05-02 Sun , 2010
宣言
6月に簿記の試験を受けます。3級と2級、いっぺんに。
何も知らないのに受検の申込みだけして、あとで受検科目を知るという結構無謀なことをやっとりますが(2級って商業簿記と工業簿記って科目に分かれてるのね。。)。

簿記の資格を持ってると就職のための応募の窓口が若干広がるのですね。あと、将来的に簿記を知っておくと便利かも、という目論見もあります。

とまあ、宣言しておかないと「結局勉強間に合わなかった、ま、いいや」ってことになりそうなので、宣言しときます。

でも本当はそれまでに仕事が決まってくれれば、との思いが一番強いんですけどね。でも応募したところからは連絡来ないし、履歴書戻ってくるしでどうも長期戦になりそうな予感。。(やだなぁ。。)

頑張ります。
10:52 | 仕事・バイトのこと | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
05-04 Tue , 2010
お揃いの茶碗
P1010074.jpg   P1010073.jpg


今日は彼女とデート。
今の時期、近所ででかい祭りがあるので、屋台の食べ物目当て。彼女は当然のことながら、大好きな「ベビーカステラ」目当て(笑)正月はピカチュウのベビーカステラを買っていたが、今回はドラえもんにした理由は、、よく知らない(笑)

屋台では最初、串焼きを食べて、それからたこ焼き、あとよく分かんないけど韓国で流行っているという「ツイスター・ジャガ」なるもの。なんでもジャガイモを螺旋状に切ったものを串刺しにして、揚げて塩かチーズかプルコギを掛けて、それから希望者にはその上にマヨネーズを掛ける、という食べ物で、でも文章で説明するとなんのことやらちっとも分からんと思うけど、食べる前に画像を撮っておくんだったな。。初めて食べたんだけど結構おいしかった。あ、わたしは塩+マヨネーズで食べたんだけどね。

作ってくれたおじさんはちょっと韓国訛りのある感じの日本語をしゃべってて、これ、本当に韓国で流行ってるのかな?韓国へは2週間後くらいに行く予定なので、確かめてきたい(笑)

屋台で食いたいもの食ったら、祭りなんぞ全然見ずにプラプラとしてて、それで見つけたのがこのお揃いの茶碗。

んとねー。今まではずっと使ってた自分の茶碗でご飯食べてたんだよね。で、ついこないだ使ってた箸がそろそろボロボロになってて、いい機会だからお箸を買おうよってことになって買ったのだが、お箸ってお揃いというか、夫婦のにすると、どっちかが長くてどっちかが短いということになっちゃうのね。で、やっぱりそーいうのって好きじゃない。だから、同じ長さの箸で、銘々、自分が気に入ったものを選んで一緒に買ったのだが。そうすると「お茶碗も揃えたいよねー」ってことになってなんとなく探してた気分になってたのよね。で、今回たまたま入った店で気に入ったのが売ってたので買ってきたわけ。

同居して5年になるけど、だんだんお揃いのものが増えてるなあって感じがする。でも、いっぺんに全部揃えるんじゃなくて、こう、必要だなって思うときに揃えていけばいいよねって思う。

それにしても、どうも最近彼女と話し足りないような気がしてならない。

というのは、以前だったら喫茶店に入ったら、それこそ何時間でもずーっと話しつづけてて、それがすごく幸せだったりしたのに、最近は二人で喫茶店に入っても、あんまりしゃべることなく、飲み物飲んである程度休んだら、もう出ましょ、みたいな感じになってるからで。。それはそれでいいとは思うんだけど、でもなんとなく寂しい感じもして。

かといって、全然しゃべってないってわけでもないしね。普通に会話しているつもりなんだけど、でも、前に比べたらなんかしゃべり方が少なくなってるかなあって気がすごくするの。これって二人の付き合ってる年月のせいだとしたら、ちょっと悲しい。彼女は「今はお互いでやることがあるからなんじゃないの?」って言うんだけど、確かにそれも一理あると思う。わたしは昔より自分でやることが増えたから、自分の部屋に籠もってることも多いし。だけどね~、なんか寂しいんだよね。前よりも彼女と語り合っていないことが寂しい。

これからはちょっと意識して彼女と話してみることを心がけてみるかなあ。。なんて思ってる。
23:00 | 二人のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
05-05 Wed , 2010
半分終了、のはずなんだけど
簿記3級の勉強、今日で5日目終了。「10日でマスター」と銘打ってる本で勉強してるので、今日で半分が終わったことになるが。。

正直、頭の中、ぐちゃぐちゃのごちゃごちゃでわけ分かんない状態。特に昨日やった手形!!金もらう前に裏書きして他の人にやるなよ、自分で持っとけ!とか、今のわたしの生活とはほど遠いことをやってくれるので、ホントわけ分からん。

まだ半分しかやってないから3級の全容はよく分かんないんだけど、今はひたすら仕訳のやり方を勉強してるとこ。こりゃ、勘定科目をひたすら暗記するしかないのかなと思っている。ので、懐かしい単語帳で覚えることにした。でもまだ全然覚えてないけど。

ただ、この状態で1日でもサボるとダメになりそうなので、いやいやながらも必死こいてやってる。取り敢えずはこのテキストが終わる10日間はぶっ続けでやるつもり。

はー、あと半分だ。
頭の中で理解するかどうかは別として、取り敢えずはテキスト読むぞ。
21:14 | 仕事・バイトのこと | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
05-06 Thu , 2010
楽しみ(経過報告)
最近めっきり暖かくなったせいか、ベランダで育ててる植物たちが随分育ってきた。

こないだ芽を出したミニひまわりは、順調に本葉を出している。
P1010070_20100506192915.jpg
このまま育ってくれるとすごく嬉しい。

2年目に突入したミニバラなんだけど、こちらの方はもうつぼみをたくさん付けている。
P1010069.jpg
何色の花が咲くのかなって、ピンクか白なのは確かなんだけどね(^^;

そして。こないだお祭りに行ってきたときに、神社の境内では植木市をやってたみたいで、見て回っていたら目に入ってきた山モミジ。春は桜で秋はモミジなんかいいなあ~ってつい、思っちゃったんだよね(^^;やはりわたしも日本人、というかなんというか。
P1010079.jpg

植木市ではいろんなモミジが売ってて、既に最初から赤いモミジなんかもあったんだけど、わたしは「秋の紅葉(こうよう)」にこだわったので、店番してるおじさんに「秋になったら紅葉するモミジはどれですか」と聞いて紹介してもらったのがこれ。山モミジという名前だそうだ。植え替えはそんなに難しくないみたいだけど、剪定の仕方は聞いてもよく分かんなかった。まー、適当に切っておいても大丈夫みたい。ってことで、植え替え用の鉢をいつか買ってこなければ。

という感じで、どんどん順調に増えていっているベランダのプランター。最近は履歴書の趣味を書くところに「ベランダでの植物栽培」って書いてます(笑)趣味にするつもりはなかったんだけど、ここまで来るともう趣味だろうな~(笑)
19:42 | 育てているもののこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
05-07 Fri , 2010
レポートが返ってきた!
4月25日に提出したレポート。何かどこかで「返却まで1ヶ月かかる」って書いてあるのを読んだ気がしてたので、返ってくるのはまだまだだと思ってた。返ってくるまでにもう一つレポート書き上げて、と思ってたのに、今日、郵便受けを見たらレポートが返ってきてた。。

ってGW挟んでるから、本当のところはどうなのか分からないけど、提出してから戻ってくるまで12日。早い、早すぎる!!

恐る恐る中身を開けてみると、評価は5段階のうちの2、1が不合格だから、最低レベルで取り敢えず合格してた(笑)うーん、確かに取り敢えず書いて出した、ってレポートだったしなあ。。

これでお尻に火が付いて、今日は職安に行ってきたんだけど(雨の日だからw)、その帰りに図書館に寄ってきて、参考になるいい本がないかを探してきて借りて、そしてそれを読みつつ第2課題に取り組んだ。って、前に借りてた本も読んでたんだけど、あんまり参考にならなかったんだよね。。

まー、だいたいレポートの枠組みみたいなのはできてたんだけど、帰ってきてから一気に第2課題のレポートを書き上げて、あとは清書するだけ。なんか今回のレポートもなあ~、、まぁ前よりは多分、論旨はしっかりしてると思う。前のはほとんど教科書を写しただけだし。だけど、本当は書く前に結論を出しておくべきなんだろうけど、なんだかわけの分からないまま書き始めて、書いた内容で結論を出したら、なんかとんでもない結論になってしまった。あんな結論でいいのかな~(笑)

ってわけで、レポートを出せば割とすぐ返ってくることが判明。

ということは。

自分次第で夏のスクーリングに行けるかどうかが決定するってことなんだよね。。

今、憲法の教科書を読んでるところなんだけど、これがまた全然進まなくてね。まだ100ページにも至ってない。全部で500ページ以上ある教科書なんで、読み終えるのにも一苦労、という感じなのだ。うーん、憲法は夏のスクーリングに行きたいと考えてるんだが、もう夏のスクーリングのしおりは手元に来ちゃってるし、もしかしたら今年の夏はスクーリングは無理かも知れないなあ。。簿記の勉強もあるしなあ。。
19:37 | 通信教育課程の大学生活 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
05-10 Mon , 2010
パブコメで意見募集中(5月12日まで)
人づてに知りました。

現在、内閣府が「第3次男女共同参画基本計画策定に向けて(中間整理)」に関して意見を募集してます。この第7分野「高齢者、障害者、外国人など様々な困難を抱える人々が安心して暮らせる環境の整備」の「Ⅱ」(←これ、機種依存文字だからMacの人には別の文字に見えるかも知れないけど、ローマ数字で「2」を表わしてます)の「今後の目標」の中に

また、性的指向(異性愛、同性愛、両性愛)に関して困難を抱えている場合や性同一性障害などを有する人々については、人権尊重の観点からの配慮が必要である。



という文章があるのね。まー、これ読んでなんて思うかは人それぞれだと思います。取り敢えずわたしはその次の「Ⅲ」(←ローマ数字で「3」)の「施策の基本的方向と具体的な取組」の中に、まったく触れられてないのが問題だと思ったんで、それについての具体的な取組をいくつか書いておいたんだけど。

まぁそれ以外に「配慮が必要である」って書いておきながら、具体的な配慮方法についてまったく触れてないってことに腹が立ったりもしたんだけど(笑)てか、配慮、必要なのかなあ?って思うんだよね、わたし。配慮よりも教育とか啓発だろうとわたしは思うのだが。なんか「配慮」のイメージって「腫れ物に触るように扱いましょう」って言われてるようで好かない表現だ。そしてそれで終わってる、ってことは、結局腫れ物に触るように扱われてそれでお終い?みたいな感じもするのね、わたし。

てなわけで、正直、この文言には腹が立ってる(笑)上っ面の表現でしかないし、本当にどうにかしようという思いも伝わってこないって、まぁ、役所の出す文章は往々にしてこんなものだけれどね(笑)

で、これに対するパブリックコメントを書くためには、フォームがあるんだけど、これ、探すの結構大変だったので貼り付けておく。あ、ただこれはあくまでも第7分野に対するフォームなので、それ以外のところへ何か書きたいことがあるんだったら、それは適当に探して下さい(爆)

第7分野へのパブコメフォーム

でもさ、いつも思うんだけれど、こういう性的少数者に関係があるフォームを作るんだったら、性別のところは男女だけでなく「分からない」とか「答えたくない」を増やすべきなんじゃないだろうか、それが「配慮」だろ、と思うわけで(笑)そういうところが全然分かってないよなーと思う。というか、逆にそういうのはこちらから「こうですよ」と教えなければ向こうは気が付かないわけで。ま、向こうが気が付いてないことをこちらが気が付かせてあげましょうというのが、パブリックコメントの役割なのかなと思っている。その割にこういうことは一言も書かなかったりするのだが(笑)

12日まであと数日もないので、何か一言言いたい、という奇特な人は送って下さい(笑)

わたし、最近この手のことはあんまり告知したりしてないし、それ以前に情報が来てたとしても最近は全然自分の目に止まらなかったりするんだけど。そしてこれは今になってやっと知ったことで、そしてやっぱ国の動きに絡んでくることは自分たちの生活に関わってくることだからと思ったんでね。もしかしたらもう散々呼びかけされてるかも知れないけれど、一応自分ところでも呼びかけしておきます。
13:10 | 性的少数者に関すること | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
05-10 Mon , 2010
はぁ~っ
取り敢えず、ホントに取り敢えず、簿記3級のテキストを全部読み終えた。
が、ホントに取り敢えずなんだよなあ~。
正直、何が何だかわけが分からない、といったところで。
計算して数字を出して表に書き入れてるのはいいんだけど、
それが一体何を意味するのかさっぱり分からない。

明日からしばらく3級の練習問題に取り組もうと思ってるんだけど、
それをやったら自分が何をやってるのか分かってくるのだろうか?

不安だ。
17:57 | 仕事・バイトのこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
05-11 Tue , 2010
病院の日
今日は雨の中、病院に行った。
てか、どうにもしんどくて出る前にベッドに寝ころんでたらそのまま寝てしまい、気が付いたら出る時間を20分くらいオーバーしてて焦った。途中「遅れます」と病院に電話したものの、今度は電車の人身事故疑惑(?)で点検するとかで止まってて、結局40分くらい遅刻してしまった(汗)

最近の調子はずっと停滞気味で、停滞気味だと今度はまた「いつ治るのか」と思ってイライラしてくるので、その旨を報告。てか、最近はいつも言うことが同じような気がする。この病気もね~、ホントしつこいね。イヤになってくる。っていうかイヤになってるのは今に始まったことじゃないけどね。

で、「あー、もう、なんか効く薬ないですか」みたいなことを言ってたら、今まで飲んでたプロチアデンの代わりに「サインバルタ」という薬になった。聞いたことない名前だと思ったら、なんと先月から売り出された新薬なんだってさ。「どういう系統ですか」って聞いたら「SNRI系です。まー、トレドミンと同じというか」と言われたんで「トレドミンなら、うつ病のときにお世話になった薬です」って言った。わたし、新薬でジェイゾロフトが出たときに、とんでもない副作用が出てすぐに中止になったことがあって、だから新薬って聞くとちょっとドキッとするんだよね。で、SSRI系の薬とわたしは妙に相性が悪いから、もしSSRI系の薬だって言われたらどうしようって思ってたのよね。。まぁそれにこの薬、そんなに強くないって聞いたので、大丈夫かな。ちなみに朝1錠、20mgです。ま、今はそれしか出せんもんね、新薬だし。

ただ、薬局に行ったら「日本では認可されたばかりの薬ですけど、外国では歯の痛みにも効果が出てます」みたいなことを言われたので、まー、わたしの場合は痛みじゃないんだが、効くことに期待しよう。
20:28 | 病名が分かった後のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
05-14 Fri , 2010
韓国旅行
今日から二人で韓国旅行に行ってきます!
出発は成田じゃなく羽田から。

さて、どんな旅行になるか。。
ドキドキしてます。
14:54 | 二人で行った旅行のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
05-17 Mon , 2010
楽しんでいる、のかなぁ?
韓国に来て3日目の晩を過ごしてるところなんだけど。

なんというか、正直なところ、頭がすごく混乱してる。今まで行ったことのあるヨーロッパやオーストラリアでは、純粋な観光客気分でその国に対してどうこうとは考えなかったような気がする。なのにここでは自然と「この国とわたしはどう向き合えばいいのだろう」って考えちゃうんだよね。いや、この国というよりここの国の人たち、と言った方がいいだろう。わたしは別に韓国という国とは国としてつきあうわけじゃないから。

2日目に行ったところはミョンドンってところで、ここはものすごく日本人観光客の多いところだった。だから、店の看板には日本語が氾濫し、お店の人もほとんど日本語が通じる(と言っても片言程度だけど)。化粧品屋の呼び込みは韓国語と日本語両方で、そういう街を目にしてわたしは「なんなんだ、ここは」と、とてもとまどってしまった。ここにいるとまるで外国に来ているような感じがしないのだ。洋服屋とかいっぱいあるので、なんとなく原宿に似た街にいるような感じで。

もともとわたしは基本的に原宿には行かない。行かないって決めてるわけじゃなく、単なる無縁なだけなんだけど。で、そういうところに行くとすごくイライラする気分になってくるのね、自分と合ってないから。そういうことをすっかり忘れてミョンドンの街を歩いてくると、自分では無意識なんだけどイライラしてきてしまって。「なんでだろう、なんでだろう」って思ってたら、わたし、こういう街はあんまり好きじゃなかったんだった。彼女は「なんか、日本人観光客、って感じがする」と言って喜んでたけど。。

それに日本人に優しい街だと、逆にどうもカモにされてる感じもしてきて、あー、わたしはやっぱりそういうところで純粋に楽しめないんだなあと。ひねくれてると自分でも思うんだけどね。

今日は西大門にある、刑務所歴史館に行ってきた。

昨日とはうってかわって、日本人観光客がほとんどいなかった。というか、わたしたち以外であの中で日本語を聞くことはなかった。その代わり、子供がたくさんいた。学校単位で来てるのか、引率の大人がいて、いろいろ説明してたんだけど「イルボンサラム」「イルボンサラム」って言葉がいっぱい出てきて、逆にわたしはそれは分かるものだから、一体どういう説明を子供たちにしているのかがすげー気になってしまった。

日本語で説明してるところもあるにはあるんだけど、中の展示物やパネルなどはハングルでしか書いてないので、わたしは理解できない。そういうところがすごく歯がゆくてね。なんかすごく不完全燃焼、という感じだった。わたしが分かるのは人形を使った模型で、それで日本人が韓国の独立運動を起こした人に対してどんなに残酷な拷問をしたかとか、そういう文字を使わないものでしかなかったから。わたしはそういう表面的なことを知りたいわけじゃない。

逆に文字情報が入ってこない分、いろいろとまた考えてしまった。いくら日本人がやったとはいえ、拷問した人と同じに見て欲しくない、と思う気持ち。拷問した人も、本当にこんなに残酷なことをやりたいと思ってしたのだろうか、とか、いや、この時代はこれが当たり前の狂った世界だったのかも知れないから、何も思わずにやったのかも知れない、とか、やっぱり韓国の人にとっては日本人がやったことになるのだし、わたしはそれをやった国である日本から来てるのは確かなことなのだ、だけど、だからといってわたしはここで何か思う必要があるのだろうか、わたしはここで残虐な拷問をやった日本人の子孫(子孫と言うには時代が浅すぎる)です、あなたの国の人をこのような目に遭わせてごめんなさい、と謝るべきなんだろうか、しかし、それを言ってどうなる?向こうの人は言われてどういう気持ちだろう?この展示を見た子供は日本に対してどういう感情を持つだろう?

独立運動を行なって捕まり拷問されて殺された愛国志士たちはここで(おそらく)英雄視されているが、国のために命を捨てる、という行為がそんなに賞賛されるべきことなのだろうか、というか、国のために命を捨てなさいということにならないのだろうか、とか、でもこのときは本当に独立のために致し方なかった状態だったのだし、この歴史があってこそこの国の今日があるのだし、そのことに対して全くの部外者(というより加害者側と繋がっている)わたしがそんなこと思う必要はない(というか、そういうことを考える資格がない)じゃないか。

わたしは前の日に行った日本語があふれるミョンドンの街並みとこの刑務所歴史館で見た光景が頭の中で一緒になってグルグルと駆けめぐり、すっかり混乱していた。

その後もタプコル公園に行って、3・1独立運動のレリーフを見たりしたのだが、わたしはますます混乱し、そして無口になった。

彼女からは「ろんたこ、全然話さないからつまらない。二人で来た甲斐がない」と言われてしまうほどで、でもそんなこと言われても、何をしゃべっていいのか分からなくて、彼女には済まないと思いながらも無口でいるしかなくて。

ただ、その後に行ったインサドンは、韓国の土産物屋さんがたくさんあった割には日本語も少なく、ああ、ミョンドンみたいな日本語のあふれたところもあるし、こういうところもあるんだ、と思ってちょっとホッとしたのは確かだ。

というわけで、残された時間はあと明日丸一日。

結局頭が混乱したままなのか、混乱は解消されるのか。

なんか「楽しんでる?」と言われると、純粋に楽しんでるとは言えないかも知れない。けど、多分、わたしはわたしなりにこういう状態を楽しんでいるんだと思っている。
00:28 | 二人で行った旅行のこと | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
05-18 Tue , 2010
帰国
今日は朝5時に起きて、8時過ぎの飛行機に乗り、10時半頃羽田に着いた。
振り返ればあっという間の4泊5日(中3日)だった。

日本に着いたとき、今まで行った外国から帰ってきたときと違って、自分でも思ってもみなかった反応が出て来てちょっと面白かった(?)。

まずは看板。
駅の案内の看板(行き先とか乗り換えとか)。
当たり前なんだけど「字が全部読める」(笑)
韓国ではハングルはお手上げなので、必死で英語表記してあるものとか漢字表記してあるものを探すんだけど、当然のことながら字がすごく小さいのね。この小さい文字を探すという苦労をこの3日してたんだなあと実感。

次に言葉。
当たり前のことなんだけど「意味が全部分かる」(笑)
韓国語はね~、語尾の「ニダ」しか聴き取れなかったんだよね(苦笑)
だけど、逆にアナウンスにそれがないとちょっと寂しいと感じるほどになってしまった。ここ3日間で。
日本語全然分からない人にとって、日本語のアナウンスはどう聞こえるんだろうね~?と思ったりする。

そして混乱。
なんか韓国行っても日本に帰ってきても混乱ばかりしとりますが(笑)
これだけ近い(2時間弱のフライト)と頭の切り替えがうまくいかなくて、
文字や言葉が理解できる環境がすごーく不思議に感じる。
これ、ヨーロッパとかオーストラリアから帰ったときはそんなこと思ったこともなくて。
多分、フライトの間に頭の切り替えをしてるのではないかと思えたり、
日本とは全然違う雰囲気だから切り替えがうまくできるのかなと思ったり。

中3日韓国で過ごして。
辛いものが今までより断然食べられるようになった(と思う)。
んー、今まで唐辛子だとばっかり思っていた辛さが実はニンニクの辛さなんじゃないかと気が付いて。
あとに引くような辛さはまだ全然ダメなんだけど、
瞬間的にピリッと来る辛さは大丈夫なのね、わたし。
で、韓国ではどんなに辛いもの苦手ですと言っても、
赤い色をしてないものまで辛い。
そういう意味で、辛くないものを食べないことはほとんど不可能に近い、
ということで、最後の方はむしろ積極的に赤いものでも口に入れてました(笑)
結構食べられるものだな、と実感。
ただし、韓国の唐辛子は辛くない、とも聞くので、
日本では積極的に口に入れようとは思ってません(笑)

それから焼き肉三昧する予定が結局3日間のうち、1日目の夜しか焼き肉食わんかった。
韓国の食材自体、そんなに日本で食べるものと掛け離れたものじゃないのに、
なんかすっごくくどい印象がして、それでわたしは外国に行って初めて、日本のあっさりした食事が恋しくなったのだった。
遠く離れた西洋の国なら分かるが、まさかこんな近くの韓国で日本食が恋しく思うことになろうとは、まったく考えてもいなかったので、びっくりしてる。

人。
韓国の人は親切だった、と思う。
電車の中でわたし一人が座ってて、わたしの隣の隣の席が空くと、スッと隣の席を空けてくれて彼女と並んで座らせてくれる。そういうのが当たり前の国だった。日本ではそういうことはほとんどないに等しい。

「また韓国に行きたいか」と言われると、今はよく分からない。
でも、今よりももうちょっと韓国のことを勉強したら多分、また行きたくなるんじゃないかと思う。
17:05 | 二人で行った旅行のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
05-19 Wed , 2010
風邪引いた
朝起きたら風邪引いてた。
これは多分、韓国から帰る前の日にスパに行ったからだろうなあ~。
わたし、昔から温泉行くと風邪引いてたんだよね。
昼間から風呂入ると湯冷めして風邪引くの。
スパでは夕方からサウナに出たり入ったりしてたから、温泉と同じだと身体が反応したんだろう。

てなわけで、久々の鼻風邪。

今日は早く寝よう。
20:40 | 自分のこと | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
05-22 Sat , 2010
生きてる、けど
風邪は昨日がピークだったみたいで、一時は嗅覚が完全になくなって、食べ物がやたらめったらまずく感じたりしたんだけど、今日は回復したようで、鼻づまりと鼻声と若干の咳が残っているものの、徐々に回復してるとは思う。

けど、なんかやる気が出ない。

机の上を見ると簿記の本や大学の教科書、図書館で借りてきた本、いろんなものが積んであるんだけど、できれば見たくない。見るのがつらい。「病気が治ったらやるぞー!」って気にもなれない。。

このままずっとやる気が出なかったらどうしよう、って今思ってる。

彼女は「絶対にそんなことないから」って言うけど、もしやる気が出なかったらどうしよう。

昨日は「この風邪、どこまで悪くなるんだろう」という不安と闘いながら生きてたって感じだったけど、今日はなんか一生懸命生きてない感じがする。

これでいいのかなあ?
23:19 | 自分のこと | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
05-25 Tue , 2010
2つの不合格
今日、履歴書が返送されてきて、こないだ面接を受けたところがダメだったことを知る。

まー、こう言ってはなんだが、面接終わって会社出るときに「あ、ここはダメだな」と思った。面接のときにどうも話をしても手応えみたいなのがなかったし、面接する人は下ばかり向いてこっちの目を見て話さない。わたし、そういうのダメなんだよね。こちらが見られてたじたじになるほど自分の目を見て話して欲しい、そう思ってしまう。だからなのかよく分からないんだけど、全体的にこっちからばかり挑発(?)してるような話をしてて、向こうはそれに対してとても戸惑っていたような感じがしてた。だからなんとなくわたしも「ここは自分に合わないな」と思ってたし、落ちるのは、予想通りと言えば予想通りなのだが、、でもやはり向こうからも拒否られたことに関してはへこむ。

バイト探しはまた一から始めなければならない。
はー。風邪からまだ回復しきっていないわたしは、依然としてやる気が起きなくて困っている。
こんな状態では就職できる日が来るのか、というより就職探しできる日はいつ来るのか、といった感じで、それを思うと本当につらい。動きたくなければ動かなければいいではないか、と言われるが、こうしている間にもお金はどんどん減っていくし、そんな悠長なことを言っている場合ではないのだ。


履歴書と一緒に、以前出した法学のレポートが不合格で戻ってきた。

ただ、こちらの方はわたしの出したレポートは何が足りなかったかが丁寧に指導されて返ってきているので、まぁそんなにへこむこともないのだが、それにしても、今は時期が悪かった。今は本当に何もやる気が起きなくて、何を書けばいいかが分かったとしても、それを考えようとする気さえ今はない。

「明けない夜はない」とよく言われるし、自分自身も何度も「もうダメだ」と思っていた状態から救われたこともあるので、その言葉はウソではないと実感しているけれど、でもやっぱり「今回こそもうダメだ」と思う気持ちが大きい。
13:16 | 仕事・バイトのこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
05-25 Tue , 2010
病院の日
今日は病院の日だった。
サインバルタという新薬を2週間前から飲み始めたのだが、それによって変化がみられると言うことはなく、ただ副作用なのか、飲み始めて数日間は眠くて眠くて仕方がなかった。

また今日は、風邪を引いていたのと落ち込んでいたのとそんな具合なので報告することがなく「特に変わったことはない」くらいしかしゃべらなかったら、主治医の方からいくつか話題を振ってきたのでちょっとびっくりした(笑)

結局薬の方は、サインバルタが1錠から2錠に、ジプレキサも1錠から2錠に増えた。サインバルタが朝食後でジプレキサは就寝前。

ジプレキサは飲み始めてから数日で変化がみられた薬で、これが2倍になることでどうなるか、というところか。

どうかいい方向に変化して欲しい。祈るような気持ちだ。
21:03 | 病名が分かった後のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
05-26 Wed , 2010
思えば遠くへ来たもんだ
昨日まで昼夜問わず眠れてたのに、今日は昼間、寝ようとしてもまったく眠れなくなってて、どうやら風邪もこの辺でひとまず収束なのかな、と言ったところ。っていうか、身体って正直ね、と実感。

ただ、やる気は今のところまだ戻ってきておらず、それに加えて今日、3つ目の法学のレポートがまた不合格で戻ってきてて、しかも、今回の採点内容は書いた内容についてボロクソに書かれてたので、それはそれでまたへこみ、、というか、しばらくレポート書きたくない気分。。レポートを採点する人にもいろんな人がいるのね~って、そんなことを実感。

そんなこんなで今日は過去によく覗いてたウェブサイト、それもレズビアン系ね、そういうところを再訪問したりして時間を潰してたんだけど、なんかね~、ホームページ、というものが廃れてるのね。以前よく見てた掲示板が変な言語で埋め尽くされてるのを見て複雑な思いをしたり、しかしその中でもまだ頑張ってるところがあって、そういうところは「まだ続いてたんだ」と思うと嬉しく思ったりもしたのだが。

内容を読むと、周囲に言えない苦しい恋、カミングアウトしたいけどできない、誰にも言えないある人を思う気持ち、そんな言葉でいっぱいで、わたしがクローゼット時代だった頃とまったく変わっていない内容に「え。時代はもう2010年なんですけど?」と言いたくなったりしたのだが、これは時代が2010年になったことより、わたしが変わってしまった部分が大きい、てか、結局、わたしが覗いてた2000年前後と今は現実は全然変わってないんだ、ということに気が付かされて、せつなくなった。

今、比較的オープンになってしまったわたしとしては「大丈夫だよ、そんなに脅えなくても」とか「思っているよりは理解する人が多いよ」とか、そんなことを言いたくなるのだが、言う、言わないは個人の自由だからなあ~。ただ、言わない、じゃなくて言えない、という部分が大きいのだと思うけどね。

そしてこういう人たちは、セクシャルマイノリティー系のイベント(パレードとか)の情報が行き渡ってないところに置かれているか、そうでなければLABRYSやアニースなんかのレズビアンのミニコミ誌や雑誌を読んでいて、そこにはいっぱいパレードの話などもされていて、それが目に触れていないはずはないのに、なぜかまったく認識されてなかったこのわたしのように、興味がないからまったく記憶に残らないか、なんだろうと思う。

まー、何でもかんでも出てくればいいってわけじゃないと思うけど、少なくとも「つらい」「苦しい」って思って書き込みしてる人たちにはなにかできないかなと思ってしまう。

でもわたしの体験はわたしの体験でしかないんだよな~。今のわたしがあるのは、うつ病にかかったおかげ(?)だと思ってるしね。うつ病にかかってなければわたしは親にカミングアウトすることもなく、顔出しした画像載っけてるブログ書いてることもなかっただろう、と思う。

だから、あのときいた自分の位置と今の位置を見比べて「思えば遠くへ来たもんだ!」と思うんだけれど、これも(本人はそれほど意識しないまでも)少しずつ歩いてきたからなんだよね。

だから、どうか今「つらい」「苦しい」って思ってる人にも10年後には「そういえばあんなときもあったな」って思えるくらい楽な場所にたどり着けるといいねって思ったんだよね。

ま、余計なお世話かも知れないけどね。
18:27 | (性的少数者)自分のこと | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
05-28 Fri , 2010
うーむ
火曜日に病院に行って薬が増量になったのだが。

それ以来、なんだか調子が悪い。いや、よく考えてみれば、それ以前から「おかしいな」と思うことはあったけれど、それを「副作用」として自覚していなかったみたいだ。

急激なやる気の低下と食欲不振。

やる気の低下は風邪のせいだと思っていたのだが、風邪が治っても回復するどころか、どんどん悪化している様子で、今日はついに朝、嫌な気分でもう起きあがりたくない、というところまで行った。というか、この状態は普通の状態じゃない。明らかに病的な感じだ。言ってしまうと「うつ状態」に近いのだ。

気分の憂鬱に関しては境目が分かりにくいので、どこからが病的な感じでどこまでが普通の状態か、というのを説明するのはとても難しく、感覚的なものなので言葉では説明しづらいが、それでも敢えて言うとすれば、根拠のない不安、でどうしようもない状態、と言えばいいのか。とにかくベッドで縮こまってひたすら時が過ぎるのを待つしかない。なんでそんな状態になったのか自分でもよく分からない、そんな感じなのだ。

そして食欲不振。
思えばわたし、韓国に行くときの飛行機の中の機内食、食べられそうもなかったので「いらない」って断わったりしてたんだよね。。それから韓国旅行中になんか食欲がなくなって、それは食べ慣れないものを食べたせいだと思ってたけど、日本に帰国してからもずっと食欲が戻らず、今週、病院行ってからそれは更にひどくなって、今じゃ一日中何も食べなくても平気な感じ。これって、わたしがうつ病にかかったときに初めて処方されたパキシルとまったく同じ感じ。これが続くと今度は食べると気持ちが悪くなってくるんだよね。一日中何も食べないのはいくらなんでもまずいだろ、と思って、無理しても何か食べるとすごく気持ちが悪くなる。

そのことを思い出して「あ、これはサインバルタの副作用に違いない」って思ったのだ。

ただ、そう思ったとしても、自分勝手に薬を減らすわけにはいかない。主治医と相談しなければね。

というわけで、病院に電話したのだが(と言ってもわたしは著しくやる気を失っているため、彼女に電話掛けてもらった)主治医は生憎出張中らしく、直接話は出来なかったのだが、症状が症状なので、向こうもこのままにしては置けない、と思ったのか、結局は5月11日の処方、要するに、サインバルタ1錠、ジプレキサ1錠に戻しましょう、と言うことになった。そして、すぐには元には戻らないので、来週の頭にもう一回電話するように言われた。まぁ妥当な対応だろう。

取り敢えず1錠ずつに戻ることによってちょっとでも状態が改善されればいいんだけど。。

それにしても、わたしと新薬はどうも相性が悪い。新薬って副作用が出にくくなると一般には言われているが、わたしに限って言えばそうでないみたいだ。

そして、やっぱり抗うつ剤って怖い、と思う。1日にたった2カプセル、飲んだだけで身体が動かなくなるんだから。

あ、でもわたしはうつ病も抗うつ剤を飲んだので治ったと思っているので、なんでもかんでも薬を飲むのは反対、じゃないのだが、それでも頭の中に作用する薬ということで、やはり十分に気をつけなければならないと思っているし、わたしの経験の上で言うと、薬の副作用の事前説明ってどうも分かりにくいんだよね。このサインバルタの副作用も薬局で「胃がもたれる副作用があるかも知れないです」と言われたことを今日、思い出したんだけど、わたし、胃がもたれる感覚は全くなく、食欲不振とどうしても結びつかなかったんだよね。

どこからどこまでが自分の調子で、どこからが薬の副作用かというのを判断するのはとても難しい。でもこれが分からないと一歩間違えればとても怖いことになったりするので、抗うつ剤飲んでる人は本当に注意しなければならないと思う。

しかし、ちょうど新薬の服薬と韓国旅行が重なってしまったのは返す返すも悔しい。これがなければもしかしたら毎晩焼き肉三昧だったかも知れないのにー!(怒)
22:53 | 病名が分かった後のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
05-30 Sun , 2010
やっぱり
サインバルタを朝1錠に戻した翌日から、朝、ちゃんと起きられるようになって、やっぱり朝起き上がれないほどの不安感を引き起こしていたものってこのサインバルタの副作用だったんだって、本当に抗うつ剤って怖い、と思った。

そうなると今度はいくら「月曜日に電話掛けるまではこのままで」と思っていても、薬を飲む気にはなれなくなる。だってそれを飲んでいる限りはわたしのやる気の低下と食欲不振は改善されないからだ。

昨日はそれでも我慢して飲んだけど、今日は飲めなかった。。(よい子はマネしてはいけません)明日、朝一で主治医に電話するけど「実はもう止めてます」とは言いにくいな。。だけど、本当のことを言わなければ向こうにも向こうの考えがあるだろうから、言いにくくても言わなくてはならないだろう。

今の主治医とは信頼関係があるので、最近では薬に関しても主治医が一方的に決めるわけじゃなく、こちらの意見も聞いてくる。だからわたしは自分の実感として「この薬は効いている、効いていない」を率直に言っている。今回の投薬に関しても話し合って決めた結果なのだ。

今の時点ではまだやる気の低下も食欲不振も残っていて、一日の大半はベッドでぐったり寝ている感じだけれど、これも正式に服用中止になれば元に戻ると思うし、戻ったらまた簿記や大学の勉強、バイト探しも再開できるに違いない(そうじゃなければ困る)。

しかし、合わない薬の怖さをまた、思い知らされることになった。悔しいので何度も書くけど、韓国旅行で焼き肉が思う存分食べられなかったことが悔しいー!!!あれだけ楽しみにしてたのにーーー!!!!(ぐすん)
16:24 | 病名が分かった後のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
AX