするので眠れるような気がするんだよね。睡眠障害の主な原因はこれだとは思わないけど、少しはこれも原因になっているような気もしないでもない。口の中が気になって眠りづらい部分って確かにあるからです。

でも、これも薬が効くわけではなく、もう何年もただ主治医に経過を話すだけで処方も何もされず。一体、お金払う価値があるんだろうか?って感じ。だって、向こうにとってはわたしは研究材料なわけだからねえ、、(ここの科にかかるときに事前に研究に使ってくださいってサインしてます)

半年前に話したことなんてもうすっかり忘れちゃってるので、まぁ相変わらずですってことだけを報告。ねばねばしたものに味が付いてるからまずいとか言ったかも。あのときは酸っぱくてなんか粉っぽいと話したような記憶がある。あと以前は「あ、状態がちょっと楽になってる」ってときがほんの少しでもあったことがあったんだけど、それももう最近はまったくない。いつも悪いか、ときによってもっと悪い。

主治医からは最新の研究結果として、脳の部分の左右のこの部分(詳しい部分は分かんないけど)のバランスがどうもよくないみたいなのが原因なんじゃないかーとか言ってた。で、アメリカの方で電磁波だったか、なにか忘れたけど、それを使った治療法みたいなのがあるんだと。だけど、わたしの場合はもうそれ以上に脳に電流流したことがあるので(修正型電気けいれん療法)「それで効かなかったんだから、こっちの方はもっと弱いわけだしおそらく効かないでしょうね」とのこと。まぁ、もしかしたら加減によって効く効かないがあって、強い電流を流して効かなかったから微弱なものが効かないとは即結びつくこともないだろうよとは思ったけど、「はぁそうですか」って答えておいた。だいたい、わたしはもうこの病気は死ぬまでの一生もんだと思って諦めて過ごしてるからね。

「いやいや、何かの拍子に治るかも知れない」と主治医は言うけど、まー、そうならない可能性が高いような気がする。てか、そんな漠然としたものに期待しても期待するだけ無駄だというか。今まで悪くなりはすれ、よくなったことがないのですっかり諦めている。そりゃ、気分悪いけどね。絶えず口の中が気持ち悪いんだから。これがなかったらもっと集中できるのになあとかいつも思うよ。けど、そうなっちゃったんだから仕方がない。いくら嘆いても泣きわめいても、状況は一切変わらないんだから。だったら我慢して普通なフリをして暮らしていくしかない。

てなわけで、次回診察はまた半年後になったけど、こちらの方もほとほと通うのに疲れてきた。まぁそうはいっても精神科の方にはまだ通ってるので、それが続く限りは「止めます」とは言いづらいのだが、だけど精神科の診察が終了になったらこちらの方も終わりにするつもり。まぁ主治医には、研究材料が1人消えちゃってその後の追跡調査が終了ってことになっちゃうから悪いなとは思うけど。でも、なんで話するだけでなんの処置もしてくれないのにわたしが金払わんといかんねん、って気持ちだからさ。

半年後、もう精神科終わってるといいなあ~。

あ、そういえば、昨日「前回の診察からまだ1回も頭が痛くなくてロキソニン飲んでない!」とか自慢げに書いたけど、昨日夜遅くまで勉強したら眠れなくなっちゃって、今日は頭が痛くてロキソニン2錠飲んじゃった。まずいまずい。
23:04 | 口腔異常感症のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
06-23 Thu , 2016
沖縄・慰霊の日
今日は沖縄・慰霊の日。
沖縄には縁もゆかりもないわたしにとっては、実はイマイチピンとは来ない日だ。
なので今日は全戦没者追悼式もすっかり忘れていて見なかった(去年は忘れず見た記憶があるが)。
8月6日の平和記念式典は毎年忘れずに起きて黙祷するのに。
8月6日は8月に入ると「あと○日」と無意識に考えてしまうのに。

でも縁もゆかりもないって多分、そんなもの。
広島、長崎に縁もゆかりもない大多数の人も8月6日と9日はそんなもんだろう。

うん。わたしは何が言いたいんだろうねー?
当事者の痛みは当事者じゃないと分からないと言いたいんだろうか。
でも、それだと「じゃあ問題は当事者だけで解決してください」になってしまう。
当事者は、痛みを抱えているから当事者なのに。
痛みを抱えながら、権力者と戦っていかなければならない。

だから、痛みを分かち合える第三者が応援しなくてはならない。
けど、第三者は当事者の本当の痛みはわからない。分からないから第三者なのだ。
だからこそ、当事者にはできない思い切ったこともできる。

が、それは果たして当事者を傷つけたりする行為ではないのか。
第三者はどう頑張っても当事者にはなれないし、だからこそ想像力が必要だ。
第三者は常に「自分の行動が当事者を傷つけていないか、当事者が本当に望んでいるのはどんなことか」を考えなければならない。
ときにはどうやっても当事者を傷つけてしまうようにしか感じられないこともあるだろう。
でも、だからといって第三者がそこから逃げると言うことは、当事者に「今の状態で我慢してね」と置き去りにすることなのだ。

これは沖縄だけの話ではない。
社会的弱者一般に当てはまる話だ。

その中で当事者でない自分はどうしたらいいのだろう。
絶対的な答えが見つかるはずはない。
いつもいつも迷いながら、でも強者に立ち向かうことだけは生きている限りやっていきたい。

なんか、あんまり慰霊の日とは関係なかったかな。
でも今日はそんな気持ち。
23:12 | 被爆二世・戦争などのこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
06-24 Fri , 2016
今年は受けられるかな
資格を取りたいと思って2013年と2015年に行政書士試験の勉強を始めたつもり、だったのだが、2013年はうつ病からの回復がまだまだで全然やる気が起きず、去年は始めて早々に息苦しくなったり背中が痛くなったりで、それを治してからと思ってたら、結局1年経ってもよくならなかったので、もうこれはこの中でやるしかない、と思った2016年。

2年も勉強できなかったので、今年は相変わらず身体の調子は絶不調なのにもかかわらず、やる気だけは持続している。

今の時点では、まぁ科目の一通りは勉強したという感じか。でも記憶にはまだまだ定着してないけどね。

勉強を始めて分かったのだが、勉強しすぎると疲れて眠れなくなる。頭を使いすぎて興奮しちゃうみたいで。なので、夜遅く勉強すればするほど夜の寝つきが悪くなり、そして頭が痛くなる。そこで勉強を止めて休めば、また自然に眠れるようになる。なので本来の健康な状態(っていつのことになるんだろう?もう記憶の彼方くらい前のことだ)とはまだ程遠い状態なんだけど、それはもう自分の特性だと思うことにして、夜遅くまで勉強しないように注意してる。

それでも、去年の12月から試験勉強を始めたのだが、それまでは月60時間がやっとだったのに、先月辺りから月70時間を超えて勉強できるようになり、今月はまだあと1週間くらいあるけどもう70時間を超えている。4月は週に20時間以上勉強すると、次の週は疲れて1週間、何もできなかったんだけど、今はコンスタントに月20時間くらいは勉強できるようになっている。以前は「1週間に1日は確実に休む日を作ろう」と思って予定を立ててたら、1日休むと次の日も次の日もやる気が出なくて結局ずるずると休み続けてしまう、ということが分かった。ので、今は1日当たりの勉強時間を減らしてでも毎日やるようにしている。そのように決めたら月に70時間超えて勉強できるようになった。とはいえ、休みなしで勉強しているわけではなく、やっぱり何かの拍子に休んじゃう日はあるんだけど。

なので、何事も慣れとやり方で、ちょっとずつやっていくしかないんだよな、ということを実感している。特に健康を害している人間にとってはいきなり踏ん張りが効かないので、徐々にペースを上げていくしかない。しかも、上限はおそらく健康な人よりは限られているだろう。なんせ、疲れが溜まると眠れなくなってしまうのだ。疲れを溜めずに勉強するためには、どこかでブレーキをかけないといけない。そうすると1日当たりの勉強時間がどうしても限られてくる。なので、わたしが勉強できる時間はおそらく月80時間が上限に近いだろう。ということは、この限られた時間内にどうやって集中してやるか、なんだよね、これからの問題は。

行政書士試験の勉強は面白いかと言われると、まぁまぁかな。意外だったのは、民法が「面白い」と感じること。民法を勉強してると「なるほど、世の中はこういう仕組みになってたのか」って思う。要件、効果を覚えるのが結構楽しい。そして行政法はなんだかつまらなくて眠いということ。うーん、行政書士試験において、行政法がつまらないというのは結構まずいと思うんだけども(択一式の配点が行政法は一番高いので)。今後の勉強で行政法はまぁ楽しいと思わなくても、得意だと思えるようになるか、だよね。

勉強は予定通り進んでいるかというと、あんまりそういうことはなく、どれもこれも中途半端で終わってしまってる。これを今後、どうやってやっていくかが一番の問題。

まぁでも、やる気だけは今後も失われるとは思えないので(それより無理しすぎて物理的に勉強するのが不可能になってしまうことの方が怖い)、行政書士試験まであと150日切ったのかな?確か、来月の半ばくらいにあと100日だったと思うので、調子を崩さないように今後も勉強していこうと思っている。
23:12 | 自分の将来について | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
06-26 Sun , 2016
鯉の季節を過ぎても
野球が好きなレズビアンってそんなに少ないわけではないと思うんだけど、今までわたしが知り合ったレズビアンの中では「野球が好き」な人は、野球をやるのが好きな人で、見るのが好きな人はほとんどいなかった。わたしの彼女はまぁその中では例外で、わたしと同じく野球を見るのが好きな人だったんだけども、、ただわたしほど根強い「○○ファン」ってわけではなかったみたいで、今は2人してカープ戦を見ている(その点でもわたしは運がよかった)。

今、カープの調子がめっちゃいい。カープは最近は箸にも棒にもかからない成績だったので、すっかり聞かなくなってしまった言葉だけど、以前はスタートダッシュだけは得意だった。が、G.W.過ぎると失速するので「カープの活躍は鯉の季節まで」と言われていた。

で、久々に今年は鯉の季節以前からちらほら首位に立つようになり、でも「ま、どーせ、鯉の季節までよね」と思っていた。が、それも打線の奮起がありクリアした。しかし、交流戦はカープにとっては「魔の交流戦」で、終わってみればズタボロな成績、という記憶しかなく(それでも2009年だったかには勝ち越しているそうだが、全く記憶にない)、今年も「ま、覚悟はしとこ」と思っていたのだが、まさかの勝ち越し、しかも交流戦成績セ・リーグトップの3位。他の5チームはよくてトントン、ほとんど負け越しの成績だったのかな?なので、その時点で2位との差が6ゲームくらいだったっけ?これには驚いた。

が、まだまだ油断してはならない。なんてったって、カープは11.5ゲーム差をひっくり返されたことがあるのだ。「メークミラクル」で有名になっちゃった年だけど、確かにあれは最終的に讀賣が優勝した。が、追い上げは中日もすごくて、で、最終的に中日と讀賣が争って讀賣が勝ったんだよね。なので、2位との間に6ゲーム間があいてても、わたしにとっては「まだまだ」なのよ。11.5ゲーム差でも逃げ切れなかったんだから、15ゲームくらいないと、いや、20ゲームくらいないと安心できない。今の時点では2位との間は8ゲームになってて、よそのファンからすると「すごい開いてる」って感じがしてるだろうが、わたしの頭にはどうしても「11.5」という数字が消えないので、まだまだなのよね。というか、前半戦のこの時点でまだまだ先のことなんて考えられない。

確か、山本浩二が監督やった一番最後の年は、9月に13連敗かなんかやったんだよね。あの年は早々に監督続行のニュースが流れて、その直後に13連敗して、結局山本浩二は監督を辞任した。あの記憶もわたしにはあって。というか、カープについては嫌な記憶しか残ってなく(笑)、なので優勝、という言葉を発することすら今はまだ「早い」という気持ちなのだ。てか、優勝できるとは思っとらんし!!今まで何十年もいやな予感しか当たったことがないので、いい方に考えることができなくなってるのだ(爆)

2年ほど前までは、カープが関東に来たときは年1回くらい、彼女と観戦に出かけていた。が、「カープ女子」という言葉が流行るようになり、去年新井も黒田もカープに帰って来てカープファンもどんどん増えてしまい、去年からは「どうせチケット取れないよね」ってことで、球場で観戦はしてない。まぁもともと、関東のカープファンは多かったんだけどね!わたしは'90年代ごろから関東の球場(神宮、浜スタ、東京ドーム)に行ってたけど、東京ドームでの外野の応援ではまず座れたことがないし、神宮でも浜スタでもスカスカって思ったことがない(ただし、2000年代は関東の球場でカープを応援したことはないので、その間のことはよく分からない)。なのでわたしはイメージ的には「関東のカープファンはにわかではなく根強い」というのがある。今年はチームの成績が良いし、やっぱり観に行けないんだろうなぁ。

わたしはカープ初優勝時からのカープファンなのだけど、実際のところ「野球を見るのが好き」になってからは実はカープは優勝したことがないんだよね。小さい頃はカープが強かった印象もあるのだが、あのときは野球が好き、というよりカープ勝てばなんでもいいと思ってたので。。(要するに試合を見なくて結果だけ見て一喜一憂してた程度)なので死ぬ前に1回くらいはカープ優勝したところを見てみたいなと思っている。

が、まだまだそれを言うのは早すぎるけどね!これから15連敗くらいするかも知れんしね(という超悲観的カープファン)。
15:55 | 社会人野球・カープのこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
AX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。