02-01 Sun , 2009
セクシャリティーフリーで聞き合う会
やりました。一昨日、書いた「セクシャリティーフリーで聞き合う会」。

いや、今日は初めは焦った、焦った。主催者だから、待ち合わせ場所には何分か前に行っておかなければ、と思いつつ、気がついたら遅刻しそうな時間。「ぎょえー!」ってんで、急いで家を出たわけなんだけど、10分くらい遅刻しそう。。などと思いつつ、連絡が取れる人には、携帯で「ごめんなさい、もしかしたら遅れるかも知れません」メールを送り、、

で、待ち合わせ場所に急いで到着。10分遅れる予定だったのに、ほぼ、時間通りに着いた。ホッ。

しかし、、1人はすぐに気がついてくれたんだけど、その他の人がなかなか来なくて。。「もしかして、わたしが遅刻すると思って探してないのかな」と思い、さらに「着きましたよ」メール。そしたら「○○にいますよ」って、、ええと。あ、いた。ってわけで、そこで一挙に5人になって。でも、それ以上待っても来なかったんで、ま、もう行こうかと。

で、会場まで歩いていった。

直接会場まで来ると言った人もいたので、いるかなと思ったんだけど来てなくて、そこでまたちょっと待ったけど、来そうにないので、5人で始める。

まずは自己紹介から~と思って自己紹介したまではいいけど、一人持ち時間8分でしゃべる、ってのに、わたしは実は何をしゃべるのか、ぜーんぜん考えてなくて(苦笑)、で、他の人に「誰か何かしゃべることありますか~?」って振ったんだけど、なんかよく分からなくて。

結局そのまま、ずっとだべってた、みたいな(爆)どこが「聞き合う会」だよ、看板に偽りあるだろ、みたいな感じもしたが。。(苦笑)

あーでも、結構楽しかった。確かにヘテロセクシャルの人の参加は少なかったんだけど、性的少数者もほとんどみんなバラバラで。それはそれで、結構聞いてみたいこととか、聞いちゃったりなんかして。結構面白かった。

途中、時間を1時間間違えてしまった、もう帰ります、というメールを送ってきた人がいたので「いやいや、来なさい」って、無理矢理来させたり(爆)、また、遅れてきた人もいて、結局最終的には7人だったのかな。そのたびに自己紹介して(爆)

しかし、このくらいの人数が適当かも、って思った。

ただ、、性的少数者が多かったので、ついつい、そっちの方の話になってしまい、しかもセクマイ用語ばしばし使いまくっていたような気もするので(いかんせん、こっちはほとんど日常語になってしまっているので、そのまましゃべってたんだけどさぁ)今思うと、ヘテロの人には理解しにくかったかも。。ここは反省すべき点。

しかし結構話は盛り上がって、結局7時過ぎくらいまで話してて、その後で何人かと一緒に夕飯も食べてきた。

他に参加してくれた人も、楽しんでくれたらやった甲斐はあったかな~と思う。

今回、直前に風邪を引いちゃって欠席した人がいたのと、1人、なぜか来なかった人がいたけど、こういう話をする場って少ないよねーってやっぱり話してたので、やってよかったとは思ったし、1ヶ月に1度くらいは継続してやろうかな、と思ったりしている。まー、出席者がいたらの話だけどね。

けど、わたしとしては、今まで出会えなかった人と出会えて本当によかった、と思う。多分、一番目的達成した、と思ってるのはこのわたしだと思う(笑)

テーマ:性的少数者(LGBTIQ) - ジャンル:日記

22:59 | (性的少数者)イベントなど | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
02-02 Mon , 2009
性的指向は問題にならない
「世界初」新首相に同性愛者=社民同盟と緑の党が連立-アイスランド

んー、わたしも同性愛者だし、こういうニュースがあると、それは嬉しい気もするのだが、一方、「性的指向と政治を行なうための能力は関係がない(問題にならない)」とも思う。

が、だからといってこのニュースが「取るに足らないもの」ではないと思うんだよなあ。だって、翻って日本を考えたとき、日本の大臣や国会議員を初めとして都道府県知事、市町村長、都道府県議員、市町村議員の中で、必ず何人かはいるであろう、同性愛者の議員は、今のところ「誰もカミングアウトしていない」

「カミングアウトする、しないは個人の自由」なのは分かる。

けれど、それはする人としない人がいて、初めて「自由」であるわけで、今のところ、だーれもカミングアウトしていない、一見「同性愛者の議員はいない」ということになってるってことは「誰も怖くてカミングアウトできない」ということを暗に示していると思うのよ。

この日本社会で、公職に就いているものが「性的少数者としてカミングアウトできない」状況って言うのは、逆に言うと「性的指向を世間に公表したら、どんなに怖いことが起こるか分からない」と言うことを示していることになり、現在の日本では、残念ながら「政治を司るものが、性的指向を公表することは、自分の政治能力に大いに関わりのある、いや、政治能力以前の本人の人格の問題で、しかもそれがマイナス面に働くこと」だとみんな(同性愛者本人だけでなく、周囲や異性愛者でさえも)思ってる、ってことだと思う。

ただし、性同一性障害は別ね。性同一性障害を明らかにしている世田谷区議の上川あやは一昨年の選挙で2期目の当選を果たしたし。ただ、一昨年の選挙では性同一性障害や同性愛であることを公表して選挙した人は、上川あや以外は全員落選したけど(苦笑)。

現在の日本では、同性愛者よりも性同一性障害の方がタレントでもなんでも目立っているような気がする。まぁ、わたしは民放見ないんで、誰が同性愛者で誰が性同一性障害のタレントかは分からないんだけど。しかも、同性愛者でも、なんかみんなゲイで「オネエキャラ」の人らしいし。

確かに少しずつでもそういう人が出てきたことは進歩なんだろうけど、なんというのかな、オネエキャラでないゲイとか、あとはレズビアンとか、そういう人がカミングアウトしにくいみたいなんだよね、日本では。それって「性的指向は関係ない(問題とならない)と言えない社会」ってことなんだよね、日本は。

そういう面で、まだまだ日本は遅れていると思う。残念ながらね。いつ、本当に「性的指向は関係ない(問題にならない)」と言える社会になるだろうね、日本って。

--------------- ここから ---------------
 【ロンドン1日時事】アイスランドからの報道によると、議会第2党・社会民主同盟と左派の緑の党による連立政権が1日、発足した。首相には社民同盟のヨハンナ・シグルザルドッティル社会問題・社会保障相(66)=女性=が就任し、「同性愛者であることを公表した世界初の指導者」(英紙インディペンデント)となった。

 シグルザルドッティル新首相は年下の女性ジャーナリストを、結婚とほぼ同様の法的立場が与えられる「パートナー」として公表している。同性愛者の支援団体などからは首相就任を歓迎する声も上がり、英紙タイムズは「世界の同性愛者にとって歴史的な出来事」と伝えた。

 連立政権の議会(1院制、定数63)での議席は過半数に満たず、4月にも行われる見通しの総選挙までの暫定政権の色彩が濃い。 
--------------- ここまで ---------------
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090202-00000011-jij-int

テーマ:同性愛 - ジャンル:日記

19:20 | 性的少数者に関すること | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
02-03 Tue , 2009
腹の立つ日はピアスを買おう
今日、昼間に「正直者は馬鹿を見る」みたいな電話がかかってきたので、それからは気分が悪くて気分が悪くて。

がしかし。今日は、夕飯を友人と共に食べようと彼女と言っていたので、吉祥寺へ。出かける前は気分悪くて「出かけるのヤダ!」って言ってたんだけど、彼女から「出かけないで家にいるままだったらずっとこの気持ちを引きずってるよ」と言われ、まぁそれもそうだなと思い、出かけていったんだけど。

吉祥寺で友だちから「ピアス屋行く?」って言われたんで「うん」って答えて行って見てきた。はー、いろんなピアスが随分安く売ってるのねえ~と思いつつ、いろんなの見てたら、なんかちょっと不思議な感じのピアスが目に入り、買っちまったですよ、1,575円のピアス。そこで売られているピアスの中では結構高い方だったっすよ(苦笑)

P1020852.jpg


うーん、あんまりきれいに映らなかったんだけど、基本、水色なんだけど、ある一定方向からはオレンジ色っぽく見える、これ、なんて言うのか分からないけど。多分、素材はプラスチックなんじゃないだろうか。ただし、カットが細かくしてあるんで、光が中で錯乱するのね。だから、見方によって、一つじゃなくて、なんか複雑に見えるみたい。で、結構これ、でかくてさ(笑)っていうか、なんか最初は「ピアス、1つか2つ、持ってりゃいいじゃん」って思ってたのに、知らないうちに増えてるし、買うものがだんだんごつくなっていってる~(汗)しかもこのピアス、裏がキャッチじゃなくて、同じものなの。ねじみたいに絞めるようになってるので、絶対にキャッチ(じゃないんだけど)が落ちないようになってる、

これが表。

P1020833.jpg


ね、なんだかすげー目立つでしょ(笑)
で、これが裏。

P1020838.jpg


なんか、これの次に買うピアスってどんなのだか、想像してみると怖いわ~(笑)(って次もまた買う気なのか??)これね、付けた当初は重みを感じたんだけど、付けてるうちに慣れるのね。

それから、吉祥寺のサイゼリアで彼女と友人、途中から別の友人も加わって4人でだべってた(笑)

いろんなことだべってたら、行く前の気分の悪さが吹っ飛んでなくなった(笑)結局10時頃までしゃべってて、それから帰ってきた。

あー、楽しかったっす。また、こうやってときどき集まって、いろんなことだべりましょーねー。
23:52 | 自分のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
02-04 Wed , 2009
立春
今日は2月4日で立春だったんだけど、なんか寒い一日だったなぁ~というか、本当はこの時期が一番寒い時期なわけで。この時期を乗り切ったら、だんだん暖かくなると思うとホント、嬉しい。人によっては花粉の心配をもうそろそろし始めなきゃいけない時期で、かわいそうとは思うけど、今んとこ、わたしは花粉症はないからなあ~。まぁそれはありがたい。

そうそう、彼女のインフルエンザは、少し前に治ったみたいなんだけど、わたしは病人のそばで寝起きしながらついに、インフルエンザにはかからなかった。途中危ういかな~と思った日もあったけど、結局は違ったみたいで。うーん、わたしって相当○○らしい(爆)

というか、わたしの平熱は他の人と比べて比較的高熱(36.8度くらい)なんだけど、これってかかりにくい理由になるのだろうか。確かにウィルスって38度付近が一番弱いらしいけど、それから1.2度低かったら、ウィルスって体内に入っても増殖しにくいんだろうか。

最近は昼間、猛烈に眠くて、昼寝したりしてるんだけど、これって皮膚科でもらってきたかゆみ止めの薬の副作用なんだろうか。おかげさまでというか、病院に行ってきた日は、夜寝る前に体中に薬塗ったら、あっという間にもらってきた塗り薬を1本、使い切っちゃって「あら、これで2週間、薬足りるのかな」と思ってたけど、今は薬はほとんど塗らなくて、保湿剤だけ風呂上がりに塗るようになった。体中のかゆみも取れたので、やっぱ乾燥のせいだったのかなあ~?

取り敢えず、今、風呂入るときはポリエステルかポリエチレンかは知らないけど、そのゴシゴシタオルは使わず、石けんを身体に塗りたくるだけでお終いにしてるけど、そうしたら、なんか皮なんだか垢なんだか分からない(でも多分、垢ではないような)、ふわふわしたものが風呂上がりの身体に付いてるんだよね。うー、なんだかそんなのを見ると、石けん付けたタオルでゴシゴシやりたいんだけど、まぁ、あと数日はこのままで我慢。

というなんのへんてつもない(?)立春の日記。
20:36 | 自分のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
02-05 Thu , 2009
病院の日
今日は病院の日だった。
最近ねー、なんというか、病院に行って主治医に何話していいのか分かんなくなっちゃってね。だって、治らないんだもん。歯の状況は、多分、以前と比べて変わっては来ていると思うんだけど、よくなったと思えないんだもん。いい方向に進んでいるとは到底思えないんだもん。

歯が変だという範囲が明らかに小さくなってきてるとか、そういう「いい兆し」じゃなくって、歯の感じ方というのか、そういうのが前と違ってきているってだけなんだもん。それに、その違ってきているというのが、またどういう風に変わってきたのか、説明しづらくて。だって、時と場合によってコロコロ変わるんだもん。「あー、今日は歯の変な範囲が広くてやってらんないなー」ってどこにも出かけない家でそう思うときもあるし、家ではそんなにひどくなかったのに、人と会って話してるときに「あー、なんか広がってきてやだなあ」って思うことがあるし、食事をした前後で違ってくる、なんてことはしょっちゅうだし、その違い方も、前と後が同じことなんかきっとなくって、自分でも傾向が全くつかめないんだもん。

で、もしかしたら前より範囲が広がってきたんじゃないか、くらいに思ってて、それは今までは前の歯は普通の感じだったのが、最近、歯、全体から唾液がしみ出てる感じがするんだもん。しかも、そのしみ出てる歯ってのは、なんかやわらかく感じたり、時には歯が割れて、割れた中からなんかがしみ出てる感じがして、とても気分が悪いのだ。そうそう、歯磨きする前まではそうでもなかったのに、歯磨きをすると途端にものすごく変な状態になったりする。これは毎日のこと。

なんていうのか、この「変だ」ってことが、口では上手く説明できないのよ。なんかいろいろ言葉を重ねたところで、理解されないに決まってると思う。これって自分の感覚だから。歯の裏側全体からなにかがしみ出ている感じがするんだけど、全体といっても全部均等なわけではなく、一部からなんだけど、そこは歯が柔らかくなって割れてる感じがするんだけど、左の歯の一部の歯の中にとても固いものがあって、それが噛み合わせが合わない原因みたいって言っても、誰にも通じないと思う。だって、わたしだって、こういう説明されても、分かんないもの。だから、もうとてもひどくて憂鬱なときもあるんだけど、言葉で説明できないから「不快」というより他はなく、その言葉で表現できないってことが、もっと自分をイライラさせることがある。

ってことで、今日は実は彼女にも付いてきてもらったんだ。前々から「もうなんて言っていいのか分かんないよ」って言ってたし、それでもときどき「今日は歯の状態が悪くてイライラする」とか言ってるし、彼女が「先生に話してみる」って言ってさ。一緒に行ったの。

いつも、待つ日と待たない日が極端に分かれてて、待つ日は延々と1時間以上まったりすることもあるんだけど、今日は誰もいなくって、すんなり入れた。受付のところにリラックマが飾ってあったので、それをコッソリ撮ろう!と思っていたんだけど、そういうヒマもなく呼ばれて(苦笑)あ、ホントは病院内は携帯禁止なんだけどね(苦笑)

で、いろいろ話したんだけど。。で、彼女も話してくれたんだけど。。主治医の反応は「うー、まったくすいませんね」って感じで、いつも同じなんだけどさ。本当は違う薬を試したかったみたいだけど、この時期、いろいろ忙しいらしく、薬を変えたら副作用の出やすいわたしは、もうちょっと主治医が処方した後病院にずっといるときにしましょう、ってことで、今回は前と同じ薬でまた様子見ってことになった。

話してる途中、どこかから電話がかかってきたりして、主治医は席を離れたんだけど、その間、机の上にあるリラックマグッズをコッソリ撮影してきてしまいました(爆)ホントは病院内、携帯使用禁止だから、いけないんだけどね。ということで、よい子はマネをしないようにしましょう。ただ、わたしんとこの診察室って精密機械はないので、あんまり関係ない気もするんだけどね。

20090205142837.jpg


主治医の机の上は、こんなのが置いてあるのよ、いつも。で、リラックマの目線は絶対に主治医を向いてるし、この腕時計ねー、あらいぐまラスカルなの。どうもあらいぐまラスカルも好みみたい。病院から病院用の携帯電話を持たされているみたいなんだけど、その首からかけてるストラップもあらいぐまラスカルだし。

でね。今日、主治医のネクタイを見ながら話してたんだけど、なんかどーも、ネクタイの柄が熊のぬいぐるみみたいなのね。えー、これって熊だよね、とか思いつつ、最後の最後、診察室を出るときに「これって、、熊の絵柄ですよね」と聞いたら「あー、これ、韓国に行ったときにパチモン屋で買ってきたんですよ」って言われた。か、韓国に行ってまで熊ですか!「先生、熊、好きなんですか?」って聞いたんだけど「いやー、そんなことはないです」って言いつつも、絶対にクマが好きと見た!けど、クマとかアライグマが好みなのよね、先生(笑)

で、彼女が「そういえば、リラックマショップが東京駅にできたらしいですよ」と言ったら「え。そうなんですか。そりゃ、行かなくちゃ」って、そのとき診察室にいた研修医?学生さん?(女の人だったんだけど)に向かって「今度一緒に行きましょう」とか話しかけてたりしたけど、今度、診察室に行ってグッズが増えていたらどうしよう。。(汗)でも、教えてあげたら、お礼を言われてしまった。

なわけで、どーもね。憎めない主治医というか。「ホントは先生、人間でもクマみたいな人が好きなんじゃないですか」と聞いてみたい気分もするのだが、これって、「アウティング ハラスメント」(って言葉があるのかどうかは知らないが)なんじゃないかと思うと、やっぱまずいよねー、って思うので、聞かない(笑)

しかし、韓国に行ってまでかわいいからと言ってクマのネクタイを買ってきてしまう主治医は絶対にカワイイと思う。

だけど先生、早くわたしの病気、治してください(爆)

テーマ:闘病日記 - ジャンル:日記

21:25 | 病名が分かった後のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
02-06 Fri , 2009
「Ronさんの日記ってたまにスゴイのありますよね」
と、今日会った人に言われた(苦笑)

スゴイのって、、いわゆる「レズものDVD」を見た感想、らしいが、そーいえば、最近、そういうネタ書いてないよなーと思ったんだけど、これはね、TSUTAYAでもう「見たい」って思うレズものDVDがなくなっちゃったんだよねぇ~(笑)

わたしの行くTSUTAYAには、準新作ものと、もう新作じゃなくなったもののところに「レズビアンもの」があるのだが、これ、結構少ないのよね。特にもう新作じゃなくなったもの。準新作ものの中には「ふたなりもの」と呼ばれる、いわゆるなんてーの、「あら、女性なのにペニス付いてるよ」みたいな人たちのも含まれてるんだけど(普通「ふたなり」と言ったら、半陰陽の人のことなんだけどねぇ。。(-o-))、これがまた、よく分からないんだけど、ペニスつーか、張型って言えばいいのかよく分からないけど、細工がしてあるみたいで、なんかペニスの先からミルク飲み人形がまるでおしっこをしたときのようにミルクみたいなのがピューピュー出るのだ。

。。。こんなの、見る気しねぇ(-o-)

ってわけで、準新作に結構な割合で含まれてる「ふたなりもの」は避けてるので、もう見たいのがなくなっちゃったんだよね(苦笑)

確かにわたしはディルドを付けたレズビアンものは萌えるんだけど、その先からミルクみたいなものが出てくるのは萌えないのよ!!(苦笑)なんてーか、好みが激しいとは思うけど、所詮、好みってこんなものじゃないだろうか、と思ったりする(笑)

わたしの希望としては、そんなに人数が出てこない(最大でも3人)、できるだけ幸せな気分になれるようなものを希望しているんだけど、どうもレズものって「調教」だの「陵辱」だのってのが多いんだよねー。わたし、嫌がってる人を無理矢理SEXしたりするのってあんまり好きじゃない。

こないだ見たのが、SMとは全然書いてなかったヤツなんだけど、ほとんどSMっぽくて、全然萌えなかった。。ディルドのシーンはいっぱいあったんだけど。。やられてる方がとってもいやな顔をしていたので、見ながら「なんだかなあ~」ってばっか思ってた。

なので、しばらくはレズものDVD探しはナシかな~。。なんて思ってる。

だから、しばらく「スゴイの」書けなくてごめんなさいね、Rさん(笑)
23:33 | (性的少数者)自分のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
02-08 Sun , 2009
パトラッシュ、もう疲れたよ。。
って言いたくなるほど、先週1週間は外に出まくっていて。1週間のうちに家に一日中いたのって、2日しかなかった。。その間、仕事に応募してみるも、またも断わられて。。orz出てく一方だわ、わたしの金。

昨日は昼過ぎに、皮膚科の病院へ。「2週間前と比べて、すごくよくなりましたね」と医者から言われたけど、確かに副腎皮質ホルモン入りの軟膏と、それから保湿剤を風呂上がりに塗りたくっていたせいか、今はほとんど傷は完治したのよね。

ただ、最近また、背中がかゆくなってきていて、、だもんで、今度は副腎皮質ホルモンを含まない軟膏と、それから保湿剤をもらってきた。で、かゆみ止めの薬も出たんだけど、今まで飲んでたヤツは相当キツイヤツだったようで、わたしが「もう、昼間、眠くて眠くて、家にいるときは昼寝せずにはいられませんでした」と言うと「そうでしょう」と言われて、それよりはもっと軽い薬が出た。取り敢えず、この冬はこれで乗り切ろう、とのことらしい。

その後、昼ご飯を食べるために、病院の近くのマクドに行って、しこたま(と言っても、ハンバーガーとポテトのSとシャカシャカチキンとコーヒー)食ったり飲んだりして、それから、一旦家に帰った。いや、ホントは夕方からも用事があったんで、できるなら、どこかで時間を潰してたら?と彼女には言われてたんだけど、わたし、喫茶店で3時間も本を読んだりできないので、一旦帰ったのね、うちに。

したら、帰った30分後にはもう家を出なくちゃならなくて(^^;

一体、何しに家に帰ったんだ、というと、単に時間つぶしのために家に帰ったみたい(笑)

で、今度は彼女と一緒に、「フレデリック・マルテルさんを囲む会」という、フランスのPacs法を作る際に関わったゲイの人の話を聞きに、尾辻かな子事務所に。ホントはもっと早く着く予定だったんだけど、わたしが家に帰って「もう一回外出るのやだー」とかごねてたせいで、遅れて、ギリギリ18時30分に着いたのだ。っていうか、そのときはもう人が溢れててびっくり。

もう、中央の椅子や座布団には人がぎっしり埋まっていて、座れもしなかったので、仕方なく端っこに置いてあった机の上に座って話を聞いたんだけど。

なんかね、あの事務所で、あんなに人が集まったのを見たのは、実は落選の選挙速報を見た日以降だったんだけど(苦笑)、そのときはね「あー、いつもの顔ぶれだ」とか思ってたんだけど、昨日はわたしの知らない顔ぶれがたっくさんあって、あ、こういう人たちがまだいるんだな、って思った。

実はねー、わたし、Pacs法の話には、あんま興味なくて、だから昨日も、一旦家に帰った後、散々どうしようかと悩んだんだけど、全然別件でちょっと行った方がいいだろうなーと思うことがあったんで、それで行ったのね。その用事は、尾辻事務所に着いた1分後にはもう終わっていたのだが(爆)

で、まー、話を聞いたのだが。これがまた、眠くて眠くて(笑)いや、話のせいではなく、わたしが疲れきっちゃってたからなんだけど、だけど、前の方で寝てたらやっぱ失礼だよねと思って、フレデリックさんをガン見してたら、向こうも話してる間にちらちらこっちの方をガン見してて、ああ、やっぱり眠れないよなあ。。とか(笑)まー、そんなことしか思ってなかったのでした(苦笑)

話はなんての、すごくまっとうな話で、でも、もともとフランスの国民性と日本の国民性って全然違うから、導入の仕方は参考にはなったけど、Pacs法そのものについては、日本には無理かもな、って思った。フランスはもともと異性愛者でも結婚をしないカップルがめちゃくちゃ多かったので、そういう人も巻き込めていけたかも知れないけど、日本の場合は、子供がいない間は結婚はしなくても、子供ができたら結婚しちゃうでしょう、みんな。子供を産みながらも事実婚を貫いてる人って、よほどの覚悟がない人じゃないとできないよね。

なんで、この法律自体はあまり参考にはならないけれど、まぁ、どういう経緯でどのようにして導入されたかの話は結構面白かったし、あれはおそらくある程度日本にも適用できるんじゃないかと思った。

最高に笑えたのが、最後に質疑応答みたいなのがあったんだけど、一人の人が「日本ではまだゲイと言えばオカマキャラしか有名ではないけれど、フランスでは、オカマキャラ以外の普通の(っていうとアレだけれど)ゲイの人がカミングアウトしてテレビに出てたりするんですか」って聞いたとき。マルテルさんは「え、でも、日本には中田英寿のポスターがあちこちに貼ってあるじゃないか」って。これには会場、大爆笑だった(笑)

【注】中田英寿はカミングアウトしているわけではなく、単にマルテルさんの「ゲイダー」に引っかかったみたいです。彼がゲイかどうかについては、知るところはありませんので、お間違えなく。

結局9時ごろまでやったのかな。会場でわたしの反対側にいた人から「Ronさん、ものすごく真剣な顔して話聞いてたね」って言われたんだけど、あれは眠らないためにしてたことで。。もう、多分、話半分くらい飛んでるし(笑)その後はメシ食って帰ろうってことで、メシ食って帰りました。しかし、疲れた一日だった。。

今日は一日ゴロゴロしようっと(笑)
13:30 | (性的少数者)イベントなど | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
02-09 Mon , 2009
やだ
昨日、一日中ゴロゴロしてたからか、今日も眠かったー。
って彼女は絶対「あのかゆみ止めの薬のせいだよ」って言うんだけど、わたしとしては、あまりそうとも思えず。だって、そのかゆみ止めの薬って飲んでもあんまり効いてないような気がするから(笑)

かゆみ止めの軟膏はオイラックスクリームって軟膏になったんだけど、これがまたねー、かゆみに負けてる(苦笑)なので、一日に突然「かゆかゆかゆかゆかゆかゆ!!!」ってときがあって、そのときは、彼女呼びつけて薬を付けてもらってる。だって、かゆくなるのって、絶対に背中なんだもん。背中以外だと自分で勝手に薬を塗れるんだけど、背中はちょっと自分ではねー、いくらなんでも手が届かないところがあるので。

しかし、なんだかねー、あれもやんなきゃ、これもやんなきゃって思うものはたくさんあるのに、どうも自分の優柔不断さから、手が付けられない。

なので、そういうところから来る「自分の情けなさ」を思いっきり感じていて、つらい。

「つらいならやれよ」って思うんだけど、どうも気が進まない。。
「なんかに向かって一生懸命やる」ことがなんだか怖い。

あーあ、自分のこういうとこ、やだ。

ホント、生き返れるなら一回死にたいくらい。
そのくらいやだ。
20:43 | 自分のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
02-10 Tue , 2009
ダウン
昨日のちょうど、日記を書いているくらいの時間から、咳が出て来て止まらなくなって。。いやなこともいろいろ重なって(4つくらい重なると人間凹みますな(笑))、すごい最悪の状態で寝たんだけど、朝起きたら、もっとひどくなってた。。orz

なんていっても、咳のしすぎで胸は痛いわ、声は出ないわ。。

今日は姐さんと会って、焼き肉食いに行く予定だったのになあ~、、、

仕方ないので、病院に行ってきただよ。近くの。でも行くの初めてのところだったから、彼女に教えてもらって。

待った待った。と言っても30分ぐらいだったんだけど、超長く感じた。「早くしてくれー」って感じ。

あ、熱はなかったのね。わたしはなんでかよく分からないけど、熱は出ないんだな、こりゃ。病院で計ってみたら、なんと36.2度っつー、いつもより低いでないの。

で、ようやくのことで呼ばれて。医者から「今、どこかで病院にかかってないか」っていうから、「お薬手帳」を見せて「口腔異常感症という病気で○○病院に通っているのと、あとは皮膚が乾燥してかゆいので、他の病院にも通っています」とかすれかすれの声でようやくしゃべってたのに、医者は出されてる薬見て「これ、全部喉乾き系の薬でしょ。喉が渇いて咳が出るんじゃないの?」だって。。。

なんか「もっと熱出してから来い、そしたら病気と認めてやるよ」みたいな態度だったんで、ホント、ぐったりしているところをさらにぐったりさせられた。

「口腔異常感症によって、歯から絶えず唾液がしみ出る感じがするので、これらの薬を飲んでも、全然喉は渇いた気がしないんです」って答えると「口腔異常感症ってどういう病気ですか」って言うから「口の中が変に感じる病気です」って、ホント、声も出ないのに、何の因果かこんな医者さえよく知らない病気にかかりやがって。。と本当に悲しかった。

「胸が痛いのは、咳のしすぎから来ていて、喉が悪いんだろう。対処療法しかないから」って言われて、喉の痛みや咳を止める薬なんかが出た。

しかし、熱は出てなくても、気分が悪くて、力が入らないんだよ!!

もー、同情は別にされなくてもいいけど、ちょっとは優しくして欲しいって思ったよ。

それから帰って、今日は一日中寝てた。力が全く入らなくて、ふらふらしてる。けど、熱を測っても37.1度。寝てたらだんだん頭も痛くなってきた。今、頭痛薬を飲むか飲まないかの瀬戸際辺り。。

んー、先週の疲れが出て来たか。
19:23 | 自分のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
02-11 Wed , 2009
酸欠マグロ
ってわたしは別にマグロじゃありませんけどね(笑)←??

ってか、あー、わたしが一昨日の夜から風邪引いたのは、その前の日の夜に裸で抱き合ってたからか?←え゛

てなわけで、半分以上頭が壊れてますって、え、いつもと一緒?
まぁまぁ、そこは病人に免じて。

昨日は頭が痛くなりそうだったので、寝るときに市販の頭痛薬を飲んで寝たんだけど、朝起きたら頭が痛くなってた(T_T)んなわけで、速攻、偏頭痛の薬を飲む。あーあ、また一錠飲んじゃった。この薬、高いのになあ、、、

で、起きてみたら見事なほど(?)鼻づまりになってた。かといって、口で息をすると喉がもともと痛いところを刺激されるし、わたしゃ、一体どうやって息をしろというのだ、とまるで泳ぐのを止めてしまったマグロになったような気になったのであった。←なんか偉そう

つまりは酸欠ですよ、酸欠。もー、苦しいったらありゃしない。んでもって、熱は上がらないし、熱でも上がってくれればまだ、身体はウイルスと戦ってるなあ、って思うんだけど、それがないってことは、わたしの身体は一体、どうやって風邪のウイルスと戦おうとしてるのか???

今日は出かける用事があったんだけど、それもキャンセル。一日家にいて、んでもって、分かる人には分かるだろうけど疲れた。もう一体、なんだったんだよ!!!って言いたい気分。

昨日は事情があって早く寝られなかったので、今日は早く寝るぞ(笑)

しかし、薬ばっか飲んでる気がする。。。以前、耳鼻科に通っていたときの薬が残っていたので、それも飲んでるんだけど(だって、鼻づまりに耐えられねぇ。。)、一日に30錠くらい飲んでる気がする。。薬漬けだー。
21:17 | 自分のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
02-12 Thu , 2009
は゛な゛か゛つ゛ま゛る゛
というわけで、昨日に増して、今日も鼻づまりが~ヽ(`Д´)ノウワァァァン

メシ食うときが一番困る。息をしたいのか、それともご飯を食べてもいいのか。めっちゃ悩む。

だもんで、メシがマズー(ごめん、彼女)。

最近は、金がないので図書館で本を借りることにしている。2週間前、わたしが図書館に行って借りてきた本

・インターセクシュアル(半陰陽者)の叫び
・女から男になったワタシ
・『性別が、ない!』ということ
・ジェンダーセクシュアリティ
・アメリカのゲイ社会を行く
・フィンランドにおける性的ライフスタイルの変容

このうち、上の3つは読み終えたので、今日返した。下の3つは引き続きまた2週間借りることにした。が、正直「ジェンダーセクシュアリティ」は読んでも分からんだろう(苦笑)第1章まで読み終えたが、さーっぱり分からんかった(爆)なんでマゾヒズムから説明されないといかんのだろう、とか。なんで突然演劇が出てくるんだろう、とか。装置ってなんだよ、装置って、とか(笑)うーん、もともとフェミニズム用語は苦手なのに、こんな本を読んだら、ますます「分からん」ってことしか頭に残らないだろうから、危険っちゃー危険。ま、ザッと目を通すくらいで、多分、何も頭の中には残らないだろうと思われ(汗)時間の無駄かな?(笑)

で、今日、新たに借りてきた本

・変えてゆく勇気
・私はトランスジェンダー
・ピンク・トライアングルの男たち
・戦後日本女装・同性愛研究

なんか上のと併せても、トランスジェンダー系のものが多いのと、「あれ、まだこれ読んでなかったんですか?」っつー本があるだろうね(笑)つか、確かにこの中では超有名な本もあるけど、それは今まで「知ってたけど、金出すまではねー、、」って本ばっかり。。ってことは、逆に言うと、トランス系の本は「金出すまではねー」って思ってることの証明にもなる(苦笑)

いや、決してトランスジェンダー系の本は取るに足らない、と言ってるんじゃなくて。ちゃんと興味持ってるからこうやって借りてくるのだ(って全然説明になってないじゃんか)。ただ、図書館にある同性愛関係の本は実はもうほとんど持ってるか、読んだことある本(あ、でも伏見憲明の分厚い本は持ってないし、図書館にあっても読む気ないわ)なんだよね。

うちの住んでる自治体で、果たしてどれだけの性的少数者関係の本があるか、ってことが急に気になって、2週間前に一番でかい図書館に行ってみたんだけれど。結構あったんで、ちょっと安心した(笑)「カミングアウト・レターズ」みたいな割と新しめな本もあったし。

あ、でもね。性的少数者関係の本って、図書分類によると367(「社会」の中の、家族問題・男性、女性問題・老人問題)の中に入ってるみたいなんだけど、その次の368が「社会病理」なのね。で、図書館の性的少数者関係の本が置いてある本棚に行くと、本棚にバーンと「社会病理」って書いてあって、まるで性的少数者の関係のものが社会病理なのかよーーー??てな誤解を生む恐れが(笑)だって、わたしびっくりしたもん、最初。「えー、なにこれー」って。で、よく見たら「368」って書いてあるから、別のことを問題にしてるんだなって分かるんだけど。あれにはちょっとびびった。

あ、で、今日借りてきた中の「ピンクトライアングルの男たち」はもう既に読んだことのある本。実はこの感想を日記に書こうと思って、書き始めてはいるんだけど、いろいろあってその本を返さなくちゃならなかったので、まだ未完なのよ。なんで、ついでに借りてきた。

この中で一番面白そうなのはやっぱ「戦後日本女装・同性愛研究」でしょう。これも本屋で見て知ってたんだけど、なんせ7,200円もする学術書でねー。買えなかったのね。だから、これは「おっ、やったー」と思って借りてきた。確か、これと同じ体裁のヤツで「女性同性愛者のライフヒストリー」みたいな本も出てたと思ったんだけど、そっちの方は見当たらなかった。もし図書館が持ってなかったら、買わせよう(爆)わたしゃ、別に研究者じゃないので、女性同性愛者のライフヒストリーの本はうちになくてもいいのだ。けど、中身は読んでみたい。。(笑)

しかし、今日はどうも老年期に入ったと思われる女性が、一緒の本棚にいて、向こうは「お一人さまのなんとか」みたいな本を探していた模様。わたしは「この人、同性愛関係の本に手を伸ばさないかしら♪」って期待して見てたんだけど。。チッ(←?)

で、分類が重なるんで、すげー探しにくかったけど、まぁ目が合った本を数点選んできた。「変えてゆく勇気」は半分ほど読んだので、この分だとまぁ今日中には読み終えるだろうな、と。

っていうか、そろそろホンマに英語、勉強しないと危ういんだけど。。ええと、取り敢えず尻に火を付けないと、と思い、TOEFLの試験の申し込みだけはやっておいた。3月下旬。

だけどこんなに本、借りて来ちゃって大丈夫かなあ~.。.:*・゚゚・(´ー`).。*・゚゚・*:.。. ぽわーん
21:32 | (性的少数者)本のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
02-14 Sat , 2009
王様の耳はロバの耳!って言いたくなるときがあるんだよね
ここ数日間にあったことって、一体なんだったんだろうなって思う。結局徒労に終わっただけか。。

ってわけで、今はすんごくむなしい思いをしてるんだよね。。

何もしなければよかったのか、
他に何か別の方法があったのか、
そもそもなんでわたしがそんなことやらなきゃならなかったのか。。

まぁいい。何を書いているのか分からない人が大半だろうから。

心になにか悩みを抱えていても、
わたしはすぐに誰かに相談するようなことはできない。

なぜって、わたしが誰かにその話をすることによって、その人に対する評価をその誰かが変えてしまうのを恐れるから。

これはわたしの問題で、誰かの問題ではない。わたしの言い分はわたしの言い分で、わたしは正しいと思ってやっているから、そのことを誰かに伝えたときに、わたしのことを悪く思うはずはない。

逆にわたしがそのことを言うことによって、話をした別の人の印象を悪くしてしまうことをわたしは恐れる。上にも書いたように、わたしに起こったことは、わたしのことで、誰かに起こったことではないのだ。わたしは別に自分のしたことについて賛同を得たくて話をするのではない。大変だったねとも言って欲しくない。あなたが悪いわけじゃないからとも言って欲しくない。わたしは自分を正当化するために話をするのではないのだ。

それと、わたしがそのことを口に出して言うことによって、わたし自身がそのことについて「決定的」なものにしてしまうことも恐れている。頭で考えているときは、何を考えていてもいいと思うけど、それを口に出していったら、それは、自分の中でも確定的なものになってしまう。わたしはそれも恐れる。一旦「こうだ」と口に出して言ってしまったら、わたしはもうそれについては、自分の中では評価を変えることはできない。

もちろん、上の2つのことさえもどこかに吹き飛ばすほどのことであれば、わたしは即座に彼女に打ち明けるだろう。それによって相手の評価を貶めるようなことがあっても、わたしはそのことについて悪いとは全く思わないだろう。けれど、そうではないときは、、誰かに言いたいという気持ちはじっと自分の中で我慢しなければならない。これって結構苦しい。

だから今は、

「王様の耳はロバの耳!」

と叫ぶ穴が欲しかったりする。。

ときに、自分のいる世界と全く別の世界に行ければな、という思いがある。わたしは今、社会的にはどこにも属していない状態なので、ものすごく世界が狭いのだ。

性的少数者である自分というのは、自分の一部ですべてではないはず。なのに、今は自分の全てが性的少数者関係で動いているので、こういう「息詰まり感」を感じるんだろうと思う。

。。。どこか、別の場所に行きたい。。少しの間でもいいから。

というわけで、今は現実逃避モード。
だけど、現実逃避していても、性的少数者に関する本を読んでちゃ、現実逃避にはならんのよね。

あー、もう、ぱーっと、どこかに行きたい。地球の外へにでも。
16:42 | (性的少数者)自分のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
02-14 Sat , 2009
どこかへ行きたい
今日はすごくいい天気で、思わず「もう初夏じゃん?」なんて思ったけど、実際、4月上旬くらいの気温だったらしいから、やっぱねーって感じ。

昼ご飯を食べに、彼女と外に出かけたんだけど、わたしなんかTシャツの上に長袖のシャツを羽織っただけの格好で出かけた。それでも全然寒くなかった。まー、でもこれからまた寒さがぶり返してくるとは思うけどね。

そんな中、今日は眠くて眠くて。。外に出ている以外はほとんどと言っていいほどベッドの中にいて寝てた。これがものすごくよく眠れる。自分でもびっくりするほど。そして、その眠さはずっとずっと続いていて、今も眠い。

んー。今はちょっと精神的に落ち気味で。
うつ病ではないけれど「寝逃げ」したい気分。
ただ、うつ病のときは「寝逃げ」したら、気分はすっかりよくなっていたりしたけど、今は病気じゃないから、寝たところでその問題が解決するわけじゃない。

ただ、なんていうのかな、よく分からないけど、時間が物事を解決してくれるってこともちょっとはあるのかなと思ったり。

鼻づまりは相変わらずで、今日、小青龍湯買ってきた。寝る前に飲んで寝よう。

誰も知った人がいない世界で、一からやりたい気持ちがする。
けど、人生がリセットできるわけではないし。
今、自分のいるところからどうやって逃げ出せるんだろう。

知らない人とは別に巡り会わなくてもいいから、どこか遠くに行きたい(相変わらず古い歌の引用で。。(苦笑)っていうか、これ、なんの歌だっけ?)。
21:11 | 自分のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
02-24 Tue , 2009
ぼちぼち行こか
日記をずっと休んでたのは、いくつかのことが同時に自分の身に降りかかってしまって、精神的に参っていたからだ。主な原因は、やっぱりこの歯のことで、少し前から症状が全くよくならないことに対して「怒りの噴火」を何回か、上げていたのだが、今回は怒りではなく「もう治らないかも知れない」という不安、「この不快な状態にずっと耐えていかねばならないのか」という絶望感で、ほとんど自暴自棄だった。のに加え、ちょっと個人的にもいろいろあって、日記を書くどころではなかったのだ。

それに加えて、今までほとんど毎日のように更新してきた日記だが、休んでみたらどうなるかな、と思ったのもあった。なんというか、書くことに対してはほとんど抵抗感がないので、毎日書くのも苦ではないのだが、なんというかね、、まー、要するに書けないこととか、書きたくないことが増えたのよね(笑)

基本的にもともとはすごい秘密主義だったのよ、わたし(笑)それが、うつ病にかかって、その部分の判断がどうもできなくなっちゃったらしいのね。どっちかというとあったことをそのまま書く「几帳面さ(?)」の方が強く出てしまって、書きたいことを書いてたわけだけど。

要はもう、自分の全てをさらけ出したくないのね、と言っても、もう既に随分前から自分の全てなんかさらけ出してないけど(爆)、それ以上になんだかね、あー、もういいじゃん、って。

もちろん、これからも思ったことは書いていくつもりだけど、自分で「これはいいわ」って思うことしかない日は日記わざわざ書かなくてもいいかな、と。特に落ち込んだのなんだの、ってときの日記は、読む人に対しても、あんまり愉快なことじゃないからね。と言いつつも、闘病日記の方も全く書かないってんじゃなくて、書くときは書くけどね。

あ、そうそう。こないだ病院に行ったときは、もうホント、精神的に限界が近くて、このときも彼女に付いてきてもらったんだけど、わたしはもう、医者の言うことがほとんど耳に入ってこず、しかし、その姿をみて医者の方が「このうつ状態を、一回、心療内科で治してからもう一回来た方がいいのでは」と言ってたんで、わたしはもう見捨てられたのかと思って悲しかった。彼女が「これはうつ病の時と全然違う、歯さえよくなれば、この状態は解消される」って言ってくれたんだけど。しかも、手に負えなかったら別の医者を紹介するとかそんなことも言われて、わたしは「医者から見捨てられた(見捨てられるかも知れない)」って、だいぶ落ち込んでる。今もだけど。彼女の方は、全く逆で「打てる手は全部打ってくれるって」とプラスの評価をしてるんだけど、同じことを聞いて、なんで評価が正反対になるのかわたしにはどうもそこんとこがよく分かんない。彼女に言わせると医者は決意に満ちた顔をしてたそうで、ちょっとうるうる来たそうだけど、わたしは医者の顔なんか見なかったもんね、前回の診察の時は。この違いかな。

で、どういう手を打つのかと思ったら、寝る前だけに飲んでいる「セロクエル」が朝昼晩1條ずつと、寝る前含めて1日4回になっただけだ。わたしはもっと、今飲んでいる薬が根本的に変わるのかと思っていたのだけれど。。だから、それに関してもちょっと不満はあるんだけど、まぁ、下手に薬をいじると、すぐに薬の副作用が現われてしまうので、医者としてもあんまりゴチャゴチャとは変えられないのかな、と思ったり。

時が経つと癒えてくる精神状態ってのはあるけど、この歯の症状だけは、時が経っても全く癒えないので、本当にやっかいだ。ま、今回は時が経つと癒えてくるものがあったので、こうやって復活したわけだけど。

でも、まー、これからはぼちぼち行こか、と思っている。

あ、そんで。昨日と今日、NHKのハートをつなごう、発達障害の第11弾だったんだけど、昨日の夜、寝る前に新聞読んで「あっ!そういえばあったんだった」って、昨日のは見れなかったんだけど、今日のは見ました。あ~、、知り合い出てる、みたいな(笑)しかし、一度も会ったことがないけど、知り合いってのは、なんだか変だな(笑)昨日の放送見なかったから、何とも言えなかったんだけど、今日のを見た限りに於いては、番組の大半は第10弾でやった内容で、なんかちょっと番組の作り方が安易だったような。。気がするんだけど(笑)ま、1日目はどうせまた、再放送やるだろうから、それ見ます。んで、改めて感想を書きたいけど、1日目も今日みたいな感じだったら、正直、あんまり感想ってないと思う(苦笑)いや、ホント、だって、今日放送されたものよりも、もっと細かいこと、リアルタイムで知ってるからさぁ~。だからわたしにとっては「あー、○○さんが動いてしゃべってる」くらいの感覚でしかないんだよね(苦笑)

果たして、あんな感じの放送でいいのか、NHK教育(笑)というか、ハートをつなごうの発達障害のスタッフさん。

テーマ:闘病日記 - ジャンル:日記

21:27 | 病名が分かった後のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
02-25 Wed , 2009
客が来るので、カーテンレールを付け替えた
なんだか昨日いきなり、今日姐さんがうちに来ることが決まったんだけど、そのためには部屋を掃除しなくちゃ!って思って、掃除をし始めたのはいいんだけど。

掃除しているうちに、カーテンレールがグラグラしてるのが気になってね。って、実はうち、引っ越してきたときには、カーテンレールが付いていない!という、誠に変なうちだったのだ。一体、前に住んでた人は、どうやって窓を遮ってたのか、とても不思議なんだけど。あ、そうか。うち、戸袋が付いてるってことは。。毎日毎日、夜が来るたびに、戸袋から雨戸(だよね?)出してたのか?前、ここに住んでた人。。

とても不思議な家である。

わたしらは、ここに引っ越してきてから、カーテンレールを買ってきてカーテンをぶら下げてる。これが多分、今主流なんじゃないかなあ~?わたしも何回か引っ越したことはあるけれど、カーテンレールの付いてない家って初めてだったのよね。。びっくりしたもん。

で、付けたのはいいけど、急に雨が降ってきたときに洗濯物をぶら下げたりするのに使ってたら、木ネジのところが緩んできて、グラグラになって来ちゃったのね、カーテンレール。だから、なんとなく、今日、えいっ、やっちゃえ、って。本当はグラグラになった穴の中にパテを入れて、それが乾いたらまた穴開けようかとか思ってたんだけど、そんなことしてたら、一日あっても足りないことに気が付いた(笑)なので、穴をずらして付けちゃった。やるまでは「あー、気になる、気になる。だけどめんどくさい」ってずっと思ってたけど、実際やるとあっという間に終わっちゃうんだよね。。まー、なんでもそうなんだろうけどさあ。「やらなきゃいけないけど、やるの、めんどくさい」ってずっとずっと思ってたことでも、ちょっと勇気を出して(?)えいってやってみると案外あっけなかったりするもんなんだよね。

それからは、気になってるところをいろいろと。わたしの部屋、ボネコの加湿器使ってるんだけど、なんかさぁ、水がよどんでるのよ。それが気になったんで、いつか中に入ってる円盤形フィルターを洗おう、洗おうって思ってたのを、やっとこれも今日、手を付ける気になった。しかし、取扱説明書が見つからなくて、分解して洗ったはいいんだけど、元通りに組み立てられなくて、困った、困った。結局、取扱説明書を見つけて、それで取り付けたら元通りになったけどね。

んで、ついでにといってはなんだけど、わたしの部屋にあるWii用のテレビ(になってるの、今は)に、ビデオを付けようって思って、テレビにビデオデッキを取り付けた。これで夜中に自分の部屋でエロビデオを、、(うひひ)って、わたし、エロビデオって、1つしか持ってないじゃんか。。orz

つか、客が来るのになんでこんなことやってんだろう、わたしって。。

ってわけで、姐さん来る前に、気になってたところはすべてやっちゃった。

姐さんが今日来たのは、ええと、「トーステッドココナッツマシュマロ」ってヤツを持って来てもらったの。以前、姐さんがまだアメリカに里帰り(?)してるときに、わたしが「今、歯が変だから、溶けるチョコレートは苦手で。。」つー話をしてたんだけど、そのときに端と思いついたわけ。

いやー、もう随分昔々のことだけど、ネットで「ココナツマシュマロゆーのがうまい」って書いてあるのを読んでて、それをずっとずっと探してたのね。ソニプラに売ってるっていうから、ことあるごとにソニプラ覗いて。で、あるとき、それを見つけて食べてみたら、とても美味しかった!で、何回もソニプラに買いに行って、んで、ついにソニプラでなくなってしまったので、お店の人に「ココナツマシュマロの次の入荷はいつですかあ?」って聞いてみたら、、「あの、、不定期なんです。あ、でも不定期って言っても、暑い時期じゃなくて、寒くなる時期に入荷することが多いです。。でも、いつ入荷するかはそのときになってみないと分かりません」って答えしか返ってこなくて、それ以来「食いたいなー」と思っても、見かけることすらなかったのよ。

でさ、アメリカのものかと思ったので、姐さんに「土産に買ってきてくれ!」って頼んで、姐さんは、そんなのどこでも売ってると思ってたらしいんだけど、なかったのね、結局。いろいろ探し回ってくれたみたいなんだけどさ。で、なんだかよく知らないけど、わたしの知らないところで「例のマシュマロが手に入りました」と言われたんで、早いところ受け渡ししてもらいたかったんだけど、なんせ、わたしが風邪引いたり、精神状態が悪くなったりで結局、今日、急遽会うことになったのよねえ。

しかも、今日は彼女が会社に行く日で、わたしは家の中のいろいろなことはすべて自分でやったのであった。。

で、姐さん来ても、彼女は会社から帰ってこなくてさ、だから1時間くらい台所の椅子に座ってべらべらしゃべってたんだけど、彼女が帰ってから「ろんたこったら、コーヒーも湧かさないで!!」って怒られてしまった(しょぼーん)だってさぁ。わたしもマシュマロを食べるんだったら、コーヒー湧かそうかなって思ったんだけど、この時間にマシュマロを食べたら、血糖値が上がって、夕食が食べられなくなってしまう、とか、いろいろ考えてたのよ!!!

結局、彼女が帰ってから、マシュマロの袋を開けて、んで、3人でちょっと食べてみたんだけど。うーん、前に食べたのとちょっと違うような気がしないでもないが、、、気のせいかな?なんてたって、前、いつ食べたのか、忘れるほど昔のことなので。。でもおいしかったのは美味しかった。わざわざアメリカから買って帰ってくださった人、どうもありがとうございますm(_)m

それから、近所の焼き肉屋に行って、焼き肉食ってきた。結構食いました。

今日はほどよく身体も動かしたし、よく眠れそうだ。
21:35 | mixi関係のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
02-26 Thu , 2009
これってうちだけ?
多分、うちだけじゃないと思う。って唐突に書いてもなんのことやら、だよね。

わたしたちのこと。一緒に暮らすようになって、もう丸4年が経とうとしている。男女だったら結婚して4年ってところか。しかし、同性カップルというのは、やっぱり結婚とは違うんだなというのを、なんとなく感じている。

例えば、電話。
うちは彼女の電話とわたしの電話、2つある。彼女の電話が鳴ってても絶対に出ない。それはその逆も一緒(と言えども、わたしは病気してたりしたんで、全く彼女が出なかった、というわけではないが、わたしが元気なときだったら、絶対に出ない)。だから知らない人は表向き「一人暮らし」しているみたいに見える。

例えば、お金の管理。
うちはほとんど彼女が稼いで、わたしはまぁ、バイトみたいなもんやってるけど、基本的に生活費はすべて彼女が持っている。わたしは自分のためだけに使う。まぁそれは仕方がないことだと思う。けど、お金の管理は別々にやってる。わたしは彼女の銀行の残高がどのくらいか全く知らないし、暗証番号も知らないから、お金を下ろすことも出来ない。結婚しているカップルだったら、男が働いて、女が銀行の預金通帳とかキャッシュカード持ってる、ってケースが多いと思う(うちの親はそうだった。母親は専業主婦だったしね)。お金は彼女が支払っているようで、実はわたしはわたしで自分の年金とか自分にかかる医療費とかそういうものは払っている。なんとも中途半端な感じ。

そして例えばPC。
うちはわたしと彼女、それぞれ自分の部屋を持っていて、各々使っているPCがある。それは、一旦起きると夜寝るまでずーっと付けっぱなし。けど。。もし、彼女が自分の部屋にいなくて、他のところに行っていたとしても、わたしは彼女のPCを使おう(見よう)とは思わない。あ、携帯も同じく。彼女が自分の携帯を「ほら」って見せてくれる以外は、わたしは彼女の携帯を開けて見たことはない。どうせ見ようと思ったって、使い方が分かるわけないし。それは彼女も同じ。多分、わたしが帰ってきて、彼女がわたしの部屋でわたしのPCを使ってたら「何考えてるんだ」と激怒するだろうと思う。

とまぁ3つ、例を挙げてみたけど、下の1つは結婚しているカップルでも同じようにしている人って割といると思う。PCとか携帯って、自分のプライバシーの塊だもんね。それを人に無断で見るのは、いくらわたしたちが親しくて、特別な関係といっても、許されることではない、とわたしは思う。

でもね、2番目に挙げたヤツは結構、同性カップルでもいろいろ違うんじゃないかなと思ったりするし、もしかしたら男女のカップルも、お金は個人個人で管理している人たちが今は多いのかも知れない。

でも電話まで別々にしている結婚してるカップルは、まずいないと思う。だって、別にする理由はないからね。結婚している人にとっては、自分たちが「結婚していること」に対してはプライバシーにならないってことを示してると思う。まぁただ、今は個人で携帯電話を持っている人が大半だから、もしかすると「うちは家電なんかないよ」ってところもあるかも知れないけどね(^^;

近所付き合いなんかは、カミングアウトが伴うので、男女のカップルと同性カップルでは全然違うと思うけど、こうやって2人だけの関係も、もしかしたら「結婚してない」ってことで、案外、個人のプライバシーの範囲が結婚しているカップルよりも大きいんじゃないかなあと、ふと、感じたのよね。

ま、これは人と話し合ってそういう結論になったわけじゃなく、わたしが経験してきた上でそう感じてるだけだから、もしかしたら実状とは違うかも知れないけど。

みなさんのところはどんな感じですかね~?
22:55 | 性的少数者に関すること | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
02-27 Fri , 2009
こんなことしてみたい
ふと思った。

「結婚できない同性カップルに対して、法的な保障は必要だと思いますか」

って街行く人に聞いてみるの。今、日本でこのことについてどう思っているかのアンケート。
といえども、なんかこれだけじゃ面白くない感じがする。なので考えた。

1.何も言わないで「アンケートにご協力ください」と言って答えてもらう方法

2.「わたしは実は同性愛者でパートナーもいるのですが」という前置きをした上で答えてもらう方法

これのね、結果に有意な違いが出てくるかどうかって、なんかとても興味があるー。

ってさ。結局これだと「日本で同性カップルに対する法的保障が必要か否か」に対するアンケートではなく「当事者か当事者じゃない人(何も言わなければ当事者じゃないと思われるだろう)が聞くことによって、答える側の心理に何か影響を及ぼすか」って実験になっちゃうよね。

あとで統計処理する際に、どのくらいの母集団が必要かだとかは、まぁ、統計の本かなんかを見て計算すればいいことで、あとは地道に聞けばわたしにもできないことはない、と思うけど、、、でもやっぱ考えてみるとヤなのだ。なぜかというと同性愛者と明かした上で、質問したときに、「そんなのは必要ない!」って面として言われたら、その都度、傷つくと思うのよね、やっぱ。。逆に隠してたときに「そんなのは必要ない!」って言われたときの方が、一緒になって「そうですよねー」とかへらへら言える気がする。。

ってんで、この実験はわたしにはできないなぁと(苦笑)

しかしアレだね。わたしはつくづく社会学的な考え方って自分に合ってないな、と思う。この実験思いついたのも、図書館で「戦後日本女装・同性愛研究 (中央大学社会科学研究所研究叢書)」を借りて読んでてね、そこには3人の女装者のライフヒストリーが載ってて、それに関して、いろいろと社会学的に分析されてるんだけど、なんかね。一人の人のライフヒストリーだけで、分析しちゃっていいのかなあ~とか思っちゃうのよね、ついつい。多分、社会学的にはこれでいいんだと思うんだけど、でもなんか個人の体験が一般化されちゃうようで怖い、って思う部分もあって。わたしってつくづく社会学的な研究は無理だー、と思ったのでした(笑)

あ、でもこの本、すごく分厚かったけど、面白かったっす。面白かったから、分厚くてもペロッと読めてしまった。同性愛者と違う、女装者の世界があったんだな、と。中に1つだけレズビアンについて触れている部分があるんだけど('70年代から'80年代に掛けて、日本の雑誌はレズビアンについてどう扱ってきたかを通して、日本社会がその頃、レズビアンに対してどういう感覚を持っていたのかをさぐる)、あれ、どうも前編があるらしいんだよね。あれはどこかで公表されてないのかな~。なんだか学会誌に載ってるらしいんだけどね。
21:51 | 性的少数者に関すること | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
02-28 Sat , 2009
2月も終わり
今日でやっと2月が終わる-!
わたし、一年中で2月が一番嫌い。だって、一年で一番寒い月なんだもの。。(2月が好きな人、ごめんなさい)

もう、最近も雨だか雪だか降って、寒い寒い。
多分、この寒さもこれで終わりだと思うけどね。。

あー、2月が終わって、これからだんだんと暖かくなる3月が来る-!と言っても「暑さ寒さも彼岸まで」で、結局、下旬にならないと、暖かくなってきたことが分からないんじゃないかなと思うけど。しかも、わたしの場合「暖かく」じゃなくて「暑く」ならないと、寒いので(?)、早く暑くならないかなあ~!!

そんなわけで(どんなわけで?)今日は、皮膚科の病院に行ってきた。

「どうですか?」と聞かれて「背中がまだかゆいです」と答えたわたし。「じゃ、背中、ちょっと見せてください」と言われたので、後ろを向いて洋服をめくったら医者に「うわー」って言われた。。。ちょっとショックだった(笑)そんなにひどいつもりはなかったもんで。

というわけで、オイラックスクリームでは軽すぎて効かなかったのね、ってことで、元の副腎皮質ホルモンが入った薬にまた逆戻り。でもかゆいのは今のところ、背中だけ。

うーん。以前、知り合いに教えてもらった「バター(無塩)」を作って塗ってみようかなあ。。?
22:56 | 自分のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
AX