12-05 Sun , 2010
マジョリティーであること
なかなか自分の中ではまとまってはいないのだけれど、取り敢えず記録として残しておく。

わたしは今まで同性愛者である、ということで、マイノリティーとしての自分に向き合ってきた。同性愛者であると言うことはどういうことであるか、同性愛者として生きると言うことはどういうことであるか、性的少数者関係の本を読み、感じることをブログに書き連ねてきた。

ところがあるときから、わたしは自分のマジョリティー性について考えるようになった。マイノリティーだったときと同じようにマジョリティーとはどういうことであるかを考えようとしたが、雲を掴むような話でとっかかりもなにもなく、まずはどこから何を考えていいのかすらよく分からなかった。

マイノリティーであることは簡単だ。人と違う自分、について考えることはさして難しいことじゃない。人と同じ自分について考える方がずっと難しいのだ。それは人と同じ自分には、一見、なんの問題もないように思えるから。でも果たしてそのままでいいのだろうか、とずっと思っていた。

一方、マジョリティーである異性愛者に望む部分も確かにある。存在を否定しないだけの異性愛者でももちろんいいのだが、それ以上に性的少数者を理解してくれ、擁護してくれる異性愛者の存在は性的少数者にとっては心強い味方だ。しかし、性的少数者について深く考えている自分にとっては、生半可な理解をしている異性愛者はどうしても却って毒をまき散らしているようにしか思えなかった。

例えば「愛の形はいろいろあるから同性愛もあっていい」と言われると、むかつく。わたし自身は異性愛も同性愛も同じ次元のものだと思っている。愛の形が違う、というのは確かにあると思うが、それは例えば同居するとか別居するだとか、モノガミーの関係か、とかポリアモリーの関係かとか、結婚するだとか事実婚であるとか、そういうことなのだ。「愛の形にはいろいろある」と言われると「異性愛はデフォルトの愛で、同性愛は特別な愛の形」と言われているような気がして、気に入らない。

同性愛を「困難な道を敢えて選んでいる純粋な愛」と褒め称えられることや、「愛は性別を選ばない」と言われることにも違和感がある。わたしは別に困難な道が好きだから同性愛者なわけじゃないし、同性愛が純粋じゃないことだって異性愛と同じようにたくさんある。それに恋愛するときはわざわざ「同性」を選んでいるから同性愛者なのであって、好きになった人がたまたま同性なわけじゃない。

異性愛者に「みんなもっとカミングアウトすればいいのに」と言われると、これまた非常に気に入らない。一体、カミングアウトしにくくしている世界を作っているのは誰なのか、と思う。性的少数者にカミングアウトを強要するのなら、自分たちがカミングアウトしやすい世の中を作れよ、カミングアウト出来ないのは性的少数者のせいじゃなく、異性愛者のせいだろ、と言いたくなる。

このような、一見理解者のように見えても(って理解者なんだろうけれどさ)勉強不足で考え足らずな異性愛者の発言にとてもイライラさせられる自分がいるのだ。マジョリティーはマジョリティーと言うだけでマイノリティーに比べると多大な権力を持っている。多大な権力を感じさせる。だからこそ異性愛者の味方はとても心強く感じるわけだし、性的少数者について勉強した異性愛者がどんどん増えてくれたらいいなと思っている。

裏返しに自分がマジョリティーの方だったらと考えてみると、逆に迂闊なことは言えないな、と思うのだ。自分は味方しているつもりでも、相手を傷つけてしまう可能性がある。そこにマジョリティーであることの難しさ、みたいなのをわたしはずっと感じてきた。ただマジョリティーであることですらどこから考えていいのか分からないのに、それに輪を掛けて難しさを感じさせる。一体自分はどこから考えていいのか、途方に暮れた。途方に暮れて「これは多分考えても答えが出ないものなのだ」といつしか考えるようになっていた。

しかし昨日、マジョリティーである自分をガンガンに責められたとき、いや、それは本当は責められたわけじゃないと思う、けど、今までわたしはマジョリティーであるということに居心地の悪さを感じたことがなかったけれど、それが初めて「居心地の悪さ」を感じさせられたとき、何かが分かったような気がした。そう、マジョリティーであることを考えるのではなくって、マジョリティーとしてどんなことができるかを考えるべきだってね。

それが分かったとき、道が開けたような気がした。

自分がマイノリティーであると言うことは、実は自分の一部分にしか過ぎなくて、それよりマジョリティーである自分の方が大部分を占めている。シスジェンダーである自分、健常者である自分、日本に住んでいる日本人である自分、東京に住んでいる自分、、考えるとマジョリティーである自分の方がたくさんある。もしかしたら、マイノリティーである自分を考えるよりマジョリティーである自分を考える方が重要なのではないか?なんて思い始めた。

とはいえども、あらゆるマイノリティーについて、マジョリティーである自分が何か出来るかを考えることはまず不可能だ。それに申し訳ないけれど、どうしてもわたしには興味のない分野もある。もちろん、興味がないからといってわたしはそのマイノリティーの存在を否定するわけじゃない。最低限、そういう人たちが存在する、くらいは知っておきたいとは思う。

そんなわけで、わたしはわたしの「やろう」と思う部分でしかできないけれど、やりたい、と思う部分で自分がどんなことができるのかを今後は考えてみようと、ゆっくりでいいから勉強していきたい、と思ったのだ。
19:31 | 自分のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12-08 Wed , 2010
石原発言に抗議しよう
東京都石原知事の発言については、以下のとおり。

------------- ここから -------------
都青少年健全育成条例改正案:PTA団体など、都に成立求め要望書 /東京

◇反対派も会見

 都内のPTA団体などが3日、都青少年健全育成条例改正案の成立を求める要望書を都に提出した。石原慎太郎知事は「子供だけじゃなくて、テレビなんかにも同性愛者が平気で出るでしょ。日本は野放図になり過ぎている。使命感を持ってやります」と応じた。

 要望したのは、都小学校PTA協議会(都小P、加盟248校)▽都私立中学校高等学校父母の会中央連合会(同246校)など5団体。都小Pの新谷珠恵会長が「児童を性的対象にすることが野放し状態。子供を健やかに育てるため、社会の力を借りないと環境整備できない」と説明した。

 一方、学者や評論家らは改正案への反対を訴えて都庁で記者会見した。藤本由香里明治大准教授は「時代物やSF漫画のキャラクターにも現代日本の刑罰を適用するのか。現実とフィクションを区別しない危険な発想だ」と強調した。児童文学者の山中恒さんは「日本の官僚は拡大解釈にたけている」と危惧した。【真野森作】

毎日新聞 2010年12月4日 地方版
------------- ここまで -------------

この記事中の「テレビなんかにも同性愛者が平気で出るでしょ。日本は野放図になり過ぎている」という発言が「同性愛者差別ではないか」との意見があったが、それについて更に追い打ちを掛けるような記事が12月8日付け毎日新聞朝刊28面に載った。

------------- ここから -------------
石原都知事:同性愛者「やっぱり足りない感じ」

 東京都の石原慎太郎知事は7日、同性愛者について「どこかやっぱり足りない感じがする。遺伝とかのせいでしょう。マイノリティーで気の毒ですよ」と発言した。石原知事は3日にPTA団体から性的な漫画の規制強化を陳情された際、「テレビなんかでも同性愛者の連中が出てきて平気でやるでしょ。日本は野放図になり過ぎている」と述べており、その真意を確認する記者の質問に答えた。

 7日の石原知事は、過去に米・サンフランシスコを視察した際の記憶として、「ゲイのパレードを見ましたけど、見てて本当に気の毒だと思った。男のペア、女のペアあるけど、どこかやっぱり足りない感じがする」と話した。同性愛者のテレビ出演に関しては、「それをことさら売り物にし、ショーアップして、テレビのどうのこうのにするってのは、外国じゃ例がないね」と改めて言及した。【真野森作】

毎日新聞 2010年12月7日 23時08分(最終更新 12月7日 23時54分)
------------- ここまで -------------

なんということでしょう(爆)あきれてものが言えん。

わたしはこの発言云々、より、東京都知事としての発言、というところに問題があると感じている。折しも今は人権週間(10日まで)で、その中にはきちんと

> 性的指向を理由とする差別をなくそう

と書いてあるのだ(みんなで築こう 人権の世紀―考えよう 相手の気持ち 育てよう 思いやりの心―22年度啓発活動強調事項より)。このページは単なるお題目に過ぎないのか?この事項を掲げている東京都のトップの発言として、このようなことがまかり通っていいのだろうか?

わたしはこの発言が許せなくて、この件に関して抗議をどこにすればいいのかとの問い合わせをするために、法務省人権擁護局の中の「人権相談」窓口である東京法務局に電話をしてみた。

担当者Nという人が対応してくれたが、この発言については全く知らないようだった。そして相談窓口については東京都の都民の声総合窓口、各市町村の行政相談を非常に心許ない感じで教えてくれた。そして、このことについては、法務省の人権擁護部に情報を挙げ、人権擁護部が本当に差別発言があったか、これは差別発言に当たるかを判断し、差別発言となれば、直接石原知事に注意が行くとのことだったが、ま、悲観的な見方かも知れないが、ここまでいくことはまず、ないだろうと考えている(ただし、法務局に電話を掛けて抗議する人の人数が多ければ多いほど問題視されていくとは思う)。

今、ネット上(のごく一部)では、この話で持ちきりだ。しかし、それを一歩越えると、そんな発言はなかったかのような雰囲気で時が過ぎている。確かにこの問題は同性愛者の問題だ、とも言える。しかし、誰かが誰かによって(しかもそれは個人じゃなくて公人だ)こんなにはっきり差別されてもいいのだろうか。こんな発言が許されるだろうか?

この発言に憤りを感じた人は、限られたネット空間ではなく、是非直接抗議して欲しい。いや、抗議じゃなくても意見だけでもいい。真意を問いただすのもいい。「この発言ってあんまりじゃ?」って思う人は声に出して欲しい。わたしはこのことを同性愛者当事者だけではなくそれ以外のマジョリティ、異性愛者にも呼びかける。前の記事にも書いたけど、マジョリティはそれ自体でマイノリティよりも多大な力を持っている。是非、その力を貸して欲しいと思う。

意見先としては、次のものが挙げられる。

東京都都民の声総合窓口(東京都の公式ウェブサイトの右側中央に「都民の声」の中の「都民の声相談窓口)

東京都総務局人権部人権施策推進課 03-5388-2588

東京都民以外で東京都には意見しにくいという人

法務省人権擁護局 人権相談常設相談所 東京法務局 03-5213-1372
14:53 | 性的少数者に関すること | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12-10 Fri , 2010
石原発言に対して何かしたいと思っている人、集まりましょう
なんか長たらしいタイトルだね(笑)でも、全くこの通りです。

石原都知事の同性愛者への差別とも取れる発言について、わたしはこれまで法務局に電話したり、都民の声に投書したりしたんだけど、都民の声に投書しても効果が薄い、いやもっというと全然効果がないらしい、ということをakaboshiさんのtwitterでの発言で悟り、今日、たまたまtwitterで見つけたどなたかの発言にびっくりしてしまって、思わずその人に主任さんって法務省のですか?と話しかけてしまったほど。なんとどうやら法務省の方にも全く話が通じてないことが判明。失望やら怒りやらでいろいろと複雑な思いをしてるとこ。

そんな中、何か他に出来ることはないか、ということを考える場があってもいいんじゃないか、ということになり。会を開催することにしました。名付ける必要はないんだけど自称?仮称?「石原都知事の発言に対してなにかしたい人の会」。もしかしたらこれを契機に継続的に集まる可能性はあります。

日時:12月13日(月)
時間:19:00~21:00(予定)
場所:パフスペース

http://www.pafspace.com/…東京メトロ東西線早稲田駅下車、馬場下口(2or3b)より2分。
馬場下町交差点を文学部の方向(左)に曲がり3軒目のビル。
ドコモショップ横の階段を上がり3階。
■地図はこちら
TEL&FAX:03-5991-6117(浜田)

世田谷区議の上川あやさんがいらっしゃる予定。上川さんを交えて「これから自分たちに出来ることはないか」をさぐっていく予定です。

石原発言に対して憤っているんだけど、自分ではどうしようもない人、何か自分でできることはないかと考えている人、どうぞお越し下さい。

また、地方に住んでて残念だけど来れない、だけど、こういういい方法があるんじゃないだろうか、こういうことやってみたい、と思う人はここ宛てにメールくださいませ。
19:24 | 性的少数者に関すること | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
12-14 Tue , 2010
石原都知事の発言に対してなにかしたい人の会が開催されました
近いうちにakaboshiさんとこで、昨日やった会の一部がYou Tube公開されると思うけど、ひとまずは報告とお礼を兼ねて、日記を書こうと思う。

昨日、パフスペースで行なわれた自称?仮称?「石原都知事の発言に対してなにかしたい人の会」は、40人を越える人たちが集まり、主に石原発言の今までの経緯や上川あやさんのお話を聞き、その後は質問や意見を言い合ったりしました。

上川さんのお話は、主に議会や行政に対してどういうことができるか、ということで、都議会に対して請願や陳情をしてみること、地方に住む人が自分の住んでいる地域の議会に対して働きかけて、国でないとやることが難しい案件に対して(例えば性的少数者の人権を尊重するための具体的な行動計画など)議会から意見書を国に送ってもらうように働きかけてみるとか、姉妹都市であるパリ市長やベルリン市長に訴えかけて東京都の協賛イベントをボイコットさせるとか、まぁだいたいこんな内容だったか。

それに対して、来ている人からの質問や意見もあり、会は2時間の予定だったんだけど2時間じゃ収まる気配はなく、正直なところ、わたしはどうやって意見集約すればいいのか、この動きを次にどうやって持っていけばいいんだろうって実のところすごく困った(苦笑)結局会はテキトーに終わらせたんだけれども(爆)←いいのかそれで

そういう意味ではわたし自身もまだまだ方向性は見えてなくて、これからどうしようという思いは今でも持っている。

終了間際に来て下さった人にアンケートを書いてもらっていろいろと意見をもらったので、それも含めて、akaboshiさんと話し合い、今後の方向性を決めていく予定です。

昨日来て下さったみなさん、本当にありがとうございました。いや、来て下さった人だけでなく来られなかった人たちにも。でもまだまだ始まったばかりだからね!(笑)みんなで頑張りましょ。
22:13 | 性的少数者に関すること | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12-17 Fri , 2010
石原都知事の発言に対して何かしたい人の会はここまで進んでます
自称?仮称?「石原都知事の発言に対して何かしたい人の会」は、15日にakaboshiさんと会って、取り敢えずは以下のチームに分かれて、それぞれ連携しつつ行動していこうということになりました。

●東京都議会ロビイングチーム
都議会で何をお願いするか、議員は誰から接触すればいいかなどを調査し、実際にロビイングするチーム。

●請願・陳情チーム
請願・陳情の仕方を調べてブログに紹介するための文章を考えるチーム。

●集会・シンポジウムチーム
マスコミに注目してもらうためにシンポジウムを開催するチーム。

●デモの可能性を探るチーム
文字通り、デモの可能性を探るチーム。

●外圧チーム
パリ市長やベルリン市長に送るメールの文案を考えるチーム。

●メディア投書チーム
本や雑誌などのメディアの投書場所を探して投書するチーム。

●ブログ管理チーム
ブログを管理するチーム。
ブログの体裁を整えたり、ブログへの投稿を行なう。

●メール担当チーム
ブログから投書されたメールを管理し、対応するチーム。
外国語で来たメールに対しては、翻訳チームに回し、解読して対応する。

●翻訳チーム
ブログの文章を英語(他の言語ができれば尚可)に訳すことや、
外国から来たメールを翻訳するチーム。

●twitterチーム
ブログの最新情報がアップされたり、情報を広げたいことがあったら自由にツイートするチーム。

今、大々的に(?)このチームへの参加者を募集してます。

遠方の人からの問い合わせも今、割と来てるわけだけど、遠方の人には「請願・陳情」チームがオススメ。月曜日の上川さんの話によると、請願とか陳情って各議会によって扱いが異なっているらしい。請願は憲法に保障された権利で、日本人以外でも未成年にも誰にでも「請願権」は持っていて、誰でも請願できるんだけど、議員の署名が必要なんだって。それに対して陳情は議員の署名は必要じゃないんだけど、議会によってはただ素通りされてしまう可能性があるという。だから、その扱いに関する情報を集めてブログ上で情報共有しましょう、ということなのね。請願や陳情の文面は各個人で考えて書いてもらうとして、まずは請願や陳情をどういった方法でやればいいのかを地方の人を含め、調査してみたいと思っているので、遠方の人、よろしくお願いします!

で、この件に関してはこれ専用に一つメアドを作りました。

ishiharakougi@gmail.com

もし「このチームでやってみたい」という人がいれば、ここ宛てにメール下さい。締め切りは一応、18日(土)24時までになってます。実は既に一回締め切ったんだけど、ちょっと手薄な部分があったので、再度募集してるのね。今のところの募集状況は以下のとおりになってます。

ロビイング:7名
請願・陳情:6名
集会、シンポジウム:8名
デモの可能性を探る:6名
外圧:3名
メディア投書チーム:6名
ブログ:5名
メール:5名
翻訳:5名
twitter:16名

そしてこれを受けて、20日(月)の19時から21時45分まで、中野ZEROにて顔合わせを行なう予定。ここでは荒く各チームの役割(今わたしが考えてるところのね。でもそれはやってるうちに変わってきてもいいの)とか、チーム間での連携がおそらく必要なのでそういう話とか、あとは各チームで集まってもらって、どういう人が同じチームなのかだとか、まぁまずは何から考えたらいいのかだとかを話し合ってもらう予定。

てなわけで、少しずつ動き出してるわけなんだけど、正直怖い気もするのね。でも、別にわたしとakaboshiさん二人でやるわけじゃない、チームに分かれたらそのチームの好きなようにして欲しいと思うので、取り敢えずはチームが動くまでは面倒はみなきゃいけない責任は感じるけど、あとは適当にやってもらおうって思ってます(笑)

よろしくお願いします!
20:26 | 性的少数者に関すること | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12-23 Thu , 2010
泣きたくなる夜
P1010233.jpg


不思議な人だ。
いや、その人の存在自体が不思議なのではない。
不思議なのは、言葉にできない部分、言葉にならない部分。
決して深くわかり合える、わけじゃない。
似ている、というわけでもない。

しかし、お互い過ごしてきた人生の中で、
共通する「何か」がある。
いや、そうじゃない。
決して何かが共通しているわけでもない。

言葉にならないものが、自分の身体の中にあって、
おそらくそれに似たようなものがあの人の身体の中にもあるのだ。

自分の身体の中の、言葉にならない部分が揺れている。

泣きたくなるほど、嬉しい夜。
23:59 | 自分のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
AX