12-02 Sun , 2012
息子さん
今日の昼はフードコートでご飯食べてきたんだけどさぁ。今日は日曜日だったせいかフードコートは人でごった返してて、席も確保できなかったんでどうしようと立ち尽くしてたら、机2つ並べて4人席になってたところに1人だけでご飯を食べてたおばさんが「2人席にするから、ここで食べたらどうですか」って言ってくれて、机を離して2人席にしてわたしら席確保したのね。おばさんと並ぶ形でわたしが座り、彼女はおばさんの対角に位置するところに座った。

わたしが自分の食事を取りに行ってる間に彼女はおばさんと何やら話してて「あら、仲良しになったのかしら」って思ってたんだけど、わたしが食事を食べ始めたら、いきなり彼女に向かって「奥さん、息子さん?」って言われたんだよね!!

わたし、どこをどうやって訂正すればいいのかって一瞬の間だったけどすごく悩んでさあ。だって言われてることことごとく違うし。彼女の息子じゃないし。わたしは男じゃないし。年齢親子ほど違わないし。

彼女が「歳そんなに離れてないんですけどね」と言ったらおばさんは「奥さん若そうに見えるから息子さんも若いんでしょうね」みたいなことを言ったので(話が噛み合ってない?(笑))わたしが「何歳くらいに見えます?」ってちょっと意地悪な質問をしてみたら、おばさんはしばらく考えて「22、3歳かしら」って答えたので「いや、その倍は歳食ってますけど」って言ったら聞こえなかったのか、信じてもらえなかったみたい。おばさんが「うちには44の娘がいるんだけど」って言ったので「44ってわたしもですよ。昭和43年生まれですよね!」って言ったら「そうなの!」ってやっと信じてもらえた。娘さんと同い年でよかった(笑)

っていうか、22、3歳って答えたということは、本当はもう少し歳を取って25、6と思ってたのかも知れない。けど20代に見えるって、、わたし、そんなに貫禄ないように見えるのかしら。ちなみにわたしは年相応に見られたいので若く見られたからと言って全然嬉しくなかったです。むしろショックの方が大きかった。

「いやー、ピアスなんかしてらっしゃるから若く見えるのよ」って全部ピアスのせいにされた。ピアスが若者の象徴とは思えないのだが(笑)あとおばさんに見える側の右耳しかピアスしてないんですけど!おばさんがわたしの左側に座ってたらもっと年齢の印象が変わったのか??でも彼女のことはずっと「奥さん」って呼んでたから、わたしはやっぱり彼女の息子さんなのかしらと思ったり、でもここで「わたしは女です!」っていうと彼女との関係はどうなるのか、やはりわたしを子どもとしか思えなくて、その分彼女の年齢が上がってしまうのかとかいろいろ考えたりして、すごく居心地が悪かった。おばさんもそれ以上のことは何も聞かなくて話が途切れてしまった。

まーこんなのは普段は何気ない会話、おばさんは単なる世間話をしたかったのかも知れない。しかしそういう場においてさえ本当のことを言えない(全く知らない人にカミングアウトはしないです)のって、一体どういうことなんだろうってつい思っちゃうんだよね。そして居心地悪く感じながらももしわたしが本当に彼女の息子だったら、そのおばさんは続けてどういう会話をするつもりだったんだろうってずっとそのとき思ってた。
21:59 | 二人のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12-03 Mon , 2012
第二章突入
彼女が自分の兄弟のうちの1人にカミングアウトした。

彼女はこれまで親は高齢であるのでカミングアウトはしない、兄弟にはできる人はしたいけど、いろいろな事情がありどうかな、と言ってきた。が、結局のところカミングアウトした。これにはわたしがしつこく「カミングアウトしないの?」と言ってきたせいでもあるかも知れない。基本的に他人のカミングアウトには「口出ししない」がわたしの思うところではあるので、彼女に対してもその意見を貫き通せばよかったのかも知れないし、自分の中では「(彼女のカミングアウトすることに対して)言ったけどそんなに強く言ってないもんね」という言い訳もある。けれど全くの他人であれば別に自分への影響が及ぶわけはないので「まぁしたかったらすれば。したくなかったらする必要ないんじゃない?」と言える。しかし彼女の親族へのカミングアウトは自分にもモロ影響を及ぼす。そこのところが基本、隠すのはあまり好きじゃないわたしにとっては我慢できなかったのかも知れない。

彼女がカミングアウトしたおかげでわたしは少し楽になった。彼女に何かあったら「この人たちに相談すればいい」という拠り所ができたという意味で。

しかしその他の問題はどうなんだろう。同性愛者が親族にカミングアウトした場合、結婚した男女に比べてどのような行動を取ればいいのだろうか。もちろん、彼女との本当の関係を知るのは親族のごく一部で、男女のように「結婚しました」「相手の父母は自分の父母になる」という「押しつけ」(っていうか籍に入るとそういう関係にならざるを得ない)は一切ない。なので、今までの関係(ほとんど相手の親族に対しては関知せず)を続けていこうと思えば続けていける。それに対しての非難もほとんど起こらないだろう。

同性愛者にはそのような「自由度」がある。だからこそ「相手の親族とどこまで関わっていくか」を自分で(もちろん彼女とも相談の上だが)考えて行かねばならない。そこには「ロールモデル」というものはないのだ。しかしロールモデルがないからといって、不安なわけでは全くない。取り敢えず自分の好きにできるのだから自分の好きにするまでだ。

ただ、ここで一つ参考にしたいのは、事実婚の男女カップルの相手の親族への対応の仕方なんだよなー。彼らも「入籍」ということをやっていないので、ある意味同性愛者と同じわけなんだけど、ただ相手の親族への影響度は違うはず。彼らは特にカミングアウトする必要性はないわけだしね。その関係はより「結婚した夫婦」の関係に近いのだろうか。

具体的にどういうことを指しているかというと、盆や正月、相手を伴って実家に行くのか、とか、実家ではやはり女の人はその家の「お嫁さん」として家事などをさせられるのかとか、老後の親の世話は女の人がするのかとか、相手の兄弟配偶者との付き合い方とか、親族のお葬式があった場合は「○○家の一員」として振る舞わなければならないのかとか。

まぁ事実婚の男女カップルはその気になれば結婚した男女カップルと同じような役割ができるし、またそれを求められる圧力が強いかも知れない(これは全くの想像だが)。しかし同性愛者の場合、既存の男女のルールにはどうしても当てはまらないものがある。両方男だったら(ゲイカップルだったら)、相手の実家に行った片方も家事をしなくていいのか、両方女だったら(レズビアンカップルだったら)、相手の実家に行った片方は家事をしなくちゃならないのか。

それを考えるとおそらく「同性婚」が日本で話題になったとしたら(まだまだ世間では話題になってないけれども)保守派からは「既存の家族関係を壊すもの」と言われるんだろうなーという気がする。もちろん保守派の言う既存の家族関係とは男女カップルに子どもがいる、というものだから、そこから外れる同性愛者は形だけでも「壊すもの」の中に入るのだろうが(とはいえ、同性愛者に子供が持てない、というのは誤りである。今現在でも子供を持っている同性カップルはたくさんいる)、男女カップルが「男ジェンダー」と「女ジェンダー」の組み合わせである、という考え方からしても、同性カップルはそれには当てはまらないわけで。「この世には男と女の組み合わせしかない」と考えている異性愛原理主義の人は男男カップルも女女カップルも「きっとどちらかが男役でどちらかが女役に違いない」と思ってるんだろうが、現実はそうじゃないわけで。うちなんか、家事は自分でできる方をやっているし(とはいえ、わたしは今病気でできないことが多いのでほとんど彼女にやってもらっているが)そういう意味では「男役」とか「女役」って思ったこともないし、そんなの全く関係ないのだ。要するに保守派がなぜか異常に嫌っている「ジェンダーフリー」なわけで。なので同性婚は保守派が嫌うだろうな~。だから性的マイノリティが社会的に差別されてたり排除されてた方が保守派にとっては都合がいいんだろうな~と思ったり(爆)←これは皮肉です(今度の衆院選に向けてWAN(=Women's Action Network)が各政党に「私たちはジェンダー平等政策を求めます」というアンケートを行なったのだが、その中の「性的マイノリティ(LGBT)に対する差別や社会的排除をなくす」という質問に対して、自民党は「どちらかといえば反対」と回答した)

まーわたしが何が言いたいかというと、家制度が男女を縛り付けていても、同性愛者はそれには縛られないだろうなって思ってるってこと。逆に同性婚が導入されれば家制度に縛り付けられていて苦しい思いをしている男女が「そうではない生き方」を模索し始めるきっかけになるんじゃないだろうかってこと。「同性婚が導入されることによって同性愛者の方が男女の枠組みの中に吸収されるんじゃないか」という考え方もあるけれど、わたしはそう思ってないということ。

彼女がカミングアウトして、わたしはその兄弟とその配偶者の人とtwitterで繋がった。これが結婚した男女であったら、相手の兄弟と配偶者と繋がるなんて「いつも監視されているようで嫌!本音も書けやしない」となるかも知れない。けど、わたしにとってはそれは非常に新鮮なことで、むしろすごく嬉しかった。

というわけで、わたしと彼女だけの関係から、今後は親族を含めた関係へ、第二章突入ということになる。尤もわたしの方は親にカミングアウトしてるからとっくの昔に彼女の方は第二章へ突入しているわけなのだが。
21:56 | 二人のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12-04 Tue , 2012
それじゃダメだね
今は都知事選と衆院選の選挙活動期間の真っ最中。

先日ちょっと某知事候補がうちの近くに来るって言うので話を聞いてきた。

集まった人数はわたしが思った以上に多かった。ただ男女とも年寄りが非常に多くてね。「ああ、この候補者はこういう人が支持層なんだな」って思った。

本人の演説とそれを支持する人数人の演説を聞いてきたんだが。。あれじゃダメだと思ったね。

2007年、都知事選で敗れた浅野史郎の奥さんが選挙後に「あなたは結局マイノリティの人たちしか目に入らなかったのよ」みたいなことを言われた、というのをどこかで読んだ気がするが、まさに今の候補もそんな感じなのだ。

石原都政を批判するのは構わないと思うが、その石原氏を13年以上も支持してきたのは紛れもなく東京都民だ(わたしは違うけどさ)。その人たちはきっと自動的に石原の後継者に票を入れると見るのが妥当な推理だろう。石原は最後まで人気があったんだからさ。

そうしたら、今の支持者だけでは勝てないはずだ。「今まで石原に票を入れていた人をどうやって取り込むか」が一番問題になると思う。石原支持層は多分原発推進者が多い。推進とまでは言わなくても「脱原発なんて非現実的なことを言っても仕方がない。現実を見るべきだ」と思ってる人は多いと思う。その考えを如何にしてくつがえすか。それが今のその候補者に課せられた課題だと思うのだ(もちろん、原発イシューだけのことではないけれどね)。「どのような形で原発から自然エネルギーの転換をしていくのか、そのやり方や試算」「それによって都民の生活にどのような影響が及ぶのか及ばないのか」等、論理的に話さないと、ただただ頭ごなしに「反原発」を唱えても人は納得しない。考えは変わらない。

言い方が悪いかも知れないが、演説をわざわざ聴きに来るような人は黙ってたってその人に票を入れる。問題は「関心のない道行く人」に対してどう語りかけるかだと思う。「なるほど、この人の話をちょっと聞いてみようか」って思えるような演説の仕方。それが一番重要なことだと思うのだけれど、残念ながら、そのようなことはちっとも考えてないようだった。

それどころか支持者の話は石原を非難中傷するようなことばかりで、確かに石原が勝手に辞めて知事選が早く行なわれることが嬉しかったんだと思うが、あれでは「身内向けの話」であって、ああいう場所で話すべき話ではない。

うーん、これじゃ難しいな。

本当はわたし、この候補者に当選して欲しいんだよ。けどね、あのままでは投票締め切り後5分で後継者に当確がともりそうで。。あー、やだなー。
21:48 | その他 | トラックバック(0) | page top↑
12-11 Tue , 2012
相変わらず
調子悪いっす。

2週間前に抗うつ剤をアモキサンからテシプールっていうのに変えたんだけど、気分的にはほとんど変わらず。ただ気分的には変わらないのになぜか行動は活発になって4日連続出歩いてたらその後撃沈。

昨日は病院の日でそのことを話したら行動が活発になったことを重要視され「双極性障害の可能性がある」と言われた。双極性障害っていわゆる「躁うつ病」のこと。でもわたしは躁状態で何かしでかすということがないので、もし双極性障害でも「II型」になると思う。てか、わたしもこんなに調子が悪い波が何度も来るのは、もしかするとうつ病じゃなく双極性障害かなと思ってたので、主治医から言われてもそんなにショックと言うことはなく。まぁでもうつ病は治る可能性あるけど(というか、わたし自身今まで何度も治してきた経験がある)双極性障害は一生薬と付き合わなきゃいけないわけだから、その点はやっぱりちょっとショックがあると言えばショックかな。

まぁただ確定診断というわけじゃなく、今後もその可能性を踏まえてみていきましょうということなのだけどね。

今はずっと底に沈んでるような感じで、何をするにもやる気が起きないのと、日常些細なことがすぐ「嫌な気分」に変換されてしまって、それがきつい。些細なことって例えば道歩いてて信号が赤に変わるだけで嫌な気分になる、みたいな、本当になんで信号が赤になることと嫌な気分になるのかが全然結びつかなくて不思議なんだけど、まあそんな感じ。気分転換してもすぐにまた気分が沈む。しかも何もできないことに対して自分を責めてしまうものだから、つらいのにさらに追い打ちを掛けている。

なんか精神的にももう限界なのに無理矢理「生きろ」と言われて引きずり回されてる感じ。

彼女は「ゆっくり休んで」と言うのだが、休んでもその間はつらい思いしかしないわけで、休むことによってこのつらさが解消されるとは思えないし、生きてることすら拷問に近い。でも彼女にはこの気持ち、分かんないんだよね~。

こんな状態だから勉強どころじゃないし、本すら読めない。

もうこれからどうやって生きていけばいいのかよく分からない。

原因はある。けどその原因を取り除くためには一生懸命頑張らないといけない。しかし頑張ることは今の状態では到底無理。

一体どうすればいいのか。教えて欲しい。
22:55 | 3度目のうつのこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12-15 Sat , 2012
嬉しい
わたしは自分のブログではあんまり触れてないが、レインボー・アクションっていう団体に所属してて、その中の「カフェプロジェクト」ってののチーフをやっている(チーフって言ってもカフェプロジェクトはわたし1人チームなんだけどね(笑))。カフェプロジェクトは「性的少数者かも知れない」人が集まる「かもカフェ」、性的少数者がキーワードとなれば誰が参加しても構わない「ゆるカフェ」という2つの集まりで、「かもカフェ」「ゆるカフェ」は隔月に1回開催、まぁそれぞれ集まった人同士で好きなことを話してもらおうというものなんだけど(詳細はこちらで)、今月の「かもカフェ」は今日やったのね。

毎回「かもカフェ」「ゆるカフェ」の告知をtwitterで気が向いたときにやってるんだけど、今日、かもカフェ終わって家に帰ってきたあとにtwitterの画面覗いたら、彼女の兄弟の配偶者さんから「かもカフェいいですね。近かったら行きたかったのに。今度この取り組みを自分のFacebookで紹介してもいいですか?」っていうリプライがあった。

わたしさぁ、それ読んですっごく嬉しくてさぁ。なんかものすごーく「受け入れられた感」があるというか、なんかもう言葉にならないほど嬉しくてさ。自分でもなんでこんなに嬉しいのかよく分からないんだけど嬉しいんだよね。

やっぱり同性愛者にとっては「相手の家族に受け入れてもらう」というのが特別嬉しく感じるのかなとか思ったり、そんなん感じるのはわたしだけかと思ったり。

異性愛者は相手の家族との付き合いは親子とか親戚付き合いになっちゃうから、どちらかというと「しんどいもの」なんだろうけど、同性愛者はまず「隠すこと」から始めている分、オープンにすると嬉しくなるのだろうか。まぁ距離的に離れているからと言うのもあるかも知れない。これで割と近所に暮らしてたらまた関係も変わってくるのかも知れない。そこら辺はよく分かんないんだけどね。

ただ、わたしは本当に嬉しかったんだよね。
22:39 | (性的少数者)自分のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12-25 Tue , 2012
クリスマス
P1020960.jpg   P1020963.jpg


今日はクリスマス恒例の晩餐会。彼女がローストチキンを焼いて、あとはチーズ、ワインなどを揃え、そして食後にクリスマスケーキを食べた。

最近のわたしは本当にちょっと変で、ローストチキンにするためにチキンを買ってきたときはこのために殺されたニワトリがかわいそうで、買ってきた夜にベッドの中で大泣きしたり、人のつらさを何倍にも増幅されて感じられたりして、ある意味ものすごく繊細になっている。

しかしこうやってご馳走を囲んで食べることに対しては、幸福感もなにも感じることはなく、ただ淡々と過ぎていってしまって、プラスの感情はどうやら全く感じなくなっている。達成感もそうだ。夏のスクーリングが終わっても、9月に短期スクーリングを受けても達成感を感じることはなかった。なぜなのかはよく分からない。

逆になればもっと楽なのになぁ。病気だからかなあ。でも薬飲んでも薬変えても全然変わらないどころかどんどん下に下がり続けているような気がするんだよね。体感的には「もうこれ以上落ちない」ところまで落ちてるような気がするんだけど、その中でもさらに落ち続けてるような気がするんだよね。

「助けて」って言っても誰が助けてくれるわけでもないし。絶望、なんてとっくの昔に通り越してるような気がするし。

まぁそんなこんなのクリスマス。
22:24 | 二人のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12-26 Wed , 2012
iPad買っちゃった
P1020965.jpg   P1020964.jpg

つい最近まであまり興味はなかったのだけれど、ふとしたことがきっかけでiPadが欲しくなり、臨時に収入もあったこともあって、今日、思い切って買ってきてしまった。

最初は新宿のヨドバシに行ったんだけど、iPadのコーナーにいる係員の人が1人しかいなかった挙げ句、その人は既にお客さんと話していて、何分待っても空きそうになかったこと、そのコーナーにあるiPadの説明を読んだら「ヨドバシで買ってもポイントは付かないこと」「ソフトバンクでやってるWi-Fiスポットが使えないこと」その他いろいろ書いてあって「なんでやねん?そんなんいややん」と思ったことで、これだったら渋谷のappleの店に直接行って買った方がもしかしたらいいのかな、と思い、結局ヨドバシでは何も買わずにそのまま渋谷に行って、appleの店に行ってきた。

「よく渋谷のappleがすぐにわかったな」と思われるかも知れないが、わたしはappleの店自体が東京では渋谷と銀座にあることは知っていたものの、詳しい場所が分からなかったので、持ってた携帯電話でぐぐって調べて、それですんなり行くことができたんだよね。まぁ便利な世の中になったものだ。

もう目当ての機種は決まってて触る必要もあんまりないと思ったので、そこら辺にいた店員さんに「これこれが欲しいんですけど」と言ってすぐに持って来てもらった。まぁわたしがiPad買いたかったのはいわゆる「自炊」(紙の本を電子書籍化すること)したかったためで、そのために必要な容量とか色が白と黒の2種類あるんだけどどっちがいいかなとか、ちょっと相談させてもらったけどね。今持ってるiPhoneは黒なので初めは黒がいいかなと思ったんだけど、ヨドバシで実物を見たときに白の方が印象がやわらかかったのでそっちの方がいいかなと。迷ったんだけどね。ちなみに一般的には白の方が人気色なんだそうだ。ヨドバシでも白い方は「予約受付中」になってたし。あ、appleでは白もすんなり手に入れられました。

で、ケースも一緒に買ったのだが「赤はapple storeでしか取り扱ってないんですよ」と言われ、まー赤は好きな色ではあるし、カープの赤でもあるし(関係ない)、特に他の色に惹かれたということもなかったんで赤に。でも帰ってからPCでapple store覗いてみたら赤の収益の一部はアフリカのHIV/AIDS対策に役立てられるんだってね。そういうことになってるとは全然思わなかった。でもそんな理念があったのなら、ますます赤にしてよかったと思ったな。けどよく考えてみれば、わたしのiPhoneのケースも赤なのでした。まぁ赤は赤でもiPhoneのは透明な赤なんだけどね。

そしてappleのお店で買うと、ソフトバンクのWi-Fiスポットもタダで2年間使えるらしく。まぁ基本的に外ではネット接続はしないつもりでWi-Fiモデルを買ったのだが、まぁ使えないより使える方がいいもんね。

というわけで、帰ったら早速家のWi-Fiと繋いで設定したりしている。ただ設定にはまだもう少し時間がかかりそう。できれば先になんかの電子書籍を購入してこれを使って読んでみたいと思ってるんだけど、わたしが興味ありそうな電子書籍があるかどうかが問題。。小説とかほとんど読まないからね。

まぁ今後iPhoneとの住み分けをどうするのかとかは使っていくうちに分かってくるだろう。iPhoneは最早わたしのメガネを掛けた目では読みづらくなっちゃって、メガネを外して見てるんだけど、そういうのがあるから、もしかすると家でもiPadだけになっちゃうかも知れないね。入力は圧倒的にiPadの方がやりやすいし。

まぁ投資した額はちゃんと取り戻すくらいに使いたいと思います。iPhoneはそれなりに使ってるけど、前買ったiPodは自分と合わずホント全く使わずにネットオークションに出してしまったので。。苦い思い出。
22:40 | 自分のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12-31 Mon , 2012
大晦日
P1020967.jpg


今年ももうあと数時間で終わり。
はやっ。
振り返ってみると、あんまり何もしてこなかったので自分が嫌になる。

今年は「新春のケーキ」を作ろうと思い、久々に作った。
「新春のケーキ」は、わたしが実家にいた頃によく作ったものだった。母親と妹はおせち料理を作り、わたしはこの「新春のケーキ」を作ってた。
ケーキ作りは今まで失敗したことなかったんだけど。

今回は見事に失敗した(T_T)
原因は火力強すぎ。

家にあるオーブンでこういう形のケーキを作るのは初めてだったんだけど、
普段電子レンジで使ってるときは火力が弱いなと思ってたのね。
だから、標準よりちょっと長く焼いたんだけど。
途中で確認するべきでしたね、、
できあがったときはすっかり表面が焼きこげてて「やっちゃったー」って感じ。

まぁだけど、そのまま捨ててしまうのはもったいないので、
ホイップした生クリームと苺でデコレーションしてみた。
切りやすさを考えて、上の苺はちょっとだけなんだけど、
中に苺がたっぷり入ってます。

果たしてどんな味なんだろうか。
それは明日のお楽しみ。

これから年越しそば食って、紅白見て、行く年来る年を見て、新年を迎えます。
18:34 | その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
AX