01-02 Fri , 2015
高尾にゃんがうちに来て4年
970.jpg


4年前の今日、1月2日は高尾にゃんがうちに来た日だ。うちって言っても一昨年引っ越したんで、今住んでる家じゃないけど。だから正確に言えば高尾にゃんと出会って4年ってこと。

高尾にゃんと出会った日のことは昨日のことのように覚えてるから「えー、あれからもう4年も経っちゃったの?」って感じだ。4年前の1月3日の日記を読んでもらえば分かると思うけど、高尾にゃんとはペットショップで出会った。なんか前々から猫を飼いたいって言ってて、それで急に思い立って年が明けてすぐの2日にペットショップに行ったんだよねえ。最初から「アメショを飼う」って決めてたから、ネットで検索して。当時住んでるところから電車で1時間くらい行ったところだったかなあ。

アメショは2匹いて、わたしはどっちがいいのか分からなかったんで、彼女に決めてもらったんだった。高尾にゃんにするって決めてからの手続きが長くてねえ。なんかもう家に帰り着いたのが20時頃で。本来なら猫トイレとか猫砂とか餌とかそういうもの一切も同時にそこで買ってくるものなんだろうが、わたしらの場合は電車での移動だったから、高尾にゃんの他、そういう重くてかさばるものを持って帰れなかったんだよね、物理的に。だからそういうのは家の近くのペットショップで買います、って言って、高尾にゃんだけを先におうちに連れて帰ってきたんだった。

で、帰ってきて速攻で高尾にゃんだけ家に置いて、ペットショップへ。ペットショップはもうほとんど閉まりかけてて、急いであれこれ買ったのを思い出す。

家に帰って早速ご飯を作って。なんか恐る恐る作ったよなあ、最初のご飯。確かミルクとふやかしたドライだったかなあ?高尾にゃんはそれを食べて、そして部屋の中をものすごく興奮して走りまわったんだ。あれは狭いケージの中から出られたって嬉しさだったのかなあ?って今も思う。そしてあまりにも興奮して走りまわりすぎて、食べたご飯を吐いちゃったんだよね(笑)あんなことは後にも先にもあれ1回しかなかったけど。

寝るときも大変でさ。わたしは高尾にゃんは段ボールの中で寝かせたかった。わたしはそれまで動物って金魚と鳥以外飼ったことがなくて、動物は動物の場所で寝るんだと思ってた。だけど高尾にゃんはどうやっても段ボールから出て来ちゃって。わたしらが寝てるベッドに来たがって来たがって。何回も段ボールに戻したんだけど出てくる。そしてまだまだ小さかった高尾にゃんはベッドの上に登ることすら難しかったのに、必死で爪を立てて登ってきて、わたしと彼女の枕元で寝たんだよね、結局。高尾にゃんは一体どういう気持ちで2人の枕元を寝る場所だって決めたんだろうね。きっと高尾にゃんは賢いから「ここが自分の家。この人たちがママ」って分かったんだろうなあ~。

飼い始めてからしばらくはわたしは全く慣れなくて。初日に付けた「高尾」って名前でどうしても呼べなくて、猫、猫って呼んでた。初めて「愛しい」って思えたのは、それからしばらくしてワクチンを打ちに行ったあとにぐったりと元気がなくなった姿を見てからだと思う。あのとき「ああ、守ってやらなきゃ」って思ったんだよね、自然に。それからはどんどん高尾にゃんにはまっていって。ここにも書いたけど、今では高尾にゃんとの出会いはどうしても偶然とは思えなくて、何か見えないものの力が働いてるんじゃないかとしか考えられなくて。それくらい、高尾にゃんはわたしにとっては特別な存在になっている。

ずっとずっと健康でいてねって思うけど、実は高尾にゃんはとても繊細な猫で、わたしが精神的に落ち込むと高尾にゃんもなぜか餌を吐いちゃったりするんだよね。わたしの調子が悪いと必ず心配そうな顔をしてわたしのそばにいる。いや、そういえばノロウイルスに罹患して吐きまくってたときはそばにこなかった。病院に行ってひとまず落ち着いたときに初めて高尾にゃんはそばに来た。なんかね、そういうのって単なる偶然とは思えないんだよね。きっと自分が力になれるときとそうじゃないときが高尾にゃんには分かってるんじゃないかと思う。

「いやいや、猫がそんなこと分かるはずがない」って思うかも知れないけど、でも、いろんな場面で「高尾にゃんはわたしのことを思ってくれている」ってことがすごく多いの。ばこからはそういうのは感じないんだけどね。。だから、高尾にゃんはわたしにとっては本当に特別な猫。

さてさてこのブログ。結構「猫 血尿」で検索されて引っかかることが多いんだけど、今の高尾にゃんは去年の10月の誕生日の時とちょっとお湯の量が違ってます。っていうのは、60cc、飲まなくなっちゃったんだよね。お湯が多いと「多くてこんなの食べられません」って顔してご飯食べるのを拒否するようになって。で、一時は30ccに減らしたのかな。それでようやくまた食べるようになった。けど、1回30cc、1日計60ccはちょっと少なすぎる。と思って、高尾にゃんには内緒でこそっと5ccずつ増やして、40ccずつにした。まぁ水を飲ませる目的は尿の中に結晶を作らせないためだから、pHを測ってそれなりに低かったら別に元の60ccに増やさなくてもいいだろうと思った。

で、しばらく40ccにしたところで尿のpHを測ったら、なんかすごく低くて6.0くらいだったかな。ちょっとね、これじゃ逆にシュウ酸カルシウムの結晶が出来るんじゃないかって心配するくらいの値だったんだけど。でもこれだとストルバイト結晶はできないpHなので、餌に混ぜるお湯の量は40ccにした。今のところ40ccだと拒否しないで食べてくれる。

朝:アーテミス(ドライ)10g、ジウィーピーク(ウエット)25g、お湯40cc
夜:アーテミス(ドライ)10g、ジウィーピーク(ウエット)25g、お湯40cc

体重は3.6kgで変わらずだけど、なんかちょっとあるとすぐに体重が減っちゃうので、おやつ(最近は猫用ジャーキーとか、ばこが昔まずくて食べなくなった療法食の残りとか(^^;)は少し多めにやってる。

そんなわけで、高尾にゃん、5年目もよろしくね。5年目だけじゃなくずっとずっとよろしくね。

【画像】昨日の高尾にゃん。鏡餅ならぬ猫鏡餅(笑)
22:25 | 二人と猫のこと | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
01-11 Sun , 2015
息苦しさを自分で治そうと思う~わけ分かんなくなってきた
あー、もう正月開けて10日以上過ぎたのね。

体調の方なんだけど、わけが分からなくなってきた。

まず、突然3日の夜から眠りにくくなった。それまで自分でもびっくりするほど寝つきがよかったのに、3日の夜は全く眠れなかった。でもその原因は全く分からず。眠れなくなるようなことも何も起こらなかったし、実際、頭の中であれこれ考えるものもなかった。けど、目が冴えて眠れなかった。

その日以来、ちょっと寝ることに対して臆病になってる。「もしかしたらまた眠れなくなるんじゃないか」って。あ、そうそう。3日の夜は風呂に浸からなかったんだった。でもそれが原因なんだろうか??思い当たることはそれくらいしかなかったので、翌日から出来る限り風呂に浸かるようにしてるが、前よりも寝つきは悪くなった(ただ、普通に戻ったとは言える)。

あと、再び手足にいっぱい汗をかくようになってしまった。とはいえこんな時期なので、汗をかくと余計に冷たくなる。寒いと思ってるのに汗かいて余計に手足が冷たくなるって一体どういうことよ?って思っている。

そして息苦しいのは、、相変わらず。ただ、前と違うのは勉強しているときに気が付くと苦しくなってないってことだ。意識せずに呼吸してるってことだ。この「意識せず」っていうこと、これがなかなかできなくなってたんだよね。いつもいつも息をして「あ、まだ息が吸えない」とか「あ、今は息が吸えてる」とか、そういうことをずっと思ってたの。でも普通は呼吸ってほとんど意識してないじゃない?それが息苦しくなってから意識するようになり、そして自分の意識から離れなくなってた。今は限られた時間の中でしか意識しないけど、この時間がもっと増えればいいのにって思っている。

それからなぜか異常な肩こり。肩の筋肉が痛くて痛くて。とはいうものの、実は去年はそれが肩だけではなく背中全体が痛くて、それがものすごく苦痛だったので、それに比べると今は肩だけなのでまだ楽といったら楽。なんだけど、朝のうちは調子がものすごく悪い。まるで油さしてない機械みたい。

それに加えて右腕が痛い。これは2007年、シドニーに語学留学したときに痛めたもので、それ以来、ずっと腕の痛みは続いている。まぁ2008年の年末年始、年明けてからしばらく感じてた「腕を切って欲しい」と思うほどの痛みではないけどね。寒くなると痛みが増して、暖かいときはほとんど違和感は感じないので、神経痛か筋肉痛だと思っているが、でもこの痛みはどう形容していいのかよく分からず。イメージとしては「腕の中に流れている血管の中にトゲトゲした物体が流れてて、それがわたしの腕を痛くしている」って感じなんだけど。。

まぁそんなこんななので、正直あんまり身体の調子はいいとは思えない。

一応、11月の終わり頃からやってるラジオ体操や30分走ることは続けている。特に30分間のスロージョギングは、最近スロージョギングとは言えないんじゃないかな?って感じになってきた。なんというか、、スロージョギングだと身体に負荷がかからないので、逆に物足りなくなってきたんだよね。。で、ちょっと息苦しくなるまで走って、息苦しくなったら少し速度を落として息を整えて、ってことをやってたら、逆にスロージョギングができなくなってしまった(笑)

当初、走る時間はきっちり30分って決めたので、15分行ったところで引き返して往復30分、にしてたんだけど、なんか同じところを行ったり来たりするのもつまらないなあ~って思って、そのうちロの字のルートにした。スロージョギングをしているときはそのルートを回るのに40分弱かかることもあった。けど、いつの間にかスピードがアップして今では早いときは25分になってる。今日も走ってきたけど、今日は28分だった。30分以上かかることがなくなってきた。

ということは、近々距離をもうちょっと伸ばして、いつも曲がるところよりもうちょっと先まで行ってから曲がるようにした方がいいのかな?って思っている。

走ることで、走ったあと身体の調子がよくなるかというと決してそんなことはないんだけど、少なくとも朝起きたときの「油がさしてない機械みたいで身体の関節がギシギシする」って状態からはよくなるんだよね。走り始めの時はギシギシしてるんだけど、すぐに身体が温まってスムーズになる。それがちょっと無理してでも天気がいいときは毎日走ってる理由かな。

身体の方は、何が原因なのかよく分からないし、どうも自分では対処のしようもないような気がしてきたので、近々病院に行くつもり。というか、実はもう予約は取ってあるんだけど(年明けすぐに電話した)、なかなか混んでるようで一番早いのは今月下旬だって言われてそうなっちゃった。まぁそこで原因が分かって対処ができればいいのだけど。。
13:22 | 3度目のうつのこと | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム |
AX